白陵中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白陵中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人三木学園
理念 責任感と勇猛心ある
人材の基礎を培うこと
校訓 研究と訓練 (cura et disciplina)
独立不羈
正明濶達
設立年月日 1963年(昭和38年)3月30日
(設立および設置認可日)
創立記念日 1962年11月9日
創立者 三木省吾
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 28540E
所在地 676-0827
兵庫県高砂市阿弥陀町阿弥陀2260
公式サイト 白陵中学校・高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

白陵中学校・高等学校(はくりょうちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、兵庫県高砂市阿弥陀町に所在し、中高一貫教育を提供する私立中学校高等学校。高等学校では高等学校第3学年で混合してクラスを編成する併設型中高一貫校(混合型)。創立は1963年昭和38年)。創設者は三木省吾、設置者は学校法人三木学園

姉妹校に岡山白陵中学校・高等学校1976年創立。岡山県赤磐市)がある。

概要[編集]

姫路市豊富町の農家の大地主に生まれた三木省吾が旧制・姫路高校を卒業し、京都帝国大学(現・京都大学)法学部在学中に近くの実姉宅の一部屋を改造し語学塾を開校。その後、父の援助により900平方米の土地を購入、昭和33年4月から姫路学院の名称で塾経営を行う。寝食を忘れ、教育に打ち込む情熱は人々の知るところとなり、当時の高砂市長中須義男の全面的な協力を得て、弱冠32歳の若さで、1963年(昭和38年)、白陵中学校・高等学校を設立。「人本主義の精神に則り、研究と訓練・独立不羈・正明闊達を校是として将来深遠なる洞察力と、高い学識を持ち、事に当たって責任感と勇猛心ある人材たる基礎を培う」ことを創設の本旨とした。

(参考:http://medg.jp/mt/?p=3483

高校生急増という市の要請を請け、中学は男子校、高校は男女共学という形で開校した。校風・校則は非常に厳しく、生徒・父兄が学校の教育方針に合わせることを徹底、一丸となり能力の鍛錬に努めるよう、叱咤激励を惜しまない。設立当初は国公立大学文系を中心に力を入れていたが、開校して間もない頃から進学実績が上昇、県内屈指となる。1998年(平成10年)から中学が男女共学となり、若干であるが、校風が緩和されている側面もある。

学園設立の本旨[編集]

  • 責任感と勇猛心ある人材の基礎を培うこと

校是[編集]

  • 研究と訓練 cura et disciplina
  • 独立不羈(どくりつふき)
  • 正明濶達

校名・校章[編集]

旧制・姫路高校の寄宿舎である「白陵寮」から名付けられた[1]

校章も旧制・姫路高校から譲り受け、白鷺を象ったものである。

学校行事ではしばしば白陵歌が謳われる。

環境[編集]

9万4807.6m²の面積に及ぶ自然環境にリス野鳥、多くの昆虫などが姿を見せる[2]。校内に第一校舎(高校棟)・第二校舎(中学棟)などのほか、いくつか施設が点在する。近代的な40周年記念棟(大講堂・体育館)の他、白陵会館(会館ホール・図書室・茶道室・喫茶室)、食堂は瀟洒でめずらしい造りである。

校内には「白陵寮」という寄宿舎も設けられている。ただし男子のみで定員120名である。

教育[編集]

週6日制である。月曜日は授業時間が50分だが、火~土は60分授業の「重装備カリキュラム」となっている。数学IIIは文系でも高3まで必修である。理科も社会も全教科学習する。高校1年時では理科は全員が物理基礎、化学基礎、生物基礎を学習する。また、高校2年からは理系・文系に分かれるが、理系でも社会は倫理と政治経済が必修(加えて世界史B、日本史B、地理Bから選択)である[3][4]

高校2年までに中学・高校の全範囲を終了し、高校3年の1年間で受験勉強に専念することになる。

かつては毎日小テストがあり、勉強させるカリキュラムであったが、知識注入型ではない教育を試行錯誤し、実験や自由研究といった体験プログラムなど、生徒たちの興味や関心を高める独自カリキュラムが編成されている[2][3]

また、中学校3年間(高校からの入学生は高1)と高2で週1時間の柔道が必修となっている。

クラス編成[編集]

中学の定員が2012年に175名の5クラス編成となり、それに伴い2015年の高校からの募集定員は若干名となった。

年表[編集]

  • 1963年昭和38年)3月30日 - 設立
  • 1965年(昭和40年)4月 - 生徒食堂(木造校舎)完成
  • 1966年(昭和41年)5月 - 講堂兼体育館完成
  • 1974年(昭和49年)1月 - 武道館(柔道場)完成
  • 1978年(昭和53年)7月 - 第3校舎(理科棟)完成
  • 1982年(昭和57年)11月 - 創立20周年記念式典挙行。白陵会館完成。
  • 1986年(昭和61年)6月 - 第4寮完成
  • 1989年平成元年)1月 - 本部棟校舎完成
  • 1997年(平成9年)4月 - 技芸棟(芸術・家庭科棟)完成
  • 1998年(平成10年)- 中学の定員が140名になり、女子1期生入学
  • 2001年(平成13年)5月1日 - 40周年記念棟(体育館・大講堂)竣工式典挙行
  • 2006年(平成18年)4月 - 第4校舎完成
  • 2007年(平成19年)3月 - 第1校舎完成(新築建替)
  • 2008年(平成20年)3月 - 第2校舎完成(新築建替)
  • 2012年(平成24年)- 中学の定員が175名になる
  • 2015年(平成27年)- 高校入試の募集定員が若干名になる

主な学校行事[編集]

  • 4月 - 1学期始業式、入学式・入寮式、オリエンテ-ション、授業参観(中学校)
  • 5月 - 中間考査、修学旅行(中学校3年生、東北・北海道3泊4日)、育友会総会、東京大学見学会(高3)
  • 6月 - 球技大会、修学旅行(高等学校2年生、ロンドン5泊7日)
  • 7月 - 期末考査、1学期終業式、夏期補習授業(前期)、キャンプ(中学校2年生、ハチ高原2泊3日)
  • 8月 - 臨海学習(中学校1年生、みろくの里2泊3日)、夏期補習授業(後期)
  • 9月 - 2学期始業式、文化祭、運動会
  • 10月 - 中間考査、保護者会
  • 11月 - 創立記念日(9日)、文化講演会
  • 12月 - 期末考査、2学期終業式、冬期補習授業
  • 1月 - スキー実習(希望者)、3学期始業式、入学試験(中学校)、百人一首大会(中学)
  • 2月 - 入学試験(高等学校)、卒業式(高等学校)、柔道大会
  • 3月 - 学年末考査、卒業式(中学校)、3学期終業式、春期補習授業

生徒会活動・部活動など[編集]

運動部

  • 柔道部
  • 剣道部
  • バレーボール部
  • ソフトテニス部
  • バスケットボール部
  • 野球部
  • 軟式野球部(中学)
  • サッカー部
  • 陸上部
  • 卓球部
  • 女子ソフトテニス部

文化部


学校設備[編集]

  • 本部校舎棟
  • 第一校舎
    • 高校教室
    • 英語科教室
    • IT教室
    • 視聴覚教室
    • 美術教室
    • 生徒会室
    • 放送室
  • 第二校舎
    • 中学教室
    • 社会科教室
    • ふれあいルーム
  • コモンスペース
  • 第三校舎(理科棟)
    • 化学室
    • 物理室
    • 生物室
    • 理科実験室
  • 技芸棟
    • 音楽室
    • 美術室
    • 家庭科室
  • 記念棟
    • 更衣室
  • 武道館
    • 柔道場
  • 旧・講堂兼体育館
  • 白陵会館
    • 会館ホール
    • 図書室
    • 茶道室
    • 喫茶室
  • 第四校舎
  • 食堂
  • 白陵寮


  • プールは存在しない。また体育の授業の中に水泳は存在せず、中学・高校を通して水泳に関する行事もない。

進学[編集]

東京大学京都大学大阪大学神戸大学に毎年それぞれ数十名程度の合格者を輩出している。浪人も含めると8~9割が国公立大学へ進学する。私立大学へは近年では同志社大学が一番多く、関西学院大学立命館大学早稲田大学慶應義塾大学東京理科大学などにそれぞれ数十名程度合格している。

関係者[編集]

歴代理事長[編集]

  1. 三木省吾 - 1963.4~1983.7
  2. 三木一正 - 1984.11~現在(1983.7~1984.11は代行)

歴代校長[編集]

  1. 河路甲午郎 - 1963.4~1968.3
  2. 三木省吾 - 1968.4~1983.7
  3. 吉岡喬 - 1984.1~1985.3(1983.7~1983.12は代行)
  4. 八木誠造 - 1985.4~1998.3
  5. 浅江季典 - 1998.4~2004.3
  6. 吉田卓 - 2004.4~2009.11
  7. 斎藤興哉 - 2009.12~(執務代行)

著名な出身者[編集]

最寄駅[編集]

姉妹校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Alma Mater 白陵」【第19号】(平成11年発行) (PDF)
  2. ^ a b 『2001年 価値ある学校(ラッキースクール)を探そう 関西男子校+共学校』 旺文社、2000年7月1日ISBN 4-01-008958-X
  3. ^ a b 白陵高等学校教育課程表(平成27年度入学生)”. 白陵高等学校. 2015年8月30日閲覧。
  4. ^ 白陵中学 [中学受験 All About]”. All About. 2015年8月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]