学校週6日制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

学校週6日制(がっこうしゅうむいかせい)とは、日曜日のみを学校休業日とする制度である。学校週休1日制(がっこうしゅうきゅういちにちせい)とも呼ばれる。

実施状況[編集]

公立学校
2002年度以降、公立学校において学校週5日制となっているのだが、条件内であれば休業日の授業は容認されていた[1]。そのため、2005年に公立高校で20府県が土曜日の授業を公認していたりと[2]、完全に土日が休業日だったというわけではない。
私立学校
私立学校においては、学校教育法施行規則(第六十二条)において、休業日は学校側で判断することになっているため、公立学校の動きと合わせて学校週5日制にした学校もあれば、していない学校もあり、1991年度以前のように週6日制を続けている学校も少なくない。

脚注[編集]

  1. ^ 土曜日の正規授業、全国に広がるか?”. Benesse. 2011年10月1日閲覧。
  2. ^ asahi.com 土曜授業、20府県公認 公立高、本社調査

関連項目[編集]