地理 (科目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本項では科目としての地理について解説を行う。

「地理」で学ぶ範囲[編集]

小学校[編集]

小学校では地理的分野としてまとまった学習をすることはないが、社会科の学習においての地理的な内容の学習は、3年生で簡単な地形図の読図(地図記号の理解と活用など地図に親しむ活動を行う)、高学年では地図の見方(経線緯線赤道など)、東アジアのようす、地域と気候による住まい、また、6年生では、食糧問題や貿易問題(アメリカとの貿易摩擦など)なども取り上げられる。また、主な国名も学習する[1]

かつては3年生で地元市町村の地理を、4年生で地元都道府県の地理を学習していた。多くの小学校では、教科書とは別に、自治体や教育委員会が制作した副読本を使って学習を行っていた。5年生では日本の農林水産業・工業・商業を中心とした産業について、6年生では総合的な地理の概論を学習していた[2]

中学校地理的分野[編集]

中学校では1年間を通じて地理を学習するが、ほとんどの学校は歴史と並行して1・2年生で履修する。現在では1年生でまとめて学習する学校が増えている。現在の学習指導要領では、日本の地域や世界の地域をすべて網羅的に学習する従来の方式は改められて、テーマ別にさまざまな国や地域を比較するというスタイルでの勉強に変わった。地誌的学習はいくつかの地域を選んで学習することになっている。また、地理的な思考力や地図の読解力などの養成に重点が置かれるようになった[3]。やや高度な地形図の読図や、高校・大学で学ぶような環境問題や都市問題なども軽く触れられる。

高等学校地理[編集]

かつては社会科の科目の一つとして「地理」が存在した[4]が、現在は「地理歴史科」の中で選択科目となっている。世界史が必修となっており、地理は日本史との選択必修になる[5]。地理という科目名であるが、世界史や日本史との関連についても学習内容に含まれる[6]

地理A[編集]

2単位[7]。地理歴史科の必修科目、選択必修科目が増えたことに伴い、生徒の負担を軽減するために単位数の少ない科目が新設された。

学習内容は、大きく2つに分けられる。

  1. 現代世界の特色と諸課題の地理的考察
  2. 生活圏の諸課題の地理的考察

— 文部科学省[6]

1は地図の読図や方位時差、国家間の結びつき、世界の諸地域の生活・文化やその多様性、異文化理解、地球的課題について扱う。2では地図の読図、日本国内での自然環境・防災、生活圏での探求活動などを扱う[8]

センター試験においても試験科目として出題される[9]

地理B[編集]

4単位[7]

系統地理学地誌学の両方を学習する[10]。現在の学習指導要領では日本地理についても取り扱うことになっている[11]

センター試験において出題される科目の一つである[9]

大学入試における地理[編集]

センター試験[12]においては地理・歴史の選択科目として地理A・地理Bが出題される。多くの国公立大学においては地理歴史・公民の選択科目に指定されている。A科目が認められる学部・学科と認められない学部・学科がある。

国公立大学の(二次試験(個別試験)の)入試科目としては出題されるところは少ない。一部の大学・学部において地理・歴史科の選択科目の一つとして出題される。

私立大学では、文系学部において選択科目の一つとして出題されることが多い。ただし歴史の科目に比べて選択できる大学は少ない[13]

脚注[編集]

参考文献[編集]

文部科学省: “高等学校学習指導要領 (PDF)”. 2017年11月5日閲覧。

関連項目[編集]