田中英祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 英祐
2015marines tanaka.jpg
2015年3月27日撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県高砂市
生年月日 (1992-04-02) 1992年4月2日(25歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト2位
初出場 2015年4月29日
最終出場 2015年5月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 英祐(たなか えいすけ、1992年4月2日 - )は、兵庫県高砂市出身の元プロ野球選手投手)。NPBの選手では唯一の京都大学出身者で、同大学から直接NPBの球団へ入った最初の選手でもある。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大学時代。2014年5月17日南港中央球場にて。

高砂市立米田西小学校4年の時に「塩市少年野球団」で野球を始め主に捕手[1]三塁手外野手なども経験したが、白陵中学校への入学後に投手へ転向した。

白陵高校への進学後は、1年生の秋からエースとして活躍[2]。しかし、2年時の全国高等学校野球選手権大会兵庫大会で3回戦まで勝ち残ったこと[3]が最高夏の甲子園は県大会初戦[4]で、在学時には春夏ともに甲子園球場での全国大会へ出場できなかった。

京都大学工学部工業化学科に現役で合格[3]すると、入学後に硬式野球部へ入部。1年生の春から関西学生野球のリーグ戦に登板する[2]と、2年時の春季リーグ戦では、関西学院大学戦で完封勝利を収めた。この勝利によって、2009年から続いていたチームのリーグ戦連敗記録は60試合で止まった[5]。3年時の秋季リーグでは、9月21日の立命館大学戦で延長21回を完封。投球数は237球で、相手打線に三塁を踏ませなかったものの、試合自体は0 - 0の引き分けに終わった。次に先発で登板した9月25日の同志社大学戦でも、延長15回を1人で投げ切ったが、敗戦投手になった。このシーズンは、通算で6試合に登板。0勝4敗ながら、通算68イニングを投げて防御率1.06を記録したことから、リーグの投手部門でベストナインに選ばれた[6][7]。4年時だった2014年には、春季リーグの同志社大戦で自身2度目の完封勝利を挙げたことによって、リーグに加盟する全5大学から勝利を挙げた。京都大学の投手としては、1982年の新リーグ発足後初めての記録である[8]。また、秋季リーグ戦には10試合に登板。1勝5敗ながら、通算55イニングを投げて防御率2.45を記録したため、自身2度目のベストナインを受賞した[7]。さらに、10月には関西学生野球連盟から特別功労賞を授与された[9]。在学中には、リーグ戦で通算65試合に登板。通算投球イニングは380.1回で、8勝31敗、防御率2.25を記録した[10]。ちなみに、捕手として2011年の春季リーグ戦で首位打者とベストナインのタイトルを獲得した新実彰平関西テレビアナウンサー)は野球部での3学年先輩で、田中の1年時にリーグ戦でバッテリーを組んだこともある[11]

その一方で、2014年には、6月の第27回ハーレムベースボールウィーク大学日本代表選考合宿へ参加。翌7月の大会のメンバーには残らなかった[12]が、8月23日に京都大学と阪神タイガース二軍による交流戦(阪神鳴尾浜球場)に先発投手として登板すると、阪神を含むNPB6球団のスカウトの目の前で6点を失いながらも7回裏まで投げた[13]

大学からの卒業後に三井物産へ入社することが内定していた[14]が、4年生の秋に日本学生野球協会プロ志望届を提出したため、2014年のNPBドラフト会議千葉ロッテマリーンズに2巡目で指名[15]。結局、三井物産への入社を辞退する[14]とともに、契約金7,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)という条件[16]でロッテに入団した。背番号は31[17]。京都大学出身のプロ野球選手には、過去に福田岳洋(大学院を中退後に投手として四国アイランドリーグ香川オリーブガイナーズおよびNPB横浜ベイスターズ→横浜DeNAベイスターズでプレー[1])がいたが、卒業を機にプロ野球へ入った選手は田中が初めてである[14][16]

プロ入り後[編集]

2015年には、石垣島での春季キャンプを一軍で迎えたが[18]、開幕は二軍でスタート[19]イースタン・リーグ公式戦で初登板から2戦2勝、14イニング連続無失点を記録した[20]

4月29日にプロ入り後初の出場選手登録。同日の対埼玉西武ライオンズ戦(QVCマリンフィールド)で先発投手として一軍デビューを果たしたが、初回に4点を失うなど、3回5失点という内容で敗戦投手になった[21][22]。2日後の5月1日には、対北海道日本ハムファイターズ戦(QVCマリン)の4回裏に2番手で登板。3イニングで4点を失う[23][24]と、翌2日に登録を抹消された[25]

登録抹消後は、侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜(6月29日)でNPB選抜投手の先発投手として登板する予定だったが、右肘の張りを訴えたため出場を辞退[26](実際には東北楽天ゴールデンイーグルス安楽智大が代替選手として先発)。7月に開催予定のフレッシュオールスターゲームでも、イースタン・リーグ選抜の先発投手に起用されることが予告されていた[27]が、荒天による開催取りやめの影響で実現しなかった[28]

一軍公式戦への登板は前述の2試合のみで、同月11日のイースタン・リーグ公式戦・対DeNA戦への救援登板[29]を最後に実戦を離れた。同リーグの公式戦では、9試合の登板で2勝3敗、防御率5.63を記録。なお、シーズン終了後の11月7日には、推定年俸1,340万円(160万円減)で契約を更改した[30]

2016年は前年の一軍公式戦登板以降に投球フォームを崩した影響で、フォームの再生や体力の強化に専念。7月8日イースタン・リーグ チャレンジ・マッチ・対フューチャーズ戦(ロッテ浦和球場)に先発投手として実戦に復帰した[31]が、一軍公式戦では登板の機会がなく、同リーグの公式戦でも1試合(1イニング)の登板にとどまった。11月24日の契約交渉では、翌2017年の年俸に対して、NPBの規定による減額制限の上限(25%)を適用することを球団から通告。結局、推定年俸1,005万円で契約を更改した[32]

2017年は春季キャンプから、投球フォームをオーバースローからサイドスローに転向[33]。 一軍公式戦への登板機会はなく、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[34]。球団からはフロントでデータ分析などを担う役職へ転じることを打診されていた[35]が、入団前に採用が内定していながら辞退した三井物産からも入社を要請。結局、現役を引退したうえで、球団に残らず改めて三井物産の入社試験を受けることを決断した[36]

現役引退後[編集]

新卒の学生と同じ扱いで三井物産への採用が内定したため、私費によるアメリカへの短期留学を経て、2018年4月1日付で同社へ正式に入社する予定。プロ野球経験者の入社は初めてという[36]

選手としての特徴[編集]

大学生時代に最速で149km/hを記録したストレートと、カーブスライダーカットボールチェンジアップフォークツーシームなどの変化球が持ち味[15]

50メートル走のタイムは6秒7、遠投110メートル[37]

その一方で、ロッテへの入団1年目には、疲労からの回復力や投球動作中の軸移動などで課題を露呈。シーズン後半には、実戦を離れて、基礎体力の強化、体重の増加、投球フォームの修正に専念した。シーズン終了後には、『スポーツニッポン』からの独占取材で「心」「技」「体」の自己採点を求められたところ、「『心』は50点、『技』は35点、『体』は40点」という評価を出している[38][39][40]。一時はイップスが疑われたほど投球フォームを崩したため、制球がままならず、最高球速も120km/h台にまで低下した。しかし、2年目のシーズン終了後に、右肩の機能に問題があることが判明[41]。3年目の2017年には、ボールへ最も力が伝わりやすい投球フォームを模索した結果、オーバースローからサイドスローへの転向に至った[33]

人物[編集]

  • 4歳の頃から小学校高学年までは器械体操をしており、時には高校生に交じって練習するなど「オリンピックが狙える逸材」と評されていた。しかし、父の助言でそれをやめ、当時掛け持ちしていた野球に専念した。なお、父も京大の卒業生で、英祐の高校3年生の春に、志望校を東京大学から京大に変更するようにも助言をしている[42]
  • 京都大学の在学中には、工業基礎化学を専攻[43]卒業論文のテーマは、「SFA(表面力測定装置)における水和構造の逆計算理論」[44]であった。2015年3月の卒業式では、「硬式野球部の投手として関西学生野球のリーグ戦で通算8勝、ベストナインに2度選出されるなど活躍した末に、本学初のプロ野球選手になった」[45]という理由で、平成26年度の「京都大学総長賞」を受賞[46]。総長の山極壽一からは、「きっと従来のプロ野球選手にはない能力を発揮して活躍してくれるだろうと期待しています」という式辞を贈られている[47]
  • ロッテで背番号31を付けることが決まってからは、自身と同じ右投手で、2013年までこの番号を着用していた渡辺俊介から祝福のメッセージが贈られた[48]
  • ロッテとの間で仮契約を締結する前の2014年11月28日には、地元の高砂警察署で一日署長を務めた[49]
  • ロッテでの一軍デビュー戦では、試合の2日前(2015年4月27日)までにチケットが完売[50]。試合当日には、主催のロッテ球団が、球場(QVCマリンフィールド)の開場時間を当初の予定(12:00)より5分早めるという異例の措置を講じた[51]
  • 2015年11月22日にQVCマリンフィールドで開かれたロッテのファン感謝イベント「スーパーマリンフェスタ2015」では、千葉市科学館からの依頼を受けて、先輩投手の古谷拓哉と共に「カモメ科学館」(ブルペンを舞台に宇宙地球の魅力を中学生以下の児童と一緒に学ぶ企画)へ参加した。田中が理系(京都大学工学部)出身であることと、古谷が球界きっての宇宙マニアであることによる[52]。また、この年から日本プロ野球選手会が「JFAこころのプロジェクト」へ協力することを受けて、ロッテの選手および、NPBの新人選手からただ1人[53]「夢先生」(プロ野球およびJリーグのオフシーズン中に全国の小学校で実施する「夢の教室」の講師)に選ばれた。
  • ロッテ時代には、1年目に一軍公式戦2試合へ登板しただけで、3年目に戦力外通告を受けた。田中自身は、通告を受けた直後に、「戦力外通告については、『来たか』という感じで受け止めている。『(3年目のシーズンに)やることはやった』という気持ちと、『(シーズンの)最後に調子が良くなり始めたので、まだ(プロ野球で)投げられるし、投げたい』という気持ちが半々」と表現で複雑な心境を明かした[54]。しかし実際には、大学4年生の時に入社が内定していた三井物産の採用担当者から、入社試験への再受験を勧められたことを機に現役引退を決意[36]。球団を通じて引退を発表した際には、ファンや関係者に向けて、「3年間のプロ野球生活では辛いことの方が多かったが、自分としては『悔いのない日々を送った』という思いがある。親身な指導によって野球に取り組みやすい環境を作って下さった監督、コーチ、スタッフには感謝の気持ちしかない。次のステージ(三井物産)では、(ロッテでの1年目に当時のQVC)マリン(フィールド)の大声援の中で投げられたことを忘れずに、『誰かのために頑張れる人間』として世界中で挑戦を続ける人々のためになるような仕事ができるようになりたい」というメッセージを送った[55]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 ロッテ 2 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 37 6.0 12 0 7 0 0 5 1 0 9 9 13.50 3.17
通算:1年 2 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 37 6.0 12 0 7 0 0 5 1 0 9 9 13.50 3.17

記録[編集]

背番号[編集]

  • 31 (2015年 - 2017年)

登場曲[編集]

  • 『Green boys』 GReeeeN (2015年 - 2017年)
  • 「道」 GReeeeN (2015年)

脚注[編集]

  1. ^ a b ロッテ2位・田中は文武両道を地で行く秀才右腕!/ドラフト SANSPO.COM 2014年10月24日紙面から
  2. ^ a b 京大149キロ腕がプロ希望表明「僕は野球エリートじゃない」 スポニチ Sponichi Annex 2014年9月7日掲載
  3. ^ a b 京大初プロへ田中、ロッテ2位に「感謝」 日刊スポーツ 2014年10月23日掲載
  4. ^ 第92回全国高等学校野球選手権大会地区大会 兵庫県大会の結果 スポニチ Sponichi Annex
  5. ^ 田中が5安打完封!京大、60連敗でストップ スポニチ Sponichi Annex 2012年5月21日掲載
  6. ^ 2013秋季リーグ戦 京大 個人成績 関西学生野球連盟
  7. ^ a b 歴代ベストナイン 関西学生野球連盟
  8. ^ 京大初!プロ注目の田中 完封でリーグ戦全5大学から勝利 スポニチ Sponichi Annex 2014年5月6日掲載
  9. ^ 京大・田中 関西学生連盟から特別功労賞 寶監督今季限り退任へ スポニチ Sponichi Annex 2014年10月17日掲載
  10. ^ 週刊ベースボール 12・10号増刊 「大学野球秋季リーグ戦決算号」22頁 ベースボール・マガジン社発行
  11. ^ 関テレ新実アナ、ロッテ2位京大田中祝福 日刊スポーツ 2014年10月23日掲載
  12. ^ 2014大学日本代表選考合宿(6/20~22)2014大学日本代表チームメンバー 公益財団法人 全日本大学野球連盟
  13. ^ 【大学野球】京大田中、阪神二軍と交流戦産経WEST 2014年8月23日掲載
  14. ^ a b c 【ロッテ】京大初のプロ誕生へ!ドラ2田中、内定の三井物産におわび スポーツ報知 2014年10月24日掲載
  15. ^ a b 2014年ドラフト会議 田中英祐投手を2位指名 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  16. ^ a b ロッテドラ2田中 大谷と対戦熱望、自分の目で見て「疑問」解きたい スポニチ Sponichi Annex 2014年12月3日掲載
  17. ^ 新入団選手発表会を開催!!背番号も発表!! 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2014年12月11日配信
  18. ^ ロッテ、石垣島キャンプの1軍と2軍発表 日刊スポーツ 2015年1月23日掲載
  19. ^ 登録・抹消情報 開幕一軍メンバー発表!! 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2015年3月25日配信
  20. ^ ロッテ2位田中最短22日1軍も、14日の結果次第日刊スポーツ 2015年4月11日掲載
  21. ^ ロッテ田中ビビって5失点「力のなさを痛感」 日刊スポーツ 2015年4月30日紙面から
  22. ^ 2015年4月29日 千葉ロッテ 対 埼玉西武 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト
  23. ^ ロッテ田中落第2軍 赤点デビューから中1日も赤点 日刊スポーツ 2015年5月2日紙面から
  24. ^ 2015年5月1日 千葉ロッテ 対 北海道日本ハム 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト
  25. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト
  26. ^ ロッテ田中 右肘張りで出場辞退「申し訳ない」 日刊スポーツ 2015年6月25日掲載
  27. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2015 先発メンバー
  28. ^ ロッテ田中英祐「残念ですが台風は仕方ない」日刊スポーツ 2015年7月17日掲載
  29. ^ 2015年7月11日 千葉ロッテ 対 横浜DeNA
  30. ^ ロッテ田中160万円減「上で放らないと」 日刊スポーツ 2015年11月7日掲載
  31. ^ ロッテ田中英「悔しい」10カ月ぶり登板1回7失点 日刊スポーツ 2016年7月8日掲載
  32. ^ ロッテ田中英祐25%減1005万「苦しい1年」 日刊スポーツ 2016年11月24日掲載 2017年1月14日閲覧
  33. ^ a b ロッテ 京大出・田中英がサイドスロー挑戦 試行錯誤の真っ最中 スポーツニッポン 2017年6月4日掲載
  34. ^ 来季契約について”. 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト (2017年10月3日). 2017年10月3日閲覧。
  35. ^ ロッテ戦力外の田中に球団ポスト用意 京大卒の頭脳「生かして」”. スポーツニッポン (2017年11月15日). 2017年11月22日閲覧。
  36. ^ a b c ロッテ田中引退、就活し入団時蹴った三井物産再内定”. 日刊スポーツ (2017年11月22日). 2017年11月22日閲覧。
  37. ^ 2014年ドラフト ◇ロッテ2位指名 スポニチ Sponichi Annex
  38. ^ ロッテ田中 ルーキーイヤー「通信簿」自己採点厳しめスポーツニッポン 2015年11月25日掲載
  39. ^ フォーム乱れ直球不安定 ロッテ田中「特に一軍では力みが」スポーツニッポン 2015年11月25日掲載
  40. ^ 一軍への恐怖感を収穫に ロッテ田中「また一軍で投げたい」スポーツニッポン 2015年11月25日掲載
  41. ^ 京大出身ロッテ田中英祐が戦力外、イップス疑い苦闘日刊スポーツ 2017年10月5日掲載
  42. ^ ロッテドラ2京大・田中 「体操で五輪の夢」閉ざした父の一言 日刊ゲンダイ 2014年11月11日掲載
  43. ^ 京大・田中投手がプロで成功する可能性 デイリースポーツ 2014年10月12日掲載
  44. ^ 京大は強い!ドラフト候補田中6安打完封 日刊スポーツ 2014年5月6日掲載
  45. ^ 平成26年度「京都大学総長賞」表彰式を挙行しました。(2015年3月16日) 京都大学 2015年3月19日掲載
  46. ^ 京大くん 母校の総長賞を受賞 野球部では関西TV新実アナ以来 スポニチ Sponichi Annex 2015年3月19日掲載
  47. ^ 京都大学 平成26年度卒業式 式辞 (2015年3月24日) 京都大学 2015年3月24日掲載
  48. ^ 渡辺俊がエール 俊介ではなく英祐の31に 日刊スポーツ 2014年12月11日掲載
  49. ^ ロッテD2・田中、キメたぜ一日署長!決めるぞ京大卒業!! 日刊スポーツ 2014年11月28日掲載
  50. ^ ロッテ田中29日のデビュー戦が完売 日刊スポーツ 2015年4月27日掲載
  51. ^ ロッテ田中先発 開場を予定より早める 日刊スポーツ 2015年4月29日掲載
  52. ^ ロッテ ファン感謝イベントで「カモメ科学館」京大卒田中&宇宙好き古谷参加スポーツニッポン 2015年11月17日掲載。
  53. ^ 「夢先生」野球界とタッグ 今年度は藤浪、秋山ら参加スポーツニッポン 2015年11月2日掲載。
  54. ^ ロッテ京大出身田中英祐戦力外「来たかという感じ」日刊スポーツ 2017年10月3日掲載。
  55. ^ 引退、三井物産に就職のロッテ田中英祐が別れの言葉日刊スポーツ 2017年11月22日掲載。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]