新実彰平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にいみ しょうへい
新実 彰平
プロフィール
愛称 しょーへー
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-04-10) 1989年4月10日(29歳)
血液型 O型
最終学歴 京都大学法学部
勤務局 関西テレビ放送
部署 編成局アナウンス部
活動期間 2012年 -
ジャンル 報道情報スポーツ番組
配偶者 有(2014年結婚)
家族
公式サイト 新実彰平プロフィール
出演番組・活動
現在報道ランナー
過去FNNスーパーニュースアンカー
みんなのニュース ワンダー
野球道

新実 彰平(にいみ しょうへい、1989年4月10日[1] - )は、関西テレビアナウンサー、防災士。   

来歴[編集]

京都府京都市の出身で、血液型はO型。洛星中学校・高等学校から京都大学法学部へ進学[1]

小学生時代に野球[2]を始めると、中学生時代は軟式野球部に所属。松井秀喜への憧れから、それまでの右打ちを松井と同じ左打ちに変えた。高校2年生の時に、守備位置をそれまでの外野手から捕手にコンバート[3]。大学時代の2011年には、関西学生野球の春季リーグ戦において、首位打者ベストナイン(捕手)を獲得。京都大学の選手としては、19年振り・歴代3人目の受賞であった[3][4]。4年生の時には、当時1年生の田中英祐2015年から2017年まで千葉ロッテマリーンズ投手として所属)とバッテリーを組んでいた[5][6]

大学卒業後の2012年4月1日付で、アナウンサーとして関西テレビに入社。同年10月からは、入社後初のレギュラー番組として、『FNNスーパーニュースアンカー』(月・火曜日スポーツキャスター)と『カンテーレ 二代目ショーヘイへの道!』(番組PRを兼ねた5分間のミニ番組)を担当していた。自身初の冠番組でもある『カンテーレ 二代目ショーヘイへの道!』では、出身地および名前が関西テレビOBの桑原征平(現在はフリーアナウンサー)と同じことにちなんで、「二代目ショーヘイ」として桑原の持ち味であった体当たり取材に挑戦していた。2014年には、第30回FNSアナウンス大賞新人部門でアナウンス賞(最優秀賞)を受賞している。

田中が京都大学出身者で初めてのプロ野球選手になった2015年からは、春季キャンプでの田中への取材(同年2月)を皮切りに、プロ野球中継の実況・リポーターを担当。その一方で、同年3月30日から2017年3月27日までは、平日夕方のニュース・情報番組(『ゆうがたLIVE ワンダー』 → 『みんなのニュース ワンダー』)でフィールドキャスターを務めていた。7月には、フィールドキャスターとして、大阪府寝屋川市で発生した中学生殺害事件の取材やリポートに従事。『ゆうがたLIVE ワンダー』内の生中継リポートで、第32回FNSアナウンス大賞(最優秀賞)を受賞した[7]。ちなみに、受賞時点での年齢は26歳で、史上最年少であった[8]

2017年には、3月8日(3月7日深夜)放送のテレビドラマ大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 - Part2 -』第8話でテレビドラマに初出演[9]3月27日からは、『みんなのニュース 報道ランナー』(『みんなのニュース ワンダー』の後継番組。なお、2018年4月2日からは『報道ランナー』)でメインキャスターを務める。就任時点での年齢は27歳で、関西テレビ平日夕方の報道番組のメインキャスターとしては歴代最年少。他の在阪テレビ局が平日の夕方に放送する報道番組を含めても、現役最年少および、平成生まれの人物では初めてのメインキャスターである[10]

人物・エピソード[編集]

関西テレビへ入社してからも、京大野球部のOBで構成された硬式野球クラブチームDBグラッズでプレー[11]2014年9月18日に、野球部時代のマネジャーだった1年後輩の女性との結婚を発表した[12]

関西テレビ入社1年目の2012年には、7月10日の「カスペ!」(フジテレビ制作の全国ネット特別番組枠)で放送された『FNS27時間テレビ FNSアナウンサー歌謡大賞 全国歌うまNO.1アナ決定! 爆笑オーディション!!』に、同局から先輩アナウンサーの関純子豊田康雄とともに参加。入社後初めて全国ネット番組へ初めて出演するとともに、関西テレビ代表に選ばれた。この選出を受けて、同月21日22日放送の『FNS27時間テレビ 笑っていいとも!真夏の超団結特大号!!徹夜でがんばっちゃってもいいかな?』内の企画「FNSアナウンサーがんばった歌謡大賞」では、森山直太朗の「さくら(独唱)」を披露した。

出演番組・作品[編集]

現在[編集]

  • 報道ランナー (2017年3月27日 - 、メインキャスター)
  • カンテレNEWS(2016年度までは主に『ユアタイム』金曜未明〈木曜深夜〉ローカル枠を担当)
  • 野球道
    • 2015年・2016年には、スポーツアナウンサーとして阪神タイガース戦の中継に出演。阪神側のベンチリポーターを務めたほか、2015年6月2日深夜(3日未明)に関西ローカルで放送された阪神対千葉ロッテ戦(阪神甲子園球場からの録画中継)で、初めて実況を担当した。
    • 『報道ランナー』のメインキャスターへ就任した2017年以降も、同番組の直後に阪神のナイトゲームを中継する場合には、同番組のスタジオから随時登場している。
  • 大阪国際女子マラソン中継
    • 2015年・2016年は沿道リポートを経て、2017年ではバイクリポートを担当。『報道ランナー』を放送しない1月最終日曜日に開催されることから、同番組メインキャスターへ就任後の2018年もリポートに携わる(同年度は道頓堀での折り返し地点を担当)。
  • この瞬間(とき)に祈る
    • 阪神・淡路大震災の発災時刻(1月17日5:46)前後に曜日を問わず関西ローカルで放送する震災犠牲者追悼式典会場(神戸市中央区東遊園地)からの生中継番組で、2014年頃から単独で進行とリポートを担当。
    • 『報道ランナー』のメインキャスターへ就任後の2018年以降も、同番組と兼任しながら進行とリポートを担当している。
  • ごきげんライフスタイル よ〜いドン! 
    • 番組の最後に、上記報道ランナーの同日放送分の特集コーナーを宣伝

過去[編集]

  • ハピくるっ!水曜日(2013年10月 - 2015年3月、進行アナウンサー)
  • カンテーレ 二代目ショーヘイへの道!(2013年10月 - 2014年12月、毎週土曜日17:25 - 17:30)
  • ショーヘイの人生一本勝ち!(2015年1月 - 同年10月10日)
    • 『ショーヘイの人生一本勝ち!』の後継番組で、末期のロケ(2015年9月19日放送分以降)には桑原も出演。
  • KTVニュースフラッシュ
  • FNNスーパーニュースアンカー(2012年10月 - 2015年3月、月・火曜スポーツキャスター)
  • モテモテかんぱにーR25(2013年4月 - 2015年9月)

以下のスポーツ中継には、スポーツアナウンサーとして2016年度まで出演。

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]