豊田康雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とよた やすお
豊田 康雄
プロフィール
愛称 とよちゃん、とよピー
出身地 日本の旗富山県富山市
生年月日 (1969-08-18) 1969年8月18日(49歳)
血液型 B型
最終学歴 中央大学法学部
勤務局 関西テレビ放送
活動期間 1992年 -
ジャンル 報道情報スポーツバラエティ番組
配偶者 あり
家族 妻、長女
公式サイト KTV公式ページ
出演番組・活動
現在 FNNスピーク(平日、関西ローカルパート)
KTVニュース
ウラマヨ!ほか
過去 FNNスーパーニュースKANSAI
FNNスーパーニュースほっとKANSAI
FNNスーパーニュースアンカーほか

豊田 康雄(とよた やすお、1969年8月18日 - )は、関西テレビ放送所属のアナウンサー

来歴[編集]

富山県富山市の出身[1]で、富山県立富山高等学校から中央大学法学部へ進学。小学生時代に朗読で言いよどまずに読み続けたことを教師に誉められたことがきっかけで、アナウンサーを志した。その一方で、高校時代はバスケットボール部で活動していた。

大学卒業後の1992年に、アナウンサーとして関西テレビへ入社。入社後は、平日夕方の報道・情報番組(『アタック600』→『アタック ザ・ヒューマン』→『FNNスーパーニュースKANSAI』→『FNNスーパーニュースほっとKANSAI』)で、スポーツキャスター→サブキャスター→メインキャスターを務めた。その一方で、1995年から数年間は、日曜日の午後に放送される競馬中継(当時の番組タイトルは『ドリーム競馬』)の実況陣に名を連ねていた。

現在は、関西テレビが制作する番組の大半で、ナレーションや提供クレジットを担当。かつての上司だった桑原征平山本浩之[2](いずれも現在はフリーアナウンサー)が出演番組で繰り返し絶賛するほど、ナレーションやアナウンスの技術の高さに定評がある。

人物[編集]

血液型B型で、趣味サイクリングエレキギタープロ野球カードの収集。小学生時代のニックネームは「おじさん」だった。「スーパーマンのおじさんみたい」と友人に言われるほど、跳び箱が得意だったことによる。関西テレビへの入社後も、自宅から本社まで自転車で通勤することもあるという。

関西テレビ入社後の2015年から、twitter上に個人名義のアカウントを開設。ユーザーに対するブロック措置を一切講じていないにもかかわらず、2018年初頭の時点でフォロワー数がわずか29人にとどまっていた。しかし、2018年2月25日の深夜25:00 - 26:30(26日の1:00 - 2:30)に関西ローカルで放送された関西テレビ開局60周年記念番組『アナウンサー物語24時』で、豊田と全く面識のない「クリス・ガルシア」(イギリスブリストルで活動するミュージシャン)がフォロワーになっていることを公表。自身の意思でブリストルへ取材に赴くと、現地での滞在時間がわずか1日半であったにもかかわらず、ガルシアとの対面やギターセッションに漕ぎ着けた。さらに、番組開始から1時間あまりで、フォロワー数がおよそ10倍(267人)にまで増加した。ちなみに、ガルシアが豊田のアカウントのフォローを始めた理由は、豊田が公表しているプロフィールやツイートから「音楽の趣味が似ている」と感じたことによるという[3]

出演番組[編集]

現在[編集]

以上の番組以外にも、番組宣伝や(関西テレビ主催イベントを含む)CMなどでナレーションを担当。

過去[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 先祖は薬売り。
  2. ^ 山本が関西テレビのアナウンサー時代に「ヤマヒロのアナ Pod cafe」(当時ポッドキャスト向けに配信していたコンテンツ)で豊田との「ナレーション対決」に臨んだところ、豊田に完敗した。
  3. ^ 関テレ・豊田アナ フォロワー数29人から1時間で10倍増 自虐番組奏功(『デイリースポーツ2018年2月26日付記事)
  4. ^ メインキャスター代行を兼務。

外部リンク[編集]