石巻ゆうすけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いしまき ゆうすけ
石巻 ゆうすけ
Yusuke Ishimaki IMG 2032 R 20150322.JPG
阪神競馬場にて
(2015年3月22日)
プロフィール
本名 同じ
愛称 マキさん
出身地 日本の旗神奈川県
生年月日 (1962-09-24) 1962年9月24日(56歳)
血液型 O型
最終学歴 日本大学卒業
勤務局 関西テレビ放送
職歴 副部長→部長
活動期間 1986年 - 2018年
ジャンル スポーツ(競馬・ゴルフ)・報道番組
公式サイト 関西テレビ
出演番組・活動
過去 #過去の出演番組を参照

石巻 ゆうすけ(いしまき ゆうすけ、1962年9月24日 - )は、関西テレビ放送の元アナウンサー

来歴・人物[編集]

「石巻ゆうすけ」は本名で、なぜ名前が平仮名表記の「ゆうすけ」になったのかについては、Youtube「カンテレchannel」の自己紹介にていきさつを語っている[1]

東京都立九段高等学校を経て、日本大学を卒業して入社以来、プロ野球( - 2004年)・競馬などのスポーツ実況を担当。ちなみに1996年オリックスブルーウェーブパ・リーグ優勝決定試合(9月23日、対日本ハムファイターズ戦。延長10回裏にイチローのサヨナラヒットで前年に続いての連覇を達成)の実況を担当。

スポーツ中継、特に競馬は業務命令で始めた事を過去に『DREAM競馬』の公式プロフィールで明らかにしている(現在は番組リニューアルに伴いアナウンサーのプロフィールは削除された)。GIレースの実況は21世紀に入ってから本格的に始めており、2012年までは年に3レースを担当していた。

競馬や野球以外に大阪国際女子マラソンなどにも関わっていたが、2005年以降は競馬以外のスポーツからほとんど引退した。理由は、局内の事情で報道業務も行うことになった事による。

2014年6月23日より関西テレビアナウンス部長を務めた。アナウンス部長に就いたことにより競馬中継からも退いた。

座右の銘は、系列局スポーツアナの先輩・浅見博幸仙台放送)から頂戴した「一日一ギャグ」。

2018年6月限りでアナウンス部長を大橋雄介にバトンタッチし、自身はアナウンス部から離任することとなった[2]

過去の出演番組[編集]

競馬GI担当レース[編集]

2010年に干支一回り先輩の馬場鉄志が定年を迎えて以降、関西テレビではGI実況のシステムを見直し、年功序列制から適性等を考慮した役割分担制に移行した。石巻はアナウンス副部長という立場もあり、フジテレビの例に倣い、グランプリや格のより高いレースを受け持つことになった。大橋雄介はマイル路線、岡安譲は中長距離路線に移行。

フジテレビでは、社内で偉くなった競馬アナウンサーは年末のグランプリレース・有馬記念を実況することになっており、2017年時点では青嶋達也がこれに該当する[4]。宝塚記念は上半期のグランプリレースとして位置づけられており、ジャパンカップダート(2014年よりチャンピオンズカップに名称変更し、中京競馬場に開催場移転)は日本を代表するダートの国際競走として賞金が日本のダートレースで最も高い。

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「自己紹介 名前の由来 カンテレ石巻ゆうすけアナ」 Youtube「カンテレchannel」 2016年6月19日公開
  2. ^ 石巻ゆうすけアナウンサー ご報告 カンテレのアナ場 2018年6月21日付
  3. ^ 2015年1月11日の番組表(競馬BEAT) ヤフーテレビ 2015年1月9日閲覧
  4. ^ 青嶋は2012年から担当しているが、2014年から2016年までは塩原恒夫が担当していた

外部リンク[編集]