ディープインパクト (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディープインパクト
Deep Impact 20090813.jpg
2009年8月13日、社台スタリオンステーションにて
現役期間 2004年 - 2006年
欧字表記 Deep Impact[1]
香港表記 大震撼
品種 サラブレッド
性別 [2]
毛色 鹿毛[2]
生誕 2002年3月25日[2]
死没 2019年7月30日(17歳没)
登録日 2004年12月19日
抹消日 2006年12月25日
サンデーサイレンス[1][2]
ウインドインハーヘア[1][2]
母の父 Alzao[1][2]
生国 日本の旗 日本北海道早来町[2]
生産 ノーザンファーム[2]
馬主 金子真人
→金子真人ホールディングス(株)
[2]
調教師 池江泰郎栗東[2]
調教助手 池江敏行[3][4]
厩務員 市川明彦[3][4]
競走成績
タイトル JRA賞年度代表馬(2005年・2006年)
最優秀3歳牡馬(2005年)
最優秀4歳以上牡馬(2006年)
顕彰馬
生涯成績 14戦12勝[2]
中央競馬13戦12勝)
フランス1戦0勝)
獲得賞金 14億5455万1000円[2]
WTRR L124-E118 / 2005年[5]
L127-E123 / 2006年[6]
 
勝ち鞍
GI 皐月賞 2005年
GI 東京優駿 2005年
GI 菊花賞 2005年
GI 天皇賞(春) 2006年
GI 宝塚記念 2006年
GI ジャパンカップ 2006年
GI 有馬記念 2006年
GII 弥生賞 2005年
GII 神戸新聞杯 2005年
GII 阪神大賞典 2006年
繁殖成績
タイトル 日本リーディングサイアー(2012-2018年)
テンプレートを表示

ディープインパクト: Deep Impact2002年(平成14年)3月25日 - 2019年(令和元年)7月30日)は、日本サラブレッドである。2005年(平成17年)に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠(無敗での達成は1984年のシンボリルドルフに次いで2頭目)を達成、2006年(平成18年)には日本調教馬としては初めて芝部門・長距離部門で世界ランキング1位となった[6][7]。種牡馬としては2012年から2018年の日本のリーディングサイアーである[8]

このほか2005年JRA賞年度代表馬・最優秀3歳牡馬、2006年に年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬を受賞し[9]2008年(平成20年)には顕彰馬に選出された[10]

生涯[編集]

出自-デビュー前[編集]

ノーザンファーム時代[編集]

2002年(平成14年)3月25日[注 1]北海道勇払郡早来町(現在の安平町)のノーザンファームで誕生。同期にはシーザリオカネヒキリラインクラフトインティライミヴァーミリアンが名を連ね[11]、ノーザンファーム場長の秋田博章は生まれたばかりの同馬を見て、体のバランスは良いと思ったが、ほかの馬と比較して目立って良い点があるとは感じなかったと語っている[12]

0歳時にセレクトセールに「ウインドインハーヘアの2002」として上場されたディープインパクトは、金子真人に7000万円で落札された[13][注 2]。馬体が薄かったことから上場されたサンデーサイレンスの産駒14頭のうち9番目[注 3]の落札価格だった。購入した金子は「瞳の中に吸い込まれそうな感覚に襲われた」[16]と証言するほどこのときの瞳の輝きに衝撃を受け、また多くの人々に強い衝撃を与える馬になって欲しいという思いから「ディープインパクト」と名付けた[17]

ディープインパクトは0歳10月にノーザンファーム遠浅の1歳馬用の厩舎に移動した[18]。関節に不安があると判断されたため、遠浅に移動した翌日から「パドック」と呼ばれる小さな放牧地に入れられて運動を制限された。広い場所で放牧されるようになったのはそれから約1か月後だった[19]。ノーザンファーム場長の秋田は遠浅時代のディープインパクトについて、集団のリーダーではなかったものの、集団の先頭に立って走ろうとし、薄い身体的特徴の項目を参照)を擦り減らして血だらけになりながらも走るのをやめなかったと語っている[20]

1歳9月にはノーザンファーム早来に移り育成を受けた[18]。小柄で繊細な面があったため、女性スタッフが育成を担当した[20]。その育成担当スタッフやノーザンファーム場長の秋田は共にディープインパクトの柔軟性の高さを指摘している(身体的特徴の項目を参照)。一方で、柔軟性がありすぎるところや、小柄で非力なところを欠点として指摘する声もあった[21]

池江泰郎厩舎に入厩[編集]

池江泰郎

ディープインパクトは2004年(平成16年)4月15日に早来町のホルスタイン市場で産地馬体審査を受けた[22]。そして同年9月8日栗東トレーニングセンター池江泰郎厩舎に入厩し[22]池江敏行調教助手市川明彦厩務員が担当することになった。初めてディープインパクトを見た市川は、同馬が小柄でかわいらしい顔をしていたため牝馬ではないかと思い、本当に牡馬かどうか股を覗きこみ確認したという[23]

入厩して1か月が経過した10月、坂路の調教で初めてタイムを計ったときに、調教師の池江が58秒から59秒で走らせるように指示したが、これよりも速い54秒前半のタイムを出してきた。この時、調教助手の池江敏行がきっとバテバテになってしまっているに違いないと心配して駆け寄ったところ、ディープインパクトは「汗一つかいておらずケロっとしていた」といい[11]、このとき厩務員の市川は、ディープインパクトを「ただ者ではない」と思ったとのちに語っている[24]。その後12月に武豊騎乗でデビューすることが決定したため、デビュー戦4日前の調教で武豊が初めて騎乗することになった。池江敏行は武に「この馬、ひょっとしたらとんでもない馬かもしれないよ。久々に味わった、気持ちいいぐらいの背中なんだ」と言い[25]、武が騎乗したディープインパクトは栗東トレーニングセンターのCウッドコースを6ハロン81秒5、ラスト3ハロン38秒3、1ハロン12秒5という時計で走り、併せた馬に1.6秒先着した[25]。調教を終えると武豊は池江敏行に「敏行さん、この馬、ちょっとやばいかも」と興奮気味に話し[25]、翌年の活躍に期待した。

競走馬時代[編集]

2歳 - 3歳(2004年 - 2005年)[編集]

新馬戦から東京優駿まで[編集]

2004年(平成16年)12月19日阪神競馬第5競走の2歳新馬戦(芝2000メートル)で武豊を主戦騎手に据えてデビュー[26]。武豊は引退まで手綱を握ることとなる[2]。レースでは、上がり3ハロン33秒1の脚で、のちに金鯱賞マイラーズカップなど重賞4競走に優勝し安田記念で2着となるコンゴウリキシオー[27]に4馬身の差を付けて勝利[26]。レース前に池江敏行は武豊に対して「あまり派手に勝たせないでくれ」と願い出ており[11]、レース後厩務員の市川は、このデビュー戦の強い勝ち方に「派手にやってしまった」と消耗を心配したが、レース後すぐに息が戻っていたので「クラシックでも戦える」と思ったという[28]
島田明宏によると、このレースの翌週の水曜日、ある雑誌の企画で京都のシティホテルで行われた、ディープインパクトの新馬戦の11日前に香港で達成した海外通算100勝をメインテーマにしたインタビューを一通り終えたあとに、武の方から「ちょっと読者用に来年の楽しみな一頭を言うとしたら、先週デビューしたディープインパクトですね。これはみなさん覚えておいてください」と言ったという[29]

続く2戦目は2005年(平成17年)1月22日に、京都競馬場で行われた若駒ステークスだった。レース数日前、武豊は「すごいことになるから見ていてください」と対談相手に語っていた[30]。レースでは最後方から競馬をし、4コーナーに入っても先頭の馬から10馬身程度の差があったが、直線で一気に突き抜け5馬身差で勝利。この若駒ステークスでの圧勝によって、早くも「三冠は確実」とまで言われる存在となった[31]

次走には皐月賞トライアルの第42回弥生賞に出走。武豊はこのレースを前にして、マスコミを通じてファンに向けて「競馬場に見に来る価値のある馬だと思います」とコメントした[32][33]。関東では初出走となったが、ハイセイコーを超える当競走史上最高の単勝支持率71.5パーセントを記録した[33]。レースでは2歳王者のマイネルレコルト京成杯を制したアドマイヤジャパン以下にクビ差ではあったものの鞭を一回も振るわずに[34]勝利し、クラシックの最有力馬に躍り出る。
レース後、武は勝利騎手インタビューで代表質問が終わった後、ディープの良さは何か、と問われると「負けないところです」と答えた[35]。また、3着に敗れたマイネルレコルト鞍上の後藤浩輝は、「ディープインパクトに並ばれた時、威圧感を感じました」とコメントした[36]

第65回皐月賞では、単勝支持率が63.0パーセント(オッズは1.3倍)と1951年(昭和26年)のトキノミノルの73.3パーセントに次ぐ史上2位となった[37][38]。レース開始直後にいきなり躓き落馬寸前まで体勢を崩し、ほかの馬から4馬身ほど離れた最後方からの競馬になった。さらに向こう正面でローゼンクロイツと接触する場面があった。それでも、4コーナーでディープインパクトの気を抜く素振りを感じた武豊がレースで初めてを入れると[39]、直線では2着のシックスセンスに2馬身半の差をつけ勝利。フジテレビ系で実況を担当した塩原恒夫アナウンサーはゴール直後、「武豊、三冠馬との巡り合い」と五七五風にその勝利を讃えると同時に三冠を確実視するコメントを発した。無敗での皐月賞制覇は2001年のアグネスタキオン以来16頭目であり、また弥生賞勝ち馬の皐月賞制覇もアグネスタキオン以来の10頭目となった[37][38]。武豊は蛯名武五郎渡辺正人岡部幸雄と並ぶ皐月賞最多の3勝目を挙げ[注 4]、レース後の勝利騎手インタビューではディープインパクトの走りについて、

いや、もうパーフェクトですよ、ホントにね。走っていると言うより飛んでいる感じなんでね[40][41][42][43]

と答えた。当日の中山競馬場には前年を5000人近く上回る8万5146人が入場し[37][38][注 5]、売り上げも前年比100.3%の256億7616万600円を記録した[37]。レース後の記念撮影で武豊は指を1本立てて一冠をアピールした。これはシンボリルドルフの三冠競走で主戦騎手であった岡部幸雄が行ったパフォーマンスと同じ事実上の三冠宣言であった。

2005年5月29日、東京競馬場にて、第72回東京優駿
東京優駿の優勝馬服を着せられたディープインパクト

5月29日の東京優駿では、当日の東京競馬場には前年比114.8パーセントとなる14万143人もの観衆が押し寄せた[44]。左回りのコースは初めてだったが、単勝支持率は73.4パーセント(オッズは1.1倍)とハイセイコーの持っていた当競走における単勝支持率最高記録を更新する人気となった[45][46]。スタートは皐月賞同様に出遅れ、道中は後方につけるも、4コーナーでは横に大きく広がった馬群の最外を通り、直線では1頭先に抜け出したインティライミに残り200メートル地点で並んでから同馬を突き放して5馬身の差をつけ、前年のキングカメハメハに並ぶ2分23秒3のレースレコードタイで優勝。1992年(平成4年)のミホノブルボン以来となる史上6頭目の無敗の二冠を達成した。オーナーの金子真人は前年のキングカメハメハに続いて馬主として史上初のダービー連覇を達成した[45][46][注 6]。武豊は勝利騎手インタビューで「感動しています。この馬の強さに…」と言い、レース後の記念撮影では指を2本立てて二冠をアピールした。武によるとこのレースは「アクシデントさえなければ勝てるだろう」というぐらいの自信があったといい、「ディープの状態は万全でしたし、中山2000メートルから東京の2400メートルに舞台が変わることが、乗っている立場としては気持ち的には楽でした。前走の皐月賞で初めて目いっぱいの競馬をしたことで、ダービーではもっと走るだろうという思いもありましたね」と述べている[47][48]

そして翌日のスポーツニッポンの手記で武豊はディープインパクトのことを英雄というニックネームで呼ぶことを自ら提案した[注 7][49]。対戦した騎手もその勝ち方を高く評価し、四位洋文は「サラブレッドの理想形」、ケント・デザーモは「セクレタリアトのようなレース運びだった」と語っている[50]

三冠達成、有馬記念での初黒星[編集]

東京優駿の後は、まず栗東トレーニングセンターで調整されたが、7月10日札幌競馬場に移動し[51]、それから約2か月間は同競馬場で調整された[52]放牧に出さずに札幌競馬場で調整されたのは、厩舎での調整のリズムを変える必要がないことと、避暑ができるからであった[51]。札幌競馬場での調整では行きたがる気性を治すための調教もされた(性格・気性の項目を参照)。9月11日に栗東トレーニングセンターに戻り、その後は栗東で調整が行われた[52]

秋初戦となった神戸新聞杯は、91人の徹夜組も含めて前年比147.2%の4万6775人の観客が阪神競馬場に詰めかけた[53]。馬体重は前走の東京優駿と同じく448kgで[53]、単勝オッズは1.1倍で1番人気に支持された[54]。ディープインパクトはやや飛び上がるようにしてスタートを切り、道中は最後方から2番手の位置でレースを進めた[54]。正面スタンド前ではやや前に行きたがるところを見せたが2コーナーを回って向正面に入ったところでは完全に折り合い[54][注 8]、3コーナー過ぎで外に出たディープインパクトは手綱を持ったままの状態で加速し、直線入り口で大外から先頭に並びかけるとそこから瞬時に抜け出し、2着シックスセンスに2馬身半の差をつけて優勝した[55]。勝ちタイム1分58秒4はトウショウボーイが持つ従来の記録を塗り替える当時のレースレコードを記録した[56]。レース後、武は「本当に素晴らしい馬です。なんとかこの馬を三冠馬にしてやりたいですね」とコメントした[55]

2005年10月23日、京都競馬場にて、菊花賞
2005年10月23日、京都競馬場にて、菊花賞
三冠達成を表示する電光掲示板
三冠達成を表示する電光掲示板
第50回有馬記念(2005年12月25日、中山競馬場。ハーツクライの2着に敗れ、デビューからの連勝記録が「7」で途絶える)
第50回有馬記念(2005年12月25日、中山競馬場。ハーツクライの2着に敗れ、デビューからの連勝記録が「7」で途絶える)

そして三冠のかかった2005年(平成17年)10月23日の第66回菊花賞では、京都競馬場には菊花賞の入場動員レコードとなる13万6701人(前年度比182.0パーセント)の観客が押し寄せた[57]。京都競馬場には863人の徹夜組を含む1万1936人のファンが午前7時20分の開門時に列を作り、JRAが先着100名に配布したディープインパクト像前での記念撮影整理券は7時30分に全てなくなり、300食限定の「めざせ三冠!!ディープインパクト号弁当」も7時45分に完売した[58]。ディープインパクトの単勝支持率は79.03パーセントとなり、単勝式オッズは1.0倍(100円元返し)となった。この単勝支持率は菊花賞としては1963年(昭和38年)のメイズイ(6着)の83.2パーセントに次ぐ史上2位[注 9][注 10]グレード制施行後の重賞としては当時史上最高の単勝支持率であった[注 11]。レースでは好スタートを切ったものの、スタート後の最初の3コーナーから掛かってしまう。そのため武豊はディープインパクトを馬群の内側に入れ、前に行くのを防いだ。その後馬群中団で落ち着いたディープインパクトは、直線で先に抜け出していたアドマイヤジャパンを差し切り2馬身差をつけて優勝。シンボリルドルフ以来、21年ぶり史上2頭目の無敗での三冠馬となった[注 12]。なお、ゴール前での馬場鉄志アナウンサーの実況「世界のホースマンよ見てくれ!!これが日本近代競馬の結晶だ‼︎[62][42]」は2006年(平成18年)のFNSアナウンス大賞を受賞した。そしてレース後の記念撮影では武豊が指を3本立てて三冠をアピールした(レースに関する詳細については第66回菊花賞を参照)。また、3冠レースを全勝した内国産馬に2001年から1億円の褒賞金が贈られることになっていたため、ディープインパクトが初の対象馬となった[59][60]

菊花賞後、陣営はディープインパクトを年内にあと1レース出走させる方針を示したうえで、ジャパンカップ有馬記念のどちらに出走するかを検討し、最終的に有馬記念に出走させることを決定した[63]。事前のファン投票では16万297票を集めて1位となった[64]。レース当日の中山競馬場には前年比129.6パーセントとなる16万2409人もの大観衆[65]が押し寄せた。古馬とは初対決となったものの、単勝式オッズは1.3倍を記録した[66]。しかしレースでは、いつものように後方から進めるも、ハーツクライに半馬身及ばず2着に惜敗し、8戦目にして初黒星を喫した[66]。レース後、鞍上の武豊は「今日は飛ぶような走りではなかった。普通に走ってしまった」と初めての敗戦にショックを隠し切れないコメントを残している[67](レースに関する詳細については第50回有馬記念を参照)。

2005年(平成17年)の活躍をうけ、この年のJRA賞では年度代表馬および最優秀3歳牡馬に選出された[9]。JRA賞選考委員会の記者投票では最優秀3歳牡馬では満票(291票)を、年度代表馬では285票を獲得した[68]関西競馬記者クラブ賞も受賞した[69]

4歳(2006年)[編集]

阪神大賞典から宝塚記念まで[編集]

1月23日に行われた前年のJRA賞授賞式において、オーナーの金子が「夏にヨーロッパでいいレースがあれば使いたい」と発言し、海外遠征を行う意向が示された。海外遠征については2月、調教師の池江によって、春は阪神大賞典から天皇賞(春)へ向かい、天皇賞(春)の後にイギリスキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスフランス凱旋門賞のどちらに出走するか決定すると発表された[70]

2006年(平成18年)の初戦となった阪神大賞典は、88人の徹夜組も含めて前年比108.7%の3万3334人のファンが阪神競馬場に訪れ[71]、馬券の売り上げも前年比135.6%の57億1539万8700円を記録した[71]。3ヶ月の休み明け、ディープインパクトにとっては初めて背負う58kgの斤量、初めて体験する水を含んだ稍重馬場、直線で吹き付ける強い向かい風、菊花賞以来の3000メートルの長丁場での折り合いといった不安材料が懸念されたが単勝オッズは1.1倍で1番人気に支持された[72]。他馬とほぼ横並びのスタートを切り、1周目のスタンド前ではやや前に行きたがる素振りを見せたが[72]、2周目の向正面に差し掛かるところで折り合いがつき、逃げるトウカイトリックの15馬身ほど後ろを進んだ[72]。2周目の3コーナーで鞍上の武豊が手綱を持ったまま加速して先行馬との差を詰め、馬なりで4コーナーを回ると勢いの違いで先頭に並びかけ直線に入った[72]。武がステッキを右に持ち替えて肩鞭を入れるとさらに脚を伸ばして後続を突き放し[72]、ゴール前の100メートルほどは流すようにして2着に3馬身半の差を付けてゴールした[73]。レース後、武は「この馬の強さを改めて感じましたね。大きな夢がありますので、それにむかっていいスタートが切れました」とコメントした[73]

2006年4月30日、京都競馬場にて、天皇賞(春)

4月30日の第133回天皇賞(春)では、単勝支持率は1940年にマルタケが記録した71.5%を上回り当競走史上最高となる73.5パーセント(オッズは1.1倍)を記録した[74][75][76]。スタートではまたも出遅れ、道中は最後方から2番手の位置で折り合いをつけて進んだ[74]。そして3コーナー手前の残り1000メートル地点からロングスパートを開始して[注 13]先行馬を交わしていくと、ゆっくり下ることがセオリーとされる下り坂でもスパートを続け、4コーナーで早くも先頭に立った[74]。直線では、出走馬中最速となる上がり3ハロン33秒5の脚を使ってそのまま先頭を維持し、2着のリンカーンに3馬身半の差をつけ優勝した[74]。三冠馬の翌年春の天皇賞勝利は1985年のシンボリルドルフ以来2頭目であり[75][76]、勝ち時計の3分13秒4は芝3200mの世界レコードタイムで[78][79]1997年(平成9年)の第115回天皇賞においてマヤノトップガンが記録した3分14秒4のレースレコードを1秒更新した[74]。2着に入ったリンカーン(3着に5馬身差をつけ、かつ自らも従来のレコードタイムを上回る走破時計を出す[74])に騎乗した横山典弘が「(リンカーンは)生まれた時代が悪すぎた」[80]と言うほどの内容だった。武豊は「世界にこれ以上強い馬がいるのかな」と言い[81]、海外遠征での勝利に期待感を示した。レース後の記念撮影で武豊は指を4本立てて四冠をアピールした。この時記録した勝ち時計3分13秒4は、全兄ブラックタイドの仔であるキタサンブラックによって2017年、第155回天皇賞(春)にて破られるまでの11年間、コースレコードとして君臨し続けた。

天皇賞(春)の勝利により、5月7日に発表された世界統一ランキング上で、芝・超長距離部門[注 14]の世界ランク1位となった[82][83]。翌5月8日、調教師の池江が凱旋門賞出走に向けた海外遠征プランを発表[注 15][22]、その前哨戦として6月25日に京都競馬場で開催される第47回宝塚記念[注 16]に出走することとなった。事前に行われたファン投票では8万9864票を集め1位となり[85]、単勝支持率も天皇賞(春)に続いて1961年にシーザーが記録した72.4%を上回るレース史上最高の75.2パーセント(オッズは1.1倍)をマークした[86][87][88]。また、ディープインパクトはこのレースでデビューからJRA競走(サラ系平地)11戦連続で1番人気に支持され、歴代1位のハイセイコーに並んだ[87][88][注 17]。当日の京都競馬場は雨で稍重の馬場状態であったが、道中後方2番手追走から残り700メートル地点で進出を開始すると、直線では馬場外目を伸び、2着のナリタセンチュリーに4馬身差を付け優勝した[86]。そして同競走を優勝したことで史上7頭目、史上最速での(収得賞金額)10億円馬となった。レース後の記念撮影で武豊は指を5本立てて五冠をアピールした。宝塚記念優勝を受けて、7月10日付の世界ランキングでは芝長距離部門[注 18]で世界1位となった[89]。これは日本調教馬としては史上初のことである[90]

凱旋門賞[編集]
本馬場入場するディープインパクト(第85回凱旋門賞)
本馬場入場するディープインパクト(第85回凱旋門賞)
ディープインパクトの応援幕を張るファン
ディープインパクトの応援幕を張るファン

凱旋門賞の行われるフランスに出発する前に、2006年(平成18年)7月2日にマイクロチップが埋め込まれた[91]。これはフランスでは2006年からすべての出走馬にマイクロチップを埋め込むことが義務付けられているからである。日本では2007年(平成19年)に産まれてくる産駒から個体識別のためにマイクロチップを埋め込むことが義務付けられたが(2006年(平成18年)に産まれた産駒や現役馬は順次導入)、ディープインパクトはこれに先立ち日本産馬としてはマイクロチップの埋め込み導入第1号となった[92]。翌3日には金子真人、池江泰郎、武豊がフランスへ視察に訪れ、滞在先がカルロス・ラフォンパリアス厩舎になることが決まった[93]。同月19日にはJRAからフランス遠征に際する出国予定日や帰国予定日が発表され、帯同馬ピカレスクコートに決まったことも報じられた[93]

20日には国際競馬統括機関連盟が発表した「トップ50ワールドリーディングホース」の1月1日から7月10日までの集計で125ポンドの評価を獲得し、ランキングが設立された2003年以降、日本馬として初めて世界1位となった[93][注 19]

ディープインパクトは8月2日から美浦トレーニングセンターに滞在してピカレスクコートとともに検疫を受け[91]、翌3日から8日まで美浦で調整が行われた[93]。9日、台風の影響で約2時間遅れとなった午前10時33分、JAL6461便で出国し、現地時間9日午後2時56分にフランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港に到着した[91][93]。その後はシャンティー競馬場の隣の調教場にあるカルロス・ラフォンパリアス厩舎に滞在し、おもにそこで調整された。9月13日には主催者のフランスギャロの許可を受け[93]、凱旋門賞が開催されるロンシャン競馬場でスクーリングを兼ねた調教が行われた[91][93]

10月1日の凱旋門賞は、前年の同競走の優勝馬ハリケーンラン、前年のブリーダーズカップ・ターフの優勝馬シロッコ、そしてディープインパクトの古馬3頭が「三強」を形成した。直前の各ブックメーカーのオッズではこの3頭が上位人気を占め、中にはディープインパクトを単独で1番人気に推すところもあった[94]。この3頭と対戦するのを他陣営が嫌ったためか[95]、レースは8頭という史上2番目の少頭数で行われることになった。それまで欧州調教馬以外勝ったことのない凱旋門賞だが、現地のメディアやファンからは「今回はディープインパクトに勝たれても仕方ない」という諦めムードさえ見られた[96]。ロンシャン競馬場内では、日本人がディープインパクトの単勝馬券を多数購入したため、一時は1.1倍という断然の1番人気となった(最終的なオッズは1.5倍)[97]

レースでは好スタートを切り、今までの控える競馬とは違い道中2 - 3番手でレースを進めると、残り300メートル地点でいったん先頭に立ったものの突き放すことはできず、残り100メートル地点でレイルリンクに、さらにゴール直前でプライドにも交わされて3位入線に終わった。敗因として武豊は「直線を向いてからハミを取らなかった。ギアが一段上がらなかった」と語っている[98]。そのほか競馬関係者もこの敗戦を分析し、元騎手の岡部幸雄と柴田政人斤量とヨーロッパ特有の重い馬場を敗因として挙げ[99][100]、さらに岡部は現地のレースを1回経験させておいたほうが良かったとの見解も示している[101]。また、ライターの江面弘也はフランスのアンドレ・ファーブル厩舎の3頭[注 20]に囲まれながらレースを進めざるを得なかったことを指摘し、ディープインパクトは「『なにをしてでも勝たなければいけないフランス』に負けた」としている[102](レースに関する詳細は第85回凱旋門賞を参照)。

日本帰国からジャパンカップまで[編集]

ディープインパクトは10月4日にフランスから日本に帰国し、競馬学校で検疫が行われた[91]。その後、調教師の池江によって10月29日天皇賞(秋)が復帰初戦の予定とされたため、規定により同競走が開催される東京競馬場で着地検査が行われた。

10月11日には2006年(平成18年)限りで現役を引退することが発表され、51億円(8500万円×60株)のシンジケートが組まれ種牡馬となることが決定した[103]。この額は日本で繋養された種牡馬としては史上最高価格である。

しかし、引退発表からわずか数日後の10月19日、凱旋門賞のレース後に実施された理化学検査でフランス競馬における禁止薬物イプラトロピウムが検出されたことがJRAによって発表された[104]。そして11月16日、正式に凱旋門賞失格が通告された[104](禁止薬物問題についてはディープインパクト禁止薬物検出事件を参照)。

天皇賞(秋)は、帰国して日が浅い中で出走させるのは馬がかわいそうだということで[105]回避が決定され、日本国内での復帰初戦は第26回ジャパンカップにずれ込むこととなった。迎えた11月26日のジャパンカップでは2005年の有馬記念以来のハーツクライとの再戦となった。同競走は海外からは当年のカルティエ賞年度代表馬ウィジャボードを含む2頭しか出走せず、日本馬を合わせても11頭しかいないという、ジャパンカップとしては少数立てのレースとなった。ディープインパクトの単勝支持率は61.2パーセント(オッズは1.3倍)で、日本国内で走ったレースの中ではもっとも低かったが、2000年にテイエムオペラオーが記録した50.5%を上回るジャパンカップ史上最高の支持率だった[106][107]。レースはスローペースとなったが、ディープインパクトは終始最後方で待機し道中を進めた。そして直線に向くと内に入った他馬を大外から一気に捲くり、ドリームパスポートに2馬身差をつけ優勝した。レース後は武豊がウイニングランを行い、ファンに健在ぶりをアピールした。そして表彰式に出るときに武豊はファンといっしょになって万歳三唱をした。記念撮影では武豊の5本指にオーナーの金子の1本指が加わって六冠を表す6本指ができた。一方、再戦ムードを盛り上げたハーツクライは、レース前から陣営が明らかにしていた喘鳴症(喉鳴り)が進行しており、見せ場なく10着に敗れた。

有馬記念[編集]
2006年12月24日、中山競馬場にて、有馬記念

そして12月24日、引退レースとなる有馬記念に出走した。事前に行われたファン投票では11万9940票を集め[108]2年連続1位、かつファン投票で選ぶレースとしては3レース連続で(2005年有馬記念[64]・2006年宝塚記念[85]・2006年有馬記念[108])1位となった。単勝支持率は70.1パーセント(オッズ1.2倍)で、1957年(昭和32年)にハクチカラが記録した76.1パーセントに次ぐ史上2位となった[109][110]。レースでは道中後方3番手につけ、3コーナーから追い出して直線で早々と先頭に立つと、最後は流しながらも2着ポップロックに3馬身の差をつける圧勝で、有終の美を飾った[111]。武豊が「生涯最高のレースができた」[112]「今までにないくらい、強烈な『飛び』だった」[113]と言うほどのレース内容だった。このレースの勝利でシンボリルドルフ・テイエムオペラオーに並ぶ史上3頭目(当時[注 21])の中央競馬GI7勝の最多タイ記録を達成し[111]、獲得賞金は14億5155万1000円となりテイエムオペラオーに次ぐ単独2位にランクインした[注 22]。2006年1年間では7億7148万8000円を獲得し[109][110]、84年,85年のシンボリルドルフ、98年,99年のスペシャルウィークに続く3頭目のグレード制導入以降2年連続JRA年間獲得賞金1位馬となった[109][110]。父・サンデーサイレンスにとってはこのレースでゼンノロブロイ、ハーツクライに続いて産駒による同レース三連覇を達成し、ヒンドスタンと並ぶ同レース最多の4勝を達成した[109][110][注 23]。池江泰郎にとっては87年のメジロデュレン以来、武豊にとっては90年のオグリキャップ以来16年ぶりとなる有馬記念2勝目を挙げた[109][110]。この後ウイニングランは行われなかったが、その理由について武豊は、ゴールを過ぎてから走るのを嫌がったためだと語っている[114]。記念撮影では武豊の5本指にオーナーの金子の2本指が加わって七冠を表す7本指ができた(レースに関する詳細については第51回有馬記念を参照)。 そして有馬記念当日の全競走が終了したあとに引退式が行われた。約5万人[115]のファンが見守る中、厩務員の市川と調教助手の池江に曳かれながら、武豊を背に同日の有馬記念のゼッケンを付けて登場し、ファンに最後の勇姿を披露した。

世界ランキングでは、夏から秋にかけては一時的に順位を落としたものの、ジャパンカップと有馬記念の優勝によって、最終的な2006年通年の世界ランキング1位となった[6][7]。JRA賞でも年度代表馬および最優秀4歳以上牡馬に選出された[9]。年度代表馬は2年連続の受賞だった[注 24]。JRA賞選考委員会の記者投票では総得票数289票のうち年度代表馬で287票、最優秀4歳以上牡馬で288票を獲得した[116]。前年に続き関西競馬記者クラブ賞も受賞した[69]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
[kg]
距離馬場 タイム
上3F
着差 勝ち馬/(2着馬) 馬体重
[kg]
2004. 12. 19 阪神 2歳新馬 9 4 4 1.1(1人) 1着 武豊 55 芝2000m(良) 02:03.8 (33.1) -0.7 コンゴウリキシオー 452
2005. 1. 22 京都 若駒S OP 7 4 4 1.1(1人) 1着 武豊 56 芝2000m(良) 02:00.8 (33.6) -0.9 (ケイアイヘネシー) 450
3. 6 中山 弥生賞 GII 10 8 10 1.2(1人) 1着 武豊 56 芝2000m(良) 02:02.2 (34.1) -0.0 アドマイヤジャパン 446
4. 17 中山 皐月賞 GI 18 7 14 1.3(1人) 1着 武豊 57 芝2000m(良) 01:59.2 (34.0) -0.4 シックスセンス 444
5. 29 東京 東京優駿 GI 18 3 5 1.1(1人) 1着 武豊 57 芝2400m(良) 02:23.3 (33.4) -0.8 インティライミ 448
9. 25 阪神 神戸新聞杯 GII 13 6 9 1.1(1人) 1着 武豊 56 芝2000m(良) 01:58.4 (34.1) -0.4 (シックスセンス) 448
10. 23 京都 菊花賞 GI 16 4 7 1.0(1人) 1着 武豊 57 芝3000m(良) 03:04.6 (33.3) -0.3 (アドマイヤジャパン) 444
12. 25 中山 有馬記念 GI 16 3 6 1.3(1人) 2着 武豊 55 芝2500m(良) 02:32.0 (34.6) -0.1 ハーツクライ 440
2006. 3. 19 阪神 阪神大賞典 GII 9 2 2 1.1(1人) 1着 武豊 58 芝3000m(稍) 03:08.8 (36.8) -0.6 トウカイトリック 442
4. 30 京都 天皇賞(春) GI 17 4 7 1.1(1人) 1着 武豊 58 芝3200m(良) R3:13.4 (33.5) -0.7 リンカーン 438
6. 25 京都 宝塚記念 GI 13 6 8 1.1(1人) 1着 武豊 58 芝2200m(稍) 02:13.0 (34.9) -0.7 ナリタセンチュリー 442
10. 1 ロンシャン 凱旋門賞 G1 8 1 1.5(1人)[‡ 1] 失格[104] 武豊 59.5 芝2400m(Bon[117][‡ 2]) 3位入線[120] Rail Link
11. 26 東京 ジャパンC GI 11 6 6 1.3(1人) 1着 武豊 57 芝2400m(良) 02:25.1 (33.5) -0.3 ドリームパスポート 436
12. 24 中山 有馬記念 GI 14 3 4 1.2(1人) 1着 武豊 57 芝2500m(良) 02:31.9 (33.8) -0.5 ポップロック 438
  1. ^ 日本国外では、複数の事業者(ブックメーカー)が自由に馬券を販売できるため、業者ごとに倍率は異なり、人気とは連動しない。ここではロンシャン競馬場内の倍率[97]を示す。(フランスはパリミュチュエル方式を採用しており、競馬場内で馬券を買う限りにおいては人気と倍率は連動する。)
  2. ^ 日本語では一般的に「稍重」に相当する。日本軽種馬協会のJapan Bloodstock Information Systemでは「稍重」[118]、netkeibaでは「良」[119]と表記している。詳細は馬場状態#各国の馬場状態を参照。

種牡馬時代[編集]

産駒デビューまで(2007年 - 2009年)[編集]

2007年5月11日、社台スタリオンステーションにて

2006年(平成18年)12月25日付で競走馬登録が抹消され、2007年(平成19年)から北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となった。それからディープインパクトは、父サンデーサイレンスやノーザンテーストリアルシャダイが過ごした「功労馬厩舎」と呼ばれている厩舎で過ごすことになった[121]。同スタリオンでの担当厩務員はノーザンテーストを担当していた森田敬治である[122]

2007年(平成19年)2月14日には社台スタリオンステーションで引退後初めての一般公開が行われ、会場には約1200人のファンが集まった[123]。以後は同スタリオンで繋養される一部の内国産種牡馬と同様、放牧地にいる間の一般見学が可能になっているが、本馬にのみ専門の警備員が付き添う形になっている。

初年度(2007年)の種付料は当時の日本で繋養される種牡馬としては最高額となる1200万円であった。初年度は日本国内の新種牡馬の中では最多となる206頭に種付けを行い[124]2008年(平成20年)1月9日には初産駒が鳥井牧場で誕生した(牝馬。母ロングディライト)[注 25][125]

2008年(平成20年)7月15日7月16日に行われたセレクトセール2008当歳馬セールにて産駒が初めてセリに出され、2日間で総勢36頭が登場して31頭が落札された[127]。最高落札価格馬は初日に登場したビワハイジの2008で、2億2000万円という高値で島川隆哉に落札された[127][注 26]。最終的にこの2日間でディープインパクト産駒の総売却額は19億1000万円、1頭平均売却額約6161万円となり、2006年(平成18年)にキングカメハメハが記録した新種牡馬産駒の総売却額17億4500万円、1頭平均売却額約5629万円の記録を更新し、売却頭数31頭は2006年(平成18年)のキングカメハメハと同数となった[127]

2010年[編集]

2010年(平成22年)に初年度産駒がデビューした。6月26日福島競馬場で行われたメイクデビュー福島にてサイレントソニックが勝利し、産駒の中央競馬初勝利を記録した[129]。その後も産駒の勝利数は順調に増え続け、11月21日京都競馬場で行われた2歳未勝利戦でボレアスが勝利し、産駒26頭目の勝ち馬となり、2005年(平成17年)にアグネスタキオンが記録した25頭を抜きJRA2歳新種牡馬の勝馬頭数の新記録を達成[130]。さらに11月27日には京都競馬場で行われた2歳未勝利戦でハッピーグラスが勝利して、産駒のJRA通算勝利数が31勝となった[131]。これにより父サンデーサイレンスが持っていた種牡馬供用初年度のJRA通算勝利数30勝の記録を16年ぶりに更新した[131]。さらに12月25日には阪神競馬場で行われたラジオNIKKEI杯2歳ステークスダノンバラードが1着になり、産駒初の重賞制覇となった[132]。最終的に初年度産駒がJRAの2歳戦で41勝し、総獲得賞金5億3704万3000円をあげた結果、ディープインパクトは2010年度のJRA2歳リーディングサイアーに輝いた。なお、この産駒出走初年度の総獲得賞金記録も、サンデーサイレンスが持っていた4億9062万5000円の記録を16年ぶりに更新することとなった[133]

2011年[編集]

2011年(平成23年)にはマルセリーナ桜花賞を制し、産駒のGI競走およびクラシック初制覇を果たした[134]。また、リアルインパクトがGI格付け以降では初めてとなる3歳馬による安田記念優勝を果たした[135]。さらに阪神ジュベナイルフィリーズではジョワドヴィーヴルが史上初のデビュー2戦目でのGI制覇を達成している[136]10月22日には産駒がJRA年間100勝を達成したが、産駒がデビューして2年目の同日における達成は最速記録だった[注 27][137]。この年は最終的にJRAのサイアーランキングではキングカメハメハに次ぐ2位(中央競馬と地方競馬の合算(以下、「全国」と記述)では4位)、2歳部門ではJRAと全国でともに2年連続でリーディングサイアーとなった。

2012年[編集]

2012年(平成24年)には、ジェンティルドンナが桜花賞、優駿牝馬秋華賞を制し牝馬三冠を達成し[138]、さらに3歳牝馬として初めてジャパンカップも制した[139]。また、東京優駿ではディープブリランテが優勝した[140]。フランスではグロット賞 (G3) をビューティーパーラー (Beauty Parlour) が勝利し、産駒初の日本国外重賞初制覇を達成[141]。同馬は続くプール・デッセ・デ・プーリッシュ(フランス1000ギニー) (G1) にも勝利し、日本国外のG1競走初制覇も果たした[142]。最終的には産駒がGI・5勝を含む重賞18勝を挙げるなど活躍し、初のJRAと全国のリーディングサイアーに輝いた。産駒はJRAで216勝を挙げたが、これはキングカメハメハの184勝(2011年)を塗り替える、内国産種牡馬のJRA年間勝利数の新記録である[143]。また、JRAと全国の2歳リーディングサイアーの座も獲得した。これらの産駒の活躍で翌2013年の種付料は、種付時までに全納のみで1,500万円(不受胎時全額返還)にまで値上げされたが、すぐにBOOK FULLとなるなど、サンデーサイレンスの後継種牡馬の筆頭と目されていた[144]

2013年[編集]

2013年(平成25年)の桜花賞をアユサンが制して産駒の同競走3連覇を達成した[145][注 28]。ジャパンカップではジェンティルドンナが同競走史上初の連覇を達成した[147]。他にも、ヴィルシーナヴィクトリアマイル[140]キズナが東京優駿に[148]トーセンラーマイルチャンピオンシップ[149][注 29]勝利。キズナは凱旋門賞制覇を目指しフランスに遠征も行い、前哨戦となるニエル賞(G2)に優勝した[151](本番の凱旋門賞は4着[152])。これらの産駒の活躍により、2年連続でJRAリーディングサイアーと全国リーディングサイアーを、4年連続でJRA・全国2歳リーディングサイアーを獲得した。

2014年[編集]

2014年(平成26年)は、ドバイシーマクラシックをジェンティルドンナが制し[153]、産駒の日本調教馬として初の日本国外G1制覇を達成した。ドバイミーティングのG1を日本調教馬の牝馬が制したのは史上初である。桜花賞ではハープスターが勝利し[154]、産駒の同競走4連覇を達成[155][注 30]。また、阪神ジュベナイルフィリーズはショウナンアデラ[154]朝日杯フューチュリティステークスダノンプラチナ[154]勝利し、2009年のキングカメハメハ産駒(アパパネローズキングダム)以来の2歳GI両競走制覇となった[156]。さらに中山大障害ではレッドキングダムが制して産駒のJ・GI初制覇を達成した[157]。その他にも、ミッキーアイルNHKマイルカップ[154]、ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル)[140]ショウナンパンドラ(秋華賞)[154]スピルバーグ(天皇賞(秋))[注 31][140]ラキシスエリザベス女王杯[注 32][148]ダノンシャークマイルチャンピオンシップ[149]、ジェンティルドンナ(有馬記念)[140]がGI競走に優勝した。重賞競走では、京都牝馬Sをウリウリが勝ち、産駒のJRA重賞競走通算50勝を達成[159]。さらにスワンステークスをミッキーアイルが制して産駒重賞勝ち数が72勝となり、フジキセキを抜いて内国産種牡馬のJRA重賞勝利数歴代1位となった[160]

この年は、JRAでの年間記録のうち、勝利数(232勝)[161]、重賞勝利数(37勝)[161]、GI勝利数(11勝)[162]、獲得賞金(67億6270万円)[161]で自己最高を記録し[注 33]、3年連続でJRAおよび全国リーディングサイアーを、5年連続で2歳リーディングサイアーを獲得した。なお、重賞勝利数はサンデーサイレンス産駒の38勝(2003年)に次ぐ歴代2位、GI勝利数は歴代1位である[162]

2015年[編集]

2015年(平成27年)は、ミッキークイーンが優駿牝馬に優勝[163]。同馬は10月19日の秋華賞にも勝ち、ディープインパクトは産駒によるJRA重賞通算100勝を史上最速で達成した(史上3頭目[注 34]、5年3カ月29日)[164]。他にもマリアライト(エリザベス女王杯)[154]、ショウナンパンドラ(ジャパンカップ)[154]がGI競走に優勝し、さらにリアルインパクトはジョージライダーステークス[165]エイシンヒカリ香港カップ[166]で海外G1勝利を果たした。函館2歳ステークスブランボヌールが制したことにより、グレード制を導入した1984年以降で8頭目となるJRA全10場重賞制覇を達成した[167]。10月12日に東京競馬場で行われた2歳新馬戦ではラベンダーヴァレイが勝利し、産駒によるJRA通算1000勝を史上最速で達成した(史上17頭目、5年3カ月23日)[168]。この年は獲得賞金(JRAにて69億701万5000円)で自己最高記録を更新し[161]、4年連続でJRA・全国リーディングサイアーを獲得した。一方で2歳成績ではダイワメジャー(6億5980万9000円)に次ぐ2位(6億228万円)に終わった。

2016年[編集]

2016年(平成28年)は、ディーマジェスティ(皐月賞)[169]、シンハライト(優駿牝馬)[169]、マカヒキ(東京優駿)[169]、マリアライト(宝塚記念[154]ヴィブロス(秋華賞)[169]サトノダイヤモンド菊花賞、有馬記念)[169]、ミッキーアイル(マイルチャンピオンシップ)[154]サトノアレス(朝日杯フューチュリティステークス)[170]が国内のGI競走に優勝した。菊花賞を制したことにより、同産駒は史上初の3歳GI完全制覇を達成した[171]。また、中日新聞杯をサトノノブレスが制して新記録となる6週連続JRA重賞勝利を達成し[172]、後に7週連続まで記録をのばした[173]。海外ではリアルスティールドバイターフ[174]、エイシンヒカリがイスパーン賞[175]でG1を制覇、マカヒキはG2のニエル賞に勝利した[176]。この年は獲得賞金(JRAにて73億7053万1000円)で自己最高記録を更新し[161]、5年連続でJRA・全国リーディングサイアーを獲得した。また、JRA・全国2歳リーディングサイアーを2年ぶりに獲得した。

2017年[編集]

2017年(平成29年)は、皐月賞でアルアイン[170]、安田記念でサトノアラジン[154]、朝日杯フューチュリティステークスでダノンプレミアム[177]GI制覇を果たした。海外ではドバイターフをヴィブロスが制し、産駒の同競走連覇を達成した[178]。また、日本で生産され離乳後にアイルランドに渡ったサクソンウォリアー(Saxon Warrior)がベレスフォードステークス(G2)を勝利し、産駒初のアイルランド重賞制覇を果たした[179]。さらに同馬はイギリスのレーシングポストトロフィー(G1)を勝利し、産駒初のイギリス重賞制覇をG1制覇で達成すると同時に、日本産馬初のイギリスG1制覇を成し遂げた[180]。2016年にオーストラリアに移籍したトーセンスターダム(Tosen Stardom)が、トゥーラックハンデキャップ[181]エミレーツステークス[182]の2つのG1を勝利した。11月19日に行われたメイクデビュー京都ではフランツが勝利し、産駒によるJRA通算1500勝を史上最速で達成した(史上6頭目、7年5カ月0日)[183]。この年はJRA年間勝利数(251勝)で自己最高記録を更新し[161]、6年連続でJRA・全国リーディングサイアーを、2年連続でJRA・全国2歳リーディングサイアーを獲得した。なお2歳戦では勝馬数50、勝利数57を記録し、サンデーサイレンスが2004年に記録した勝馬数47、勝利数54のJRA記録を13年ぶりに更新した[184]。この年には、セダブリランテスラジオNIKKEI賞に勝利して父の父として[185]キセキが菊花賞に勝利して母の父として[186]初めて重賞勝ち馬を送り出し、孫の代からも活躍馬が現れ始めている。

2018年[編集]

2018年(平成30年)は、ケイアイノーテック(NHKマイルカップ)[177]ジュールポレール(ヴィクトリアマイル)[169]ワグネリアン(東京優駿)[177]フィエールマン(菊花賞)[177]ダノンファンタジー(阪神ジュベナイルフィリーズ)[187]がJRAのGI競走に優勝した。また、アンジュデジールJBCレディスクラシックに優勝し、産駒のダートGI競走初勝利となった[188]。この年は海外調教馬も活躍し、サクソンウォリアーがイギリス2000ギニー[189]、フランス調教馬のスタディオブマン(Study of Man)がジョッケクルブ賞(フランスダービー)[190]に優勝してそれぞれクラシック競走制覇を果たした。この年はJRA年間勝利数(265勝)で自己最高記録を更新し[161]、7年連続でJRA・全国リーディングサイアーを、3年連続でJRA・全国2歳リーディングサイアーを獲得した。

7月9日と7月10日に行われたセレクトセール2018では、今年1歳で上場された産駒24頭中23頭が売却され、税込み1億円超は12頭(2017年は23頭上場、21頭売却、税込で1億円超は9頭)だった[191]

2019年[編集]

2019年は例年通り2月のシーズン開始から交配を行っていたが、3月に入ってから首に痛みが出たため大事を取って種付けを中止した。残りシーズンの種付けは行わず、翌春に誕生予定の産駒は20頭前後になる見通しとなった[192]。東京優駿ではロジャーバローズが単勝93.1倍で勝利し令和最初のダービー馬となった[193]。菊花賞はワールドプレミアが勝利して、産駒のGI通算40勝を達成。武豊はディープインパクトで勝利して以来の菊花賞制覇であり、この勝利で最年長菊花賞優勝騎手となったと同時に、「昭和」「平成」「令和」と3つの元号での勝利だった[194]

骨折により安楽死[編集]

7月28日、患部の頸椎を固定する手術を実施し術後の経過は安定していたが、翌29日午前に突如起立不能の状態となった。翌30日早朝のレントゲン検査で手術箇所とは別に頸椎骨折が判明。回復が見込めないと診断されたことから、同日、安楽死の措置が執られた[195][196][197]。17歳没。

東京競馬場に設置された献花台

訃報を受け、JRAは8月3日、4日の新潟、小倉、札幌の第11レースを「追悼競走」とし、「ディープインパクト追悼競走」の副題を付して開催[198]。全国の競馬場および東京競馬場内にある競馬博物館では記帳台と献花台が、全国のウインズおよびGate J.において記帳台が設置された[199]。実施された8月3日から9月1日までに、1834件の献花、3万9243件の記帳が集まり、後日オーナーの金子真人に届けられた[200]

フランスでもディープインパクト死亡のニュースは報じられた[201]。パリチュルフ紙は訃報を受けた翌日、凱旋門賞出走時の写真とともに記事を一面で掲載し、「真のアイドル」と報じた[201]。ジュールドギャロ紙は「Sayonara,Deep Impact」の見出しでトップ扱いで報道し、「日本において競走馬という枠を超えた特別な存在だった」と説明した[201]

同年8月9日には本馬とリーディングサイアーなどで争ったキングカメハメハが死亡[注 35]し、日本競馬は同じ年に立て続けに名馬を失うこととなった。

関係者からのコメント[編集]

  • 金子真人「無敗の3冠制覇をあっさり成し遂げてくれたことには、とても感動しましたし感謝しています。最も感動したのは凱旋門賞で負けて帰国した直後のジャパンカップ、有馬記念を連勝してくれたことです。その直後、あまり前例のない4歳での引退種牡馬入り後も大成功してくれました。マカヒキワグネリアンの2頭のダービー馬も私にプレゼントしてくれました。突然の訃報に涙が止まりません。心から冥福を祈ります」[202]
  • 武豊「体調が良くないと聞いていたので心配していたのですが残念です。私の人生において本当に特別な馬でした。彼にはただただ感謝しかありません」「僕にとっても特別でヒーローみたいな馬でした。ありがとうと言いたい」[203][204]
  • 池江泰郎「今朝、報告を受けてびっくりしました。とてもショックです。朝から報道機関から次々と電話がかかってきて、改めて偉大な馬だと感じました。社台スタリオンステーションで大事にされ、何とか元気になってくれたら、と思っていました。まだ17歳ですからね」「お父さんになってからも活躍馬を何頭も送り出し、私自身、一年一年が過ぎていくのが早かったです。やっぱり夢はディープの子供が凱旋門賞を勝ってくれることです」[205]
  • 市川明彦「種牡馬として日本の競馬界をリードしてくれましたし、日本の競馬会を変えた馬です。それにしても、(亡くなるのが)ちょっと早すぎますね。長生きしてほしかったです。残念です」[206]
  • 西内荘「僕の装蹄人生を変えてくれた馬。(初めて試した)接着装蹄のことを含め、ディープには感謝しかありません。ディープの後、あれだけの馬に出会えていません。超える馬に合っていません。僕の中で非常に大きな存在です」[206]
  • 吉田勝己「ノーザンファームの過去の生産馬の中でも間違いなく最高の競走馬でした。種牡馬としても大成功を収めていただけに本当に残念です。心よりご冥福をお祈りします」[202]

ディープインパクト急死のニュースは普段は競馬のニュースが取り上げられる事の無い各民放テレビ局のニュース番組でもトップで取り上げられた他、関係者のみならず各方面、著名人からも惜別のコメントが相次いだ。

  • 関西テレビ「KEIBA BEAT」の司会者を務めるお笑いコンビ・麒麟川島明は、「次元の違う走りで衝撃をあたえ続けた日本最高の名馬でした。産駒にもその強さは受け継がれ今もなお競馬界を創造し続ける偉大すぎる血統です、天国で名馬たちとのんびり走ってくださいね。 本当にお疲れ様でした。 そしてありがとうございました。」とディープインパクトを讃え、感謝の言葉を述べた[207]
  • ディープインパクトにとっては甥にあたるキタサンブラック[注 36]を所有する演歌歌手の北島三郎[注 37]は所属事務所を通じて「競走馬としてはもちろん、種牡馬としても世界に誇る偉大な名馬でした」とコメントし、関係者によると、静かな口調で受け止めたそうで、「生きとし生けるもの…いつかお別れする時は訪れるのですが、寂しいです。どうぞ安らかに」と続けたという[208]
  • 歌舞伎役者の市川海老蔵は自身のブログに「かなしい かなしすぎる!」のタイトルで記事を投稿し、「ディープインパクト、かなしい、かなしい」と吐露。「忘れられない名馬、凱旋門賞負けた時私は涙流しました、、」とディープインパクトへの想いを明かした[209]

競走馬としての特徴[編集]

レーススタイル[編集]

後方待機からの強烈な追い込みが身上であった。道中は中団から後方につけ、3 - 4コーナーから一気にまくりあげて他馬をごぼう抜きするというレーススタイルでGI競走7勝を挙げた。主戦騎手の武豊は、新馬戦の追い切りの際に少しスピードがありすぎると感じたため、ゆったりとしたレースをさせるようにしたと述べている[210]。また、ゲートの中でじっとしているのが嫌いで落ち着きがなかったため、スタートが上手くできず出遅れることが多かったことも、追い込みという脚質になった一因だとされている[211]

ディープインパクトの強みは優れた瞬発力とスピード、そして末脚の持続力である。実際、上がり3ハロンのタイムは日本国内の競走では全競走で出走馬中最速であり、東京優駿(当時)、菊花賞、天皇賞(春)、ジャパンカップ、有馬記念(4歳時)などでは史上最速であった。また、天皇賞(春)ではいつも通りの後方待機策から残り600メートル付近で早くも先頭に立ったにもかかわらずそのまま押し切っており、そのトップスピードの持続力は卓越していた。武豊は東京優駿後のインタビューで「この馬は瞬発力が続くんです。ド〜ンとゴールまでそのまま行く」と答えている[212]。調教師の池江泰郎も、瞬発力に優れ、しかも長くいい脚を使うのはディープインパクトの強さを感じるところだと述べている[213]

反面、ほかの馬と馬体を併せるレースとなった弥生賞ではクビ差とディープインパクトにしては僅差での勝利、同じようにほかの馬と馬体を併せる形となった凱旋門賞では3位入線と敗れている。調教助手の池江敏行はこのことに関して、「馬体を併せると、本気で走らない気がする」とディープインパクトの引退後に語っている[214]

身体的特徴[編集]

ディープインパクトはレース時の体重が436 - 452キログラムで、サラブレッドとしては小柄な体型である。デビュー戦の452キログラムがもっとも重く、最低体重を記録したのは引退レースの1戦前であるジャパンカップだった。出走したGI競走の中でも、皐月賞・菊花賞・有馬記念(2005年)・ジャパンカップ・有馬記念(2006年)では出走馬の中で最低の馬体重だった[215][注 38]。馬体が小さいため、当初は他馬に揉まれ弱いという声もあったが、他馬に揉まれながらも皐月賞に勝利したあとは「大型馬よりも故障のリスクが小さい」と馬体の小ささが肯定的に見られるようになった[216][217]。種牡馬入りのときの健康チェックでは体高(キ甲=首と背の境から足元まで)が164センチメートルだったが、社台スタリオンステーションの徳武英介は、父サンデーサイレンスと同じサイズで体格的に種付けは心配ないと述べている[218]

島田明宏によるとディープインパクトは「意外にも食いしん坊」と評している[219]。島田は2005年の夏における札幌での調整に密着した際、馬房の左に飼い葉桶、右に水桶を吊るし、その下に市川が青草の束を置くと、ディープインパクトは飼い葉桶から顔を上げ、水桶から水を飲み、次に青草を少し食べてまた飼い葉桶の飼料、という「三角食べ」をし、食欲は旺盛でも食べても太らないのはこの食べ方によるところが大きいのではないかと述べている[219]

馬体に関しては、バランスの良さを指摘する声もある。共同通信社の永井晴二はディープインパクトの馬体について、「ボリューム感に欠ける」ものの、「よく見ると実にバランスの取れた馬体」をしていて「すべてがコンパクトにまとまっている」と評している[220]サラブレッドクラブ・ラフィアン前代表の岡田繁幸は、「お尻のつく位置や骨の太さなど、すべてのバランスがいい」と述べている[221]

また、体の柔らかさも指摘されている。ノーザンファーム早来時代に育成を担当したスタッフは、「やわらかくて、ゴム鞠のように弾むようなバネがあった」と証言している[21]。また、同ファーム場長の秋田博章もディープインパクトが坂路を走る様子を見て、今まで見たことがないような柔軟性があり、まるで「ネコ科の動物」が走っているようだったと語っている[222]装蹄師西内荘は、犬や猫などのように後ろ脚で耳を掻くことができるほど体が柔らかいと発言している[注 39][223]。サラブレッドクラブ・ラフィアンの岡田は「筋肉の質がよくて柔軟性に富んでいる」と述べ、そのため伸び縮みが自在になると考察している[221]。武豊はその柔軟性の高さを「チーター」にたとえている[224]

さらに、GI馬に共通した特徴である薄い蹄を持っている[225]。皐月賞までは順調に勝ち進んだものの、東京優駿に向かうにあたってこの点が問題になった。蹄が薄い馬の場合、蹄鉄で固定すると馬がストレスを感じるためである[226]。また、皐月賞が終わると蹄もボロボロになり、釘を打てる場所がなくなっていた[227]。そこで装蹄師の西内は、新しい方法で蹄鉄を装着して東京優駿に臨むことにした[228]。それは、装締によって蹄に負担がかからないように従来の釘による装締を止め、クッションの役割を果たすシューライナーを蹄に貼り、その上にエクイロックスという特殊な接着剤で蹄鉄を蹄に装着する方法であった[226][227]。ディープインパクトはこの方法により装着された蹄鉄で東京優駿に勝利した。

走る時の特徴[編集]

装蹄師の西内はディープインパクトの蹄鉄の減りがほかの馬に比べて遅いことを証言している[229]。実際、かつて武が主戦騎手として騎乗したエアシャカールアグネスワールドがそれぞれ2週間使用した蹄鉄とディープインパクトが3週間使用した蹄鉄を比較すると、ディープインパクトの蹄鉄の方が減りが少なかった[230]。西内はその理由として、ディープインパクトの地面をがっちりと捕まえる走り方を挙げている。西内によれば、本来競走能力の高い馬は蹄鉄の減りが早いのだが、ディープインパクトの場合はそのような走法のために摩擦が少なく蹄鉄が減りにくいという[229]。NHKスペシャル「ディープインパクト〜無敗の3冠馬はこうして生まれた〜」によれば、ディープインパクトはその柔軟性から後ろ脚を平均的なサラブレッドより前、重心の真下に着く事が出来る。よって、無駄無く力強い推進力が生み出され、蹄鉄の減り・脚元への負担が少ないと結論付け、ディープインパクトを「軽量ボディに大排気量のエンジンを搭載したスポーツカー」と表現した[42]。岡田繫幸はディープインパクトの蹄鉄が偏りなく摩耗することについて、「着地した脚がそのまま上体を乗せて、体が前に伸びきるまで前に運ぶからです」と述べている[231]

心肺機能が他の馬より優れていることも強さの一つとして挙げられている。まず、心拍数が最大になったときの血液のスピードを「VHRmax」(単位はm/s・メートル毎秒)、ゴール直後から心拍数が100を切るまでの時間を「HR100」といい、前者は持久力を、後者は回復力を示すものである(前者は数値が大きければ大きいほど、後者は数値が少なければ少ないほどよい)。3歳以上の馬のVHRmaxの平均は14.6であるのに対し、ディープインパクトはデビューの時点で16.3を示した[232]。HR100も一般的な3歳馬は10分以上かかるが、皐月賞のときにディープインパクトが記録したのは2分42秒であった[233]

JRA競走馬総合研究所が菊花賞でのディープインパクトの走りを研究したところによると、武豊の「走っていると言うより飛んでいる感じ」という言葉に反して、三冠を達成した菊花賞でのラスト100メートルの走りを検証したところ、ディープインパクトは4本の脚がすべて地面についていない時(エアボーン)の時間がほかの他の馬の平均である0.134秒よりも短く、0.124秒だった[234]。しかし、その間の移動距離は長く、他の馬の平均が2.43メートルであるのに対し、ディープインパクトは2.63メートルだった[235][236][237][234]。同研究所は、飛ぶことによって馬体の上下動に余計な力を使ってしまい、そのうえ前へ進む力も継ぎ足せなくなるため、エアボーンの時間が短いことは速く走るためのメリットだと説明している[238][239]。また、2本の脚が同時に地面に着いている時間が少ないことも明らかになった。この脚と脚が同時に着いている時間が短いという特徴はアメリカの三冠馬セクレタリアトにも見られることから、速く走る馬の特徴なのではないかと同研究所の高橋敏之は推測した[223]

さらに同研究所は、走るときに後肢を大きく前方へ振り出していること(それによって後肢を後方に引き戻す速度が上がり、着地するときの制御力も小さくなる)などをディープインパクトの効率的な走りの特徴として挙げている[223]。同研究所は、ディープインパクトの走りには「強いウマ、速いウマの走りのテクニックが凝縮されて」おり、「空を飛んでいる」と武豊が言ったのは、ディープインパクトが馬体の上下動を抑えて重心を低くしたスムーズな走行をしているからだと研究結果をまとめている[240]。岡部幸雄はかつてトウカイテイオーで勝利した1992年の大阪杯で「雲の上を走っている」と感じたといい、「"飛ぶ"という言葉は、馬に無駄な動きが一切ないということだと思う。滞空時間というより、上下だけでなく左右にもブレがないからスーッとそのまま飛んでいる感じになるのだろう。テイオーも上下のブレが非常に少ない馬で、バネの利いたフットワークが素晴らしかった。背中に乗っていても全く揺れがなく、どこまでも一直線に走っているイメージだった。心地よいという乗り味という意味では、2頭は似ている部分が多かったと思う」と述べている[231]

気性・性格・知能の特徴[編集]

武豊は「走ろうとする気持ちが強すぎるので、乗る立場からすれば難しい馬」[211]「この馬が本気で行きだしたら止めるのは容易じゃない」[241]と語っている。3歳時はほかの馬が前を走っていると調教でも追い抜こうとして抑えるのに苦労するほどで、さらに調教で馬場に出るときに尻っ跳ねをする癖があった[242]パドックでもうるさい様子を見せており、とくに東京優駿では焦れ込んで馬場入りのときと同じように尻っ跳ねをする仕草もした。3歳夏の札幌競馬場でのトレーニングでは、これらの癖を直すための調教もされた。このトレーニングが功を奏したのか、その後はある程度改善され、4歳時の有馬記念前の調教では他馬に反応することも尻っ跳ねをすることもなくなった[243]

普段は人懐っこくておとなしく、厩舎では「お坊ちゃまくん」のニックネームで呼ばれていた[244]。「素直な性格」[245]で「天然」[246]だと厩務員の市川は述べている。調教師の池江はディープインパクトを「とてもおとなしい」馬だと言い、さらに「人間が好き」で「優しい馬」だと表現している[247]。競走馬時代の担当の獣医師も、ディープインパクトは「性格が気さく」であり、これほど性格が良い馬はそういないと語っている[248]。種牡馬となってからの担当厩務員である森田敬治は、自分が人間よりも上の立場だということを誇示したがるほかの種牡馬と違って、ディープインパクトは人間と対等の立場で接してくると証言している[249]

非常に利口な馬でもあり、調教助手の池江敏行によると、普通の馬が10回で覚えることをディープインパクトは2、3回で覚えてしまうという[250]。武豊も頭の良さは認めており、菊花賞でディープインパクトが一周目のホームストレッチでかかってしまったのは、頭が良いので3コーナーから4コーナーにかけてスパートをかけることを覚えているために、一周目のゴール板を正規のゴールと勘違いしてしまった(=そこまでに先頭に立たなければならないと勘違いした)からだと証言している[251]

評価[編集]

公式レイティングによる評価[編集]

2005年のワールド・サラブレッド・レースホース・ランキングでは長距離(ロング:Long - 2101メートル - 2700メートル)でのパフォーマンスが124ポンドと評価された[252]。ほかの距離区分も含め総合9位、3歳馬の中では4位にランクされた。超長距離においては118ポンドに評価され、この距離区分では世界1位となった。

2006年の同ランキングでは長距離で127ポンドに評価され[253]インヴァソールバーナーディニディスクリートキャットに続く総合4位タイ、芝部門ではレイルリンク・ジョージワシントンと並び世界1位タイにランクされた。ちなみに当時は1999年におけるエルコンドルパサーの134ポンドに次ぐ日本調教馬歴代2位のレイティングであった。超長距離部門では123ポンドに評価され前年と同様、世界1位だった。

また、2006年7月10日にIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された「トップ50ワールドリーディングホース」の2006年1月1日から7月10日までの集計分では125ポンドに評価された[254]。このレイティングにより、集計期間内にタタソールズゴールドカップアイルランドG1)に勝利していたハリケーンラン、また、同じく集計期間内にコロネーションカップ(イギリスG1)を制していたシロッコと並び、ランキングが設立された2003年以降、日本馬として初めて世界1位にランクされた。

競馬関係者による評価[編集]

ディープインパクトを管理した調教師の池江泰郎は、3歳春の時点で同馬を「理想的なサラブレッド」と言い、長所として騎手の指示に対する反応の良さを挙げている[255]。14戦全てに騎乗した武豊は、弥生賞後のインタビューにおいて同馬の長所は何かという質問に対して負けないところだと答えている[35]。その後武豊は、負けないという意味は「すべての面でほかの馬を圧倒している」ということだと発言している[256]。ダービー後のインタビューでは「ぼくはずっとこういう馬を探していた、という感じ。」と表現し[257]、後に改めてその発言の意味を具体的に聞かれ「すごくシンプルに、走るのが速い馬。スピードがあるとか、持久力があるとか、全てを通り越して、圧倒的に足の速い馬が現れるのを待っていた。」「(自身が騎乗した)オグリキャップスペシャルウィークサイレンススズカも速かったけど、それとはまた感じの違う速さ。どっちが上とかじゃなく。」と答えている[258]

菊花賞で無敗の三冠馬となったディープインパクトだが、同じ無敗の三冠馬のシンボリルドルフとの比較という点においては、同馬の主戦騎手だった岡部幸雄が「ルドルフのほうが強い。ルドルフは競馬のすべてを知り尽くしていた」、「終始馬体を併せる作戦を取ればルドルフなら勝てる」と答えている。しかし同時に、自ら「ディープインパクトの追っかけ」[259]と言うほどのファンでもあり、凱旋門賞のときは声を荒らげて応援していた。一方、ノーザンファーム場長の秋田博章は、「ルドルフはソツのないレース巧者」で「優等生という印象」と言ったうえで、「ディープの強さは並ぶ間もない圧倒的なもの」と発言し、「一枚上」だと評価した[260]柴田政人の場合は菊花賞のあとに「ルドルフを超えたというよりもすごい馬が現れたと感じている。潜在能力がまさにケタ違い」と評している[261]

安藤勝己は最も印象に残っているディープインパクトのレースに新馬戦を挙げており、その理由は「レース終わってユタカちゃんがG1制した時でも見せない表情で興奮してた」というものであり、「伝説を残すってその時点で確信した」と述べている[262]。また、「キンカメでダービーを勝たせてもらって、その翌年にディープのようなスーパーホースが出てくるとは思わなかった」といい、「セレクトセール出身で、実績で産駒でその価値を高めて、日本競馬のレベルを飛躍的に押し上げた」と述べている[263]

コンゴウリキシオーやフサイチアウステル等で対戦経験のある藤田伸二は、著書「騎手の一分」の第3章「強い馬とは何か」の中で「別格だったディープインパクト」という項目を設け、「積んでいるエンジンが全く違った。」、「騎手の腕なんて関係なく、誰が乗っても勝てる馬だった。」[注 40]「ディープと同じレースに出走する時はみんなディープの2着を狙っていた。」と述懐している[264]

オリビエ・ペリエは2008年にメイショウサムソンが前哨戦を使わずに凱旋門賞に挑戦することが報道された際に、現地の記者から「なぜ日本の馬は休み明けで使いたがるのか」と質問された際にディープインパクトの名前を挙げて「日本のトップホースは充分に凱旋門賞を勝てるだけのレベルにある。ただ、このレースは休み明けで勝てるほど甘いものではない」と前置きしたうえで、「僕はいまでもディープインパクトは一回叩いていれば勝てたと思っているんだ」と質問に答えている[265]

競馬評論家の井崎脩五郎は、ディープインパクトの新馬戦の翌日に行われたイベントで「今まで(=数十年間)見てきた中で、一番『これは強い』と思ったレースは?」と振られ「昨日のディープインパクトの新馬戦」と答えた。その後井崎は、ディープインパクトのことを「競馬史上の最強馬」ではないかと発言した。その理由として、名馬のレースで「なんだこれ!?」と感じるのは1頭に1回だが、ディープインパクトの場合は新馬戦と2戦目の若駒ステークスの2回連続でそう感じたことを挙げている[266]

また、競馬評論家の合田直弘は日本国外にもディープインパクトを高く評価している競馬記者が複数存在することを証言している。合田が指摘しているように、イギリスのレーシング・ポスト紙は2006年のワールド・サラブレッド・レースホース・ランキングのレイティングが日本の競馬のレベルを低く見すぎていて保守的であると不満を唱え、独自のレイティングでディープインパクトを133ポンドで世界一にしている。合田によると、香港にも「35年間競馬を見てきた中でディープインパクトは一番印象的だった馬」と述べ、ディープインパクトに高評価を与えた記者がいるという[267]

投票による評価[編集]

2008年(平成20年)5月8日、平成20年度顕彰馬選出投票において競馬担当記者による投票で186票中164票(得票率86.6パーセント)を獲得し、28頭目の顕彰馬(競馬殿堂入り)に選出された[10]。それを記念してJRA競馬博物館の1階メモリアルホールにおいて「祝 ディープインパクト号殿堂入り記念展」が5月17日より開催され、馬主服の複製や東京優駿とジャパンカップ優勝時に装着した蹄鉄などが展示された[268]

2010年(平成22年)5月2日に京都競馬場で第12競走として開催されるJRAプレミアムレース「京都ゴールデンプレミアム」の人気投票において当馬が最多得票を獲得し、「ディープインパクトメモリアル」の副名称を付与して開催された。

競馬雑誌『優駿』(2010年8月号)が同誌の創刊800号を記念して読者・ライター・評論家・編集者の投票により決定した「未来に語り継ぎたい不滅の名馬たち The Greatest Horses 100」のランキングでは、読者部門とライター・評論家・編集者部門でともに第1位に選ばれ、この2つを合計した総合部門では14074ポイントを獲得し第1位となった[269]。なお読者部門では、10代から60代以上のすべての世代で第1位に選ばれている[270]

競走馬時代には、出走したJRA主催の全競走において単勝式馬券で1倍台の1番人気に支持された。その中でもGI競走では、東京優駿・天皇賞(春)・宝塚記念・ジャパンカップで史上最高の単勝支持率、皐月賞・菊花賞・有馬記念(2006年)で史上2位となる単勝支持率を記録した。

各方面への影響[編集]

社会現象となる[編集]

現役競走馬時代、ディープインパクトの存在は社会現象と言われ[57][271]、高い注目を集めた。NHK中継された2006年の凱旋門賞の平均視聴率は関東で16.4パーセント、関西で19.7パーセントを記録し、また瞬間最高視聴率は関東で22.6パーセント、関西で28.5パーセントを記録した[97]

2005年10月23日、三冠達成が懸かった第66回菊花賞では、普段は別番組として放送され、レース映像しか共有しない関西テレビ『ドリーム競馬』とフジテレビ『スーパー競馬』が初めて共同制作の形式を取り、ディープインパクトが特別な存在であることを印象づけた。

そのような高い注目と相まって、競馬専門誌やスポーツ新聞だけでなく一般の新聞・雑誌・テレビ番組などのメディアもその存在を取り上げた。JRAに対する取材の申し込みは例年の10倍に及んだ[272]。三冠達成後の2005年10月29日にはNHKスペシャルで「ディープインパクト〜無敗の3冠馬はこうして生まれた〜」が放送された。なお、同番組は2005年のJRA賞馬事文化賞を受賞した。漫画雑誌でも取り上げられ、ハイセイコーのときと同様にグラビアを飾ったことや(『週刊ヤングサンデー』2006年15号)、凱旋門賞の前に『週刊少年チャンピオン』でディープインパクトの物語が短期集中連載された[注 41]ことがある。競走馬引退後の2007年4月には、サントリーフーズBOSSコーヒー」のCMトミー・リー・ジョーンズと共演している[273]

現役競走馬時代の2005年と2006年には、その年を代表する存在として扱われることもあった。2005年には新語・流行語大賞の候補語60語にノミネートされた[274]。また、2005年の『日経MJ』のヒット商品番付では「西関脇」に番付された[275]

このような現役競走馬時代の知名度、人気から競走馬引退後もJRAによるプロモーションに活用されている。 2012年(平成24年)にJRAが近代競馬150周年を記念して制作したテレビCM「次の夢へ」(60秒版)では、ディープインパクトの出走シーンがCM内で使用されていた。また、2013年(平成25年)のJRAのテレビCMシリーズ「The LEGEND」では、天皇賞(春)のプロモーションの際に、同競走の歴代優勝馬の一頭としてディープインパクトが登場した。翌2014年(平成26年)の「The GI story」でも、東京優駿のプロモーションにおいて同馬が登場した。

2014年現在、記念投票券のイメージとして同馬の単勝勝馬投票券が表記されている。

経済的影響[編集]

サッポロ生ビール<黒ラベル>第52回有馬記念缶。2006年第51回優勝馬ディープインパクトのイラスト。

関西大学大学院教授の宮本勝浩は、ディープインパクトが出走したGI競走と出走していない前年の同じGI競走の入場者数や売り上げなどを比較し、その増加分から同馬によってもたらされた経済波及効果を試算し、その結果経済波及効果は262億円と推定された。これは、この年セ・リーグを制した中日ドラゴンズの優勝の経済効果を共立総合研究所(岐阜県)が約200億円、新庄剛志を中心としてパ・リーグを制し、同年の中日との日本シリーズを制して日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズの経済効果についても北海道未来総研が約220億円と試算している。宮本は「1頭の馬が70人を超える2つのプロ野球球団のV効果を、ともに上回っているのは驚異的なこと」と述べ、今回の試算では新聞、雑誌、テレビなどの広告宣伝効果は計測しておらず「それらを推定すると、ディープの経済効果はさらに膨大な金額に膨れ上がるでしょう」という[276]

関連商品はよく売れ、同馬の関連商品によって2005年の競馬グッズの売り上げが前年より10パーセント増加したと中央競馬ピーアール・センターの職員は語っている[277]。なお、同センターが販売する競馬グッズの売り上げの3分の1が同馬の関連商品だった[278]。関連「商品」ではないが、単勝馬券を払い戻さずに取っておくファンも多数存在する。同馬が日本国内で出走した全13レースのうちで単勝馬券の未払い率が最高となったのは引退レースである2006年の有馬記念で、同競走の単勝馬券の未払い率は9.1パーセント(通常は0.3パーセント)を記録した。また、13レースの単勝馬券の未払い額は合計で2億8731万6370円となった[279]。単勝馬券がインターネットオークションで取引され、1万円以上の値がつくこともあった[280]

一般企業がディープインパクトとのタイアップ商品を売り出すこともあった。銀座松坂屋ではディープインパクトの福袋まで発売された。また菊花賞と宝塚記念のときには京阪電気鉄道乗車カードである「スルッとKANSAI Kカード」でディープインパクトが図案となっているカードが発行された[注 42]サッポロビールは有馬記念優勝の缶ビールを発売した。引退後の2007年1月24日には、ディープインパクトの応援歌「翔んでディープインパクト」(歌:和田青児)が発売された。2015年にはスペインの名窯リヤドロ社が同馬の精巧な陶人形を日本限定で3000体発売した。

交通面への影響[編集]

菊花賞当日のレース終了後、京都競馬場の最寄り駅である京阪本線淀駅ではディープインパクトの三冠達成を見てから帰宅した競馬ファンでプラットホームが混雑し、急行列車の臨時停車や臨時列車を大増発した。それでも捌き切れずにホーム上の安全性確保と混雑緩和の観点から急遽特急列車を4本のみ臨時停車させた[281]。さらに競馬場付近を走る京阪宇治バス(現・京都京阪バス宇治淀線京阪バス淀競馬場線などの路線バスや周辺道路も、当日は混みに混み合って、渋滞が解けたのは京阪宇治バス宇治淀線の最終バス発車間際の午後10時ごろであったという。

ファンの少年の自殺[編集]

2006年10月11日に福岡中2いじめ自殺事件が発生。その少年が残した遺書に「生まれかわったらディープインパクトの子供で最強になりたい」と記されていたことが報道された。この報道を受け、蹄鉄製造会社の社長がディープインパクトが使用していたものと同型の蹄鉄を遺族に贈呈し、主戦騎手である武豊が色紙を中学生とその遺族に贈ったことが話題になった[282]

対戦した競走馬の故障[編集]

ディープインパクトが勝ったGI競走の2着馬は7頭いるが、うち6頭(シックスセンス、インティライミ、アドマイヤジャパン、リンカーン、ナリタセンチュリー、ドリームパスポート)がそこから1年以内に故障を発症している。これら2着馬の故障続出の事実は現役当時「ディープインパクトの呪い」として週刊誌で取り上げられた[283]。日本国内で唯一ディープインパクトに勝利したハーツクライも、先述の通り、その翌年に喘鳴症を発症し引退に追い込まれている。また、凱旋門賞でディープインパクトを破ったレイルリンクも翌年骨折、さらには腱を痛めて引退している。

唯一、健常な競走馬生活を送ったのはポップロックで、のちにアイルランドにレースの場を移して2010年(9歳)まで現役を続けたが、最後にはレース中に屈腱炎を発症して引退となり、「ディープインパクトの(GI競走)2着馬はGIを勝つことができない」というもう一つのジンクスについても打ち破ることは叶わなかった。

種牡馬成績[編集]

種付料の推移[編集]

種付料(万円) 増減 種付頭数[284]  出産頭数[284]
2007年 1200[285] - 215 152
2008年 1200[286] 0 232 161
2009年 1000[286] 減少 200 171 118
2010年 900[287] 減少 100 219 140
2011年 1000[287] 増加 100 229 151
2012年 1000[287] 0 246 159
2013年 1500[287] 増加 500 262 181
2014年 2000[287] 増加 500 255 176
2015年 2500[287] 増加 500 261 157
2016年 3000[287] 増加 500 243 162
2017年 3000[287] 0 241 144
2018年 4000[287] 増加 1000 197 -
2019年 4000[287] 0

年度別成績[編集]

総合 (中央+地方) 中央
出走 勝利 順位 AEI 収得賞金 出走 勝利 順位 AEI 収得賞金
頭数 回数 頭数 回数 頭数 回数 頭数 回数
2010年 74 189 35 43 40 1.87 5億4074万3000円 74 187 34 41 35 1.17 5億3704万3000円
2011年 210 960 111 150 4 3.09 24億8904万7500円 206 879 100 135 2 1.95 24億5909万4000円
2012年 317 1664 168 269 1 4.23 50億4532万3000円 296 1389 145 216 1 2.88 50億3164万3000円
2013年 364 1876 171 243 1 3.89 54億0838万2500円 342 1586 152 203 1 2.67 54億6122万5000円
2014年 432 2297 190 280 1 3.86 65億9287万3000円 406 1928 162 232 1 2.74 67億6270万円
2015年 467 2665 202 314 1 3.63 69億0405万9000円 440 2053 161 224 1 2.55 69億701万5000円
2016年 471 2671 186 304 1 3.72 73億2503万4000円 423 1914 158 230 1 2.80 73億7053万1000円
2017年 510 2715 235 346 1 2.70 58億9099万8000円 462 2025 194 251 1 2.02 58億3915万9000円
2018年 520 2668 237 348 1 3.11 67億9865万3000円 475 2063 193 265 1 2.29 67億7704万2000円
  • 種牡馬成績は2018年 (平成30年)終了時点[288][289][161]
  • 総合 (中央+地方)の項目については平地のみの集計

主な産駒[編集]

GI級競走優勝馬[編集]

太字はGI競走、競走名の前の国旗は開催国 (日本以外の場合に明記)、日本国外調教馬の馬名はカタカナ+英字で明記

グレード制重賞優勝馬[編集]

競走名の前の国旗は開催国、日本国外調教馬の馬名はカタカナ+英字で明記

地方重賞優勝馬[編集]

地方競馬限定格付けの重賞勝利馬。

母の父としての産駒[編集]

血統[編集]

血統背景[編集]

父・サンデーサイレンス 母・ウインドインハーヘア
父・サンデーサイレンス
母・ウインドインハーヘア

父サンデーサイレンスはケンタッキーダービーブリーダーズカップ・クラシックを制した競走馬。13年連続で日本のリーディングサイアーに輝き、GI馬を多数輩出するなど、日本競馬史上に残る種牡馬である。

ウインドインハーヘアは競走馬時代にドイツG1のアラルポカルに優勝し、エプソムオークスでも2着に入る活躍をした[306]

半姉に、5歳の6月という遅いデビューながらデビューから無傷の5連勝をし、2003年のスプリンターズステークスで4着に入ったレディブロンド(父シーキングザゴールド Seeking the Gold、6戦5勝)[307]、全兄に2004年のスプリングステークスを制したブラックタイド[308]、全弟に2005年の東京スポーツ杯2歳ステークス3着のオンファイア[309]、半弟に2006年のホープフルステークスを制したニュービギニング(父アグネスタキオン)[310]がいる。

曾祖母ハイクレア (Highclere) はエリザベス2世が所有し、1000ギニーディアヌ賞(フランスオークス)を勝ちキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスで2着に入った名牝だった[311]。このハイクレアの一族には1989年エプソムダービーなどを制したナシュワン (Nashwan) [312]、2002年のドバイシーマクラシックなどに勝ったネイエフ (Nayef)[313] がいるほか、種牡馬として日本に輸入されたミルフォード[314]、2003年のNHKマイルカップなどを制したウインクリューガー[315]、2006年のマーメイドステークスを制したソリッドプラチナム[316]といった日本で活躍した競走馬もいる(そのほか近親の活躍馬はハイクレア一族の項目を参照)。

血統表[編集]

ディープインパクト血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ダーレーアラビアン系 -(中略) - ヘイロー系 - サンデーサイレンス系
[§ 2]

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
アメリカ
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
アメリカ
Hail to Reason
1958
Turn-to
Nothirdchance
Cosmah
1953
Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
アメリカ
Understanding
1963
Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower
1964
Montparnasse
Edelweiss

*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair
1991 鹿毛
アイルランド
Alzao
1980 鹿毛
アメリカ
Lyphard
1969
Northern Dancer
Goofed
Lady Rebecca
1971
Sir Ivor
Pocahontas
母の母
Burghclere
1977 鹿毛
イギリス
Busted
1963
Crepello
Sans Le Sou
Highclere
1971
Queen's Hussar
Highlight
母系(F-No.) 2号族(FN:2-f) [§ 3]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ JBIS ディープインパクト 5代血統表[1]JBIS Deep Impact(JPN) Five-generation Pedigree Table(2015年5月24日閲覧)、およびEQUINLINE Deep Impact(JPN)(2015年5月24日閲覧)
  2. ^ 『エンターブレインムック 馬券に活かす!系統別血統ガイド』エンターブレイン,2010,ISBN 978-4-04-726979-8,p4,p23,p62,
  3. ^ [1]
  4. ^ [1]


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 父サンデーサイレンスも1986年(昭和61年)の同じ日に生まれている。
  2. ^ 吉田勝己によると、金子以外に本馬の落札希望者はおらず、金子の「ひと声」で落札されたという[14][15]
  3. ^ トップはダンシングキイの2002(のちのトーセンダンス)の3億5000万円[13]
  4. ^ 他の2勝は1993年のナリタタイシン、2000年のエアシャカールでの勝利。最多勝記録は2015年にミルコ・デムーロドゥラメンテで4勝目を挙げて更新した[37][38]
  5. ^ 前年比106.2%[37][38]
  6. ^ 2013年・2014年には生産者のノースヒルズキズナワンアンドオンリーで連覇を達成している。なお、キズナはディープインパクト産駒でこのレースでのキズナの鞍上は武豊であり、武は史上初の同一騎手による東京優駿父仔制覇を達成した。
  7. ^ その理由として武豊は、苦境に立たされそうな場面で必ず自分やファンを救い、さらに売り上げの増加という点で競馬界も救ってくれたからだと述べている[49]
  8. ^ 武は長距離戦の道中のように馬銜を長手綱にして折り合いをつけていた[54]
  9. ^ 菊花賞優勝馬としては1943年(昭和18年)のクリフジの75.0パーセントを超える史上最高支持率となった[59][60]
  10. ^ このため、2番人気の馬であったシックスセンスの単勝オッズが2番人気馬としては極めて異例である20倍を超えたオッズが付くこととなった(20.7倍)。2番人気の馬が20倍を超えるオッズとなるのは世界的に見ても極めて少ない事例である。
  11. ^ 2011年のチューリップ賞レーヴディソールが単勝支持率81.4パーセントを記録し、これを更新した[61]
  12. ^ 無敗での菊花賞優勝は1939年のクリフジ、シンボリルドルフに続いて史上3頭目[59][60]
  13. ^ 武豊はこのロングスパートを、ほかの馬が動かなかったために行ったとしている[77]
  14. ^ 「超長距離部門(Extended)」は2701メートル以上の距離をさす。
  15. ^ キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスでなく凱旋門賞が選ばれたことについて調教師の池江は、前者が行われるアスコット競馬場よりも後者が行われるロンシャン競馬場の方が平坦なコースであることから後者を選んだと述べている[84]
  16. ^ 宝塚記念は例年阪神競馬場で施行されるが、この年は阪神競馬場が芝コースの外回りの新設工事中だったため京都競馬場で代替開催となった。
  17. ^ ハイセイコーは地方競馬時代の6戦も含めると17戦連続[87][88]
  18. ^ 「長距離部門(Long)」は2101-2700メートル。
  19. ^ ハリケーンランシロッコが同率[93]
  20. ^ レイルリンク、ハリケーンラン、シロッコの3頭。
  21. ^ のちにウオッカキタサンブラックも達成。
  22. ^ 2017年にキタサンブラックが1位となったため3位に後退[109][110]
  23. ^ 2001年の同レースをマンハッタンカフェが優勝。翌2007年はマツリダゴッホが同レースを優勝したため、単独最多の5勝を達成した[109][110]
  24. ^ 2002年・2003年のシンボリクリスエス以来の2頭目。啓衆社賞・優駿賞時代も含めると5頭目。
  25. ^ この馬はオースミが購買[125]。ナリタカサブランカと名付けられ栗東の沖芳夫厩舎に入厩した[126]
  26. ^ 後にこの馬はトーセンレーヴの名が付けられている[128]
  27. ^ 産駒がデビューして2年目でのJRA年間100勝の達成は1995年(平成7年)のサンデーサイレンス、2008年(平成20年)のシンボリクリスエス、2009年(平成21年)のキングカメハメハ以来のことだった。
  28. ^ 桜花賞での同一種牡馬の産駒による3連覇は史上初であり[146]、同一クラシック競走における3連覇は2003年(平成15年)から2005年(平成17年)にかけて産駒が皐月賞を制したサンデーサイレンス以来6度目である[145]
  29. ^ この勝利によって、ディープインパクトの主戦騎手を務めた武豊がG1通算100勝(中央、地方、国外合わせて)を達成した[150]
  30. ^ 産駒の同一クラシック競走4連覇はパーソロンが優駿牝馬4連覇(1971年カネヒムロ、1972年タケフブキ、1973年ナスノチグサ、1974年トウコウエルザ)を達成して以来となる[155]
  31. ^ この勝利によって、産駒による東京競馬場で施行される芝GIレースの完全制覇を達成。
  32. ^ この勝利によって、産駒によるJRAの牝馬限定GI完全制覇を達成[158]
  33. ^ 内国産種牡馬の最高記録でもある。
  34. ^ サンデーサイレンス(311勝)、ヒンドスタン(113勝)、ディープインパクト
  35. ^ キングカメハメハの記帳台、献花台も併せて設置された。[1]
  36. ^ キタサンブラックの父はディープインパクトの全兄のブラックタイドであるため。
  37. ^ 書類上は有限会社大野商事が馬主であり、同社の登記上の代表は長男の大野竜。
  38. ^ 2006年の有馬記念での最重量馬である13着のウインジェネラーレとは118キログラム(556kg)の差があった[215]
  39. ^ 同じ三冠馬のミスターシービーにもそのような特徴があったといわれている(同馬の記事を参照)。
  40. ^ 自身が現役引退後に出演したTBSテレビジョブチューン(2016年1月23日放送分)」においても当内容と同様の発言をしている。
  41. ^ 作者は以前同誌で競馬漫画『優駿の門』を連載していたやまさき拓味で、『優駿の門 特別篇』として掲載された。のちに単行本化され、少年チャンピオン・コミックスから発売された。
  42. ^ 図柄となった写真はスポーツ報知の協力であった。カードには菊花賞時は「夢舞台、淀へ」、宝塚記念時は「淀から凱旋門賞へ」と記載されていた。
  43. ^ G1初勝利がオーストラリア移籍後のため、日本国外調教馬として扱う[181]
  44. ^ 2018年に香港へ移籍し、それに伴いStimulationと改名した[296]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g JBIS ディープインパクト 5代血統表(2015年5月24日閲覧)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n ディープインパクト”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年2月19日閲覧。
  3. ^ a b 21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト、73頁。
  4. ^ a b 追悼ディープインパクト、87頁。
  5. ^ 国際競馬統括機関連盟(IFHA) 2005年12月31日付 The World Thouroughbred Racehorse Rankings 2016年10月10日閲覧。
  6. ^ a b c 国際競馬統括機関連盟(IFHA) 2006年12月31日付 The World Thouroughbred Racehorse Rankings 2016年4月2日閲覧。
  7. ^ a b 国際競馬統括機関連盟(IFHA) The IFHA WORLD THOROUGHBRED RACEHORSE RANKINGS for 2006 2016年4月2日閲覧。
  8. ^ 公益社団法人日本軽種馬協会 JBIS(Japan Bloodstock Information System) 年度別サイアーランキング 2012年,2013年,2014年,2015年,2016年,2017年,2018年, 2019年1月2日閲覧。
  9. ^ a b c JRA賞 バックナンバー”. 日本中央競馬会. 2015年11月16日閲覧。
  10. ^ a b ディープインパクトが殿堂入り”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2008年5月8日). 2018年12月24日閲覧。
  11. ^ a b c 兼目・大岡2010、502頁。
  12. ^ NHK取材班2006年、37頁。
  13. ^ a b サラブレ編集部(編)2015、55頁。
  14. ^ 21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト、74頁。
  15. ^ 追悼ディープインパクト、84頁。
  16. ^ 兼目・大岡2010、501頁。
  17. ^ 週刊Gallop編集部2006年a、49頁。
  18. ^ a b 島田2007年、51頁。
  19. ^ NHK取材班2006年、39-40頁。
  20. ^ a b ディープインパクト 衝撃2冠までの足跡』、48頁。
  21. ^ a b 島田2007年、56頁。
  22. ^ a b c さようならディープインパクト、10頁。
  23. ^ 島田2007年、70頁。
  24. ^ 島田2007年、70-71頁。
  25. ^ a b c 島田2007年、75頁。
  26. ^ a b 2004年12月19日 5回阪神6日目 サラ系2歳新馬”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年10月10日閲覧。
  27. ^ コンゴウリキシオー”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年10月10日閲覧。
  28. ^ サラブレ編集部2007年、76頁。
  29. ^ 島田2007年、78頁。
  30. ^ さようならディープインパクト、12頁。
  31. ^ 島田2007年、82頁。
  32. ^ 21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト、13頁。
  33. ^ a b 追悼ディープインパクト、28頁。
  34. ^ さようならディープインパクト、13頁。
  35. ^ a b 島田2007年、86頁。
  36. ^ 島田2007年、84-85頁。
  37. ^ a b c d e f 21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト、16頁。
  38. ^ a b c d e 追悼ディープインパクト、32頁。
  39. ^ 優駿編集部2006年、16頁。
  40. ^ 島田2007年、96頁。
  41. ^ 21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト、14頁。
  42. ^ a b c 『優駿』2019年9月号、42頁。
  43. ^ 追悼ディープインパクト、31頁。
  44. ^ ディープインパクト 衝撃2冠までの足跡、30頁。
  45. ^ a b 21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト、21頁。
  46. ^ a b 追悼ディープインパクト、37頁。
  47. ^ 21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト、19頁。
  48. ^ 追悼ディープインパクト、34頁。
  49. ^ a b 島田2007年、130頁
  50. ^ 優駿編集部2006年、174頁。
  51. ^ a b 島田2007年、141頁。
  52. ^ a b 島田2007年、154頁。
  53. ^ a b 島田2007年、159頁。
  54. ^ a b c d 島田2007年、160頁。
  55. ^ a b 島田2007年、161頁。
  56. ^ 【ディープ追悼・2005年神戸新聞杯】3冠へ向けた秋初戦は、貫禄のレースレコード”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年7月30日). 2019年10月10日閲覧。
  57. ^ a b ディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル、14頁。
  58. ^ 島田2007年、166頁。
  59. ^ a b c 21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト、26頁。
  60. ^ a b c 追悼ディープインパクト、44頁。
  61. ^ 衝撃Vレーヴディソールに福永「どこまで強くなるのか…」/チューリップ賞”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2011年3月6日). 2016年2月29日閲覧。
  62. ^ アナウンサー界のレジェンドが語る「伝説の競馬名実況」感動プレイバック!”. 日刊大衆 (2018年3月27日). 2019年7月30日閲覧。
  63. ^ 島田2007年、178-179頁。
  64. ^ a b 有馬記念ファン投票最終発表、1位はディープインパクト”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2005年12月8日). 2016年10月10日閲覧。
  65. ^ さようならディープインパクト、23頁。
  66. ^ a b 第50回 有馬記念”. 日本中央競馬会. 2016年10月10日閲覧。
  67. ^ 武豊「残念、理由分からない」〜有馬」 スポーツニッポン、2005年12月26日。
  68. ^ インパクト 得票率98%で年度代表馬”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社. 2015年11月16日閲覧。
  69. ^ a b 関西競馬記者クラブ賞2年連続でディープ”. ケイバブック. 2015年11月16日閲覧。
  70. ^ 島田2007年、193-194頁。
  71. ^ a b 島田2007年、195頁。
  72. ^ a b c d e 島田2007年、196頁。
  73. ^ a b 島田2007年、197頁。
  74. ^ a b c d e f 第133回 天皇賞・春”. 日本中央競馬会. 2016年10月10日閲覧。
  75. ^ a b 21世紀の名馬vol.5 ディープインパクト、33頁。
  76. ^ a b 追悼ディープインパクト、52頁。
  77. ^ 島田2007年、204頁。
  78. ^ 21世紀の名馬vol.5 ディープインパクト、34頁。
  79. ^ 追悼ディープインパクト、50頁。
  80. ^ 天皇賞・春、騎手コメント「まだまだ強くなる馬」”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2006年4月30日). 2016年10月10日閲覧。
  81. ^ 島田2007年、204頁。
  82. ^ 国際競馬統括機関連盟(IFHA) The World's Leading Horses 29th October 2005 to 7th May 2006 2016年4月2日閲覧。
  83. ^ 国際競馬統括機関連盟(IFHA) プレスリリース THE WORLD'S LEADING HORSES(from 29th October 2005 to 7th May 2006) 2016年4月2日閲覧。
  84. ^ 島田2007年、208頁。
  85. ^ a b 宝塚記念ファン投票最終発表、1位はディープインパクト”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2006年6月8日). 2016年10月10日閲覧。
  86. ^ a b 第47回 宝塚記念”. 日本中央競馬会. 2016年10月10日閲覧。
  87. ^ a b c 21世紀の名馬vol.5 ディープインパクト、38頁。
  88. ^ a b c 追悼ディープインパクト、56頁。
  89. ^ 国際競馬統括機関連盟(IFHA) The World's Leading Horses 1st January to 10th July 2006 2016年4月2日閲覧。
  90. ^ 国際競馬統括機関連盟(IFHA) プレスリリース THE WORLD'S LEADING HORSES(For the period 1st January 2006 to 10th July 2006) 2016年4月2日閲覧。
  91. ^ a b c d e さようならディープインパクト、11頁。
  92. ^ サラブレ編集部2007年、105頁。
  93. ^ a b c d e f g h 『優駿』2019年9月号、39頁。
  94. ^ インパクト“単勝1番人気”だ〜凱旋門賞」 スポーツニッポン、2006年9月25日。
  95. ^ ディープインパクト 凱旋門賞激走譜、56頁。
  96. ^ 島田2007年、258頁。
  97. ^ a b c さようならディープインパクト、30-31頁。
  98. ^ ディープインパクト 凱旋門賞激走譜、13頁。
  99. ^ ディープインパクト 凱旋門賞激走譜、18頁。
  100. ^ ディープインパクト 凱旋門賞激走譜、19頁。
  101. ^ 岡部・合田・井崎・鈴木2006年、18頁。
  102. ^ サラブレ編集部2007年、61頁。
  103. ^ さようならディープインパクト、32頁。
  104. ^ a b c さようならディープインパクト、33頁。
  105. ^ 栗林2008年、192頁。
  106. ^ 21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト、46頁。
  107. ^ 追悼ディープインパクト、64頁。
  108. ^ a b 有馬記念ファン投票最終結果、ディープインパクトが1位”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2006年12月7日). 2016年10月10日閲覧。
  109. ^ a b c d e f g 21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト、51頁。
  110. ^ a b c d e f g 追悼ディープインパクト、68頁。
  111. ^ a b 第51回 有馬記念”. 日本中央競馬会. 2016年10月10日閲覧。
  112. ^ 武豊「武豊手記」 スポーツニッポン、2006年12月25日付1面。
  113. ^ 島田2007年、302頁。
  114. ^ 島田2007年、303頁。
  115. ^ サラブレ編集部2007年、69頁。
  116. ^ 2006年度JRA賞 記者投票の集計結果”. 競馬実況web. 株式会社日経ラジオ社 (2007年1月9日). 2015年11月16日閲覧。
  117. ^ GENYcourses 2006 Prix de l'Arc de Triomphe Lucien Barrière 2016年2月19日閲覧。
  118. ^ JBIS ディープインパクト競走成績:全競走成績 2016年2月19日閲覧。
  119. ^ netkeiba 2006年凱旋門賞(G1) 2016年2月19日閲覧。
  120. ^ ディープインパクト 凱旋門賞激走譜、13頁。
  121. ^ さようならディープインパクト、49頁。
  122. ^ 栗林2008年、260頁。
  123. ^ ディープ公開 ファン1200人」 スポーツニッポン、2008年2月14日。
  124. ^ 今年最大の注目はディープ産駒の評価」 馬三郎タイムズ、2008年1月4日。
  125. ^ a b ディープ長女は「ナリタ」馬主が購入”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2008年1月18日). 2016年3月14日閲覧。
  126. ^ ディープ長女「とにかく無事に」鳥井牧場”. ニッカンスポーツ (2011年1月21日). 2016年3月14日閲覧。
  127. ^ a b c ディープ産駒が最高総額/競り市で新種牡馬記録更新”. 四国新聞社 (2008年7月16日). 2016年6月24日閲覧。
  128. ^ ブエナビスタの半弟トーセンレーヴが初陣を飾る/京都新馬”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2011年2月12日). 2016年6月24日閲覧。
  129. ^ ディープインパクト産駒がJRA初勝利/福島新馬”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2010年6月26日). 2016年3月14日閲覧。
  130. ^ ディープインパクトがJRA2歳新種牡馬の最多勝馬頭数を更新」 競馬ブックweb、2010年11月28日。
  131. ^ a b ディープインパクトがJRA2歳新種牡馬の最多勝利数を更新」 競馬ブックweb、2010年11月28日。
  132. ^ ディープ産駒が重賞初V!ダノンバラードがラジオNIKKEI杯2歳Sを制す”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2010年12月25日). 2016年3月14日閲覧。
  133. ^ ディープ首位に輝く 初年度産駒41勝」 日刊スポーツ、2010年12月27日。
  134. ^ ディープインパクト産駒マルセリーナが桜の女王に/桜花賞”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2011年4月10日). 2016年3月14日閲覧。
  135. ^ 3歳馬リアルインパクト、戸崎に導かれ古馬撃破/安田記念”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2011年6月5日). 2016年3月14日閲覧。
  136. ^ ジョワドヴィーヴル、陣営も驚きの圧勝/阪神JF”. netkeiba.com(提供:デイリースポーツ). 株式会社ネットドリーマーズ (2011年12月12日). 2016年3月14日閲覧。
  137. ^ ディープインパクトがJRA年間100勝」 競馬ブックweb、2011年10月30日。
  138. ^ ジェンティルドンナ、力でねじ伏せ牝馬三冠達成/秋華賞”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2012年10月14日). 2016年3月14日閲覧。
  139. ^ ジェンティルドンナ史上初となる3歳牝馬による制覇!/ジャパンC”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2012年11月26日). 2016年3月14日閲覧。
  140. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x ディープインパクト 2009年産 重賞勝利レース 1ページ目2ページ目 netkeiba.com
  141. ^ ディープインパクト産駒の3歳牝馬がフランスG3を圧勝”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2012年4月16日). 2016年3月14日閲覧。
  142. ^ ディープ産駒、海外GI初制覇!”. ウマニティ(提供:SANSPO.COM) (2012年5月14日). 2016年3月14日閲覧。
  143. ^ ディープインパクトがJRA年間勝利数の内国産種牡馬記録を更新」 競馬ブックweb、2012年11月25日。
  144. ^ 「日高通信 365」 週刊競馬ブック、2012年12月16日号。
  145. ^ a b 【桜花賞】アユサン差し返した!デムーロ兄弟、史上初G1ワンツー”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2013年4月8日). 2016年3月14日閲覧。
  146. ^ 史上初の3連覇に期待!ディープ、最強桜サイヤーへ”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2013年4月3日). 2016年3月14日閲覧。
  147. ^ ジェンティルドンナ1年ぶりの美酒は史上初のJC連覇!/ジャパンカップ”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2013年11月24日). 2016年3月14日閲覧。
  148. ^ a b c d e f g h i j k l m ディープインパクト 2010年産 重賞勝利レース 1ページ目2ページ目 netkeiba.com
  149. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ディープインパクト 2008年産 重賞勝利レース 1ページ目2ページ目 netkeiba.com
  150. ^ トーセンラー直線一気でGI初制覇!武豊GI通算100勝達成!/マイルCS”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2013年11月17日). 2016年7月7日閲覧。
  151. ^ a b 武豊キズナ、日英ダービー馬の叩き合いを制して前哨戦V!/ニエル賞・仏”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2013年9月16日). 2016年9月12日閲覧。
  152. ^ 今年も夢叶わず…無敗の3歳牝馬トレヴの前に完敗。オルフェーヴル2着、キズナ4着/凱旋門賞・仏”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2013年10月6日). 2016年9月12日閲覧。
  153. ^ a b ジェンティルドンナが不利をはねのけ優勝!昨年の雪辱を果たす!/ドバイシーマクラシック”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2014年3月30日). 2016年1月23日閲覧。
  154. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ディープインパクト 2011年産 重賞勝利レース 1ページ目2ページ目 netkeiba.com
  155. ^ a b 【桜花賞】ディープ産駒3連覇中 ハープスターVなら40年ぶり快挙”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2014年4月11日). 2016年2月29日閲覧。
  156. ^ 【朝日杯FS】プラチナV!蛯名が2人目のW制覇!(3/3ページ)”. サンケイスポーツ (2014年12月22日). 2016年2月29日閲覧。
  157. ^ レッドキングダムがハードル王に、北沢「最終障害を跳んだらハミをかけ直した」/中山大障害”. netkeiba.com(提供:デイリースポーツ). 株式会社ネットドリーマーズ (2014年12月21日). 2016年6月24日閲覧。
  158. ^ 『優駿』2015年1月号、89頁。
  159. ^ 【京都牝馬S】ウリウリ鮮やか!ディープ産駒重賞50勝”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2014年1月26日). 2016年2月29日閲覧。
  160. ^ ディープインパクトが内国産種牡馬でJRA重賞勝利数トップに」 競馬ブックweb、2014年11月9日。
  161. ^ a b c d e f g h ディープインパクトの産駒成績”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年3月14日閲覧。
  162. ^ a b ディープインパクト産駒が新記録を達成 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2014年1月14日). 2016年3月14日閲覧。
  163. ^ a b c d e f g h i j k l m ディープインパクト 2012年産 重賞勝利レース 1ページ目 netkeiba.com
  164. ^ ディープインパクト産駒が秋華賞で最速重賞100勝」 日刊スポーツ、2015年10月18日。
  165. ^ a b リアルインパクトが叩き合いを制し海外GI制覇!/豪・ジョージライダーS”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2015年3月21日). 2018年11月22日閲覧。
  166. ^ a b エイシンヒカリ逃走V! 2着ヌーヴォで日本勢ワンツー!/香港C”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2015年12月13日). 2018年11月22日閲覧。
  167. ^ 有吉正徳. “第5コーナー ~競馬余話~ 第53回 「全場制覇」”. JBIS. 2018年1月24日閲覧。
  168. ^ ディープインパクト産駒、史上最速でJRA通算1000勝達成”. 競馬実況web. 株式会社日経ラジオ社 (2015年10月12日). 2018年11月22日閲覧。
  169. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ディープインパクト 2013年産 重賞勝利レース 1ページ目2ページ目 netkeiba.com
  170. ^ a b c d e f g h i j ディープインパクト 2014年産 重賞勝利レース 1ページ目 netkeiba.com
  171. ^ 【菊花賞】ディープ産駒サトノダイヤモンドがラスト1冠獲得”. サンケイスポーツ (2016年10月23日). 2018年1月8日閲覧。
  172. ^ ディープインパクト産駒が6週連続重賞勝利”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2016年3月14日). 2016年6月24日閲覧。
  173. ^ 【スプリングS】ロブソン激勝!金子オーナー「やり過ぎ」”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2016年3月21日). 2016年6月24日閲覧。
  174. ^ a b リアルスティールが抜け出しV! 念願のGI初制覇!/ドバイターフ”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2016年3月27日). 2016年3月27日閲覧。
  175. ^ a b エイシンヒカリ、独走Vで海外GI連勝!/仏・イスパーン賞”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2016年5月24日). 2016年5月24日閲覧。
  176. ^ a b 【ニエル賞】マカヒキが世界デビュー戦でV 凱旋門賞へ向け好発進”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2016年9月11日). 2016年9月13日閲覧。
  177. ^ a b c d e f g h i j k l m n ディープインパクト 2015年産 重賞勝利レース 1ページ目 netkeiba.com
  178. ^ a b ヴィブロスが海外GI初制覇!/ドバイターフ”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2017年3月26日). 2016年3月26日閲覧。
  179. ^ ディープインパクト産駒サクソンウォリアーが愛G2制し2018年英ダービー1番人気に”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2017年12月27日閲覧。
  180. ^ 【英GI】ディープ産駒・サクソンウォリアーが制覇”. sanspo.com. 2017年12月27日閲覧。
  181. ^ a b c 豪州移籍のトーセンスターダムがGIで現地初勝利! netkeiba.com 2017年10月14日閲覧
  182. ^ a b 【豪エミレーツS】トーセンスターダムがGI2勝目! サンケイスポーツ 2018年01月09日閲覧
  183. ^ ディープインパクト産駒が史上最速JRA通算1500勝達成”. 競馬実況web. 株式会社日経ラジオ社 (2017年11月19日). 2018年12月27日閲覧。
  184. ^ ディープインパクトが2歳戦でJRA記録を更新”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2018年1月1日閲覧。
  185. ^ 柏木集保 (2017年7月3日). “秋は菊花賞を視野に入れる展望も生じた/ラジオNIKKEI賞”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2018年1月23日閲覧。
  186. ^ 【菊花賞】ドロンコ馬場を大外一気!キセキが戴冠(2/2ページ)”. サンケイスポーツ (2017年10月22日). 2018年1月23日閲覧。
  187. ^ a b c d e f g h i ディープインパクト 2016年産 重賞勝利レース 1ページ目 netkeiba.com
  188. ^ 横山典、G1勝利で「やった~」/JBCレディスC” (2018年11月5日). 2018年11月23日閲覧。
  189. ^ ディープ産駒サクソンウォリアーが制す!日本産馬初の英国クラシック制覇/英2000ギニー”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2018年5月6日). 2018年11月23日閲覧。
  190. ^ ディープインパクト産駒が日仏ダービー制覇 スタディオブマンV”. netkeiba.com(提供:デイリースポーツ). 株式会社ネットドリーマーズ (2018年6月5日). 2018年11月23日閲覧。
  191. ^ 「ディープ以外も高い理由」現地取材班のセレクトセール2018回顧 競馬ラボ(2018年7月13日)
  192. ^ ディープインパクト種付け中止 首、腰の治療して来年に備える
  193. ^ ロジャーバローズの軌跡 令和最初の日本ダービー馬!引退、種牡馬入り
  194. ^ 競馬 菊花賞 ワールドプレミア優勝 武豊が3つの元号で制覇
  195. ^ ディープインパクト号が死亡 - JRAニュース(日本中央競馬会)2019年7月30日
  196. ^ “無敗の三冠馬・ディープインパクト死す 頸椎骨折で安楽死処置 「痛恨の極み」”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2019年7月30日). https://www.daily.co.jp/horse/2019/07/30/0012562242.shtml 2019年7月30日閲覧。 
  197. ^ ディープインパクト急死 武豊駆け付け別れ、さらば英雄 - Sponichi Annex 2019年7月31日
  198. ^ ディープインパクト号追悼関連行事のお知らせ JRA”. jra.jp. 2019年9月1日閲覧。
  199. ^ ディープインパクト号追悼関連行事のお知らせ JRA”. jra.jp. 2019年9月1日閲覧。
  200. ^ ディープ、キンカメへの献花&記帳数発表/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2019年9月1日閲覧。
  201. ^ a b c 『優駿』2019年9月号、99頁。
  202. ^ a b 追悼ディープインパクト、12頁。
  203. ^ 武豊、ディープ訃報に「僕にとって特別でヒーローみたいな馬」” (日本語). サンケイスポーツ=2019-07-30. 2019年7月30日閲覧。
  204. ^ 『優駿』2019年9月号、5頁。
  205. ^ ディープインパクトの死を池江泰郎元調教師が悼む 「何とか元気になってくれたらと思っていました」 : スポーツ報知”. hochi-news.cdn.ampproject.org. 2019年8月8日閲覧。
  206. ^ a b 追悼ディープインパクト、13頁。
  207. ^ 麒麟川島明「偉大すぎる血統」ディープの死ショック”. nikkansports.com. 日刊スポーツ (2019年7月30日). 2019年7月30日閲覧。
  208. ^ ディープインパクト急死に芸能界も悲しみの声 サブちゃん「悲しい」”. www.sanspo.com. サンケイスポーツ (2019年7月31日). 2019年9月1日閲覧。
  209. ^ ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ「かなしい かなしすぎる!」” (日本語). ameblo.jp. 2019年7月30日閲覧。
  210. ^ 島田2007年、131頁。
  211. ^ a b サラブレ編集部2007年、108頁。
  212. ^ さようならディープインパクト、51-52頁。
  213. ^ さようならディープインパクト、54頁。
  214. ^ さようならディープインパクト、57頁。
  215. ^ a b 21世紀の名馬vol.5 ディープインパクト、82頁。
  216. ^ サラブレ編集部2007年、31頁。
  217. ^ 島田2007年、159頁。
  218. ^ インパクト ミニ放牧場での放牧開始」 スポーツニッポン、2006年12月29日。
  219. ^ a b 島田2007、148-150頁。
  220. ^ ディープインパクト 衝撃2冠までの足跡、13頁。
  221. ^ a b ディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル、60頁。
  222. ^ 島田2007年、57-58頁。
  223. ^ a b c 週刊Gallop編集部2006年a、59頁。
  224. ^ サラブレ編集部2007年、30頁。
  225. ^ ディープインパクト 衝撃2冠までの足跡、54頁。
  226. ^ a b ディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル、58頁。
  227. ^ a b NHK取材班2006年、74-75頁。
  228. ^ サラブレ編集部2007年、73頁。
  229. ^ a b ディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル、59頁。
  230. ^ 城崎2007年、59頁。
  231. ^ a b 追悼ディープインパクト、77頁。
  232. ^ NHK取材班、2006年、64頁。
  233. ^ NHK取材班2006年、61-63頁。
  234. ^ a b 追悼ディープインパクト、76頁。
  235. ^ 青木2007年、5頁。
  236. ^ 島田2007年、182頁。
  237. ^ 週刊Gallop編集部、2006年a、58頁。
  238. ^ 青木2007年、5-6頁。
  239. ^ 週刊Gallop編集部2006年a、58-59頁。
  240. ^ 青木2007年、10頁。
  241. ^ サラブレ編集部2007年、81頁。
  242. ^ ディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル、56頁。
  243. ^ サラブレ編集部2007年、74-75頁。
  244. ^ ディープインパクト 衝撃2冠までの足跡、60頁。
  245. ^ ディープインパクト 衝撃2冠までの足跡、63頁。
  246. ^ ディープインパクト 衝撃2冠までの足跡、64頁。
  247. ^ 島田2007年、73頁。
  248. ^ 獣医の心までとりこにするインパクト」 スポーツニッポン、2005年5月27日。
  249. ^ 栗林2008年、259頁。
  250. ^ さようならディープインパクト、56頁。
  251. ^ ディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル、4頁。
  252. ^ JRA (2006年1月18日). “2005年度 ワールドサラブレッドレースホースランキング” (日本語). JRA NEWS. 日本中央競馬会. 2014年5月3日閲覧。
  253. ^ JRA (2007年1月17日). “2006年度 ワールドサラブレッドレースホースランキング” (日本語). JRA NEWS. 日本中央競馬会. 2014年5月3日閲覧。
  254. ^ 国際競馬統括機関連盟 (2006年7月10日). “THE WORLD'S LEADING HORSES(For the period 1st January 2006 to 10th July 2006)” (英語). Press Release. 国際競馬統括機関連盟. 2014年5月3日閲覧。
  255. ^ 島田2007年、104頁。
  256. ^ 島田2007年、87頁。
  257. ^ 島田2014年、179頁。
  258. ^ 島田2014年、189頁。
  259. ^ ディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル、53頁。
  260. ^ ディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル、11頁。
  261. ^ ディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル、8頁。
  262. ^ アンカツ(安藤勝己) のツイート”. 2019年7月30日閲覧。
  263. ^ アンカツ(安藤勝己) のツイート”. 2019年7月30日閲覧。
  264. ^ 藤田2013、95-96頁。
  265. ^ 平松2014、98-99頁。
  266. ^ 岡部・柴田・井崎・鈴木2005年、13頁。
  267. ^ 合田直弘「ワールドランキングへの異議」 『合田直弘 世界の競馬』、netkeiba.com、2007年1月24日(インターネットアーカイブによるcache)。
  268. ^ ディープインパクト殿堂入り記念展を開催中」 netkeiba.com、2008年5月24日。
  269. ^ 優駿編集部、2010年、10頁。
  270. ^ 優駿編集部、2010年、52-53頁。
  271. ^ サラブレ編集部2007年、41頁。
  272. ^ NHK取材班2006年、3頁。
  273. ^ Suntory News Release No.9780」 サントリー株式会社、2007年4月24日。
  274. ^ 2005年の「新語・流行語大賞」、60語の候補を発表。」 Narinari.com、2005年11月12日。
  275. ^ 日経MJが選ぶ「2005年ヒット商品番付」。」 Narinari.com、2005年12月7日。
  276. ^ 新庄超え!? ディープ経済効果262億!!」 スポーツ報知、2006年12月24日(インターネットアーカイブによるcache)。
  277. ^ 重光晋太郎 「インパクト旋風北へ」 スポーツニッポン、2006年12月25日付21面。
  278. ^ ディープ人気 出足よし![リンク切れ]」 読売新聞、2006年9月28日。
  279. ^ ディープ馬券1億2000万円分未換金」 デイリースポーツ、2007年2月24日(インターネットアーカイブによるcache)。
  280. ^ 全7戦の馬券セットで5万円」 スポーツニッポン、2005年10月24日。
  281. ^ 矢野吉彦 『競馬と鉄道 : あの"競馬場駅"は、こうしてできた』 交通新聞社交通新聞社新書〉、2018年4月、190-191頁。ISBN 978-4-330-87718-1 
  282. ^ いじめ自殺、遺族に贈り物/ディープと同型の蹄鉄[リンク切れ]」 四国新聞、2006年11月16日。
  283. ^ 「「呪いの力」でディープインパクト世界制覇」 AERA、2006年10月2日号。
  284. ^ a b ディープインパクト JBISサーチ
  285. ^ ディープインパクト擁する「社台スタリオンS」のスタリオンパレード開催!(Vol.1、新種牡馬写真)」馬市.com、2007年2月20日。
  286. ^ a b 「社台スタリオンパレード2009」が開催!(Vol.3、ディープインパクトなど)」 馬市.com、2009年2月18日。
  287. ^ a b c d e f g h i j 【社台スタリオンステーション】の「2019年度ラインアップと種付料」が発表!」 馬市.com、2018年11月22日。
  288. ^ ディープインパクト サイアーランキング 年代別”. JBIS-Search. 公益社団法人 日本軽種馬協会. 2017年3月6日閲覧。
  289. ^ ディープインパクト 種牡馬情報 年次別 サラ系総合”. JBIS-Search. 公益社団法人 日本軽種馬協会. 2016年5月22日閲覧。
  290. ^ Beauty Parlour Race record”. Racing Post. 2015年8月24日閲覧。
  291. ^ アンジュデジール 全競走成績”. JBIS-Search. 公益社団法人 日本軽種馬協会. 2018年4月12日閲覧。
  292. ^ Saxon Warrior Race record”. Racing Post. 2017年9月25日閲覧。
  293. ^ Study of Man Race record”. Racing Post. 2018年5月10日閲覧。
  294. ^ Aquamarine (JPN) Race record”. Racing Post. 2015年8月24日閲覧。
  295. ^ “ユタカが仏G3制覇! 松永幹厩舎の500万下条件馬ジェニアルでV | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=140211 2018年7月24日閲覧。 
  296. ^ 香港移籍のディープ産駒・アキヒロ セン馬になり馬名もStimulation(興惑)に”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2018年3月22日). 2018年12月29日閲覧。
  297. ^ Akihiro Race record”. Racing Post. 2015年9月8日閲覧。
  298. ^ Bartaba Race record”. Racing Post. 2018年12月31日閲覧。
  299. ^ 【仏・オマール賞】ディープ産駒サヴァランが無敗で重賞V!/海外競馬レース結果”. netkeiba.com. 2019年10月2日閲覧。
  300. ^ グランプリブラッド 全競走成績”. JBIS-Search. 公益社団法人 日本軽種馬協会. 2015年11月15日閲覧。
  301. ^ マイネルハートレー 全競走成績”. JBIS-Search. 公益社団法人 日本軽種馬協会. 2015年8月24日閲覧。
  302. ^ トーセンセラヴィ 全競走成績”. JBIS-Search. 公益社団法人 日本軽種馬協会. 2016年12月30日閲覧。
  303. ^ BMSディープインパクト 2014年産 重賞勝利レース 1ページ目 netkeiba.com
  304. ^ BMSディープインパクト 2018年度 重賞勝利レース
  305. ^ a b BMSディープインパクト 2019年度 重賞勝利レース
  306. ^ ウインドインハーヘア”. JBIS-Search. 2016年10月10日閲覧。
  307. ^ レディブロンド”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年10月10日閲覧。
  308. ^ ブラックタイド”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年10月10日閲覧。
  309. ^ オンファイア”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年10月10日閲覧。
  310. ^ ニュービギニング”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年10月10日閲覧。
  311. ^ Highclere”. JBIS-Search. 2016年10月10日閲覧。
  312. ^ Nashwan”. JBIS-Search. 2016年10月10日閲覧。
  313. ^ Nayef”. JBIS-Search. 2016年10月10日閲覧。
  314. ^ ミルフォード”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年10月10日閲覧。
  315. ^ ウインクリューガー”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年10月10日閲覧。
  316. ^ ソリッドプラチナム”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年10月10日閲覧。

参考文献[編集]

書籍

雑誌

  • 岡部幸雄・柴田政人・井崎脩五郎・鈴木淑子「座談会 2005年競馬を振り返る」『週刊Gallop臨時増刊 JRA重賞年鑑2005』産業経済新聞社、2005年。
  • 岡部幸雄・合田直弘・井崎脩五郎・鈴木淑子「座談会 2006年競馬を振り返る」『週刊Gallop臨時増刊 JRA重賞年鑑2006』産業経済新聞社、2006年。
  • 『ディープインパクト 衝撃2冠までの足跡』産業経済新聞社〈Gallop臨時増刊〉、2005年。
  • 『ディープインパクト 衝撃3冠DVDメモリアル』産業経済新聞社〈Gallop臨時増刊〉、2005年。
  • 『ファンが選んだ2005ベストレース』産業経済新聞社〈Gallop臨時増刊〉、2006年。
  • 『ディープインパクト 凱旋門賞激走譜』産業経済新聞社〈Gallop臨時増刊〉、2006年。
  • 『さようならディープインパクト ありがとうターフを去ったHero&Heroine'06』産業経済新聞社〈Gallop臨時増刊〉、2007年。
  • 『21世紀の名馬Vol.5 ディープインパクト』産業経済新聞社〈Gallop臨時増刊〉、2018年。
  • 『追悼ディープインパクト』産業経済新聞社〈Gallop 21世紀の名馬臨時増刊〉、2019年。
  • 優駿編集部『優駿3月号増刊 TURF HERO 2005』日本中央競馬会、2006年。
  • 優駿編集部「未来に語り継ぎたい不滅の名馬たち」『優駿』800号、日本中央競馬会、2010年。
  • 優駿』2015年1月号、日本中央競馬会。
  • 優駿』2019年9月号、日本中央競馬会。

外部リンク[編集]

【目次へ移動する】