アルカセット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルカセット
欧字表記 Alkaased
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2000年2月19日(17歳)
Kingmambo
Chesa Plana
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Clovelly Farms
馬主 Sheikh Hamdan bin Rashid Al Maktoum
→M.R.Charlton
調教師 Sir Michael Ronald Stouteイギリス
Luca M.Cumani(イギリス)
競走成績
生涯成績 16戦6勝
獲得賞金 253,864,000 + 676,736ドル
テンプレートを表示

アルカセット (Alkaased) はイギリス競走馬2005年ジャパンカップで日本レコードのタイムで勝ちを収めて日本種牡馬入りした。馬名はアラビア語で「意志」の意。

現役時代[編集]

2歳・3歳[編集]

アメリカ生まれの本馬は母がヘンケルレネン(ドイツ1000ギニー)2着馬ということもあり、35万ドルの高値で取引された。その血統からヨーロッパで走ることとなり、名門で知られるニューマーケットのマイケル・スタウト厩舎に送られた。だが、2・3歳時を通じて6戦1勝という目立たない戦績で終わり、現役馬が取引されるセールに上場されることになる。このセールで本馬に目をつけたのがのちの馬主となるマイケル・チャールトンであるが、彼に購入を薦めたジョン・ハモンド英語版調教師の獣医師が「故障持ちで、走れる確率は五分五分」と待ったをかけたため、逆に撤退することを進言する。だが、チャールトンはたとえ五分でも走れる確率に賭けたいと購買を決意し、4万2000ギニー(約900万円)という安値で本馬を購入した。

古馬(4歳以降)[編集]

ルカ・クマーニ英語版調教師に預けられた本馬はふたたびニューマーケットを拠点に現役を続ける。2004年7月にステークスレース初勝利を挙げると、続くGIIIで2着、年が明けて2005年になるとさらに勢いを増し、初戦のGII戦で重賞初制覇を成し遂げる。GI初挑戦のコロネーションカップでは2着に敗れるも、続くサンクルー大賞で初GI勝ちを果たす[1]。だが、秋になってフォワ賞チャンピオンステークスと連敗し、さらにブリーダーズカップ・ターフに出走するためにアメリカに渡るも、血球数の異常が判明して出走を回避[2]しなければならなかった。

そのような状況にもかかわらず、ジャパンカップではインターナショナルステークス2着のゼンノロブロイ(1番人気)、翌年ドバイシーマクラシックで優勝することとなるハーツクライ(2番人気)に続く3番人気(外国馬中最高人気)となる。そして前半1000メートルの通過タイムが58秒3というハイペース[3][2]のなかをランフランコ・デットーリの好騎乗で抜け出し、ハーツクライをハナ差退け[3][2]ホーリックスが保持していた日本レコードをコンマ1秒上回る2分22秒1で駆け抜け優勝した[3][2]。なおジャパンカップでは翌年から日本調教馬が12連勝中であり(2017年現在)、アルカセットは最も新しい外国調教馬での勝ち馬である。

その後香港ヴァーズに出走を予定していた[4]が、日本での種牡馬入りが決定したためそのまま引退した[4]

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2002.09.11 カラ 条件S 芝7f 4着 R.ヒューズ 3 1/4馬身 Maghanim
0000.10.18 ニューマーケット 未勝利S 芝8f 4着 R.ヒルズ 4 1/2馬身 Persian Majesty
2003.06.03 ヤーマウス 未勝利S 芝11f110y 2着 R.ヒルズ 2 1/2馬身 Floreeda
0000.08.25 リポン 未勝利S 芝12f60y 1着 W.サプル 4馬身 (Lahob)
0000.10.04 ニューマーケット プラグスH 芝14f 2着 W.サプル 1馬身 Ten Carat
0000.10.13 レイセスター レイティドS 芝11f183y 2着 R.ヒルズ 短頭 Dovedon Hero
2004.06.05 ニューマーケット クラシファイドS 芝12f 2着 D.ホランド アタマ Wunderwood
0000.07.03 ヘイドック ヘリテージH 芝11f200y 1着 J.フォーチュン 4馬身 (Crow Wood)
0000.07.30 グッドウッド グロリアスS 準重 芝12f 1着 J.フォーチュン クビ (First Charter)
0000.09.04 ケンプトン セプテンバーS G3 芝12f 2着 J.フォーチュン 1/2馬身 Mamool
2005.05.01 ニューマーケット ジョッキークラブS G2 芝12f 1着 J.フォーチュン 1 1/2馬身 (Gamut)
0000.06.03 エプソム コロネーションC G1 芝12f10y 2着 J.フォーチュン 1 1/2馬身 Yeats
0000.06.26 サンクルー サンクルー大賞 G1 芝2400m 1着 L.デットーリ 2馬身 (Policy Maker)
0000.09.11 ロンシャン フォワ賞 G2 芝2400m 2着 K.ファロン 2 1/2馬身 Pride
0000.10.15 ニューマーケット チャンピオンS G1 芝10f 5着 G.モッセ 4 1/4馬身 David Junior
0000.11.27 東京 ジャパンC G1 芝2400m 1着 L.デットーリ 0.0秒 ハーツクライ

種牡馬時代[編集]

引退後は総額9億円のシンジケートが組まれ[5][6]2006年からダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスで種牡馬となる[6][7]。初年度産駒は2009年にデビューし、同年8月15日佐賀競馬場第3競走にてセイユウナイト(上川薫厩舎・新原健伸騎手)が産駒初となる勝利を挙げた。しかし、2世代143頭が走った時点で勝馬率が約37パーセント、2歳時に勝ち上がった産駒が8頭と、全体の産駒成績は不振であった。そのため、2011年種付け料が前年までの250万円から80万円に大幅に下げられる事態となったが、それでもこの年は種付け頭数が17頭[7]と激減。種付けシーズン終了後にイギリス輸出された[7]。2012年の繁殖シーズン途中よりハンプシャーにあるKelanne Studで供用されている[8]

代表産駒[編集]

  • アナバティック、サンデーミューズ(中央競馬3勝)

エピソード[編集]

クマーニ厩舎所属時は担当厩務員が日本人で、厩舎内でのニックネームはタロウであった。

血統表[編集]

アルカセット血統ミスタープロスペクター系/Northern Dancer4×4=12.5%) (血統表の出典)
父系

Kingmambo
1990 鹿毛
父の父
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
Miesque
1984 鹿毛
Nureyev Northern Dancer
Special
Pasadoble Prove Out
Santa Quilla

Chesa Plana
1989 黒鹿毛
Niniski
1976 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Virginia Hills Tom Rolfe
Ridin' Easy
母の母
Top of the League
1982 黒鹿毛
High Top Derring-Do
Camenae
Home and Away Home Guard
Garden of Eden F-No.10-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サンクルー大賞典、アルカセットがG1初制覇” (日本語). netkeiba.com (2005年6月27日). 2011年12月8日閲覧。
  2. ^ a b c d 英国馬アルカセット、日本レコードで日本馬を撃破” (日本語). netkeiba.com (2005年11月27日). 2011年12月8日閲覧。
  3. ^ a b c 過去GI成績 第25回 ジャパンC” (日本語). 日本中央競馬会 (2005年). 2011年12月8日閲覧。
  4. ^ a b アルカセット一転して引退、日本で種牡馬入り” (日本語). netkeiba.com (2005年12月2日). 2011年12月8日閲覧。
  5. ^ アルカセットの種付け権利募集を開始” (日本語). netkeiba.com (2005年12月13日). 2011年12月8日閲覧。
  6. ^ a b アルカセットがダーレー・ジャパンSCに入厩” (日本語). netkeiba.com (2006年2月4日). 2011年12月8日閲覧。
  7. ^ a b c ファンタスティックライト、アルカセット、ルールオブローが輸出” (日本語). トピックス. ケイバブック (2011年12月4日). 2011年12月7日閲覧。
  8. ^ Sexton, Nancy (2012年4月25日). “Japan Cup hero Alkaased to stand at Kellanne Stud” (英語). Racing Post. 2013年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]