第9回ジャパンカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャパンカップ > 第9回ジャパンカップ

第9回ジャパンカップ(だい9かいジャパンカップ)は、1989年11月26日東京競馬場で施行された競馬競走である。ホーリックスオグリキャップとの接戦を制し、当時のコース2400mの世界最高タイムである2分22秒2で優勝した。年齢は全て旧表記にて表記。

レース施行前の状況[編集]

ヨーロッパ調教馬は凱旋門賞の勝ち馬キャロルハウスオイロパ賞勝ち馬のイブンベイが出走を表明。ただ、キャロルハウスは吉田善哉が凱旋門賞後に購入しており、日本での種牡馬導入が決まっていた。アサティスイタリアのGIとは言え、ジョッキークラブ大賞の勝ち馬であるが、こちらも原田亨に購入され日本での種牡馬導入が決まっていた。またロワイヤルオーク賞の勝ち馬トップサンライズも出走を表明していた。

アメリカ合衆国からは2400mの世界レコードホルダーホークスターが出走を表明。また前年の勝ち馬ペイザバトラーもこの年はGI2着が1回あるだけだったが出走を表明した。

オセアニアからはニュージーランドの名牝ホーリックスが体調を崩していたという直前情報もあったが、前走でGIを勝って来日してきた。

日本からは第100回天皇賞(秋)を優勝したスーパークリーク、第99回天皇賞(春)と第30回宝塚記念を優勝したイナリワン第6回マイルチャンピオンシップを優勝したオグリキャップの、いわゆる平成三強、そのマイルチャンピオンシップでオグリキャップに惜敗したバンブーメモリー、宝塚記念でイナリワンに惜敗したフレッシュボイス、さらには南関東三冠ロジータなど、8頭が出走を表明した。このうちオグリキャップとバンブーメモリーは連闘での出走であり、トップクラスの競走馬が2つのG1を連闘するという、近年の中央競馬ではあまり例のないローテーションが物議をかもした。とりわけオグリキャップは当時絶大な人気を誇り、実績的にも2つのG1いずれにおいても有力視されるのは確実であったこと、約2カ月で5戦目という過密なローテーションであったことから、論議の対象はおもにオグリキャップ陣営に対するものであった(詳しくはオグリキャップ#1989年のローテーションを参照)。

主な出走馬[編集]

天候:晴、芝:

※施行条件についてはジャパンカップも参照。

出走頭数:15頭
人気 枠番 馬番 競走馬名 騎手 調教師
1 4 6 日本の旗スーパークリーク 牡5 武豊 伊藤修司
2 2 3 日本の旗オグリキャップ 牡5 南井克巳 瀬戸口勉
3 5 8 アメリカ合衆国の旗ホークスター 牡4 ラッセル・ベイズ R・マッカナリー
4 3 4 イギリスの旗イブンベイ 牡6 R・クィン P・コール
5 8 15 アメリカ合衆国の旗アサティス 牡5 レイ・コクレーン ガイ・ハーウッド
6 8 14 アメリカ合衆国の旗ペイザバトラー 牡6 クリス・マッキャロン Robert J.Frankel
7 6 11 イギリスの旗キャロルハウス 牡5 マイケル・キネーン Michael A.Jarvis
8 7 12 日本の旗イナリワン 牡6 柴田政人 鈴木清
9 2 2 ニュージーランドの旗ホーリックス 牝7 ランス・オサリバン D・J・オサリバン
12 7 13 日本の旗ロジータ 牝4 野崎武司 福島幸三

レース結果[編集]

レース展開[編集]

レースは、日本の観客の大歓声におびえて暴走気味に逃げたイブンベイにホークスターが競りかけて行った事から、1800m[1]および2200mの地点を当時の日本レコードを上回るタイムで走破と言う非常に早いペースで推移し、馬群は2400mのレースとは思えないほど縦にばらけた。直線に入り残りゴールまで400mの地点で道中3番手で追走していたホーリックスが先頭に立つと、4番手から猛追してきたオグリキャップをアタマ差だけ押さえ優勝した。優勝タイムは当時の日本レコード且つ世界レコードであった[2]。このタイムは、2002年に東京競馬場が改装に着手するまで12年以上、コースレコードとして君臨し続けたため、競馬新聞などのコースレコード欄に長く記載された。そのため、実際のレースを見たことがなくてもホーリックスの名を知っているファンが多い。なお、イブンベイらが生み出した狂気のハイペースに付き合わされたのが災いしたのか、道中6番手以下で掲示板に乗ったのは10番手から3着に突っ込んできたペイザバトラーだけ[3]で、他の待機策をとった馬は逃げて6着に沈んだイブンベイにすら遅れを取る結果となった。

レース着順(上位5頭のみ)[編集]

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 2 2 ニュージーランドの旗ホーリックス WR2.22.2
2 2 3 日本の旗オグリキャップ 2.22.2 クビ
3 8 14 アメリカ合衆国の旗ペイザバトラー 2.22.7 3馬身
4 4 6 日本の旗スーパークリーク 2.22.7 クビ
5 5 8 アメリカ合衆国の旗ホークスター 2.22.9 1馬身
13.0-11.1-11.5-11.4-11.5-12-12-11.6-11.7-12.2-11.9-12.3
13.0-24.1-35.6-47.0-58.5-70.5-82.5-94.1-105.8-118.0-129.9-142.2

払戻[編集]

単勝式 2 1990円
複勝式 2 590円
3 210円
14 260円
連勝複式 2-2 6760円

エピソード[編集]

実況したフジテレビアナウンサー大川和彦は、レース中出走した15頭中6頭しか馬の名前を言っていない[4]。そのため、道中10番手から3着に入ったペイザバトラーをはじめ後方を進んだ馬は一切実況で呼ばれることはなかった。

最下位で入線したのはブービーのキャロルハウスから更に2秒差を付けられたロジータだったが、同馬の走破時計2分26秒9も同年の優駿牝馬の勝ちタイム2分29秒0を大きく上回るものだった[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、東京競馬場の1800m戦は実質コーナー2つと言うレイアウトであるが、当レースで記録したラップタイムは4つのコーナーを曲がっての記録である。
  2. ^ ただし、競馬におけるタイムの計測開始時点や計測単位(1/100秒〜1/5秒)は地域によって異なるため、世界レコードに関しては異論もある。
  3. ^ ペイザバトラー以外の掲示板着順(5着以内)の馬は、すべて道中5番手以内であった。
  4. ^ ホーリックス、オグリキャップ、イブンベイ、ホークスター、スーパークリーク、キャロルハウスの6頭
  5. ^ ジャパンカップ|1989年11月26日 | 競馬データベース - netkeiba.com”. db.netkeiba.com. 2019年9月9日閲覧。