伊藤修司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 修司(いとう しゅうじ、1930年2月22日 - 2006年1月[1] )は兵庫県出身のJRA騎手、元調教師。父は伊藤勝吉調教師。上野清章(旧姓・伊藤)騎手は元・娘婿だった(娘の離婚を機に清章を勘当し以後絶縁)。

来歴[編集]

1948年に騎手免許を取得[1]。父親の厩舎で騎手として活躍し、1961年にチトセホープで優駿牝馬(オークス)を勝ち[1]、連闘で臨んだ東京優駿競走で3着に入るなど活躍した。父の急死により1963年に引退、通算成績は981戦197勝であった。

1964年に調教師免許を取得し[1]、同年より厩舎を開業する。1965年にハツライオーで札幌記念を勝ち重賞初制覇[1]、以後1991年まで、27年連続JRA重賞勝利という記録を達成している[2]。名ジャンパーグランドマーチスや、華麗なる一族と呼ばれたハギノトップレディハギノカムイオー武豊に初めてのGI勝利(菊花賞)をもたらしたスーパークリークなど、数多くのGI馬を育成した。2000年に定年を迎えて調教師を引退、調教師としての通算成績は9138戦1223勝(重賞83勝)。

2006年1月末に死去。訃報が伝えられたのは同年5月のことであった[1]

代表騎乗馬[編集]

代表管理馬[編集]

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 吉永良人(1970年-1974年 騎手)
  • 寺井千万基(1973年-1978年 騎手、1978年-2000年 調教助手)
  • 伊藤清章(1974年-1984年 騎手)
  • 松田国英(1982年-1993年 調教助手)
  • 福有稔(1985年-1986年 騎手)
  • 松田幸春(1992年-2000年 調教助手)

脚注[編集]

関連項目[編集]