瀬戸口勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀬戸口勉
Tsutomu-Setoguchi20100710.jpg
2010年7月10日
オグリキャップ追悼トークショーにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿屋市
生年月日 (1936-11-03) 1936年11月3日(80歳)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 京都→栗東・上田武司(1959 - 1973)
初免許年 1959年3月1日
免許区分 平地
騎手引退日 1973年2月28日
重賞勝利 7勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 2534戦329勝
調教師情報
初免許年 1973年(1975年開業)
調教師引退日 2007年2月28日
重賞勝利 51勝
G1級勝利 15勝
通算勝利 8155戦864勝
経歴
所属 栗東T.C.
テンプレートを表示

瀬戸口勉(せとぐち つとむ、1936年11月3日 - )は日本中央競馬会の元騎手、元調教師名古屋競馬・弥富トレーニングセンターに所属する調教師瀬戸口悟は実弟。中央競馬の調教師増本豊は妻の弟。

騎手として[編集]

鹿児島県立鹿屋農業高校畜産科に在学中の1955年京都の上田武司厩舎に騎手見習いとして入り、1959年、騎手としてデビューする。1963年にはミスマサコで桜花賞を優勝した。1973年に引退、騎手時代の成績は通算2534戦329勝である。

とくに障害競走での成績は優れたものがあり、145戦55勝。勝率.379連対率.641という数字を残している。 京都大障害(秋)は1959年をハルナサン、1960年をシルバオー、1961年には京都大障害(春)、中山大障害(秋)をトサキングで制している。

調教師として[編集]

1973年に調教師免許を取得し、1975年栗東トレーニングセンターで開業する。

1988年、地方の笠松から転厩してきたオグリキャップが活躍。

2005年は54勝をあげ、JRA賞(最多勝利調教師)を受賞する。

2007年2月末をもって定年となった。メイショウサムソンネオユニヴァースマルカシェンクマルカラスカルなどの活躍馬を多く管理していたが、定年により管理馬すべてが移籍となった。実現することはなかったが、一部スポーツ紙では、一定以上の成績を収めた調教師に関しては定年制を延長するなどの処置を取ろうという動きがあると報道されたほどであった。

2006年2月末で定年になり調教師を引退した北橋修二は親友で、北橋厩舎に所属していた福永祐一を自厩舎でも主戦騎手にしていた。主戦騎手として、平地競走では福永祐一石橋守の両騎手、障害競走では西谷誠(厩舎の調教助手的役割も果たしていた)が騎乗することが多かった。

馬主として[編集]

調教師引退後、2007年秋に地方競馬の馬主として登録。中央競馬の登録を抹消された競走馬を引き取り、おもに名古屋競馬の瀬戸口悟厩舎へ預託している。

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 274 258 243 2389 .115 .223
障害 55 38 20 145 .379 .641
329 296 263 2534 .130 .262
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1959年3月14日 - グランドミスナン - - 7着
初勝利 1959年5月2日 - クインウッド - - 1着
重賞初騎乗・初勝利 1959年11月23日 京都大障害(秋) ハルナサン 8頭 5 1着
GI級初騎乗・初勝利 1963年3月31日 桜花賞 ミスマサコ 25頭 15 1着

主な騎乗馬[編集]

調教師成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 出走数 勝率 連対率
平地 787 678 687 7701 .102 .190
障害 77 64 43 454 .170 .311
864 742 730 8155 .106 .197
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1975年3月8日 - ホウシュウエタン - - 5着
初勝利 1975年5月10日 - ホウシュウリッチ - - 1着
重賞初出走 1975年9月14日 阪神障害S(秋) マルブツビート 9頭 4 5着
重賞初勝利 1980年2月24日 阪神障害S(春) ツカサパワー 9頭 5 1着
GI初出走 1976年4月11日 桜花賞 ファインリボー 22頭 20 15着
GI初勝利 1988年12月25日 有馬記念 オグリキャップ 13頭 2 1着

主な管理馬[編集]

主な所有馬[編集]

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。