ローズキングダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローズキングダム
Rose-Kingdom20100418.jpg
欧字表記 Rose Kingdom
香港表記 玫瑰帝國
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2007年5月10日(10歳)
登録日 2009年5月6日
抹消日 2013年6月5日
キングカメハメハ
ローズバド
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 サンデーレーシング
調教師 橋口弘次郎栗東
厩務員 池平勉
競走成績
生涯成績 25戦6勝
獲得賞金 6億9466万8000円
勝ち鞍 GIジャパンカップ(2010年)
JpnI朝日杯フューチュリティステークス(2009年)
GII神戸新聞杯(2010年)
京都大賞典(2011年)
JpnIII東京スポーツ杯2歳ステークス(2009年)
テンプレートを表示

ローズキングダム: Rose Kingdom玫瑰帝國)は日本競走馬。おもな勝ち鞍は、2009年朝日杯フューチュリティステークス、2010年のジャパンカップサンデーレーシングクラブ馬。馬名の意味は「薔薇の王国」[1]。作曲家の平尾昌晃が一口馬主となっている[2]

経歴[編集]

一口馬主クラブ法人であるサンデーレーシング所有馬で、200万円×40口の総額8000万円で募集された。1歳9月時の馬体重は431キログラムだった。10月末にノーザンファームへ移動し、初期馴致から乗り運動へと順調に調教を消化していった。

2歳[編集]

2009年4月に産地馬体検査を受け、8月末から9月頭にかけて山元トレーニングセンターからグリーンウッド・トレーニングへ移動。9月11日に入厩し、すぐにゲート試験を合格。一族は調教であまり良いタイムが出ないが、この馬もラスト1ハロン13秒後半から14秒かかっていた。10月25日のデビュー戦ではアサクサデンエンスウィフトカレントの弟、ヴィクトワールピサに次ぐ2番人気で出走。道中は4番手を進むと、4コーナー入り口で内を付き直線入り口で先頭に立つと、そのまま外から追い込んできたヴィクトワールピサを4分の3馬身差で抑え初勝利を挙げた[3]

次戦は京都2歳ステークスを予定していたが、東京スポーツ杯2歳ステークスに出走した[4]。好位でレースを運ぶと、直線は後方から末脚を伸ばしたトーセンファントムとの接戦をアタマ差で制し、重賞を初挑戦で勝利した[5][6]。これは薔薇一族にとって2年半ぶりの重賞勝ちとなった。

当初は次走としてラジオNIKKEI杯2歳ステークスを予定していたものの、朝日杯フューチュリティーステークスへ出走を予定していた同厩舎のリディルが骨折により出走不可能となっていたため、代わりに出走することとなった[5][6]。レースはバトルシュリイマンが逃げ、ローズキングダムは好スタートから中団で他馬を見ながらレースを進めた[7]。そして4コーナーから徐々に進出し進出し、直線に入って馬場の真ん中を割るようにして抜け出すとエイシンアポロンの追走を1馬身半抑えて重賞2勝目、JpnI初勝利を挙げた[7][8][9]。これは薔薇一族にとっても34回目の挑戦で初のGI (JpnI) 勝利となった[8]

3歳[編集]

明けて3歳の緒戦は2010年3月21日スプリングステークスに単勝1.4倍の1番人気で出走。中団でレースを進めたが、最後の直線で前が開かない展開となり、残り100mで馬場の内側から差を詰めるも3着に敗れた。陣営はレース後には中山競馬場の荒れた馬場を考慮して皐月賞を回避して東京優駿(日本ダービー)に直行することも視野に入れる発言をしていたが、3月25日に当初の予定通り皐月賞に向かうことが発表された[10]。皐月賞では弥生賞の優勝馬ヴィクトワールピサに次ぐ2番人気で出走。直線では内から抜け出したヴィクトワールピサを馬場の真ん中から追い上げたが、大外から猛追したヒルノダムールらに差され4着に敗れた。東京優駿では、小牧太が前週に騎乗停止処分となり、後藤浩輝に乗り替わることとなった。また、5月25日には挫石が見つかったものの大事には至らず、出走することになった。迎えた5月30日第77回東京優駿では中団追走から直線で先に抜け出したものの、上がり32秒7の豪脚で馬群を割ってきたエイシンフラッシュにかわされ2着に敗れた。

2010年ジャパンカップ優勝時

鞍上が武豊に乗り替わった秋緒戦の神戸新聞杯は東京優駿優勝馬エイシンフラッシュにクビ差で勝利した。続く10月24日菊花賞ではエイシンフラッシュが出走を回避したことやヴィクトワールピサが出走しなかったこともあり断然の1番人気で出走した。しかし、中団待機から直線で鋭く伸びたもののビッグウィークの2着に敗れた。菊花賞の後、陣営は有馬記念を最大目標にし、その前にジャパンカップに出走することになった。レースでは最後の直線走路でブエナビスタの斜行のために進路を塞がれる不利から立て直し、先頭でゴールインしたブエナビスタには及ばなかったものの、先行していたヴィクトワールピサをゴール手前で交わして2位で入線した。しかしレース後の審議でブエナビスタが走行妨害によって降着となったため、繰り上がりで1着となった。その後、陣営は2010年最大の目標としていた有馬記念への出走を表明し、12月23日に出馬投票を行ったが、翌日の12月24日になり疝痛(腹痛)のために出走を取り消した[11]

4歳[編集]

2011年京都大賞典

明けて4歳の緒戦は2011年1月16日日経新春杯に1番人気で出走。レースでは中団馬群の内々を進むも重ハンデが影響して3着に敗れ、同期のルーラーシップヒルノダムールに先着を許してしまった。この敗戦からドバイ遠征を断念、春は国内に専念することになった。4月2日日経賞では中団から早目に進出するもトゥザグローリーの3着。続く天皇賞・春では、京都記念日経賞と重賞連勝中のトゥザグローリーに次ぐ2番人気に推されたが、直線で全く伸びず、ヒルノダムールの11着と大敗しデビュー以来初めて掲示板を外す結果となった。6月26日宝塚記念では新たにクレイグ・ウィリアムズ騎手とのコンビで出走し、レースでは好位の4番手から進むものの、直線で伸びず4着に終わった。

夏の休養明け緒戦となった10月9日京都大賞典では、前年の東京優駿以来となる後藤浩輝が騎乗。逃げるネコパンチを最後の直線で捉えて先頭に立つとそのまま引き離し、追走するビートブラックなどを抑えて1着となり、前年のジャパンカップ以来の勝利となった。10月30日の天皇賞(秋)では好位追走も直線で伸びず10着と大敗した。連覇がかかった11月27日のジャパンカップでは中団に待機したが直線で伸びを欠き9着に敗れた。12月25日の有馬記念では、イオリッツ・メンディザバルがルーラーシップに騎乗するため後藤浩輝とコンビを組んだがオルフェーヴルの12着と大敗した。

5歳[編集]

明けて5歳の緒戦は2012年4月1日大阪杯。中団から追い上げるも4着に敗れた。4月29日の天皇賞・春では終始後方のまま15着に敗れ、6月3日安田記念では1年ぶりに武豊騎手とのコンビで出走したが見せ場なく13着に終わった。

夏の休養明け緒戦となった10月8日の京都大賞典では皐月賞以来、小牧太騎手とコンビを組んで出走したが6着に終わった。ジャパンカップ16着、有馬記念12着とともに大敗した。

6歳[編集]

3月の大阪杯から始動し12着。続く新潟大賞典11着という成績を受けて現役続行を断念したが[12]引退後の調整が難航、1ヶ月後の6月5日にようやく競走馬登録が抹消され、正式に引退した[13]。引退後は日高町ブリーダーズ・スタリオン・ステーション種牡馬となる[14]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬)
2009.10.25 京都 2歳新馬 芝1800m(良) 11 1 1 002.2(02人) 01着 1:48.9 (33.9) -0.1 小牧太 55 ヴィクトワールピサ
0000.11.21 東京 東京スポーツ杯2歳S JpnIII 芝1800m(良) 17 7 14 003.6(01人) 01着 1:48.2 (34.0) -0.0 小牧太 55 (トーセンファントム)
0000.12.20 中山 朝日杯FS JpnI 芝1600m(良) 16 4 8 002.3(01人) 01着 1:34.0 (34.7) -0.2 小牧太 55 エイシンアポロン
2010.03.21 中山 スプリングS GII 芝1800m(良) 15 2 3 001.4(01人) 03着 1:48.4 (34.9) -0.2 小牧太 56 アリゼオ
0000.04.18 中山 皐月賞 GI 芝2000m(稍) 18 3 5 006.4(02人) 04着 2:01.0 (35.4) -0.2 小牧太 57 ヴィクトワールピサ
0000.05.30 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 17 4 8 019.5(05人) 02着 2:26.9 (32.9) -0.0 後藤浩輝 57 エイシンフラッシュ
0000.09.26 阪神 神戸新聞杯 GII 芝2400m(良) 12 3 3 003.0(02人) 01着 2:25.9 (33.3) -0.0 武豊 56 (エイシンフラッシュ)
0000.10.24 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 5 10 002.1(01人) 02着 3:06.3 (33.9) -0.2 武豊 57 ビッグウィーク
0000.11.28 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 18 3 6 008.8(04人) 01着 2:25.2 (34.2) -0.3 武豊 55 ブエナビスタ[15]
0000.12.26 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 3 6 出走取消 武豊 55 ヴィクトワールピサ
2011.01.16 京都 日経新春杯 GII 芝2400m(良) 13 4 5 002.0(01人) 03着 2:24.9 (34.3) -0.3 武豊 58 ルーラーシップ
0000.04.02 阪神 日経賞 GII 芝2400m(良) 10 8 9 003.4(03人) 03着 2:25.9 (34.7) -0.5 武豊 59 トゥザグローリー
0000.05.01 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(稍) 18 2 4 004.2(02人) 11着 3:22.0 (37.1) -1.4 武豊 58 ヒルノダムール
0000.06.26 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(良) 16 5 9 012.1(05人) 04着 2:10.4 (35.1) -0.3 C.ウィリアムズ 58 アーネストリー
0000.10.09 京都 京都大賞典 GII 芝2400m(良) 8 7 7 001.8(01人) 01着 2:24.1 (33.1) -0.2 後藤浩輝 59 ビートブラック
0000.10.30 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 18 6 11 006.6(04人) 10着 1:57.5 (36.2) -1.4 I.メンディザバル 58 トーセンジョーダン
0000.11.27 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 16 2 3 022.0(09人) 09着 2:25.0 (34.7) -0.8 I.メンディザバル 57 ブエナビスタ
0000.12.25 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 13 5 8 051.1(10人) 12着 2:37.1 (34.0) -1.1 後藤浩輝 57 オルフェーヴル
2012.04.01 阪神 大阪杯 GII 芝2000m(稍) 12 6 8 006.8(04人) 04着 2:05.9 (35.1) -0.4 後藤浩輝 57 ショウナンマイティ
0000.04.29 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 18 7 14 044.6(06人) 15着 3:15.9 (34.0) -2.1 後藤浩輝 58 ビートブラック
0000.06.03 東京 安田記念 GI 芝1600m(良) 18 8 16 014.2(09人) 13着 1:32.2 (34.2) -0.9 武豊 58 ストロングリターン
0000.10.08 京都 京都大賞典 GII 芝2400m(良) 13 5 8 003.6(03人) 06着 2:23.6 (35.0) -0.2 小牧太 57 メイショウカンパク
0000.11.25 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 17 6 12 048.2(09人) 16着 2:25.4 (35.2) -2.3 武豊 57 ジェンティルドンナ
0000.12.23 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 1 1 051.6(13人) 12着 2:33.6 (37.2) -1.7 岩田康誠 57 ゴールドシップ
2013.03.31 阪神 大阪杯 GII 芝2000m(良) 14 8 13 116.9(08人) 12着 2:00.2 (34.4) -1.2 川田将雅 57 オルフェーヴル
0000.05.05 新潟 新潟大賞典 GIII 芝2000m(良) 16 5 9 018.6(07人) 11着 1:58.2 (35.2) -1.3 松田大作 58 パッションダンス

血統表[編集]

ローズキングダム血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

キングカメハメハ
2001 鹿毛
父の父
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
父の母
*マンファス
Manfath
1991 黒鹿毛
*ラストタイクーン
Last Tycoon
*トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer

ローズバド
1998 青毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding
Mountain Flower
母の母
ロゼカラー
1993 鹿毛
Shirley Heights
1975 鹿毛
Mill Reef
Hardiemma
*ローザネイ
Rosa Nay
1988 栗毛
Lyphard
Riviere Doree
母系(F-No.) 1号族(FN:1-w) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5x5x5=9.38%、Mill Reef 5x4=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ローズキングダム 5代血統表2017年9月7日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ローズキングダム 5代血統表2017年9月7日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ローズキングダム 5代血統表2017年9月7日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com ローズキングダム 5代血統表2017年9月7日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ 小牧&橋口コンビ悲願のGI初制覇/朝日杯FSアラカルト”. netkeiba (2009年12月20日). 2010年1月8日閲覧。
  2. ^ 【朝日杯FS】平尾さん“G1初V”. デイリースポーツ (2009年12月21日). 2010年1月8日閲覧。
  3. ^ 【京都5R新馬】ローズキングダム快勝”. スポニチ (2009年10月25日). 2010年1月8日閲覧。
  4. ^ 【2歳次走】ローズキングダム東スポ杯2歳Sへ”. スポニチ (2009年11月12日). 2010年1月8日閲覧。
  5. ^ a b 【東スポ杯2歳S】キングダム、G初制覇”. デイリースポーツ (2009年11月22日). 2010年1月8日閲覧。
  6. ^ a b キングダムV次走G1へ/東スポ杯2歳S”. 日刊スポーツ (2009年11月22日). 2010年1月8日閲覧。
  7. ^ a b 【朝日杯FS】満開ローズ!2歳キング”. デイリースポーツ (2009年12月21日). 2010年1月8日閲覧。
  8. ^ a b 【朝日杯FS】バラ咲いた!ローズキングダム無傷の3連勝”. スポニチ (2009年12月21日). 2010年1月8日閲覧。
  9. ^ キングダムV余裕の差し切り/朝日杯FS”. 日刊スポーツ (2009年12月21日). 2010年1月8日閲覧。
  10. ^ 【3歳次走】ローズキングダムは皐月賞へ”. スポニチ (2009年10月25日). 2010年3月27日閲覧。
  11. ^ 【有馬記念】ローズキングダムが出走取消 サンケイスポーツ 2010年12月24日閲覧
  12. ^ ローズキングダムが引退へ、2010年ジャパンCなど重賞5勝”. netkeiba.com (2013年5月8日). 2013年6月5日閲覧。
  13. ^ ローズキングダム号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2013年6月5日). 2013年6月5日閲覧。
  14. ^ ローズキングダムが日高のブリーダーズSSに到着”. netkeiba.com (2013年6月17日). 2013年6月17日閲覧。
  15. ^ 走行妨害により1位入線より降着

外部リンク[編集]