スペシャルウィーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スペシャルウィーク
Special Week 19991031.jpg
1999年10月31日、東京競馬場
欧字表記 Special Week
香港表記 特別週
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1995年5月2日(21歳)
サンデーサイレンス
キャンペンガール
母の父 マルゼンスキー
生国 日本の旗 日本 (北海道門別町)
生産 日高大洋牧場[1]
馬主 臼田浩義
調教師 白井寿昭 (栗東)[1]
厩務員 村田浩行
競走成績
生涯成績 17戦10勝[1]
獲得賞金 10億9262万3000円
WTRR T/L 123 (最高値・1999年)
勝ち鞍 GI: 東京優駿 (1998年)
天皇賞(春)、天皇賞(秋)、
ジャパンカップ (1999年)
GII: 弥生賞京都新聞杯 (1998年)
アメリカジョッキークラブカップ
阪神大賞典 (1999年)
GIII: きさらぎ賞 (1998年)
テンプレートを表示

スペシャルウィーク:Special Week)は、日本競走馬である。主な勝ち鞍は1998年東京優駿1999年天皇賞 (春) 、天皇賞 (秋) 、ジャパンカップテイエムオペラオーに記録を更新されるまで、当時の日本最高賞金獲得馬であった。2000年から種牡馬となっている。

出自[編集]

母キャンペンガールは本馬の受胎中に幾度も疝痛を起こして衰弱し[2]、出産の5日後に死亡 (離れた馬房にいた本馬は母の死を感じたかのようにずっと啼いていた) したため、幼少期はばんえい競走用の農耕馬に育てられる[2]。そのころを過ごした日高大洋牧場では、あまりほかの馬たちと行動をともにすることなくいつもひとりで遊んでいた。乳母の気性がきつかったため、人の手をかけて育てられた[3]。人間を恐れず、人懐っこい仔馬であった。

競走馬時代[編集]

1997年 - 1998年[編集]

1997年11月にデビューし、新馬戦を単勝1番人気で勝利。年明け、続く自己条件戦の白梅賞は予定を1週早めての出走[4]であったが2着に敗れる。1月31日のつばき賞を除外され[5]その翌週に行われたきさらぎ賞に格上挑戦し重賞制覇を達成。続く弥生賞も良血馬キングヘイローやデビューから2戦2勝のセイウンスカイを破ってクラシック戦線の主役に躍り出た。

皐月賞では単勝1番人気に推されたが、セイウンスカイの3着に敗れた。当時は芝の保護を目的として皐月賞の前週まで内側の移動柵を3メートル外側にずらして競走を施行し、皐月賞の週に内側に移動させるという施策がとられていたが、これによって内側の走路に3メートル幅の芝生が生えそろった「グリーンベルト」ができ、内枠の馬や先行馬に有利な半面、大外18番枠の本馬には不利な状況となっていた。武豊はこの馬場状態を敗因に挙げた[6]

東京優駿(日本ダービー)では直線追い通し、さらに興奮のあまりムチを落とす[7]などもあったが5馬身差で勝利した。武豊もこれが初のダービー制覇であった。

秋初戦の京都新聞杯ではキングヘイローをクビ差抑えて勝つが、菊花賞ではセイウンスカイの世界レコードでの逃げとコース設定[8]の前に屈し2着に敗れた。ジャパンカップでは騎乗停止中の武豊に代わり岡部幸雄が騎乗。単勝1番人気に支持されたものの、同期のエルコンドルパサーの3着に終わった。

1999年[編集]

年明けに馬主権利の半分が社台グループに4億5000万円で譲渡される[9]オリビエ・ペリエとのコンビで挑んだ初戦のアメリカジョッキークラブカップは3馬身差の快勝。武豊に鞍上が戻った阪神大賞典では前年の天皇賞 (春) に勝ったメジロブライトを破った。天皇賞 (春) でも直線でメジロブライトの追撃を1/2馬身抑えて勝利した。

陣営は年内引退を発表。また凱旋門賞挑戦プランも掲げられ、その壮行レースとして宝塚記念に出走した。同期のグラスワンダーとの初顔合わせとなったこのレースはスペシャルウィークをグラスワンダーが後方からマークするという展開で進み、直線でいったんは先頭に立つものの終始スペシャルウィークをマークしていたグラスワンダーに交わされ2着。3馬身差の完敗であった。この敗戦により凱旋門賞挑戦は白紙撤回されることとなった。

秋初戦の京都大賞典では全く伸びず7着。このころから調教で動かなくなり[10]次走の天皇賞(秋)でも直前の調教では500万条件の馬に負けた。レース当日の馬体重は前走から16キログラム減の470キログラムだったが、馬体重が大幅マイナスになったのは、「ダービー時の体重 (468キログラム) まで近づければ、本来の走りを取り戻すかもしれない。」と考えた陣営が、体を絞ったためであった。レースでは、道中は後方につけて、直線に入ると末脚を披露しステイゴールドをクビ差抑えてレースレコードで勝利、タマモクロスに続く2頭目の天皇賞春秋連覇を達成した。続くジャパンカップでも凱旋門賞でエルコンドルパサーを破って勝利したモンジューなどの海外から参戦した馬を相手に優勝した[11]

引退レースとなった有馬記念では、最後方の位置取りから同じく後方に控えたグラスワンダーをマークするという、宝塚記念とは逆の形の作戦を取った。前半1000メートルの通過タイムが64 - 65秒という極端なスローペースとなったが、最後の直線で溜まった末脚を出し、一気にグラスワンダーを捉えた地点がゴールであった。体勢はスペシャルウィークが有利であり、勝利を確信した武豊はウイニングランを行った[12]。しかし写真判定の結果、首の上げ下げの差でわずか4センチメートル差で2着に敗れていたことが判明。レース後、武豊は「競馬に勝って勝負に負けたという感じです」と答えた。

JRA賞[編集]

この年のGIにおいて3勝2着2回という成績を残したにもかかわらず、年度代表馬、最優秀古馬牡馬の座は同年の凱旋門賞で2着となったエルコンドルパサーにさらわれた。記者投票ではスペシャルウィークが首位に立ったが、票数が過半数を満たさなかったために審議委員による選考が行われ、その結果エルコンドルパサーに年度代表馬が決定した。このときは大論争となった。スペシャルウィークにはグラスワンダーとともに1999年度JRA賞特別賞が贈られた。現役時代のJRA賞はこのひとつだけである。

2000年[編集]

2000年1月5日に京都競馬場、翌6日には中山競馬場の計2か所で引退式を行った[13]

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
1997.11.29 阪神 3歳新馬 芝1600m (稍) 14 8 14 1.4 (1人) 1着 R1:36.9 (34.8) -0.3 武豊 54kg (レガシーハンター)
1998.01.06 京都 白梅賞 芝1600m (良) 16 2 3 1.3 (1人) 2着 R1:36.0 (36.7) -0.0 武豊 55kg アサヒクリーク
0000.02.08 京都 きさらぎ賞 GIII 芝1800m (良) 16 1 1 1.7 (1人) 1着 R1:51.3 (35.7) -0.6 武豊 55kg (ボールドエンペラー)
0000.03.08 中山 弥生賞 GII 芝2000m (良) 13 8 13 2.8 (2人) 1着 R2:01.8 (35.4) -0.1 武豊 55kg (セイウンスカイ)
0000.04.19 中山 皐月賞 GI 芝2000m (良) 18 8 18 1.8 (1人) 3着 R2:01.6 (36.1) -0.3 武豊 57kg セイウンスカイ
0000.06.07 東京 東京優駿 GI 芝2400m (稍) 18 3 5 2.0 (1人) 1着 R2:25.8 (35.3) -0.9 武豊 57kg (ボールドエンペラー)
0000.10.18 京都 京都新聞杯 GII 芝2200m (稍) 16 5 10 1.2 (1人) 1着 R2:15.0 (36.4) -0.1 武豊 57kg (キングヘイロー)
0000.11.08 京都 菊花賞 GI 芝3000m (良) 17 8 17 1.5 (1人) 2着 R3:03.8 (34.1) -0.6 武豊 57kg セイウンスカイ
0000.11.29 東京 ジャパンC GI 芝2400m (良) 15 5 9 3.3 (1人) 3着 R2:26.4 (35.3) -0.5 岡部幸雄 55kg エルコンドルパサー
1999.01.24 中山 AJCC GII 芝2200m (良) 11 4 4 2.0 (1人) 1着 R2:16.8 (35.0) -0.5 O.ペリエ 58kg (サイレントハンター)
0000.03.21 阪神 阪神大賞典 GII 芝3000m (重) 9 5 5 2.1 (2人) 1着 R3:13.4 (37.5) -0.1 武豊 58kg (メジロブライト)
0000.05.02 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m (良) 12 3 3 2.3 (1人) 1着 R3:15.3 (34.2) -0.1 武豊 58kg (メジロブライト)
0000.07.11 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m (良) 12 7 9 1.5 (1人) 2着 R2:12.6 (35.9) -0.5 武豊 58kg グラスワンダー
0000.10.10 京都 京都大賞典 GII 芝2400m (良) 10 7 7 1.8 (1人) 7着 R2:25.1 (35.2) -0.8 武豊 59kg ツルマルツヨシ
0000.10.31 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m (良) 17 5 9 6.8 (4人) 1着 R1:58.0 (34.5) -0.1 武豊 58kg (ステイゴールド)
0000.11.28 東京 ジャパンC GI 芝2400m (良) 14 7 13 3.4 (2人) 1着 R2:25.5 (35.9) -0.2 武豊 57kg (インディジェナス)
0000.12.26 中山 有馬記念 GI 芝2500m (良) 14 2 3 3.0 (2人) 2着 R2:37.2 (34.5) -0.0 武豊 57kg グラスワンダー

※タイム欄のRはレコード勝ちを示す。

特徴[編集]

3歳時には瞬発力と、前をとらえる勝負根性を生かして差しの戦法を用いることが多かったが、セイウンスカイやエルコンドルパサーなど前にいる馬をとらえ切れないレースが秋に続いた。古馬になってからは先行に近い戦法で競馬をすることで、確実に前をとらえる競馬ができるようになっていった。しかし、ややかかることもあり、宝塚記念では今度は差し馬のグラスワンダーに敗れたことや、京都大賞典での敗戦から、再び馬群の中団より後方で待機する差しの戦法を用いることになった。これが見事に的中し、調子を立て直して天皇賞 (秋) やジャパンカップを連勝した。

種牡馬時代[編集]

引退後は種牡馬入りし、北海道の社台スタリオンステーションに繋養された。2003年に産駒がデビュー、ヤマニンラファエルが産駒初出走で初勝利を収めたが、初年度産駒は概して出世が遅めであった。

しかし2年目の産駒がそれを覆し、スムースバリトンが2004年の東京スポーツ杯2歳ステークス (GIII) で中央競馬の重賞を初制覇すると、シーザリオ2005年優駿牝馬を優勝し、産駒初のGI勝利を挙げた。シーザリオは同年のアメリカンオークスインビテーショナルステークス (米国GI) も優勝し、産駒初の国際重賞勝利のみならず父内国産馬としても日本のクラシック馬としても初の日本以外の国際GI制覇となった。

2006年に誕生したビワハイジとの仔、ブエナビスタ2008年阪神ジュベナイルフィリーズに優勝、2009年桜花賞優駿牝馬に優勝し牝馬二冠を達成、2010年は天皇賞(秋)、2011年はジャパンカップを制しどちらも史上初の父娘制覇を達成した。

2011年10月23日、社台スタリオンステーションからブリーダーズ・スタリオン・ステーションへと移動。2012年からは同ステーションにて種牡馬を続けることとなったが、シーズン途中で再び社台スタリオンステーションに戻る形となった。そして同年11月に2013年シーズンからレックススタッドでの繋養が決定し、翌12月に同スタッドへ移動した。

年度別成績 (中央+地方)[編集]

出走 勝利 順位 AEI 収得賞金
頭数 回数 頭数 回数
2003年 47 116 5 5 179 0.44 7949万8000円
2004年 135 625 58 77 40 1.12 5億8239万0000円
2005年 236 1395 110 170 7 1.85 16億5435万8000円
2006年 278 1686 112 183 9 1.42 15億6249万2000円
2007年 288 1998 142 256 8 1.61 18億5690万5000円
2008年 300 2015 102 192 15 1.19 14億4207万3000円
2009年 336 2336 141 236 7 1.64 22億2431万7000円
2010年 312 2364 141 262 7 1.76 22億0942万6500円
2011年 282 2024 117 217 12 1.73 19億1416万6000円
2012年 234 1776 84 136 17 1.42 12億8189万3000円
2013年 226 1617 78 138 22 0.99 8億7200万3000円
  • 2013年終了時点。

GI級競走優勝馬[編集]

ブエナビスタ(2006年産)
ゴルトブリッツ(2007年産)
ローマンレジェンド(2008年産)
トーホウジャッカル(2011年産)

グレード制重賞優勝馬[編集]

地方重賞優勝馬[編集]

母の父としての産駒[編集]

血統表[編集]

スペシャルウィーク血統 (血統表の出典)[§ 1]

*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
Halo 1969
黒鹿毛 アメリカ
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well 1975
鹿毛 アメリカ
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

キャンペンガール 1987
鹿毛 北海道門別町
マルゼンスキー 1974
鹿毛 北海道早来町
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
*シル
Shill
Buckpasser
Quill
レディーシラオキ 1978
鹿毛 北海道浦河町
*セントクレスピン
Saint Crespin
Aureole
Neocracy
ミスアシヤガワ *ヒンドスタン Hindstan
シラオキ
父系 サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系
母系(F-No.) シラオキ系(FN:3-l)
5代内の近親交配 アウトブリード
出典
  1. ^ 血統情報:5代血統表|スペシャルウィーク|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年5月15日閲覧。
  • 母のキャンペンガールは未出走だが母系は日本有数の名牝系として知られるシラオキ系の血筋で、さらに遡れば小岩井農場の名牝フロリースカップに繋がる。フロリースカップからインタグリオーガロンシアンモアダイオライトプリメロ、ヒンドスタン、セントクレスピン、マルゼンスキー、サンデーサイレンスと当時の最高級種牡馬を代々配しているのも特徴である。
  • 曾祖母ミスアシヤガワの孫にスターサンシャイン(毎日杯京都4歳特別、種牡馬)がいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 馬を讃える | 日高町 競馬観光ご案内サイト”. 日高町. 2015年6月7日閲覧。
  2. ^ a b 別冊宝島編集部『スペシャルウィークのつくり方―ダービー馬の生産・調教・レース』 (宝島社、2000年。ISBN 978-4796617864) p.132
  3. ^ 『スペシャルウィークのつくり方』p.148
  4. ^ 『スペシャルウィークのつくり方』p.35
  5. ^ 『スペシャルウィークのつくり方』p.36
  6. ^ 『スペシャルウィークのつくり方』pp.39-40
  7. ^ 『スペシャルウィークのつくり方』p.49
  8. ^ 当時は開催の前半をBコース (Aコースより4メートル外側) またはCコース (同7メートル外側) で施行し、菊花賞の開催週にAコースに戻すという措置が取られていた。
  9. ^ 『スペシャルウィークのつくり方』p.203
  10. ^ 『スペシャルウィークのつくり方』p.101
  11. ^ 1998年のダービーを勝ったハイライズも出走しており、98年度日英ダービー馬対決でもあった。ハイライズは3着。
  12. ^ 『スペシャルウィークのつくり方』p.66
  13. ^ スペシャルウィーク以前にはシンザンスーパークリークナリタブライアンが2か所、オグリキャップ笠松競馬場を含めて3か所での引退式を行っている。
  14. ^ クラリティスカイが抜け出し父子制覇! 横山典弘騎手はGI連勝!/NHKマイルC”. netkeiba.com. 2015年6月7日閲覧。
  15. ^ 【朝日杯FS】(阪神)~リオンディーズが直線一気でV”. ラジオNIKKEI. 2015年12月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]