セイウンワンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セイウンワンダー
Seiun Wonder.jpg
欧字表記 Seiun Wonder[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 青毛[1]
生誕 2006年4月30日(16歳)[1]
登録日 2008年5月22日
抹消日 2012年10月7日[2]
グラスワンダー[1]
セイウンクノイチ[1]
母の父 サンデーサイレンス[1]
生国 日本の旗 日本北海道新ひだか町[1]
生産者 筒井征文[1]
育成 JRA日高育成牧場(北海道浦河町[3]
馬主 大谷高雄[1]
調教師 領家政蔵栗東[1]
調教助手 服部剛史 [4][5]
厩務員 三津谷直樹[注釈 1][7][8]
競走成績
タイトル JRA賞最優秀2歳牡馬[1](2008年)
生涯成績 13戦4勝[1]
獲得賞金 2億3168万5000円[1]
勝ち鞍
JpnI 朝日杯フューチュリティステークス 2008年
JpnIII 新潟2歳ステークス 2008年
GIII エプソムカップ 2010年
テンプレートを表示

セイウンワンダー(欧字名:Seiun Wonder2006年4月30日 - ) は、日本競走馬[1]

2008年JRA賞最優秀2歳牡馬JRAブリーズアップセールにて取引されたJRA育成馬として初めてGI級競走を優勝した。

主な勝ち鞍は、2008年の朝日杯フューチュリティステークスJpnI)、新潟2歳ステークスJpnIII)、2010年エプソムカップGIII)。

経歴[編集]

デビューまで[編集]

誕生に至る経緯[編集]

セイウンクノイチは、西山牧場が所有した牝馬で、父はサンデーサイレンスである[9]。命名には、代表者の西山茂行が用いる冠名「セイウン」を用いられた[9]美浦トレーニングセンター栗田博憲厩舎の下で、競走馬としてデビューしたが8戦未勝利、引退後は繁殖牝馬となった[9]。初年度はセイウンスカイと交配し、西山牧場にて初仔を生産[10]。2年目の2003年にはパラダイスクリークが受胎し[11]、秋にはジェイエス繁殖牝馬セールに出品された[12][13]

セールでは、北海道新ひだか町で競走馬生産を行う、筒井征文が他と競ることなく60万円で落札した[14]。筒井は一声で落札できた理由として、「(前略)凄くうるさい馬なのでみんな引いたみたいだ。良い馬なのにね[15]。」と語っている。

筒井牧場は、繁殖牝馬4頭を妻と二人で世話をする小規模な家族経営牧場であった[13]。筒井はセイウンクノイチ落札の理由を「超一流種牡馬を種付けすることは経済的に難しいが、競走成績のふるわない〔ママ〕それらの産駒を繁殖にするのは割安[13]」および「超一流種牡馬を配合されたということは、母系の血統が良いから[13]」としている。その後セイウンクノイチは、筒井牧場で2頭を出産。2005年の交配相手には、グラスワンダーが選ばれた[13]。筒井はグラスワンダー供用初年度から自身の繁殖牝馬に交配を実施しており、この度初めてセイウンクノイチに交配を実施した[13]

幼駒時代[編集]

2006年4月30日、筒井征文牧場にて青毛牡馬(後のセイウンワンダー)が誕生[1]。離乳後には、コンサイナー[注釈 2]に委託して当歳セールに出場するも、買い手がつかなかった[13]。翌2007年7月の日高セレクションセールに出場し、日本中央競馬会(JRA)が税抜き800万円で購入された[14]

JRA日高育成牧場のスタッフによる育成を経て、仔は2008年4月のJRAブリーズアップセールに出場。調教供覧では、1ハロンを出場メンバー中2番目のタイムで走破したことが評価されていた[16]

馬主の大谷高雄から任された、栗東トレーニングセンター所属の領家政蔵調教師がその仔を大谷名義で入札[17]。スタート価格は800万円であったが、他との競り合いの末、セール最高価格を更新する税抜き2600万円で領家が競り落とした[18][19]。領家は別のアグネスタキオン産駒(後のナイキハイグレード)と迷っていたが、調教の動きが良かったこちらの仔を選択した[17]。母名から「セイウン」、父名から「ワンダー」を抽出して組み合わせた「セイウンワンダー」という馬名が附された[20]

競走馬時代[編集]

2歳(2008年)[編集]

6月21日、阪神競馬場新馬戦(芝1600メートル)で、単勝オッズ1.9倍の1番人気でデビュー[21]。当初は武豊が騎乗する予定であったが、武は2番人気のツルマルジャパンを選んだため、岩田康誠が騎乗[17]。逃げるツルマルジャパンに半馬身及ばず2着に敗れた[21]。直後に領家は、岩田から「先生、次から(武豊騎手に)戻さないで〔ママ[17]」と言われたという。その通り岩田が続投して、7月の未勝利戦(芝1600メートル)で単勝オッズ1.1倍の1番人気で出走し、6馬身差で初勝利となった[22]

続いて、9月7日の新潟2歳ステークスJpnIII)で重賞初参戦、単勝オッズ2.5倍の1番人気で出走した。スタートで出遅れて最後方となり、直線では外ラチ沿いの大外から全頭かわして先頭で入線、後方に1馬身半差をつけて重賞初勝利となった[23]。未勝利から新潟2歳ステークスを制したのは1981年のビクトリアクラウン以来27年ぶりであり[24]、生産した筒井牧場は、サラブレッド重賞初勝利となった[13][15]。その後は、デイリー杯2歳ステークスJpnII)や[25]東京スポーツ杯2歳ステークスJpnIII)に出走する予定だったが、蹄球炎を発症したために断念[5]

映像外部リンク
2008年 朝日杯フューチュリティステークス
レース映像 JRA公式YouTubeチャンネルによる動画

1週間の休養を取り、前哨戦を使わず、年末の競走へ直行することとなった。ラジオNIKKEI杯2歳ステークスJpnIII)と朝日杯フューチュリティステークスJpnI)の選択肢から、12月21日の朝日杯フューチュリティステークスに出走、単勝オッズ5.4倍の2番人気に推された[13][26]。スタートから中団に位置、直線では馬場の最も内側から抜け出した[27]。外から5番人気のフィフスペトルが追い込んできたが、それをアタマ差退けて先頭で入線し、JpnI初勝利となった[28]。父グラスワンダーが前進である1997年の朝日杯3歳ステークスGI)を制していることから、史上2組目[注釈 3]となる朝日杯フューチュリティステークス親仔制覇を果たした[28]。また、ブリーズアップセール出身馬およびJRA育成馬として初めてGI級競走初勝利[29]。前身の抽せん馬を含めても、2001年の阪神ジュベナイルフィリーズGI)を制したタムロチェリー以来9頭目、またJRA育成馬、抽せん馬の牡馬がGI級競走を勝利するのは初めてであった[29]。さらに、大谷は馬主歴43年で初のGI級勝利[16]、生産した筒井にとっても初のGI級勝利であった[30][13]

以降は、放牧に出ず、厩舎に留まり調整された[31]。JRA賞表彰では、300票中263票[注釈 4]を集めてJRA賞最優秀2歳牡馬を受賞した[33][32]

3-6歳(2009-12年)[編集]

3歳となった2009年は3月8日、皐月賞トライアル競走である弥生賞JpnII)で始動し、8着[34]。続く4月19日の皐月賞JpnI)ではこれまで騎乗し続けていた岩田がアンライバルドに騎乗するために降板、代わりに内田博幸を迎えて臨んだが3着[35]。5月31日の東京優駿(日本ダービー)JpnI)では、内田がアプレザンレーヴを選んだために、福永祐一に乗り替わり臨んだが13着に敗れた[36]。夏休みを経て、9月27日の神戸新聞杯JpnII)で再始動し、3着[36][37]。獲得した優先出走権を行使して10月25日の菊花賞JpnI)に出走し、優勝馬スリーロールスに0.2秒に迫る3着となった[38]。続いて12月27日の有馬記念GI)で、古馬との初対決となったが6着となった[39]

古馬となった2010年は、マイラーズカップGII)で始動し4着。続いて安田記念GI)に出走登録をしたが除外となり、次なる目標を天皇賞(秋)GI)に切り替え[40][41]、6月13日のエプソムカップGIII)に出走した。スタートから中団につけ、直線では外から追い出し、先に抜け出していたシルポートキャプテンベガと並んで入線[42][20]。それらにハナ差最先着を果たし、重賞3勝目、1年7か月ぶりの勝利を挙げた[20][43][44]

映像外部リンク
2009年 エプソムカップ
レース映像 netkeibaTV公式YouTubeチャンネルによる動画

それから宝塚記念GI)に出走するも[45]ブービー賞16着。秋はカシオペアステークス(OP)から始動する予定であったが、右前浅屈腱炎を発症して出走取消、長期離脱となった[46]競走馬総合研究所常磐支所にて療養した[47]。6歳となった2012年に復帰の目処が立ち、入厩したが、同じ箇所の屈腱炎の再発が判明[47][48]。戦線に復帰することなく、競走馬引退が決定した[47][48]。2012年10月7日、日本中央競馬会の競走馬登録を抹消[2][49]

引退後[編集]

引退後は、浦河町にあるJRA日高育成牧場にて去勢され[50]乗馬となった[2]。また馬術障害飛越競技にも参加し数々の競技会で上位入賞する活躍を見せた[51][52][53][50]。その後、同牧場で馬事文化振興の普及馬として、平日は職員の練習のために、土日は町内のスポーツ少年団や高校馬術部のために働いている[53]

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[54]およびJBISサーチ[55]の情報に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離

(馬場)

オッズ

(人気)

着順 タイム

(上り3F)

着差 騎手 斤量

[kg]

1着馬

(2着馬)

馬体重

[kg]

2008 06. 21 阪神 2歳新馬 芝1600m(稍) 9 8 8 01.90(1人) 02着 01:35.5 (35.2) -0.1 0岩田康誠 54 ツルマルジャパン 506
07. 12 阪神 2歳未勝利 芝1600m(良) 14 8 13 01.10(1人) 01着 01:35.6 (34.4) -1.0 0岩田康誠 54 (マイネルソレント) 500
09. 07 新潟 新潟2歳S JpnIII 芝1600m(不) 15 5 8 02.10(1人) 01着 01:35.4 (34.4) -0.2 0岩田康誠 54 (ツクバホクトオー) 504
12. 21 中山 朝日杯FS JpnI 芝1600m(良) 16 2 3 05.40(2人) 01着 01:35.1 (35.0) -0.0 0岩田康誠 55 フィフスペトル 514
2009 03. 08 中山 弥生賞 JpnII 芝2000m(稍) 10 6 6 04.80(2人) 08着 02:04.4 (36.2) -0.9 0岩田康誠 56 ロジユニヴァース 526
04. 19 中山 皐月賞 JpnI 芝2000m(良) 18 7 15 21.20(4人) 03着 01:59.0 (34.7) -0.3 0内田博幸 57 アンライバルド 516
05. 31 東京 東京優駿 JpnI 芝2400m(不) 18 6 11 09.00(3人) 13着 02:36.3 (40.6) -2.6 0福永祐一 57 ロジユニヴァース 514
09. 27 阪神 神戸新聞杯 JpnII 芝2400m(良) 14 7 11 17.10(5人) 03着 02:24.6 (34.7) -0.4 0福永祐一 56 イコピコ 516
10. 25 京都 菊花賞 JpnI 芝3000m(良) 18 6 12 15.80(6人) 03着 03:03.7 (35.2) -0.2 0福永祐一 57 スリーロールス 514
12. 27 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 7 14 21.0(10人) 06着 02:31.6 (36.9) -1.6 0藤田伸二 55 ドリームジャーニー 518
2010 04. 17 阪神 マイラーズC GII 芝1600m(良) 18 4 7 06.80(4人) 04着 01:33.2 (33.7) -0.3 0福永祐一 57 リーチザクラウン 524
06. 13 東京 エプソムC GIII 芝1800m(良) 18 1 2 03.60(1人) 01着 01:46.1 (34.6) -0.0 0福永祐一 57 シルポート 524
06. 27 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 17 3 6 27.40(7人) 16着 02:14.8 (37.8) -1.8 0福永祐一 58 ナカヤマフェスタ 520

血統表[編集]

セイウンワンダー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系
[§ 2]

*グラスワンダー
Grass Wonder
1995 栗毛
父の父
Silver Hawk
1979 鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Gris Vitesse Amerigo
Matchiche
父の母
Ameriflora
1989 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Graceful Touch His Majesty
Pi Phi Gal

セイウンクノイチ
1998 青鹿毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
アンカースティーム
1988 青鹿毛
*リアルシャダイ
Real Shadai
Roberto
Desert Vixen
アイレテスコ *テスコボーイ
アイレバース
母系(F-No.) 3号族(FN:3-l) [§ 3]
5代内の近親交配 Roberto3×4、Hail to Reason4×4×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ セイウンワンダー 5代血統表2017年9月11日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com セイウンワンダー 5代血統表2017年9月11日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ セイウンワンダー 5代血統表2017年9月11日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com セイウンワンダー 5代血統表2017年9月11日閲覧。


母系はフロリースカツプ系。5代母サンマリノはガーネツトの全妹。9代母フロリスト(競走馬名フロラーカツプ)は1924年帝室御賞典勝ち馬。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 騎手である三津谷隼人の父[6]
  2. ^ 生産者に代わって、セリに至るまで業務を行う職業。
  3. ^ (親)1976年:マルゼンスキー - (仔)1982年:ニシノスキー、1987年:サクラチヨノオー以来。[28]
  4. ^ ロジユニヴァース:31票、スーニ:6票[32]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q セイウンワンダー”. www.jbis.or.jp. 2021年9月14日閲覧。
  2. ^ a b c セイウンワンダー登録抹消 08年朝日杯FS優勝” (日本語). 競馬予想のウマニティ. 2021年9月14日閲覧。
  3. ^ セイウンワンダーを訪ねて~JRA日高育成牧場”. uma-furusato.com. 2021年9月14日閲覧。
  4. ^ セイウンワンダーに曇りなし!/朝日杯FS” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年9月14日閲覧。
  5. ^ a b セイウンワンダー不安一掃/朝日杯FS”. www.nikkansports.com. 2021年9月14日閲覧。
  6. ^ 新人騎手・三津谷隼人「目標は新人王」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年9月14日閲覧。
  7. ^ 【菊花賞】「セイウン」の志もって全力仕上げ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年9月14日閲覧。
  8. ^ 【ダービー】やる気に満ちてるセイウンワンダー” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年9月14日閲覧。
  9. ^ a b c セイウンクノイチ”. www.jbis.or.jp. 2021年9月14日閲覧。
  10. ^ ニシノサスケ”. www.jbis.or.jp. 2021年9月14日閲覧。
  11. ^ 繁殖牝馬情報:牝系情報|セイウンクノイチ”. www.jbis.or.jp. 2021年9月14日閲覧。
  12. ^ セイウンワンダー復活V!宝塚記念へ”. 株式会社ジェイエス (2010年6月13日). 2021年9月14日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j 『優駿』2009年3月号 66-69頁
  14. ^ a b セイウンワンダー、新潟2歳Sを制す - 田中哲実” (日本語). netkeiba.com. 2021年9月14日閲覧。
  15. ^ a b 2008年09月07日 新潟2歳S Jpn3”. uma-furusato.com. 2021年9月14日閲覧。
  16. ^ a b 『優駿』2009年2月号 36-39頁
  17. ^ a b c d 『優駿』2009年2月号 70-73頁
  18. ^ 岩田鮮やかイン強襲! “怪物2世”セイウンワンダー父子2代制覇=朝日杯FS” (日本語). スポーツナビ. 2021年9月14日閲覧。
  19. ^ 売却成績|JRAブリーズアップセール サラブレッド 2歳”. www.jbis.or.jp. 2021年9月14日閲覧。
  20. ^ a b c 【エプソムC】セイウンワンダーが1年7ヵ月ぶりの重賞制覇!!” (日本語). www.keibalab.jp. 2021年9月14日閲覧。
  21. ^ a b 【メイクデビュー】(阪神4R)~ツルマルジャパンが好スタートから逃げ切りV”. keiba.radionikkei.jp. 2021年9月14日閲覧。
  22. ^ セール最高価格馬セイウンワンダーが楽勝” (日本語). netkeiba.com. 2021年9月14日閲覧。
  23. ^ ワンダー大外強襲でV/新潟2歳S”. www.nikkansports.com. 2021年9月14日閲覧。
  24. ^ 新潟2歳Sアラカルト”. 競馬ブック. 2021年9月14日閲覧。
  25. ^ セイウンワンダー、京都・デイリー杯2歳Sへ”. 競馬ブック. 2021年9月14日閲覧。
  26. ^ 朝日杯FS、セイウンワンダーVで父仔制覇” (日本語). netkeiba.com. 2021年9月14日閲覧。
  27. ^ 岩田鮮やかイン強襲! “怪物2世”セイウンワンダー父子2代制覇=朝日杯FS” (日本語). スポーツナビ. 2021年9月14日閲覧。
  28. ^ a b c 『優駿』2009年2月号 92-93頁
  29. ^ a b JRAブリーズアップセール出身馬がJpn1初制覇、Sワンダー”. 競馬ブック. 2021年9月14日閲覧。
  30. ^ 2008年12月21日 朝日杯フューチュリティS Jpn1”. uma-furusato.com. 2021年9月14日閲覧。
  31. ^ セイウンワンダー自厩舎で調整、中山・弥生賞あたりで始動”. 競馬ブック. 2021年9月14日閲覧。
  32. ^ a b JRA賞各賞の選考経過、投票結果”. keiba.radionikkei.jp. 2021年9月14日閲覧。
  33. ^ 08年度JRA賞決定!年度代表馬はウオッカ”. 競馬ブック. 2021年9月14日閲覧。
  34. ^ 【弥生賞】セイウンに暗雲…直線失速8着” (日本語). 競馬予想のウマニティ. 2021年9月15日閲覧。
  35. ^ 3着セイウンワンダー” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年9月15日閲覧。
  36. ^ a b セイウンワンダーは神戸新聞杯で復帰予定”. www.nikkansports.com. 2021年9月15日閲覧。
  37. ^ 【神戸新聞杯】3着セイウン距離にメドついた” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年9月15日閲覧。
  38. ^ 非情になり切れず…ワンダー3着/菊花賞”. www.nikkansports.com. 2021年9月15日閲覧。
  39. ^ 【有馬記念】6着セイウンワンダー” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年9月15日閲覧。
  40. ^ セイウンワンダー安田記念除外も上昇気配/エプソムC” (日本語). netkeiba.com. 2021年9月15日閲覧。
  41. ^ 【エプソムC】セイウンワンダーきっちり先着” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年9月15日閲覧。
  42. ^ セイウンワンダーが勝つ 競馬のエプソムカップ” (日本語). 日本経済新聞 (2010年6月13日). 2021年9月15日閲覧。
  43. ^ 【エプソムC(GIII)】(東京)~セイウンワンダー 人気に応えて復活V”. keiba.radionikkei.jp. 2021年9月15日閲覧。
  44. ^ ワンダー1年半ぶりV/エプソムC”. www.nikkansports.com. 2021年9月15日閲覧。
  45. ^ セイウンワンダーは宝塚記念へ”. www.nikkansports.com. 2021年9月14日閲覧。
  46. ^ 日曜の出走取消(京都11R・馬番発表前)”. keiba.radionikkei.jp. 2021年9月14日閲覧。
  47. ^ a b c セイウンワンダー来月にも帰厩、戦列復帰” (日本語). nikkansports.com. 2021年9月14日閲覧。
  48. ^ a b セイウンワンダーが右前浅屈腱炎再発” (日本語). www.keibalab.jp. 2021年9月14日閲覧。
  49. ^ セイウンワンダー引退 朝日杯FS制す” (日本語). nikkansports.com. 2021年9月14日閲覧。
  50. ^ a b 公益社団法人 日本馬術連盟 《Japan Equestrian Federation》・日本馬術連盟・日馬連・馬術連盟・公益社団法人 日本馬術連盟”. www.equitation-japan.com. 2022年2月15日閲覧。
  51. ^ ノーザンホースパークで春季馬術大会開催 セイウンワンダー、デルタブルースら” (日本語). netkeiba.com. 2021年9月14日閲覧。
  52. ^ セイウンワンダーは障害馬術/特集” (日本語). nikkansports.com. 2021年9月14日閲覧。
  53. ^ a b 『週刊Gallop 2021年12月19日号』サンケイスポーツ、2021年12月14日、風のたより頁。 
  54. ^ セイウンワンダーの競走成績” (日本語). netkeiba.com. 2021年9月14日閲覧。
  55. ^ 競走成績:全競走成績|セイウンワンダー”. www.jbis.or.jp. 2021年9月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 優駿』(日本中央競馬会、2009年)
    • 2009年2月号
      • 軍土門隼夫「【第60回朝日杯フューチュリティS優勝馬】セイウンワンダー インから鮮やかに差して、父仔制覇!」
      • 優駿編集部「【杉本清の競馬談義 285】領家政蔵調教師」
      • 優駿編集部「【重賞プレイバック】第60回朝日杯フューチュリティステークス(JpnI) セイウンワンダー」
    • 2009年3月号
      • 澤村康「【優駿たちの故郷をたずねて】筒井征文牧場 独自の"やり方"で掴んだ大きな勲章」

外部リンク[編集]