パラダイスクリーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パラダイスクリーク
Paradaisukuri-ku.JPG
2006年9月撮影(アロースタッド)
欧字表記 Paradise Creek
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1989年2月3日
死没 2011年4月4日(22歳没)
Irish River
North of Eden
母の父 Northfields
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Mr. & Mrs.Bertram R.Firestone
馬主 Bertram R.Firestone
→西山正行
調教師 William I.Mott(アメリカ
競走成績
生涯成績 25戦14勝
獲得賞金 2,687,514USドル
52,996,000円
テンプレートを表示

パラダイスクリーク (Paradise Creek) はアメリカ合衆国競走馬である。アメリカでG1を4勝し、ジャパンカップにも出走した。馬主は西山牧場西山正行で、引退後は日本種牡馬として供用された。

戦績[編集]

1991年6月と比較的早めにデビューし、初戦で初勝利を挙げた。その後も安定した成績を残し、1992年ハリウッドダービーで初のG1制覇を成し遂げている。

このように早い段階から活躍していたが、本格化したのは5歳となった1994年である。1月のアップルトンハンデキャップ (G3) から6月のマンハッタンハンデキャップ (G1) まで6連勝。次走で敗れ連勝は止まるが、その後アーリントンミリオンステークスワシントンDCインターナショナルと大競走を連勝する。1番人気で臨んだブリーダーズカップ・ターフティッカネンの3着、引退レースとなったジャパンカップでは日本の伏兵・マーベラスクラウンとの激しい叩き合いの末2着に敗れた。この年のエクリプス賞最優秀芝牡馬に選出されている。

年度別競走成績[編集]

種牡馬[編集]

引退後は日本で種牡馬入りし、カネツフルーヴテイエムプリキュアなどを輩出した。産駒は2000メートル以下の距離で活躍する傾向にあるが、それ以外の部分ではかなり幅が広く、早熟の芝マイラーから晩成のダート馬まで様々なタイプの産駒が見られる。2009年シンジケートを解散。2010年8月7日にこれまで繋養されていたアロースタッドから前川義則牧場へ移動した。2011年4月4日に死亡[1]。現役時の馬主の息子である西山茂行が受けた連絡によると、放牧先で立ち上がった際に(種付け中とする記事もある[2])転倒して腰骨を強打し、予後不良になったという[3]。母・ノースオブエデンの死[4]から間もなくの出来事であった。後継種牡馬であるカネツフルーヴの初年度産駒は2008年にデビューをしている。

代表産駒[編集]

母の父としての産駒[編集]

ドラゴンファイヤーシリウスステークス)、ナイキアースワークユニコーンステークス)など、ダートの重賞路線で活躍する馬を輩出している。

血統表[編集]

パラダイスクリーク血統ネヴァーベンド系ナスルーラ系) / Nearco5×5=6.25%) (血統表の出典)
父系

Irish River
1976年 栗毛
父の父
Riverman
1969年 鹿毛
Never Bend Nasrullah
Lalun
River Lady Prince John
Nile Lily
父の母
Irish Star
1960年 鹿毛
Klairon Clarion
Kalmia
Botany Bay East Side
Black Brook

North of Eden
1983年 鹿毛
Northfields
1968 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Little Hut Occupy
Savage Beauty
母の母
*ツリーオブノレッジ
Tree of Knowledge
1977年 鹿毛
Sassafras Sheshoon
Ruta
Sensibility Hail to Reason
Pange F-No.3-h
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注[編集]

  1. ^ パラダイスクリークが死亡
  2. ^ 名種牡馬パラダイスクリークが死亡
  3. ^ さらば、想い出の馬…(西山茂行の個人ブログ)
  4. ^ North Of Eden, 28, Dies
  5. ^ ただし、ターフクラシックステークスは勝利時のグレードが兄はG2、弟はG1の違いがある。

外部リンク[編集]