優駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

優駿』(ゆうしゅん)とは日本中央競馬会 (JRA) の機関広報誌として発行されている競馬情報の専門雑誌月刊誌)である。書店扱いを販売の中心とする機関紙としては日本最大級の売り上げ部数を誇ると言われている。発行元は中央競馬ピーアール・センター1941年5月創刊。

概要[編集]

直近に行われた中央競馬の主要競走の関連特集をカラーグラビアで紹介するほか海外・地方競馬の情報、競馬に関する科学関連項目などを網羅し、それ以外にも読者投稿コーナーなどを掲載している。2005年3月号より内容を大幅にリニューアルし[1]、付録として過去の名馬を取り上げたドキュメンタリー(ナレーター・三原徹司)や前月の重賞競走をノーカット編集した実況映像集(JRAの公式映像とラジオNIKKEI担当の公式音源使用)を収めたDVDソフトが毎号添付されるようになったが、2015年2月号をもって廃止となり、2015年3月号から写真集に変更となった。

かつては競馬関係者向けの機関紙であったため、より専門的な内容が誌面の多くを占めており、競馬・馬畜業界にとっての学術誌的な色彩がより強かった。日本中央競馬会が競馬共助会から発行を引き継いだ1964年1月号以降、編集部の意向もあって寺山修司らの著名な作家や競馬新聞の関係者などにより執筆された記事が増加し広報誌情報誌としての色彩が強くなり[2]、競馬の大衆化の一翼を担う存在となった。読者アンケートを参考に[3]誌面を刷新した1982年3月号以降は、さらに進んでより一般読者向けの記事が多くを占める編集スタイルへと変遷していった[4]。ただし現在でもウマ類にまつわる獣医学や動物解剖学、競走馬育成技術の最新情報をその道の専門家が解説するものなど、馬券情報や競馬ロマンの読物が中核をなす一般的な競馬雑誌や競馬ライターでは到底扱いきれない様な高度な専門性と知見に基づいた内容の記事が掲載されることは珍しいものではなく、学術誌的な要素を内含している一面は健在である。

歴史[編集]

優駿は日本中央競馬会の前身にあたる日本競馬会の機関誌として、雑誌『家の光』の編集者であった鍵山博史を編集長に迎えて1941年5月に創刊された雑誌である。創刊当時は戦時下につき雑誌の新創刊が規制されており[5]、このため鍵山が取り扱っていた雑誌『競馬資料』、および買収した数誌を統合するという形で優駿が誕生している。「優駿」という誌名は『競馬資料』における公募で決定したもので、日本ダービーこと東京優駿から名を取ったものである[6]。創刊当時の定価は30銭であった。

創刊号には菊池寛高村光太郎らによる競馬に関した随筆のほか、当時の時勢から軍事関係の記事も掲載されていた。特に軍事関連はその後の太平洋戦争に突入するに従って増えていくことになる。1941年12月号ではセントライト京都農林省賞典四歳呼馬優勝を報じており、その記事中で「三栄冠馬」という表現で日本競馬初の三冠達成を伝えている[7][8]

戦時下の競馬開催休止に伴い、優駿も1945年1・2月合併号をもって休刊したが、終戦後の1946年3月号で復刊を果たしている。翌年1947年に日本競馬会がGHQにより解散させられると、優駿は競馬共助会に移されて発行が続けられたが、共助会時代は予算の不足などから地味な内容に留まっていた。

1963年に発行元が日本中央競馬会に移され、編集長として新たに雑誌『競馬週報』(啓衆社)の編集者であった宇佐美恒雄を迎えている。宇佐美が編集長をしていた時代は出身誌からの影響を強く受け、牧場や厩舎へのルポ報告やインタビュー、作家陣による随筆や評論などが多く掲載されるようになった。これによって、それまで競馬・畜産関係者へ向けた機関誌でしかなかった優駿は、この頃に競馬ファンを対象とした雑誌へと変化した。また出身であった啓衆社が身売りすることになった時には、当時『競馬週報』で行われていた年度代表馬の選考の役目を引き取っており、後のJRA賞の前身としている[9]

1981年に宇佐美が亡くなると、同誌の編集者であった福田喜久男が編集長に就任した。福田は当時フリーの編集者であった和田久を編集実務の責任者に据える体制を敷き、「女性が手にできる雑誌」をコンセプトに写真・イラストなどを増やしていった。この新誌面は、発行部数は飛躍的に伸びる成功を収めていた[10]。1981年9月号より、発行元が中央競馬ピーアール・センターに移っており、現在も同所より発行されている。

発売日[編集]

毎月25日ごろに全国のJRA競馬場ウインズ、および全国主要書店などで発売。号数の月次は発売翌月で表示する(3月発売分が4月号)。ただし6月号は東京優駿(日本ダービー)、1月号は有馬記念の特集を掲載するため1週間程度早く発売する。2月号も1990年代ごろまでは1週間程度遅れて発売していた(現在は不明)。

一時期、ラジオたんぱが発行していた競馬雑誌『馬劇場』(現在は休刊)が発売日を当誌と同じ日に設定していたことから買い間違えてしまう競馬初心者が少なくなかったという。

コンクール・コンテスト[編集]

優駿エッセイ賞[編集]

1983年から「優駿エッセイ賞」が開催されている。これまでの主な受賞者に吉永みち子青木るえか河村清明小林常浩らがおり競馬ライター登龍門的な存在として認知されている。

「エッセイ賞」開催以前の1968年1972年にも懸賞論文・随筆の公募が行われている(同年12月号にて結果発表)。1968年は「わたしと競馬」のテーマで寺山修司・山口瞳・与謝野秀による選考の結果、西野ひろよしと萱谷基之の2名が一等賞を受賞した。

その他のコンクール・コンテスト[編集]

以前は「優駿フォト・コンテスト」も開催されていたが、現在は休止している。1986年から1988年にかけては「優駿マンガ・グランプリ」を開催したこともある。

増刊号[編集]

  • 中央競馬の前年度の成績や記録、主要競走の写真などを収めたダイジェスト本が2009年まで[11]発行されていた。最初はハードカバーで『蹄跡』の名称だった。のちに雑誌形態となり『グラフ優駿』と改題し、さらに『TURF HERO』(ターフヒーロー)へと改題されたが、馬主や公共機関への配布用に「グラフ優駿」名義の同内容の冊子も引き続き製作された(こちらは配布用なので定価が入っていない)。
  • 上記とは別に1991年に『優駿』創刊50周年を記念して『TURF』という名の増刊号が発行された。

おもなコーナー[編集]

現在掲載中のもの[編集]

  • 杉本清の競馬談義(終了した下記の対談企画の後継として掲載。1985年3月号から)
  • P.S.元気です(地方競馬に移籍した馬の近況を報告するコーナー)
  • ケイバ村から…(山田きみおによる4コマ漫画。1985年3月号から)
  • ウマのハナムケ→うましか!-ウマのハナムケ 奈良編-→うまカモ!-ウマのハナムケ 京都編- ウマハナ厩舎(2014年5月号からタイトル変更、2016年5月号から再度タイトルを変更)
  • まれに天使のいる場所(草薙渉によるエッセイ)
  • 日々是反省!井崎脩五郎の競馬てれすこ日記

以下は、読者からの投稿によるコーナーである。

  • アトリエゆうしゅん(イラストの投稿)
  • リーダーズEYE(写真の投稿)
  • ダジャレの教室
  • クイズ
  • ファンのキモチ実況中継
  • 馬名 命名選手権
  • 馬名の由来、尋ねます
  • 優駿俳壇(入船亭扇橋 選)
  • 川柳ステークス(立川末広 選)

終了したもの[編集]

  • 文化人のホストによる対談企画があり、大橋巨泉(「巨泉対談」)、水の江滝子(「ターキーのべらんめい対談」)、石川喬司(「馬家先生のパカパカ問答」)らがホストを務めた。
  • ごあいきょダッフィー(ノグチアキラによる漫画)
  • ダッフィーのイラスト塾
  • 週末だけの恋人(高橋直子、阿木絢子)
  • 競馬マスコミ用語辞典(山河拓也
  • マジカル競馬者ツアー(山河拓也)
  • やぶにらみエッセイ(井崎脩五郎。後期は片山まさゆきがイラストを担当した)
  • 猫万馬(ねこまんま)優駿日記(柳瀬尚紀)→馬名プロファイラーの日記帳(柳瀬尚紀)
  • ムツゴロウの馬を訪ねて地球一周(畑正憲

発行部数[編集]

その他[編集]

JRAに馬主登録のある馬主には無料で毎月24日に郵送されていたが、中央競馬の売り上げ減につき現在は無料での郵送を止めている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 判型もA4変型判(215×285。1994年1月号から)からA4正寸判に変更
  2. ^ 判型もB5判から正方形判(150×150)に変更している。これは表紙に種牡馬の立ち写真を使うための変更であった。後の1972年にAB版に変更。
  3. ^ 『優駿』1981年12月号、p.86
  4. ^ 同時に中綴じから無線綴じに変更
  5. ^ 雑誌に使うパルプの輸入量が乏しくなっていたため、言論統制も含めて特別高等警察によって厳しく規制されていた。
  6. ^ 『優駿』2010年8月号、p.54
  7. ^ 『優駿』2010年8月号、p.55
  8. ^ ただし、当時はまだ三冠の概念は薄かったとされている。
  9. ^ 『優駿』2010年8月号、p.57
  10. ^ 『優駿』2010年8月号、pp.58-59
  11. ^ 「『優駿』3月号増刊ターフヒーロー」休刊のお知らせ(優駿 Official web Site)
  12. ^ 元編集長の渡辺浜夫による。5000部が書店に出回り、1600部が馬主や競馬関係者に配布されたという(「<座談会>優駿三〇〇号に想う」『優駿』1968年12月号、p.54)
  13. ^ a b 『優駿』1976年8月号、p.59
  14. ^ a b 『優駿』1971年11月号、p.88
  15. ^ 大橋巨泉『競馬解体新書・上巻』(ミデアム出版社、1989年ISBN 978-4944001132)、p.159

関連項目[編集]

外部リンク[編集]