ラルフ鈴木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木崇司から転送)
移動先: 案内検索
ラルフすずき
ラルフ鈴木
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都杉並区
生年月日 (1974-04-25) 1974年4月25日(43歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学法学部政治学科アメリカ政治専攻
勤務局 日本テレビ放送網
部署 編成局アナウンスセンターアナウンス部
活動期間 1998年 -
ジャンル スポーツ中継など
公式サイト ラルフ鈴木
出演番組・活動
現在 NEWS ZERO
しゃべくり007
過去 スポーツうるぐす
とんねるずの生でダラダラいかせて!!
全国高等学校クイズ選手権

ラルフ鈴木(ラルフすずき、1974年4月25日 - )は、日本テレビの男性アナウンサー。以前は、鈴木 崇司(すずき たかし)名義で活動していた。

来歴[編集]

東京都杉並区出身。父親は日本人で母親はオーストリア人ドイツ系)。

慶應義塾大学法学部政治学科アメリカ政治専攻卒業。5級小型船舶操縦士・日本職業スキー教師協会(SIA)教師・英語検定準1級・ドイツ語検定2級所持。1998年、アナウンサーとして日テレに入社。同期には町田浩徳延友陽子柴田倫世がいる。

私生活では2008年に外資系航空会社の客室乗務員と結婚している[1]。双子の子供がいる。

人物[編集]

クリスチャンネームが「ラルフ」であり、ハーフらしい風貌から、「鈴木崇司」より「ラルフ」の方がぴったりということで「ラルフと呼ばれるようになった」とのこと[2]。本人は「日本テレビの顔面熱帯雨林」と呼んでいる[3]。また『高校生クイズ』(第29回の中国大会)でゲストの有吉弘行からは「ゲイのハーフ」というあだ名を付けられて本人はタジタジだった[4]

大のサッカー好き。週2回はフルコートでサッカーをしている。川崎フロンターレによる東日本大震災のチャリティー企画「Mind-1ニッポンプロジェクト」のチャリティーマッチ(4月24日開催)で「Mind-1ニッポン芸能人ドリームチーム」のメンバーとして参加した[5]

電動カミソリにかなり関心がある。本人のプロフィールの「最近、関心があること」の欄には「電動カミソリの更なる進化」と書いている。本人の話では「髭を十分剃ったかと思えば反対側がそれていないほど髭そりに格闘している」とコメントしている[6][7]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ ラルフ鈴木プロフィール
  3. ^ 日テレ携帯サイトの着ボイスでは「日本テレビの顔面熱帯雨林のラルフ鈴木です」とダウンロードができる。
  4. ^ [2]
  5. ^ お知らせ:KAWASAKI FRONTALE:4/23 仙台「Mind-1ニッポンプロジェクト復興支援イベント」開催のお知らせ
  6. ^ [3]
  7. ^ [4] 未来創造堂の141回HPに記述あり

外部リンク[編集]