井田由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いだ ゆみ
井田 由美
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 福岡県北九州市
生年月日 (1957-09-19) 1957年9月19日(61歳)
血液型 O型
最終学歴 慶應義塾大学法学部
勤務局 日本テレビ放送網
部署 編成局アナウンスセンターアナウンス部専門部長[1]
職歴 編成局アナウンス部次長[2]
報道局解説委員・キャスター担当部長[3]
編成局アナウンスセンターアナウンス部副部長[4]
活動期間 1980年 - 2004年2012年 -
(アナウンサーとして)
ジャンル 報道・情報
配偶者 独身
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
現在皇室日記
過去ルンルンあさ6生情報
NNNライブオンネットワーク
NNNきょうの出来事』など

井田 由美(いだ ゆみ、1957年9月19日 - )は、日本テレビ編成局アナウンスセンターアナウンス専門部長。福岡県北九州市生まれ。血液型O型。

略歴[編集]

福岡県北九州市で生まれ、東京都港区大阪府枚方市で育つ。

大阪府立四條畷高等学校慶應義塾大学法学部卒業。大学在学中は俳優を志し、演劇集団 円(円・演劇研究所)に研究生として在籍。石田純一は同期だった[5]。俳優の道は諦めたものの演技経験が面接で評価され、日本テレビの採用試験に合格。大学卒業後の1980年にアナウンサーとして入社。

若手時代は日本テレビの元祖アイドルアナウンサーとして3年後輩の木村優子(現:日テレ学院)と共に人気を博した。また、ほぼ一貫して報道・情報番組を担当し、特に『きょうの出来事』や『報道特捜プロジェクト』では10年以上の長きに渡りキャスターを務めた。自身は軟派な番組の担当も希望していたが、機会に恵まれず、後に「バラエティー番組に関わらなかったのではなく、バラエティーを仕切る素質と技量がなかったのである」とブログで振り返っている[6]

その後、2004年に報道局解説委員となり第一線を退くが、2012年にアナウンス部へ復帰。2013年6月に編成局アナウンスセンターアナウンス部専門部長に就任。現在は各種司会やナレーション業務の傍ら、記者やキャスターの研修なども担当している。

2017年9月に定年を迎えたが、そのまま日本テレビに在籍してアナウンサー業務を継続し[7]、アナウンス部では最年長・最長キャリアのアナウンサーとなっている。

アナウンサー論[編集]

  • 長く『美の世界』を担当したことを踏まえ、アナウンサーは画を引き立てる額縁のような存在であるとしている。
  • 賛否両論あるアナウンサーのタレント化については肯定的な立場を取っており、「夢の世界に生きるタレントと視聴者との間を橋渡しするのもアナウンサーの役目であり、番組でのタレント然とした振る舞いは"テレビを見ている人に、臨場感のある楽しさを届けたい"という思いからである」との考えを示した[6]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

映画[編集]

  • 模倣犯(2002年) - アナウンサー 役

脚注[編集]

  1. ^ 2013年6月 -
  2. ^ 2003年4月 - 2004年6月27日
  3. ^ 2004年6月28日 - 2012年5月
  4. ^ 2012年6月 - 2013年4月
  5. ^ “日テレの“レジェンド”井田由美アナが「演技も薄味なんじゃない」という同期俳優とは”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年4月19日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170419-OHT1T50200.html 2017年12月29日閲覧。 
  6. ^ a b 日テレ井田アナ、若い女子アナのタレント化に苦言? 日刊スポーツ 2017年2月7日20時27分
  7. ^ 10月12日 井田 由美 - 日本テレビ公式ブログ
  8. ^ 以後の日テレの『女性アナウンサー単独キャスターによる生情報番組』路線を確立し、後輩アナの活躍の場を広げる橋頭堡を築くこととなる。
  9. ^ 民放初の帯の女性アンカー。
  10. ^ 同じ日テレの後輩・水卜麻美尾崎里紗と出演。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]