小栗泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小栗 泉
(おぐり いずみ)
生誕小林 泉
(1964-08-27) 1964年8月27日(58歳)
日本の旗 日本 東京都
国籍日本の旗 日本
教育青山学院大学文学部英米文学科
職業報道局政治部記者
活動期間1988 – 現在
肩書き専門局長兼解説委員
配偶者小栗康之
家族父:小林恭治
兄:小林恵介

小栗 泉(おぐり いずみ、1964年8月27日 - )は、東京都出身の日本テレビ報道局専門局長・解説委員[1]ニュースキャスター。旧姓は小林。声優小林恭治を父に、広告写真家の小林恵介を兄に、東京新聞政治部記者の小栗康之を夫に持つ。

来歴[編集]

立教女学院小中・高青山学院大学文学部英米文学科卒業後、1988年に日本テレビに入社。同期入社にアナウンサーの関谷亜矢子永井美奈子福澤朗村山喜彦、プロデューサーの村上和彦がいた。

入社後から報道局一筋で、社会部政治部自民党担当)を経て、『NNNニュースダッシュ』や『NNNきょうの出来事』など様々なニュース番組のキャスターを歴任した。

40歳以降のキャリアを考え、2007年8月に一旦退社し[2]、その後フルブライト奨学生として留学しジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院ライシャワー東アジア研究所客員研究員・上級研究員を務める。その後、帰国前に日本テレビの再雇用制度が出来たため、第一号として復職[3]2011年より政治部デスクに異動した。

2017年5月31日までは政治部担当副部長兼解説委員を務め[4]、2017年6月1日から2020年9月30日までは報道局担当局次長兼政治部長を務め、2020年10月1日付で報道局専門局次長、2022年6月1日付で現職。2022年7月25日付で内閣府土地等利用状況審議会委員[5]

実績[編集]

主な取材[編集]

【報道局社会部記者】時代 『遊軍』にて

宮内庁』にて

厚生省(現、厚生労働省)、環境庁(現、環境省)クラブ』にて

選挙本部』にて

【報道局政治部記者】時代 『平河(自民党)、旧さきがけ、首相官邸を担当。』

  • 細川連立内閣誕生、羽田内閣誕生、村山政権発足、YKKの取材。

出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

不定期[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日米フルブライト交流プログラム60周年記念公開シンポジウム「あしたを拓く」
  2. ^ 「選挙報道 - メディアが支持政党を明らかにする日」(中公新書ラクレ)のプロフィール欄より。
  3. ^ 世界で活躍するあの人に学ぶ 有名人の英語ライフ
  4. ^ 小栗泉 キャスター紹介 news every.
  5. ^ 官報令和4年本紙第787号 9頁