佐藤義朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとう よしあき
佐藤 義朗
プロフィール
出身地 日本の旗 日本東京都文京区
生年月日 (1985-11-11) 1985年11月11日(36歳)
血液型 B型
最終学歴 慶應義塾大学商学部卒業
勤務局 日本テレビ放送網
部署 編成局アナウンスセンターアナウンス部
活動期間 2008年〜
ジャンル スポーツ
公式サイト 日テレ・アナウンスルーム
出演番組・活動
出演中ZIP!
出演経歴news every.
シューイチ
NNN Newsリアルタイム

佐藤 義朗(さとう よしあき[1] - 1985年(昭和60年)11月11日 - )は、日本テレビ放送網男性アナウンサー

略歴[編集]

東京都文京区出身。身長178cm。血液型B型

慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学商学部を卒業。

趣味は、スキー、スポーツ全般、休日の買い物、2年に1度神田祭神輿を担ぐこと。[2][3]

実家はアウトドア用品店の老舗『ニッピン』を経営している。

慶應義塾幼稚舎時代はサッカー、同普通部時代はラグビー、同高等学校時代はスキー部に所属。アルペンスキーは、インターハイ、インカレ、チャレカツ、スプリング、岩手高原、国民体育大会に出場したほどの腕前。カナダやスイスなど数々の国へスキー遠征を経験している。また、全日本スキー検定1級を所持している。

高校3年時、大学4年時には主将としてチームを率い、言葉でチームを鼓舞するそのスタイルから、入局前からポエマーの片鱗をそこにのぞかせていた。 しかしながら2019年3月のイチローの引退試合では、セレモニーにおいて敢えてナレーションを避け、球場の雰囲気をダイレクトに伝えると言う形を取った。 この事は“沈黙の4分間”と呼ばれる名実況としてネットメディアを中心に賞賛を集めるなど、「黙れるポエマー」としての評価を欲しいままにしている。

2020年の日本シリーズ巨人ソフトバンク第2戦(2020年11月22日)で自身初となる日本シリーズ実況を担当している[4]2020年東京オリンピックではレスリングで女子フリースタイル58kg級の川井梨紗子の金メダル獲得の瞬間を伝えた。

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ #外部リンクの「日テレ・佐藤義朗プロフィール」で、名前の「義朗」は「よしろう」ではなく「よしあき」と読むと強調されている。
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ ただし、地上波での全国中継デビューは2019年6月21日のセ・パ交流戦・巨人対ソフトバンク戦である。
  5. ^ 2020年4月13日以降は月・水・金曜日担当
  6. ^ 日テレNEWS24(CS)制作。
  7. ^ 佐藤義朗 日テレアナウンスルーム アナウンサー出演番組情報
  8. ^ 日本テレビ公式 Web ページの『シューイチ』2013年4月7日放送分番組表 2013年4月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
右松健太
NNN Newsリアルタイム男性スポーツ司会者
3代目
次代:
番組終了