真山勇一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
真山勇一
まやま ゆういち
生年月日 (1944-01-08) 1944年1月8日(73歳)
出生地 東京都墨田区
出身校 東京教育大学文学部
前職 放送局社員(日本テレビ報道キャスター)
現職 参議院議員
所属政党 自由民主党→)
みんなの党→)
結いの党→)
維新の党→)
無所属民進党新緑風会)→)
民進党(江田グループ
公式サイト 真山 勇一

選挙区 比例区→)
神奈川県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月14日 - 2016年6月21日
2016年7月26日 - 現職

Flag of Chofu, Tokyo.svg 調布市議会議員
当選回数 1回
在任期間 2007年4月 - 2010年
テンプレートを表示

真山 勇一(まやま ゆういち、1944年1月8日 - )は、日本政治家、元ニュースキャスター民進党所属の参議院議員(2期)。元調布市市議会議員。元日本テレビ報道キャスター・報道局解説委員長。

東京都墨田区出身。血液型B型

キャスター時代の所属事務所は、エクステンション

来歴・人物[編集]

政策[編集]

  • 共同親権の導入を推進している[3][4][5]
  • 選択的夫婦別姓制度導入について、自民党に所属していた2010年の時点で読売新聞のアンケートに対し、反対と回答していた[6]。一方、2014年11月11日、日本弁護士連合会などが開催する選択的夫婦別姓を求める院内集会に秘書が参加している[7]。2014年のアンケートでは「どちらともいえない」としている[8]。2016年の朝日新聞のアンケートでは、「賛成」とした[9]
  • 婚外子の相続における差別の撤廃に賛同している[10]。婚外子の戸籍上の記載についても撤廃するべき、としている[11]
  • 特定秘密保護法案に反対。2013年12月参議院本会議における修正案採決では棄権の党方針に反し、川田龍平寺田典城とともに本会議に出席した上で反対票を投じた。

担当番組[編集]

過去[編集]

ゲスト出演[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 参院、5氏繰り上げ当選 衆院くら替え立候補受け 朝日新聞 2012年12月13日
  2. ^ 真山勇一氏が辞職 民進党公認で出馬へ 産経新聞 2016年7月11日
  3. ^ 第186回国会質問主意書、質問第九八号「別居親に対する学校現場等の対応に関する質問主意書」
  4. ^ 「真山勇一参議院議員:別居親に対する学校現場等の対応に関する質問主意書」共同親権ニュース、2014年6月11日
  5. ^ kネット・メールニュース、No.119、2013年5月13日
  6. ^ 読売新聞2010年参院選 各党候補者アンケート
  7. ^ 選択的夫婦別姓実現キャンペーン キックオフ!院内集会、2014年11月11日
  8. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  9. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧)
  10. ^ 参議院法務委員会 2013年11月28日
  11. ^ 参議院法務委員会2013年12月3日
  12. ^ 杉尾・TBSテレビJNNニュースの森』、蓮舫・テレビ朝日ステーションEYE

外部リンク[編集]

先代:
井田由美が単独)
平日夕方のNNNニュース
男性メインキャスター
1987年1988年
NNNライブオンネットワーク
次代:
徳光和夫
※「NNNニュースプラス1