金子洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
金子 洋一
かねこ よういち
Yoichi Kaneko.jpg
2010年7月10日、川崎駅前にて
生年月日 1962年6月28日(54歳)
出生地 神奈川県横浜市南区
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員(内閣府)
所属政党 民主党民社協会)→)
民進党
親族 父・金子駿介(元神奈川県議会議員
公式サイト 公式サイト

選挙区 神奈川県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2009年10月27日 - 2016年7月25日
テンプレートを表示

金子 洋一(かねこ よういち、1962年6月28日 - )は、日本経企官僚政治家民進党所属の前参議院議員(2期)、民主党神奈川県連代表、中央大学大学院公共政策研究科客員教授

参議院国土交通委員長内閣府大臣官房総務課総括課長補佐青山学院大学大学院国際マネジメント研究科兼任講師などを歴任した。

概要[編集]

東京大学経済学部を卒業し、経済企画庁に入庁した[1]経済協力開発機構などへの出向を経て、内閣府大臣官房総務課総括課長補佐を最後に退官した[1]青山学院大学大学院国際マネジメント研究科の兼任講師などを経て、2009年の参議院議員補欠選挙にて初当選を果たす[1]2010年第22回参議院議員通常選挙にて2選[1]。当選後は、参議院国土交通委員長などを務めた[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

横浜市南区出身。父は元松竹大船撮影所労働組合委員長で、右派社会党日本社会党民社党に所属した神奈川県議会議員(鎌倉市選挙区)・金子駿介[2]聖光学院中学校・高等学校を卒業[1]早稲田大学政治経済学部政治学科に入学した[1]ものの中退し、東京大学経済学部経済学科に入学。その後卒業[1]

官僚として[編集]

国家公務員I種試験経済職)に合格し、1989年経済企画庁(現・内閣府国民生活局)に入庁。人事院長期在外研究員[1]関東学院大学経済学部非常勤講師[1]、OECD(経済協力開発機構)エコノミスト[1]を務める。2003年9月、内閣府大臣官房総務課総括課長補佐を退職[1]

政治家として[編集]

三重5区から2003年の第43回衆議院議員総選挙2005年第44回衆議院議員総選挙に出馬したが、いずれも落選。2009年みんなの党より第45回衆議院議員総選挙に出馬した浅尾慶一郎の自動失職に伴う参議院神奈川県選挙区補欠選挙に民主党公認で出馬し、初当選。2010年第22回参議院議員通常選挙で再選。2016年より参議院国土交通委員長を務めた[1]

2016年7月の第24回参議院議員通常選挙では民進党公認で神奈川県選挙区から出馬するも、6位の得票数に終わり落選[3]

政治的主張[編集]

所属議員連盟[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

議会
先代:
広田一
日本の旗 参議院国土交通委員長
2016年
次代:
増子輝彦