金子洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金子 洋一
かねこ よういち
Yoichi Kaneko.jpg
2010年7月10日、川崎駅前にて
生年月日 (1962-06-28) 1962年6月28日(57歳)
出生地 神奈川県横浜市南区
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員(内閣府)
所属政党民主党→)
民進党民社協会国軸の会→)
無所属
親族 父・金子駿介(元神奈川県議会議員
公式サイト 公式サイト

選挙区 神奈川県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2009年10月27日 - 2016年7月25日
テンプレートを表示

金子 洋一(かねこ よういち、1962年6月28日 - )は、日本経企官僚政治家。前参議院議員(2期)、中央大学大学院公共政策研究科客員教授

参議院国土交通委員長内閣府大臣官房総務課総括課長補佐、民主党神奈川県連代表[1]青山学院大学大学院国際マネジメント研究科兼任講師などを歴任した。

概要[編集]

東京大学経済学部を卒業し、経済企画庁に入庁した[2]経済協力開発機構などへの出向を経て、内閣府大臣官房総務課総括課長補佐を最後に退官した[2]青山学院大学大学院国際マネジメント研究科の兼任講師などを経て、2009年の参議院議員補欠選挙にて初当選を果たす[2]2010年第22回参議院議員通常選挙にて2選[2]。当選後は、参議院国土交通委員長などを務めた[2]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

横浜市南区出身。父は元松竹大船撮影所労働組合委員長で、右派社会党日本社会党民社党に所属した神奈川県議会議員鎌倉市選挙区)・金子駿介[3]聖光学院中学校・高等学校を卒業[2]早稲田大学政治経済学部政治学科に入学した[2]ものの中退し、東京大学経済学部経済学科に入学。その後卒業[2]

官僚として[編集]

国家公務員I種試験経済職)に合格し、1989年経済企画庁(現・内閣府国民生活局)に入庁。人事院長期在外研究員[2]関東学院大学経済学部非常勤講師[2]、OECD(経済協力開発機構)エコノミスト[2]を務める。2003年9月、内閣府大臣官房総務課総括課長補佐を退職[2]

政治家として[編集]

三重5区から2003年の第43回衆議院議員総選挙2005年第44回衆議院議員総選挙に出馬したが、いずれも落選。2009年みんなの党より第45回衆議院議員総選挙に出馬した浅尾慶一郎の自動失職に伴う参議院神奈川県選挙区補欠選挙に民主党公認で出馬し、初当選。2010年第22回参議院議員通常選挙で再選。2016年より参議院国土交通委員長を務めた[2]

2016年7月の第24回参議院議員通常選挙では民進党公認で神奈川県選挙区から出馬するも、6位の得票数に終わり落選[4]

政治的主張[編集]

所属議員連盟[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 民主党神奈川県総支部連合会 政治資金収支報告書(平成25年分定期公表) (PDF)”. 政治資金センター. 2019年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 参議院議員かねこ洋一 オフィシャルウェブサイト プロフィール
  3. ^ 「日本経済復活のシナリオ」(青林堂)
  4. ^ 民進党の当選挙区での当選者は維新の党出身で比例区から鞍替えした真山勇一
  5. ^ “前原氏ら集団的自衛権を限定容認…海江田おろし”. 読売新聞. (2014年6月5日). http://archive.fo/VyuB8 2014年6月8日閲覧。 
  6. ^ 2016年4月13日に逗子市民交流センターで開かれたUNITE 三浦半島主催の意見交換会における中村隆一質問に対する金子洋一の回答
  7. ^ かねこ洋一 外国人参政権について
  8. ^ 毎日jp(毎日新聞)
  9. ^ 金子洋一「エコノミスト・ブログ」2010年2月21日[リンク切れ]
  10. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧)
  11. ^ 日本軍「慰安婦」 強制を否定/安倍首相が賛同/米紙に意見広告 4閣僚も/国内外の批判は必至/昨年11月 しんぶん赤旗 2013年1月6日
  12. ^ 公式ブログ2009年9月14日 キャッチフレーズに「まず、デフレをとめよ」
  13. ^ 本会議投票結果参議院ホームページ
  14. ^ 金子洋一・前参議院議員(民進党神奈川)Twitter 2012年8月10日
  15. ^ 「民族排撃デモ」、国会内で抗議集会 政治が動き始めた(BLOGOS)
  16. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  17. ^ 本人ツイート

外部リンク[編集]

議会
先代:
広田一
日本の旗 参議院国土交通委員長
2016年
次代:
増子輝彦