ザ・ワイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザ・ワイド
THE ワイド / THE WIDE
ジャンル ワイドショー番組
放送時間 平日13:55 - 15:50(115分)
放送期間 1993年4月5日 - 2007年9月28日(3655回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ読売テレビ
→読売テレビ・日本テレビ
プロデューサー 斎藤三朗(CP、初期)ほか
出演者 草野仁
飯星景子
勝恵子
森富美
ほか、出演者を参照
オープニング 歴代オープニングテーマを参照
エンディング 主題歌を参照
外部リンク 日本テレビ公式サイト
テンプレートを表示

ザ・ワイド(英称:THE WIDE)は、日本テレビ系列で、1993年4月5日から2007年9月28日(3655回)(後述)まで放送されたワイドショー番組。2003年度までは日本テレビ読売テレビの共同制作番組であったが、2004年度以降は読売テレビ・日本テレビの共同制作番組。生放送ハイビジョン制作(地上デジタル放送のみ)。

番組開始当初からロゴやテロップなどでのタイトルの表記は「THE ワイド」、スタジオのセットの中の司会者席の後方にあるタイトルの表記は「THE WIDE」、番組表のタイトル表記は「ザ・ワイド」となっている。

概要[編集]

放送時間は - 金曜日の13:55[1](番組本編は13:57スタート) - 15:50(JST)で、港区東新橋(汐留)にある日本テレビ社屋「日テレタワー」のS4スタジオから放送していた[2]。また、前座番組『午後は○○おもいッきりテレビ』終了後の13:53.45から15秒間の生放送予告(ジャンクション)を行っていた。

また、1996年8月から2000年9月まではCS★日テレでも放送され、地上波での非ネット地域でも視聴可能だった(CS★日テレでは芸能ニュースなど一部コーナーを権利の問題などでフィラーに差し替えられていた)。

番組開始当初は、それまで14時台が読売テレビ制作(『2時のワイドショー』→『Beアップル2時!』)、15時台が日本テレビ制作(『午後は○○おもいッきりテレビ』『うわさのスタジオ』『キャッチ』『ごくらく生テレビ』など)のワイドショーを編成していたことがあり、ワイドショーではあまり前例のない東京の日本テレビと大阪の読売テレビスタジオをリレーでつなぐ形態(オープニング、14:00台前半・日本テレビ→14:00台後半・ytv→15:00台前半・日本テレビ→15:00台後半・読売テレビ→エンディング・両局のスタジオ内のリレー)を取っており、生放送の予告の際にもリレー形態時は東京からの内容の次に大阪からの内容を伝え、放送形態を番組のウリにもしていた(「なんでやねん」のコーナー)。

大阪発のコーナーは『Beアップル2時』から引き続き円広志が司会を務めた(金曜日を除く)。14時台は田中康夫司会の金曜版『Beアップル2時』のカラーを引き継いだ「ニュース関西焼き」「なんでやねん」のような時事ネタの討論形式が中心だったが、15時台は前番組の『2時のワイドショー』の人気企画が徐々に復活しつつあった末期の月 - 木曜版『Beアップル2時』の内容を引き継ぐもので、ミヤコ蝶々神田川俊郎など、『2時のワイドショー』でおなじみのメンバーが続々登場した。田中康夫が続投しなかった金曜版にいたっては、『2時のワイドショー』の末期の司会者である羽川英樹が再登板している。

1995年に入ると1月17日阪神・淡路大震災、さらに同年3月20日オウム真理教による地下鉄サリン事件など重大ニュースが急増した時期を境に読売テレビからの放送時間枠が休止されてしまい、その後全編が日本テレビ本社のスタジオ(麹町→汐留)からの放送となり、番組終了に至るまでこのスタイルで放送された。ただし、関西関連のニュースや芸能情報を取り上げる場合、リポーターが取材先に居る都合で時折読売テレビのスタジオが使われる場合があった。

本番組は、それまで芸能ニュース中心のワイドショーのあり方を、事件はもとより政治問題や社会問題までも積極的に取り上げ、現在のニュース性に比重を置いたワイドショーへと導いた番組でもある。特に1995年頃から2005年9月までに見られた各局の午後のワイドショー戦争において、当該時間帯1位の視聴率を保持していた。

関東広域圏内からの中継に限り、ほとんどがIP回線によるIP中継方式を取っていた(重大時を除く)。これはワイドショー番組ということから画質性よりも情報の多様性が問われるためである。地方局が中継する際にハイビジョン中継車で行っている場合はハイビジョンで中継することもあるが、画質は高精細のままである。ただし、晩年期はハイビジョン中継でも4:3の標準画質にカットされる場合もあった。 年内の放送は通常12月28日仕事納めの頃で終了していた。また、新年は通常1月4日に12:00からの4時間に拡大した新春スペシャルを放送していたが、2007年の同日は『おもいッきりテレビ』が(録画だが)通常放送されたため通常の13:55からの放送となった。その後、5日8日全国高等学校サッカー選手権大会の中継で休止していた(それ以前にも1月上旬に同番組のため休止となった時期があった)。

本番組は『おもいッきりテレビ』とともに2007年9月28日を以って終了した。番組開始から14年半、全3655回の放送だった。当該時間帯の視聴率1位こそ守っていたが、読売テレビが本番組の制作から完全撤退することを日本テレビ側に伝えたため、同局単独で制作費を賄うことが困難になることが最大の理由だという[3]
後番組として、読売テレビは自社単独制作の『情報ライブ ミヤネ屋』を枠移動させ、日本テレビとテレビ信州以外の系列局で『ミヤネ屋』のネット受けを開始。3か月後の2008年1月にはテレビ信州で、半年後には日本テレビでも開始となった。『ミヤネ屋』では共同制作の形はとらず、あくまで読売テレビの単独制作番組であり、日本テレビは「制作協力」である。

謝罪など[編集]

  • 2001年4月3日事件。「森喜朗総理大臣(当時)が辞任しないのは、任期を延ばすことで退職金を多くもらうためだ」という週刊誌記事を番組で紹介し、記事を書いた税理士にインタビューを入れた映像を放送した。この時、「総理大臣の退職金は1年以上務めないと支給されないから、総理就任1周年にあたる4月5日まで辞めないのではないか」と報じたが、実際は退職金は在職6ヶ月以上でも支給されるので、退職金算定の仕組みについても誤認があった。番組は自民党内部などから強い抗議を受け、翌日の放送で謝罪した。
  • 2004年12月奈良県内で発生した少女誘拐事件の犯人に対して、市川森一が「犯人に言いたいのは今度やったら絶対捕まるぞ、と。捕まりたくなかったら絶対にやるな」という発言をし、1時間程してから謝罪が入った。草野が「先程誤解を与えるような表現がありまして…」と言い、市川は「もちろん犯人が捕まって欲しいのは当たり前ですが、もう2度と罪を犯して欲しくないと思い、あんな表現をしてしまいました」と釈明した。この件で視聴者からは市川の行動を称える声もあった反面、元々犯罪被害者やその遺族を逆撫でする発言も多々あったので「市川の売名行為」という批判もあった。

出演者[編集]

司会・ニュースコーナー・コーナー担当[編集]

「ザ・ワイド」歴代キャスター
期間 司会 ニュース コーナー担当
男性 女性
1993.4 1995年頃 草野仁 飯星景子 久能靖 (不在)
1995年頃 1997.3 後藤俊哉今井伊佐男
1997.4 1998年頃 勝恵子
1998年頃 1999.3 藤井恒久古市幸子山王丸和恵
河本香織延友陽子
1999.4 2003.12 森富美
2004.1 2004.5 藤井恒久 延友陽子 右松健太 延友陽子
2004.6 2004.12 真山勇一
2005.1 2006.3 (不在)
2006.4 2007.9 金子茂 藤井恒久 菅谷大介
備考
  • 「ニュース」は「NEWS撮って出し」を表す。同コーナーキャスターは全員、前時間帯の番組『午後は○○おもいッきりテレビ』のニュースコーナー「情報特急便」を兼務。また、金子のみ『NNNニュースダッシュ』も兼務。
  • 草野はフリー(元NHK)アナウンサー。
  • 森とコーナー担当者全員は日本テレビアナウンサー(後藤、今井、山王丸、河本は当時)。 
  • 久能は元日本テレビアナウンサー、報道記者。
  • 真山は当時、日本テレビ報道記者。
  • 金子は日本テレビ報道記者、元アナウンサー。
  • コーナー担当者が担当したコーナーの名称は以下の通り。
    • 1996年頃 - 1998年頃:「噂の特ダネファイル」
    • 1999年頃 - 2003年12月:「特ダネファイル」(全員、担当曜日不明)
    • 2004年1月 - 2004年12月:「もぎたてデリ」
    • 2006年4月 - 2007年9月:「ワイドニュース特捜部」→「ワイドニューストクソウ部」

リポーター[編集]

コメンテーター[編集]

(曜日)は出演日

ナレーション[編集]

読売テレビ制作コーナー[編集]

司会[編集]

コメンテーター[編集]

など

コーナー[編集]

NEWS撮って出し(1993年4月 - 2007年9月)
番組開始から終了まで一貫して継続した唯一のコーナーで、ニュースコーナー。「撮って出し」とは本来テレビ報道情報番組のリポートにおいて、編集をする時間がないような速報ものの素材を撮った状態そのまま(無編集)で放送すること。つまり、「撮って出し」には“速報”や“撮りたてほやほや”という意味も入っている。
当番組開始前まで13:55-14:00に『NNNニューススポット』が放送されていたが、その後継ぎともいえる。
私は見た! 人生の交差点
かつて「ザ!情報ツウ」で放送していた「プロは見た!感動!劇場」を継続した企画。
わが人生に歌あり
芸能人が思い出の曲について語る。
噂の特ダネファイル(1996年 - 1999年)
夕刊紙から気になる新聞記事を伝えていた。
特ダネファイル(2000年 - 2003年12月)
「噂の特ダネファイル」のリニューアル。コーナー開始初期は新聞記事で伝えていたが、後にVTRで伝える方式へ変更された。
もぎたてデリ(2004年1月 - 12月)
「特ダネファイル」をリニューアル。キャスターはコーナー専用のスーツを着用していた。
ニュース人物ワイド(2005年1月 - 2006年3月)
  • 「今日は誕生日わたしはだ〜れ?」 - 放送日当日が誕生日の有名人を紹介していた。
  • 「金曜ランキング」(2005年頃〜番組末期頃、ナレーション:野沢雅子) - 「好きな芸能人ベスト10」など、10位→1位のランキングを紹介していた。
ワイドニュース特捜部(2006年4月 - 2006年9月)
ワイドニューストクソウ部(2006年10月 - 2007年9月)

タイムテーブル[編集]

  • 13:55 ニュース・芸能情報(2本)
  • 14:45 特集
  • 15:13 ワイドニューストクソウ部
  • 15:30 金子キャスターのNEWS撮って出し
  • 15:45 エンディング
※13:53.45に15秒間の生放送予告(ジャンクション)(一部地域を除く)

演出[編集]

歴代オープニングテーマ[編集]

3代目まではすべてBGMのみ。背景はニュース映像。

  • 初代:1993年4月5日〜1997年3月28日
番組全盛期を支えたオープニング。途中の1996年11月より、他局に次いで手書き調フォントもゴシック体に変更されている。
  • 2代目:1997年3月31日〜1999年3月26日
この代から、オープニング後の提供クレジットが無くなり、すぐに司会者挨拶へタイムテーブルが変更された。
  • 3代目:1999年3月29日〜2004年2月27日
オープニングとしては最長期間使用。5年間使われた。
  • 4代目:2004年3月1日〜2004年12月28日
3月の日本テレビ本社屋移転を期に1ヶ月遅れで改編期にあわせる形で変更。それまでBGMのみだったが、初めて女性の「ザ・ワ~イド」というコーラスを追加する。
  • 5代目:2005年1月4日〜2007年9月28日
最後のオープニングテーマではこれまで外の様子を写していた画面をCG画面へ変更。2代目番組ロゴの最初で最後のオープニングとなった。

歴代エンディングテーマ[編集]

ネットしていた局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 『ザ・ワイド』制作局・キー局
近畿広域圏 読売テレビ 『ザ・ワイド』制作局[4]
北海道 札幌テレビ 1993年10月1日からネット開始[5]
青森県 青森放送
岩手県 テレビ岩手 [6]
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送
福島県 福島中央テレビ
山梨県 山梨放送 1993年10月1日からネット開始[7]
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送 1994年4月4日からネット開始[8]
石川県 テレビ金沢
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
島根県
鳥取県
日本海テレビ
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送
徳島県 四国放送 2000年4月3日からネット開始[9]
香川県
岡山県
西日本放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送 1998年9月28日からネット開始
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎国際テレビ
熊本県 熊本県民テレビ
鹿児島県 鹿児島読売テレビ 1994年4月開局から[10]

スタッフ[編集]

終了時点[編集]

歴代のスタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:斎藤三朗→森岡正彦→林隆一郎高橋正弘(復帰)→後藤東(いずれも日本テレビ)
  • プロデューサー:松井守(読売テレビ)・政橋雅人・田中裕樹・染井将吾(日本テレビ報道局→2007年情報番組CP)、菱田義和、結城豊弘(読売テレビ)
  • ディレクター:鈴江秀樹、脇山浩一、関健一、小川和芳
  • TM:坂本親保→吾妻光良

関連項目・人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ いわゆるフライングスタート
  2. ^ 「日テレタワー」のS4スタジオから放送は新社屋移転後から。
  3. ^ http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_05/g2007051703.html ZAKZAK 2007年5月17日
  4. ^ 15:49終了と他のネット局よりも1分早い終了時刻となっているのは『サスペンス傑作劇場』(火〜木)時代からの名残りで、『情報ライブ ミヤネ屋』と変更されて以降もステブレレスで直後の番組が開始されていたからである。
  5. ^ ネット開始前(1993年9月30日)までは、本番組の放送枠で自社制作番組(1993年4月の時点では『ちょっと和久井の2時ですよ』を放送していた。)を放送していた。
  6. ^ 年に数回、県議会中継の関係でネットを休止する場合があった。
  7. ^ 1993年9月までは、当時15時台でフジテレビ系列のワイドショー(1993年9月時点では『タイム3』だった。)をネットしていた関係で、本番組が開始された1993年4月から同年9月にかけて本番組の放送枠のネットを打ち切っていたため本番組は未放送だった。
  8. ^ 富山新聞 1994年4月4日付朝刊テレビ欄(24面)
  9. ^ 2000年3月31日までは、フジテレビ系列のワイドショー(2000年3月時点では『2時のホント』だった。)をネットしていた。なお、番組最終回まで全編番組販売扱いだった関係で、提供クレジットの表示中は自社送出で「このあとも『ザ・ワイド』をお送りします」の表示を出して隠していた。この際、自社の女性アナウンサーによる「引き続き『ザ・ワイド』をお楽しみください」のアナウンスと独自BGMが自社送出で流れていた。
  10. ^ 1994年3月までの鹿児島県における日本テレビ系列局である鹿児島テレビ(当時フジテレビ系列とのクロスネット局)では、ローカル(自社制作番組)枠(『2時いろトーク』)とフジテレビ系列のワイドショー(『タイム3』 → 『タイムアングル』)を同時ネットしていたため本番組は未放送。

外部リンク[編集]

日本テレビ 平日13:55 - 14:00枠(1993年4月 - 2007年9月
前番組 番組名 次番組
ザ・ワイド
読売テレビとの共同制作】
ドラバラZONE
※13:55 - 15:50
日本テレビ 平日14:00 - 15:00枠(1993年4月 - 2007年9月)
Beアップル2時!
【読売テレビ制作全国ネット
ザ・ワイド
ドラバラZONE
※13:55 - 15:50
日本テレビ 平日15:00 - 15:45枠(1993年4月 - 2007年9月)
ザ・ワイド
ドラバラZONE
※13:55 - 15:50
日本テレビ 平日15:45 - 15:50枠(1993年4月 - 2007年9月)
不明
ザ・ワイド
ドラバラZONE
※13:55 - 15:50
読売テレビ 平日13:55 - 14:00枠(1993年4月 - 2007年9月)
前番組 番組名 次番組
NNNニューススポット
NNN系列全国ネット
ニュース番組
ザ・ワイド
【日本テレビとの共同制作】
情報ライブ ミヤネ屋
※13:55 - 16:43(金のみ16:50まで)
【15:50 - 17:50から放送枠移動・拡大】
読売テレビ 平日14:00 - 15:00枠(1993年4月 - 2007年9月)
Beアップル2時!
ザ・ワイド
情報ライブ ミヤネ屋
※13:55 - 16:43(金のみ16:50まで)
読売テレビ 平日15:00 - 15:45枠(1993年4月 - 2007年9月)
ごくらく生テレビ
【日本テレビ制作全国ネット】
ザ・ワイド
情報ライブ ミヤネ屋
※13:55 - 16:43(金のみ16:50まで)
読売テレビ 平日15:45 - 15:50枠(1993年4月 - 2007年9月)
讀賣新聞ニュース
※15:45 - 15:55
【5分繰り下げて継続】
ザ・ワイド
情報ライブ ミヤネ屋
※13:55 - 16:43(金のみ16:50まで)