ジャスト (情報番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャスト
ジャンル 生活情報番組/ワイドショー番組
出演者 三雲孝江
土井敏之
安住紳一郎
藤森祥平 ほか
出演者を参照)
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1998年9月28日 - 2005年3月25日
放送時間月曜 - 金曜 14:00 - 15:55
→14:00 - 15:50
放送枠TBS系列平日午後のワイドショー枠
放送分115分→110分
回数1630

特記事項:
一部地域は14:55→14:50で飛び降り。ネット局を参照。
テンプレートを表示

ジャスト』(: JUST)は、1998年9月28日から2005年3月25日までの7年間、TBS系列にて平日午後に生放送された生活情報番組。全1630回放送された。

概要[編集]

2年ぶりに復活した芸能ニュースや、最新のファッショントレンド、有名人やセレブリティの密着リポートやインタビューなどを放送。同じ生活情報でも実用性のある『はなまるマーケット』や『ベストタイム』と一線を画す内容で差別化された。

番組タイトルロゴ(黒縁付き)・テーマ音楽は、スタートから最終回まで全て変わらず使用していた。

2005年のTBS平日ワイド大改編に伴い、整理番組の対象となりTBS系列平日午後のワイドショー枠は一旦終了した。

TBSビデオ問題を発端に、TBSは「ワイドショー撤退」と同時に芸能ニュースからも手を引いたが、『ブロードキャスター』のコーナー「お父さんのためのワイドショー講座」でのみ芸能ニュースを伝えていた[注 1]

本番組開始前の1998年9月11日の『毎日新聞』にTBSの芸能ニュースに関するガイドラインが掲載されており、

  1. 芸能リポーターは設けない
  2. 過度な取材・プライバシー侵害・興味本位だと批判の多い事件物や芸能ネタは取り上げない
  3. 事件の場合は報道局が担当しアナウンサーが伝える
  4. それ程大きいニュースがない時には生放送に固執しない

という方針を示していた。そうした方針もあり、芸能ニュースはイベントや記者会見の話題を中心に扱った。例外的に時間を割いて報道したのは安室奈美恵実母殺害事件時などごく僅かで、そういった場合は報道局扱いとなるためテロップをJNNニュース仕様としていた。なお、芸能リポーターではなく「芸能デスク」を稲垣吉昭TBSビジョン=TBS-V→TBSスパークル所属)が務め、必要に応じてスタジオで解説を行った。

放送時間[編集]

  • 番組開始 - 2002年3月22日[1]:14:00 - 15:55
  • 2002年3月25日[1] - 番組終了:14:00 - 15:50[注 2]

ネット局[編集]

  • ネット状況について
    • 〇…同時フルネット
    • ×…非ネット
『ジャスト』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送時間 備考
第1部
月曜 - 金曜
14:00 - 14:50
第2部
月曜 - 金曜
14:50 - 15:50
関東広域圏 東京放送(TBS) TBS系列 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 全期間フルネット。
岩手県 IBC岩手放送(IBC) 1999年3月29日 - 2001年1月26日は第1部のみ放送[2]
宮城県 東北放送(TBC) 全期間フルネット。
山形県 テレビユー山形(TUY) 2002年3月22日まで第1部のみ放送[3]
福島県 テレビユー福島(TUF) 全期間フルネット。
新潟県 新潟放送(BSN) 全期間フルネット[4]
静岡県 静岡放送(SBS) 2000年3月31日まで第1部のみ放送[5]
富山県 チューリップテレビ(TUT) 全期間フルネット[6]
石川県 北陸放送(MRO) 2000年10月2日 - 2002年10月4日は第1部のみ放送[7]
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 現在:CBCテレビ
2000年9月1日まで第1部のみ放送[8]
鳥取県島根県 山陰放送(BSS) 1999年9月24日まで第1部のみ放送[9]
岡山県・香川県 山陽放送(RSK) 現在:RSK山陽放送
2002年3月22日まで第1部のみ放送[10]
広島県 中国放送(RCC) 2001年10月26日まで第1部のみ放送[11]
愛媛県 あいテレビ(iTV) 2000年9月29日まで第1部のみ放送[12]
高知県 テレビ高知(KUTV) 2001年4月6日まで第1部のみ放送[13]
福岡県 RKB毎日放送(RKB) 1999年10月1日まで第1部のみ放送[14]
鹿児島県 南日本放送(MBC) 2002年3月22日まで第1部のみ放送[15]
大分県 大分放送(OBS) 放送開始から1999年3月26日まで第2部のみ(15:00 -)放送、一旦打ち切り[16]
2000年4月3日から再開し[17]2000年9月29日まで第1部のみ放送[18]
沖縄県 琉球放送(RBC) 全期間フルネット[19]
青森県 青森テレビ(ATV) × 全期間第1部のみ放送。
長野県 信越放送(SBC) 放送開始から1999年3月26日まで第2部のみ(15:00 -)[20]
1999年3月29日から放送終了まで第1部のみ放送。
山梨県 テレビ山梨(UTY) 放送開始から1999年2月26日まで[21]第2部のみ(15:00 -)放送。
1999年3月1日から[22]放送終了まで第1部のみ放送。
近畿広域圏 毎日放送(MBS) 全期間第1部のみ放送。
山口県 テレビ山口(tys) 2000年4月3日からネット開始[23]
ネット開始から2002年3月22日[24]までおよび2004年7月26日から[25]番組終了までは第1部のみ放送。
長崎県 長崎放送(NBC) 全期間第1部のみ放送。
熊本県 熊本放送(RKK)
宮崎県 宮崎放送(MRT) 放送開始から1999年3月25日までフルネット。[26]

ネット局に関する備考[編集]

  • 前番組『情報!もぎたてサラダ』では15:00に飛び乗りポイントが設定されていたが、本番組では14:55(2002年3月25日からは14:50[27])に飛び降りポイントが追加された。青森テレビや毎日放送、テレビ山口のように14時台で飛び降りていた局もあり、通常時フルネットとしている局でも臨時に14時台のみのネットに変更する場合もあった。1999年3月26日をもって15:00から飛び乗る局は無くなった。
  • 基本的にTBS系列で放送していたが、テレビ山口は当初フジテレビ制作『ビッグトゥデイ』→『2時のホント』を同時ネットしており、本番組が放送できなかった[注 3]2000年3月31日の『2時のホント』の終了を機にフジテレビの同時ネットから離脱、翌4月3日から本番組の同時ネットを開始した。これにより、TBS系列28局で放送されるようになった。

出演者[編集]

総合司会・メインパーソナリティー・ニュースコーナー担当[編集]

期間 総合司会 メインパーソナリティー ニュースコーナー
月曜・火曜 水曜 - 金曜 月曜・火曜 水曜 木曜・金曜
1998.9.28 2000.3.31 三雲孝江 土井敏之1 安住紳一郎1 戸田恵美子1 長峰由紀1・3
2000.4.3 2002.9.27 堀井美香
2002.9.30 2003.3.28 小川知子4
2003.3.31 2005.3.25 藤森祥平2 岡田泰典 柴田秀一5 岡田泰典

夕刊まわし読み担当[編集]

コメンテーター[編集]

リポーター・コーナー担当[編集]

  • 林マヤ
  • ごあきうえ(林マヤとともに木曜日「リメイク隊」コーナー)
  • おすぎ(最終金曜日の「シネマサロン」コーナー)
  • グレートチキンパワーズ(月曜日の「あの街に住みたい」コーナー)
  • アンジャッシュ(月曜日の「あの街に住みたい」「貧乏時代の晩餐」コーナー)
  • 佐藤文康(TBSアナウンサー。「ジャストキャッチ」コーナー)
  • ミスターちん(「ミスターちんの珍邸豪邸 お宅訪問」コーナー)
  • 杉本彩(火曜日の「マダムに会いたい」コーナー・初代)
  • 木之内美穂(火曜日の「マダムに会いたい」コーナー・2代目、同じ日の「芸能人マル秘子育て」も担当したことがある)
  • 福田直代(「亭主改造計画」コーナー・初代)
  • 矢野悦子(「亭主改造計画」コーナー)[28]
  • 沢田美香
  • 近藤淳子(元北陸放送アナウンサー、安住のJNN・JRN系列の同期)
  • 林家きく姫(金曜日の「晩ごはん(きく姫の!それいけ晩ごはん)」コーナー・初代)
  • 安井まみ子(金曜日の「晩ごはん(やすいの!GOGO晩ごはん)」コーナー・2代目)
  • 向井政生(月曜日の「亭主改造計画」コーナー)
  • 高橋真美(木曜日の「亭主改造計画」コーナー)
  • オセロ(金曜日の「亭主改造計画」コーナー・初代)
  • ZIPPER(金曜日の「亭主改造計画」コーナー・2代目)
  • 北陽(金曜日の「亭主改造計画」コーナー・3代目)
  • アン☆ドゥ(水曜日の「街で噂の流行モノ」コーナー)
  • 円戸由香(亭主改造計画 隔週)

スタジオセット[編集]

  • 初代:1998年9月28日 - 2003年9月26日
  • 2代目:2003年9月29日 - 2005年3月25日(2代目のテーブルは初代と同様のものを使用した。)

タイトルロゴ[編集]

カラーリング:

主な内容[編集]

月曜日 - 金曜日、番組オープニングからの30分ほどに放送していたコーナー[編集]

  • 芸能情報
  • 夕刊まわしYOMI(芸能情報の続き、という位置)
  • ザ・ジャストテン(最後の半年に月曜日 - 金曜日放送していた日替わりランキングコーナー)
  • ニュース

曜日ごとに放送されていたり、不定期に放送されていたコーナー[編集]

  • 私は見た!スターマル秘お買い物姿(月曜日)
  • よろずヨネスケ(月曜日)
  • マダムに会いたい(火曜日)
  • 芸能人マル秘子育て(火曜日)
  • 辛口ピーコのファッションチェック(金曜日)
  • きく姫のそれいけ晩ご飯(金曜日)
  • 亭主改造計画(ほぼ毎日)
  • アキラがゆく!
  • なんでもランキング(木曜日)
  • ミスターちんの珍邸・豪邸お宅訪問(木曜日)
  • 愛の脱ギャル応援隊
  • お買い物クィーンを探せ!
  • お部屋改造計画
  • 奥様スターに変身
  • 街で噂の流行モノ(水曜日)
  • ほかに林マヤ&きよ彦によるコーナーが開始以来続いた。(後にきよ彦からごあきうえに交替、その後林マヤのみに。)

備考[編集]

三雲は1985年9月まで同時間帯の『3時にあいましょう』の司会を担当していた。13年ぶりに同時間帯へ復帰した。2004年9月まで土曜夜の『ブロードキャスター』と兼任で当番組を担当していたが、帯番組である当番組に専念するために『ブロードキャスター』を降板。なお、当番組と『ブロードキャスター』を兼任していた時期は『ブロードキャスター』側の方針により、三雲は同番組が休止される週は当番組を休演する形を採っていた。

安住は当番組がこれまで出演していた番組の中で一番思い入れのある番組だとしており、打ち切りが決定した時は非常にショックを受けていたという[要出典]。安住は最終回の放送で涙を流しながら「必ずこの時間帯の情報番組の司会として戻ってきます」と宣言した[29]。当番組終了後に帯番組は長らく担当していなかったが、2021年秋より開始された平日朝の新情報番組『THE TIME,』の総合司会に就任することとなった[30][注 5][注 6]。一方、三雲は当番組終了後、夕方の大型ワイド帯番組『イブニング・ファイブ』の司会に就任した。

さらに2009年春、時間帯は違えど『情報7days ニュースキャスター』で三雲・安住は再び共演している(三雲は同年1月から不定期出演の後、春からコメンテーター。安住は総合司会)。

2004年において「ジャスト」奥様モデルを一般公募し[31]、オーディションを行い9名の奥様モデルが誕生したが[32]、出演が殆ど無いまま番組終了を迎えた。

制作協力はTBSビジョン(TBS-V、現在のTBSスパークル)・泉放送制作・フラジャイル・LADAK。火曜日のみTBSの単独制作となっていた。フラジャイル以外は『3時にあいましょう』以降の制作協力をしていた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『ブロードキャスター』は社会情報局が制作するワイドショーと分類されたが、社会情報局から報道局制作に移行することとなり番組は存続した。
  2. ^ ゴールデンタイムの19時の番組の開始時刻が18:55となった関係で、それまでの番組枠が5分ずつ繰り上がったことによる。
  3. ^ 同局は過去にフジテレビ系列(フジネットワーク)にも(クロスネットとして)加盟しており、開局以来当該枠は『3時のあなた』からフジテレビ制作平日午後のワイドショーを同時ネットしていた。
  4. ^ 2000年4月から出演開始(ピーコは『スーパーワイド』以来の同枠復帰)。同年3月までは裏番組だった『2時のホント』(フジテレビ系列)に出演していた。本番組終了後、裏番組だった『F2スマイル』(同じくフジテレビ系列。一部地域のみ)に出演開始した。
  5. ^ ただし、安住は同番組開始後も土曜夜の『新・情報7DAYS ニュースキャスター→情報7DAYS ニュースキャスター』や日曜午前の『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)への出演を継続することから、安住の出演は月曜日から木曜日までとなり、金曜日の総合司会は俳優の香川照之が2021年10月から2022年8月まで担当し、2022年9月以降は同局アナウンサーの江藤愛が担当している。
  6. ^ なお、2002年春から1年間放送された朝の情報番組『おはよう!グッデイ』の司会に安住を起用することも一度は検討されたが、それは実現せず、結局同番組では元フジテレビアナウンサーの露木茂が司会に起用された。

出典[編集]

  1. ^ a b 日本経済新聞東京版朝刊』2002年3月22日、25日テレビ欄
  2. ^ ザテレビジョン秋田・岩手・山形版』1998年9月23日、1999年3月17日、3月24日、2001年1月17日、1月24日、2005年3月23日発売分掲載の番組表
  3. ^ ザテレビジョン秋田・岩手・山形版』2002年3月13日、20日発売分掲載の番組表
  4. ^ 新潟日報』1998年9月28日テレビ欄、『ザテレビジョン長野・新潟版』2005年3月23日発売分掲載の番組表
  5. ^ 山梨日日新聞』2000年3月31日、4月3日テレビ欄
  6. ^ 北國新聞』1998年9月28日、2005年3月25日テレビ欄
  7. ^ 北國新聞』2000年9月29日、10月2日、2002年10月4日、10月7日、2005年3月25日テレビ欄
  8. ^ 中日新聞』2000年9月1日、4日テレビ欄
  9. ^ ザテレビジョン広島・山口東・島根・鳥取版』1999年9月15日、22日発売分
  10. ^ ザテレビジョン岡山・四国版』2002年3月13日、20日発売分
  11. ^ ザテレビジョン広島・山口東・島根・鳥取版』2001年10月17日、24日発売分
  12. ^ ザテレビジョン岡山・四国版』2000年9月20日、27日発売分
  13. ^ ザテレビジョン岡山・四国版』2001年3月28日、4月4日発売分
  14. ^ 朝日新聞西部版』1999年10月1日、4日テレビ欄
  15. ^ ザテレビジョン鹿児島・宮崎・大分版』2002年3月13日、20日発売分掲載の番組表
  16. ^ 朝日新聞西部版』1999年3月26日・1999年3月29日テレビ欄、3月26日に[終]マークあり
  17. ^ 大分合同新聞』2000年4月3日テレビ欄、[新]マークあり
  18. ^ ザテレビジョン鹿児島・宮崎・大分版』2000年9月20日、27日、2005年3月23日発売分掲載の番組表
  19. ^ ザテレビジョン熊本・長崎・沖縄版』1998年9月23日、2005年3月23日発売分掲載の番組表
  20. ^ ザテレビジョン長野・新潟版』1999年3月17日、24日発売分掲載の番組表
  21. ^ 山梨日日新聞』1999年2月26日テレビ欄
  22. ^ 山梨日日新聞』1999年3月1日テレビ欄
  23. ^ ザテレビジョン広島・山口東・島根・鳥取版』2000年3月29日発売分
  24. ^ ザテレビジョン広島・山口東・島根・鳥取版』2002年3月13日、20日発売分
  25. ^ ザテレビジョン広島・山口東・島根・鳥取版』2004年7月14日、21日発売分
  26. ^ ザテレビジョン鹿児島・宮崎・大分版』1998年9月23日、1999年3月17日、24日発売分掲載の番組表
  27. ^ 北國新聞』2002年3月22日、25日テレビ欄
  28. ^ 講演会講師派遣サイト・スピーカーズ
  29. ^ 安住紳一郎アナが15年前に見せた涙 “朝の顔”就任の胸の内に迫る”. ORICON NEWS. オリコン (2021年5月25日). 2022年3月20日閲覧。
  30. ^ TBS安住紳一郎アナ、10月から新・朝の顔になる 16年ぶり生の帯番組”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年5月19日). 2021年5月19日閲覧。
  31. ^ ジャストモデル大募集”. TBSテレビ (2004年6月10日). 2004年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月23日閲覧。
  32. ^ 「ジャスト」奥様モデルついに決定!”. TBSテレビ (2004年12月8日). 2004年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 月曜 - 金曜14時・15時台
前番組 番組名 次番組
ジャスト
TBS 平日午後の関東ローカルスポットニュース
情報!もぎたてサラダ
ジャスト