安住紳一郎の日曜天国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
安住紳一郎の日曜天国
ジャンル 情報バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 2005年4月10日 -
放送時間 毎週日曜10:00 - 11:55
(2010年4月4日までは 10:00 - 12:00)
放送回数 600
(2017年1月29日現在)
放送局 TBSラジオ
ネットワーク 関東ローカル
パーソナリティ 安住紳一郎
出演 中澤有美子
佐藤さやか
杉山真也ほか
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

安住紳一郎の日曜天国』(あずみしんいちろうのにちようてんごく)は、2005年4月10日からTBSラジオで、毎週日曜日の10:00-11:55に放送されているラジオ番組で、TBSテレビ所属のアナウンサー安住紳一郎冠番組である。略称は「にち10(にちてん)」。

概要[編集]

この番組は、日曜日を楽しく過ごすためのトークバラエティ番組である。毎週多彩なゲストを迎えたり、リスナーからテーマに沿ったFAXメールを募ってそれを紹介したり、週末のお出掛け情報をリポートしている。

番組のオープニングは安住の性格が滲み出るフリートークを展開し、30分前後話し続ける。

JNNJRN系列局に所属する優秀なアナウンサーを表彰する「アノンシスト賞」の2007年度最優秀賞を2008年3月2日放送分のオープニングで受賞。「秋田市に出張で訪れた際に、「ファンキーボウル」でボウリングをしていたら、家族連れで訪れていた隣のレーンの女性(安住による推定年齢は23歳)の下着が真正面から見えてスコアががた落ちした」という内容だった。しかし、実際に応募する予定だった作品は、「『アメリカ合衆国覚え歌』から『日本全国都道府県覚え歌』(ソーラン節の替え歌)につながる」という10分間であった。そ

2015年1月25日放送分で放送500回、2017年1月29日放送分で放送600回を迎えた。

聴取率[編集]

聴取率番組であり、2007年10月度調査では2.1%、2007年12月度調査では2.3%、2008年2月度調査では2.4%、2008年6月度調査では2.1%、2009年6月度調査では2.4%を記録、また、2009年10月度調査では2.7%(番組内で本人談)という驚異的な数字を記録し全ラジオ局ワイド番組No.1となっている。

ラジオ番組の聴取率は数字の変動が少なく(最大でも±0.5%程度)安定傾向であることが一般的であるが、この番組は異例の大きな数字変動を記録しており、2008年4月度調査は1.7%と急落したが、次の調査(2008年6月度)では回復している。

2013年8月期と10月期の調査では聴取率2.9%という驚異的な聴取率を獲得し過去最高だった2009年10月期の2.7%を更新し過去最高の聴取率となった。

2014年6月期の調査は、各局の裏番組2014 FIFAワールドカップグループC(W杯)・コートジボワールvs日本戦の中継が放送される中、TBSラジオの方針で通常どおりの放送となり、一般に関心の高いとされるW杯中継に対し苦戦が予想されたものの、結果は1.9%となり同時間帯で1位(2位はNHKラジオ第1のW杯中継で1.1%)と高く、横並びで各局の放送となる大規模なスポーツイベントの中継のあり方に一石を投じることとなった[1]

コーナー[編集]

  • 10:00 オープニング
    • 1週間のうちに安住の身の回りに起こった出来事を中心にフリートーク。
    • 後半ではリスナーからのメッセージ(テーマは前週に告知されている)とともに、リクエスト曲が掛かる。
  • 10:25 TBSラジオ 交通情報
  • 10:30 にち10おでかけリサーチ
    • TBSラジオキャスターが、「週末に楽しめるオススメのおでかけスポット」からリポート(なお、このコーナーは前番組の『CUBE』から続いている)。
  • 10:35 さばいてにち10
    • 開始当初はTBSアナウンサーが週替わりでスタジオ出演し、世界の「B級ニュース」を紹介するコーナーだった。
      2006年10月より外山惠理が担当となり、1週間のニュースから気になる出来事を独特の視点で取り上げるコーナーに変更。2010年7月から月1 - 2回は外山の代わりに他のTBSアナウンサー(2011年10月30日以降は主に杉山真也[2])が登場する。
  • 10:45 にち10ダバダ
    • メッセージ紹介。
  • 10:55 TBSラジオ 交通情報・週末の天気予報
    • 10時台のコーナーが延びた場合、天気予報が11時の時報後になることがある。
  • 11:00 ゲストdeダバダ
    • ゲストコーナー。
  • 11:25 TBSラジオ 交通情報
  • 11:27 にち10 ダバダ11時台
    • メッセージ紹介・リクエスト曲。
  • 11:50 TBSラジオ 交通情報
  • 11:53 エンディング

開始より2009年10月4日までは「TBSニュース」、同年10月11日から2010年4月4日までは「週末版TBSラジオショッピング」を「にち10ダバダ11時台」の後11:50-11:55のコーナーとして内包しており、当番組は12:00までの放送だった。
2010年4月11日から当番組は5分短縮され、11:55-12:00はラジオショッピング番組[3]となった。

出演者[編集]

パーソナリティ[編集]

アシスタント[編集]

  • 中澤有美子(2006年4月2日 - 2007年10月21日2008年1月6日 - )
  • 佐藤さやか(2007年10月28日 - 12月30日・2009年以降は年1回[4]) - 中澤の不在時に出演。
    • 2007年9月9日 - 2014年10月5日の間、安住が不在の時は中澤がメインで、外山惠理がアシスタントを担当していた。年1回のペースで9〜11月中の放送において先述の態勢をとっていた[5]
    • 番組初期には、TBSの男性アナウンサーが安住の代理を務めていたほか、2012年10月28日・2014年10月5日では中澤・外山に加え、杉山が「さばいてにち10」担当で出演した。また外山降板後の2015年9月6日では、杉山が「さばいてにち10」から番組のエンディングまで出演した。

リポーター[編集]

「さばいてにち10」担当[編集]

2017年4月2日以降。週替わりで担当。

  • 杉山真也(TBSアナウンサー/番組レギュラーとしては2013年5月 - )
  • 柴田秀一(2017年2月28日までTBSアナウンサー/2014年10月12日 - )

但し、2016年1月3日は当時担当だったアナウンサーのうち、杉山がパーソナリティとして出演し、柴田・皆川玲奈がいずれも不在だったためTBSラジオキャスターの柳沢怜が代行した。

  • 室照美(フリーアナウンサー/2017年4月23日 - )
  • 小林由未子(TBSアナウンサー/2017年5月14日 - )

「おでかけリサーチ」担当[編集]

すべてTBSラジオキャスター。以下の3人が週替わりで担当。

気象予報士[編集]

スタッフ[編集]

過去の出演者・スタッフ[編集]

アシスタント[編集]

リポーター[編集]

注記なしはTBSアナウンサー。

  • 橘しんご(フリーキャスター/2005年4月10日 - 9月25日
  • 岡村仁美(「さばいてにち10」担当/2010年7月18日 - 2011年10月2日[6]、2010年7月から10月までは毎月第3日曜日、2010年11月以降は第1または第5日曜日を担当) - 外山が不在のときに出演。
  • 外山惠理(「さばいてにち10」「週末版TBSラジオショッピング」担当/番組レギュラーとしては2006年10月 - 2014年10月5日)
    • 2011年10月30日から2013年4月7日までは、外山が出演できない場合は杉山・井上貴博・加藤シルビア(いずれもTBSアナウンサー)らが代行。
  • 笹川友里(「さばいてにち10」担当/2014年10月19日 - 2015年3月22日[6]
  • 皆川玲奈(「さばいてにち10」担当/2015年5月17日 - 2016年3月20日[7]
  • 上村彩子(「さばいてにち10」担当/2016年4月17日 - 2017年3月19日[8]

「おでかけリサーチ」担当[編集]

すべて当時TBS954情報キャスター。2007年12月までは佐藤が1人で担当。2008年1月 - 2013年7月の間は現役含めて3人で週替わりで担当。

気象予報士[編集]

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 2006年5月14日放送で、ラジオがとても大好きでこの番組の大ファンである目の不自由な女の子から点字でのお便り(母親の点字訳付き)と、同封されていた母親からの手紙を読む途中、感極まり咽び泣いてしまい[11]中澤有美子が代読することとなった。この場面は、『伊集院光 日曜日の秘密基地』(同年12月17日)の「TBSラジオ珍プレー好プレー大賞2006」で「好プレー」としてノミネートされた。
  • 2007年夏まで、略称は「国」を略した「にち天」だったが、リスナーからの「(日曜10時から放送されるため)『にち10』だと思っていた」との投稿を受けて、読みはそのままで表記を「にち10」に変更した。
  • 安住は2008年10月より始まった『情報7days ニュースキャスター』を司会を務めることになった。それに伴って労使協定による担当番組数の超過を避けるため、『ニュースキャスター』の代わりに『ドリーム・プレス社』(2009年3月終了)を降板することを、当番組の同年10月5日放送で発表した。
  • スペシャルウイーク[編集]

    リスナー確認調査→フランチャイズタウン選挙

    2007年から2013年までの毎年12月のスペシャルウイークには、「リスナー確認調査」と称する企画を行っていた。リスナーに対して「どのエリアから聴取しているか」をリクエスト電話FAX電子メールなどリアルタイムな手段で連絡してもらい、国盗り合戦の雰囲気を織り交ぜつつ選挙速報形式で伝えてゆく、生放送のラジオの双方向性を生かした企画となっている。2007年は3週間、2008年以降は2週間に渡って行われている。1週目(スペシャルウイーク)でリスナーからの連絡を受け付け(リアルタイムで状況の発表もある)、2週目以降は結果発表(どの市が来てないなど)が行った。

    • なお、聴取者が報告を求められるのは、ラジオ受信報告の方式の一つであるSINPOコード報告ではなく、自治体とそれに付随するメッセージで、より多くの聴取者が参加しやすい形にアレンジされている。なお、安住の趣味が反映され、「選挙速報ごっこ」の要素を含む(2007年当時はアナウンサーとして選挙報道に携われる見込みがなかった[12])。
    • 2009年12月20日は、RAB(青森放送青森県)、SBC(信越放送長野県)、RSK(山陽放送ラジオ岡山県)への臨時ネットがあったため、1都9県の聴取者に呼びかけた。この日はゲスト参加のネット局からのプレゼントも用意されていた。エンディングでは「RABとSBCとRSKでは来週はありませんがインターネットなどでどうぞ」との発言もあった。CM前後にそれぞれの都県の話題をしながら「◯◯(放送局)のみなさん、メッセージお待ちしております」というものが流れていた。
    • 開始当初はTBSラジオの放送電波の受信状況と番組への参加状況を調査する目的があったが、2010年からはradikoによるインターネットによる再送信が開始されたため、radikoが運用を開始してから初めての調査となった12月19日は電波の受信状況が考慮できなくなったため、「電波が悪いのか、俺(安住)が悪いのか」から「俺が悪いのか、俺が好きなのか」にテーマが変わるとした。また、「ハッスル係数」が最も高かった市区町村、つまり番組と「相性」が最も良い市区町村を番組の「フランチャイズ」(その市区町村から公開放送を行うなどの番組の拠点)にするとした。この回では政令指定都市の調査を市単位から区単位に変更。正確を期すため、市区町村名を出しての途中経過の発表や、前回のようにリスナーをはやし立てる発言をしなかった。翌週12月26日に結果が発表され、群馬県多野郡神流町が「フランチャイズ」に決定。神流町の様子を熊谷光紗が電話で報告。翌年の2011年12月11日は神流町から公開生放送(万場小学校の体育館)が行われた。
    • 2011年12月18日の調査は、翌週の25日に結果が発表され、昨年に続いて神流町が1位となったが、公開放送翌週での調査で不公平との判断で「名誉フランチャイズ」扱いとなり、第2位だった東京都西多摩郡檜原村が繰り上がりでフランチャイズに決定。翌年2012年10月14日に檜原村(檜原小学校体育館)から公開生放送が行われた。この公開放送に合わせて校庭では出店コーナーがあり、檜原村からは焼きそばや名産品、名誉フランチャイズとなっている神流町の「じゃがいも焼きそば」、TBSラジオ編成局長(放送当時)調理のチョコバナナ、日曜天国歴代プロデューサーの調理による豚汁など飲食物の販売や、警視庁五日市警察署による「薬物乱用防止」のキャンペーンなど複数が出店参加した。これ以降、公開放送では番組や地元・歴代フランチャイズからの出店が恒例となっている。
    • 2012年12月16日の調査では、その2週前に千葉県館山市長から「ハッスル数トップ宣言」が寄せられたため、ハッスル数上位5位以内に入った市区町村が更に決算投票にかけられ、最多得票を集めた市区町村をフランチャイズにするという、プロ野球をの制度を模した「クライマックス方式」が導入される事になった。まず2012年12月16日のリスナー確認調査で千葉県館山市東京都八丈町東京都狛江市埼玉県越生町埼玉県鳩山町がクライマックス進出を決め、翌週12月23日に放送で行われた決選投票で2位の東京都八丈町に約100票の差をつけた千葉県館山市が念願のフランチャイズを実現した。なお、館山市はフランチャイズ権獲得に意欲的で、市の公式サイトで番組への投稿をよびかけたり、番組のポッドキャストへのリンクを張ったりする程の力の入れようだった[13] 。毎回選挙速報形式で行われるリスナー確認調査であるが、この年のリスナー確認調査が行われた12月16日は第46回衆議院議員総選挙東京都知事選挙などの投票日と重なった。
    • 2013年12月15日の調査では、前年2位の八丈町が1位となった。例年、リスナーを抽選で招待する無料のバスツアーを行っており、2014年11月30日に行われた公開放送でもツアーを実施した。ただし、八丈町は伊豆諸島八丈島にあり、航空機での移動があるため交通費が多額にかかるうえ宿泊費や食事代まで番組が負担することになったため、同月2日・3日に赤坂サカスで開催されたTBSラジオのイベント「TBSラジオ大感謝祭 ラジフェス2014」で安住が司会進行を務めることを条件としてTBSラジオから予算を引き出すとした。また、従来「ハッスル」し採用されたリスナーへの礼状としてのみ使用している、有名画家が描いているオリジナルのポストカードを同イベントで販売し費用の一部を捻出した。
    • 2014年から放送対象地域外への有料配信サービス「radikoプレミアム」により関東地方以外からの定期的な聴取も可能になり従来の調査が困難になったため、フランチャイズの選定方法を変更することになった。「フランチャイズタウン選挙」と称して、リスナーにスタジオ直通電話に架電するように呼びかけ、その先着順による「立候補」の中からフランチャイズタウンの選出を行った。東京都葛飾区・埼玉県所沢市・千葉県佐倉市・神奈川県小田原市・群馬県玉村町の中から投票の結果、2015年のフランチャイズタウンは神奈川県小田原市に決定。2015年11月29日に小田原市立三の丸小学校から公開放送を行った。
    • 2015年12月20日の放送で、2016年のフランチャイズタウンの選出は行わず、TBSラジオの本社がある東京都港区をフランチャイズタウンとすることを発表。公開生放送は2016年11月6日に開催されたTBSラジオのイベント「ラジフェス2016~食べて、笑って、赤坂で!」と同日[14]に国際新赤坂ビル西館で行った[15]
    • 2016年以降の12月のスペシャルウィークでは、フランチャイズタウンの話題は話されていないため、この企画は2014年で一旦終了したと思われる。
    プレゼント企画
    • 2009年から毎年6月のスペシャルウイークには「ミニマムロト2」が行われている。この企画は、プレゼントの当選倍率を何人も平等にするために、との趣旨で企画。リスナーはメッセージなどの最後に、00から99の好きな数字を記入することで抽選対象になる。番組の最後に、安住が10面のサイコロを使用して当選番号を決める。ただ、この企画の注意点は、商品予算に限りがあるために当選番号に応募した人数によって商品の価格が変わることである。数名の場合では「秀撰手詰め佐藤錦」から始まり、バラ詰め、などと一個あたり予算額が少なくなって行き、人数が多くなると果実のさくらんぼではなく「さくらんぼおしぼり」(佐藤錦の産地である山形県東根市で販売されているさくらんぼ柄のおしぼり)になる。
      • 2009年8月23日放送では、「ロト2」から派生した「エアロト」と呼ばれる企画が行われた。この企画は「性善説」に基づいたとする企画で、頭に思い浮かべた数字と安住が言った数字が一致していれば当選となる。もちろんのこと、多数の応募があり、番組は「多額の借金を背負った[16]」ことになったらしい。また、その後の当番組を休止してショッピング番組が放送された原因もこの企画にあるとのことである。
      • 2010年7月4日の「ロト2」では、同時にインターネットストリーミング配信[17]をしたためか、応募のメールが大量に寄せられ、番組で使用しているパソコンが「煙を出してパンク[16]」するほどのトラブルで放送時間内にメールが届かない事態になってしまった。そのため、エンディング時には上から2番目の商品の人数であったが、復旧後、商品がおしぼりになるほどの応募があったことが判明したが、当選者には全員、上から2番目の商品が送られることとなった。
    • 2009年から毎年4月のスペシャルウイークには、北海道富良野産の露地物アスパラガスをプレゼントしている。毎年、安住が研究した最適なゆで時間を発表することになっている。
    • 2012年から毎年10月のスペシャルウイークには、群馬県渋川市で作られているフランス原産の洋梨Doyenné du Comice」をプレゼントしている。この洋梨の品種名はフランス語で、そのうえ流通が希少のため、日本語表記が販売者や資料によって異なっている。そのことを利用して、安住が設定した日本語表記を読み、それを正確に聞き取ったリスナーから抽選で贈られることになっている(2012年の正解は「ドゥワイアンヌ・デュ・コミス」、2013年は「ドゥアイエンヌ・デュ・コミス」)。
      • 2014年10月26日は、前2回でのクレームを考慮し、さまざまな条件においても聞き取れるよう、安住以外にも、フランス語教室の講師、翌週11月2日のゲストで大阪弁を話す綾戸智恵都営バス車内放送を担当する鐵井静寿子ゲイバー吉野」のママ・吉野寿雄が読んだものを放送した。この回の正解は「ドゥワイエンヌ・デュ・コミス」。なお、正解は当日の新聞ラジオ欄に掲載されており(文字数の規定で中黒は省略)、エンディングで種明かしがされた。

    アシスタント公募[編集]

    • アシスタントの中澤が2007年10月7日放送で、同年11月から産休に入ることを発表した(翌週の放送で予定の繰り上げが発表された。同年10月28日から産休に入り、翌年1月に復帰した)。この日のオープニングで、アシスタントを公募することを告知。
    • 外山を代役として検討したが、「2時間一緒にやるには辛い部分がある」という意見が安住・外山双方で一致したらしく、代役にはならなかった。また、この他のTBSアナウンサーも産休や寿退社などで、この番組の代役を採用する程、人手が足りないらしく、公募することになったという。
    • 自薦、他薦と多数の応募があったが、その中には、広重玲子(当時TBSアナウンサー)や白井京子(954情報キャスター)の個人での応募もあった。広重には安住がTBS社内ですれ違った時に落選を通知したとしている。
    • 安住と番組スタッフとの選考の結果、中澤の産休期間中のアシスタントは、元福島放送のフリーアナウンサー・佐藤さやかに決定したことを2007年10月21日放送にて発表。発表後、安住は佐藤の自宅に生電話を試みたが、留守。その後、佐藤の携帯電話に電話をして、安住・中澤・佐藤の3人の会話が放送された。
    • その後、佐藤は2007年10月28日から12月30日まで中澤の代役を務めた。
    • 2009年9月6日の放送は中澤が夏休みのため不在となり、佐藤が約2年ぶりにアシスタントを務めた。また2010年11月7日の放送でも佐藤が中澤の代役を務め、中澤の休暇時は佐藤が代役となることが半ば恒例化している。

    短縮放送[編集]

    • 北京オリンピック開催中の2008年8月17日は女子マラソン、8月24日は男子マラソン中継が放送されるため、当番組は短縮することになった。通常、スポーツ中継でレギュラー番組枠が短縮される場合、編成時には想定されなかったアクシデント(試合が長引いて予定していた時間を超えて延長するなど)等も踏まえ、出演者の休暇も兼ねて事前に収録したり、代替番組の放送などで対応することが多い。しかし、この番組は8月17日は11時45分から15分のみ、8月24日は11時から1時間、いずれも安住・中澤が出演して生放送した。
      • 2008年8月24日は「おでかけリサーチ」と「ゲストdeダバダ」を休止して放送した。

    NHKから出演依頼および生放送中に電話[編集]

    • 安住は、熊本大学教育学部附属中学校(略称:熊教中[18])の合唱を聴いて以来、番組内で合唱好きであることを公言しており、オープニングで熱く語るなどしていたが、それをNHK全国学校音楽コンクール(Nコン)のスタッフが知ったらしく、同コンクールの特別番組への出演依頼があったことを2010年3月21日のオープニングにて発表した。許可が無いにもかかわらずNHKの担当者に電話かけたが、担当者が不在だったために早々に電話を切ることになってしまった。プロデューサーを初め安住自身も怒られるのではないかと「ドキドキワナワナ」する。その後、安住が出演した『Nコン2010スペシャル 合唱のちから』はNHK総合テレビで同年4月29日に放送された。

    テーマ曲[編集]

    オープニングトークが一段落した後のメッセージ募集コーナーで流される。

    その他[編集]

    • 原則としてradikoタイムフリーでは当番組を聴取できないが、過去に実施していたポッドキャストおよび、後続サービスのTBSラジオクラウドでは番組の一部を聴取することができる。
      • ただし、2017年10月1日の放送は番組側の不手際により、放送開始から約30分程度エリアフリーによる関東地方以外からの聴取ができなかったため、それに伴う救済措置として放送終了後からこの日の放送回に限りタイムフリーでの聴取対応を行うと発表された[19]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ テレビ局、W杯視聴率にがっかり 日本人は試合の日も出勤「甘く見ていた」 - ITmediaニュース産経新聞) 2014年07月09日
    2. ^ 2011年10月2日以前は岡村仁美。また、杉山以外には井上貴博加藤シルビア林みなほらが出演した。
    3. ^ スポンサーの商品を紹介するインフォマーシャルで、TBSが運営する「TBSラジオショッピング」ではない。2010年4月11日から2011年4月3日までは『日曜ラジオショッピング』として駒田健吾(開始から2010年10月3日まで)と外山(2010年10月10日から終了まで)が出演していた。2011年4月10日は同日夜に放送を開始した『高橋芳朗 HAPPY SAD』の宣伝番組、同年4月17日からは『快適生活ラジオショッピング』が放送されている。
    4. ^ 2009年9月6日2010年11月7日・2011年11月27日・2012年11月4日・2013年11月3日・2014年11月9日・2015年11月1日・2016年10月30日
    5. ^ 2008年11月2日、2009年9月13日、2010年7月25日、2011年9月11日、2012年10月28日、2013年9月8日、2014年10月5日。いずれも、安住は夏休み。
    6. ^ a b プレシャスサンデー』パーソナリティ就任に伴い降板。
    7. ^ テレビ『NEWS23』サブキャスター就任に伴い降板。
    8. ^ テレビ『S☆1』キャスター就任に伴い降板。
    9. ^ 2010年12月26日配信分のポッドキャストにおいて、中山は職を辞することを自ら発表した。
    10. ^ 2012年3月25日の放送、同日配信のポッドキャストにおいて、廣重はディレクターとなることを発表した。
    11. ^ TBS「安住紳一郎アナ」がラジオ生放送中に嗚咽 故・川田亜子アナへの心情を吐露(4/4)”. デイリー新潮 (2018年5月28日). 2018年6月9日閲覧。
    12. ^ ただし、2004年参院選の開票特番『票決!ライブ2004』にはキャスターの1人として出演している。また、2009年の『乱!総選挙2009』で再びキャスターに起用された。
    13. ^ 「ハッスル」で館山の情報発信にご協力ください(TBSラジオ 「安住紳一郎の日曜天国」) - 館山市役所
    14. ^ ただし、同日の開催で会場は隣接しているが、ラジフェス2016のイベントスケジュールには掲載されていない。
    15. ^ 「安住紳一郎の日曜天国」公開放送のお知らせ - 2016.10.17 TBSラジオ
    16. ^ a b 当番組での安住の発言。
    17. ^ radikoとは別に当番組公式サイトで独自に行われたもので、地域制限がない。
    18. ^ 一般的な略称は「熊附中」「附中」「附属中」。リスナーから指摘があったが、安住は親しみを込めてラジオでは勝手に呼び始めた「熊教中」で通している。ただし、『ぴったんこカン・カン』(2009年10月16日)でくりぃむしちゅー有田哲平の出身中学の話題になった際には「熊附中」と呼んでいた。安住は本番組同年10月25日放送で、テレビでは説明に時間を割けないため「気持ちに日和が生じた」と話している。
    19. ^ 10月1日(日) 安住紳一郎の日曜天国 放送後記”. TBSラジオ (2017年10月1日). 2017年10月1日閲覧。

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]

    TBSラジオ 日曜 10:00 - 12:00
    前番組 番組名 次番組
    安住紳一郎の日曜天国
    (2005年4月10日 - 2010年4月4日)
    (枠縮小)
    TBSラジオ 日曜 10:00 - 11:55
    安住紳一郎の日曜天国
    ※ 10:00 - 12:00
    安住紳一郎の日曜天国
    (2010年4月11日 - )
    ---