芸能リポーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芸能リポーター(げいのうリポーター)は、芸能人に関した取材を専門とし、記者会見で芸能人などに質問をする記者。

概要[編集]

1970年代中盤から、ワイドショーにてイエロー・ジャーナリズムである芸能ゴシップの扱いが増えた事により[1]スポーツ紙週刊誌の芸能担当記者から転身する場合が多い。番組の「芸能デスク」の役職につくリポーターもいて、芸能デスクは取材リポーターよりコメンテーターとしての側面が強い。

2000年代以降、ワイドショーが芸能ニュースのラインナップの扱いが少なくなり、既存番組が打ち切りになり、[2]、呼称も「情報番組」に替わって生活情報や政治、経済を扱う構成に変化して行った。

理由としては、テレビ局の番組制作費削減の煽りを受けて、芸能部門のスタッフを削減した。ワイドショー(情報番組)のキャスター、チーフプロデューサーが芸能ゴシップの扱いが好みでないと言う部分も番組演出に影響している部分がある[3]

また、一般国民が芸能情報を必要としなくなったこと、また、芸能人の側もプライベートの報告を自身のSNSにて発信する事が増えた点もある。 テレビ批評で知られる作家の麻生千晶は、梨元勝のようにケータイサイトを運営して、主な活動の場をテレビ番組から移す動きも見られる[2]

そのため、民放在京キー局のワイドショーでの芸能リポーターの出演機会が減って行ったため、芸能リポーターは準キー局基幹局が所在する西日本地域にて出演する機会が増えた。その傾向は以前と比べて強まっている。これには取材に充てる時間が減るというデメリットがある一方、在京テレビ局では様々なしがらみから話すことができない話題でも話せるというメリットがある。藤原紀香陣内智則の結婚話も、福岡の民放で最初に触れられたのが、その例である。

長谷川まさ子曰く、芸能リポーターは第三世代ぐらいまであり、第一世代は、故梨元、鬼沢、第二世代は井上、第三世代は駒井、長谷川がおり、「我々はペーペーになっちゃう。いつまで経っても誰も入ってこないのでペーペー」という。また、芸能リポーターは仕事がキツいために辞めてしまう人が多いと語っている[4]

コラムニストマツコ・デラックスは、芸能リポートというジャンル自体が梨元勝の死とともに終わった、との見解を示した[5]

井上公造と駒井千佳子は、昔は大勢いた芸能リポーターも現在10人くらいしか残っていない。若い世代もなりたがらずテレビ局も育てようしない。昔は仁義なき暴露合戦も行われていたが最近では芸能人に優しいリポーターが増えた反面「スーパースターが生まれなくなった」と話していた[6]

主な芸能リポーター[編集]

KOZOクリエイターズ所属
フジテレビ専属契約
芸能プロダクション所属
物故者及び2015年4月時点でテレビ・ラジオ等で発信していない芸能リポーター

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「GALAC」1999年11月号 特集「国民的番組!? ワイドショー」
  2. ^ a b “芸能リポーターは絶滅種に!?関西でもテレビから消える” (日本語). J-CASTニュース. 東京都. (2009年3月2日). http://www.j-cast.com/2009/03/02036909.html 2011年7月12日閲覧。 
  3. ^ 芸能コーナー減っている理由 リポーター不足で現場は大変!? 2015年5月2日 7:00
  4. ^ マイナビスチューデント 芸能リポーターは30年やっても下っ端の現状 2015年6月28日
  5. ^ マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日)2011年6月27日放送回でのマツコ・デラックス談。
  6. ^ 『さんまのまんま』 2014年10月25日付放送分
  7. ^ オフィスBIN所属
  8. ^ マネジメント所属は圭三プロダクション所属
  9. ^ 株式会社KIE所属
  10. ^ A3プロデュース所属

関連項目[編集]