はなまるマーケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はなまるマーケット
Hanamaru Market
ジャンル 生活情報番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
プロデューサー 周麻那、鈴木千春、山本一雄、富原宗祐
内田正(制作P)
出演者 岡江久美子
薬丸裕英
ほか
音声 モノラル放送
(モノステレオ放送)
字幕 リアルタイム字幕放送
データ放送 連動データ放送
オープニング ベイ・シティ・ローラーズ二人だけのデート-I only want to be with you-
(オープニングトークBGM)
外部リンク 公式サイト
番組開始から2005年3月まで
放送時間 平日 8:30 - 10:20(110分)
放送期間 1996年9月30日 - 2005年3月25日
2005年4月から番組終了まで
放送時間 平日 8:30 - 9:55(85分)
放送期間 2005年3月28日 - 2014年3月28日

特記事項:
110分時代は一部地域では9:55で飛び降り
テンプレートを表示

はなまるマーケット』は、TBS系列1996年9月30日から2014年3月28日まで、平日月曜日から金曜日)のに放送されていた生活情報番組。略称は「はなまる」。

目次

概要[編集]

1996年春、TBSはオウムビデオ事件での責任を取る形で、ワイドショーの廃止を発表した[1]。同枠の前番組『モーニングEye』や午後枠スーパーワイド』を打ち切り、秋改編で芸能・時事問題を扱わない2つの「生活情報番組」、本番組と『素敵なあなた』を開始させた。

本番組開始にあたり、TBSは当時のNHK情報番組を参考にしたという[2][3]

番組開始当時「半年間の“つなぎ”だから」とスタッフに言われたと番組10周年の記者会見で薬丸裕英[4]が語っていたが、結果的に1990年代後半以降開始のTBS平日帯番組の中では17年半も続いた唯一の長寿番組となった。

「とくまる」の部分はライオン一社提供[5]で、途中で佐藤遙子伊津野亮吉田玲奈山本英里(以前にも出演していたが、産休のため吉田に交替。2010年4月5日から再登場、その時のペアは佐藤。なお、吉田も引き続き出演)藤代太一による生コマーシャルが挿入される[6]。これまでは全ての枠で提供コメントがなかった[7]が、その後は「とくまる」のパートに限り提供コメント(前提供)が行われている。視聴者主婦の自宅を取材したVTRには視聴者宅のライオン製品が多く映される。

9時台は(一部は日替わりで)各社30秒ずつ。番組名の由来は、当時番組後半(前半は『モーニングEye』同様、ライオンが担当)(中盤はジャパネットたかたが担当)のスポンサーだったマイカルSATY(現在はイオンリテールイオン店舗)の「はなまる市」の宣伝のためのものだった。マイカルは安達祐実佐藤藍子を起用し「はなまる市」テレビスポットを大量投入していたが、番組スポンサーを行うことで全国エリアでの認知を目指した。

2000年には、姉妹番組『ウラまるカフェ』が同局の深夜枠で放送された。司会はブラザー薬丸(薬丸裕英の弟という設定。サングラスを着用していた)と豊田綾乃(TBSアナウンサー)が務めた。“おねむ”や“ウラまるアルバム”など「はなまるカフェ」に似せたコーナーもあった。ゲストも岡江久美子の夫・大和田獏、本家の裏番組情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系列)司会の小倉智昭など本家ではとても出せないような芸能人が多く出演した。また、深夜番組なので放送禁止用語などが頻繁に飛び交ったりしたため、豊田が「やっぱり、ウラマルだぁ」と感激していた。また、翌2001年には『帰ってきた!ウラまるカフェ』と改名して放送された。

2005年9月30日には放送開始9周年(九州年)と位置付け、初めてスタジオを飛び出し、福岡Yahoo!JAPANドームで生中継を行った。また、世界陸上大阪大会開催前日である2007年8月24日には、そのメイン会場である長居スタジアムから生中継を行った。

ハイビジョン化については、赤坂のTBS本社放送センター内の本番組で使っているスタジオのハイビジョン化工事が遅れたため、2006年1月になって、ようやくハイビジョン化されたものの、検討課題が多いとのことで、翌月中旬頃から一旦、SD(標準画質)ワイド放送にしてみたり、720iでの放送を実施したりと色々と試行錯誤してみたが、同年7月頃にようやく、まずスタジオ内の映像が1080iのハイビジョンで放送されるようになった。その後、翌2007年4月までには、取材部分も全面ハイビジョン化を行った。なお、朝や昼のワイド番組で取材部分まで全面ハイビジョン化をいち早く行ったのは、民放では本番組が初めてである。この時点、他番組では、スタジオ内の映像こそハイビジョン化されていたが、まだ取材部分はSD取材がほとんどだった。なお、本番組のビデオ保存については、スタジオのハイビジョン化工事が終わった時点から、ハイビジョンで収録保存している。2007年3月29日の放送からはリアルタイム字幕放送を実施している。

毎週金曜日には出演者のスケジュールの都合により、録画放送になる場合もある[8]。また、学校の長期休暇期間中など、オープニングやエンディングのみを新規に事前収録し、総集編や単発企画を放送することがある。逆にゲストの都合により「はなまるカフェ」のみ事前収録になることもある。なお、事前収録の場合、本来進行アナウンサーが担当する天気予報(台風接近時には台風情報も)は、報道フロア担当のアナウンサーが担当する。また、2010年7月2日までは、通常ハイビジョンで放送されるライオンの生コマーシャルも収録の場合はアスペクト比4:3画面となっていたが、後に全曜日ハイビジョン放送となった。

年末年始については、基本的に休止(曜日配列によって分かれる)となる。ただし、2001年 - 2004年については、年末は大晦日まで放送(11:24までの拡大版となった年もある)していた(当時の新聞ラ・テ欄で確認できる)。

2006年12月15日の放送で「トイレ掃除の前に熱湯を便器にかけると、消毒になり、汚れも落としやすくなる」などと紹介し、放送後、視聴者から「試したら便器にひびが入った」と苦情が寄せられたほか、同様の問い合わせがあった業界団体・日本衛生設備機器工業会からも指摘を受けた。TBSでは「便器を破損させる恐れがある」として、同種の方法を試さないよう本番組と番組ホームページで呼びかけた[9]

2008年6月17日の放送で放送3000回になり、これを記念して、パパイヤ鈴木の振り付け、演出によるはなまるオリジナルの携帯用着ムービーが1ヶ月間無料でダウンロードできるサービスを行った。2012年5月21日には放送4000回を迎えた。

2011年9月26日より、データ放送を実施。

2014年1月17日の放送中に突然画面が乱れ、約1分間カラーバーなどが放送されるトラブルがあった。その後放送再開後に字幕テロップで謝罪文を表示。また放送終了後に番組ホームページにて「送出関連のトラブルにより一時画面が中断されてしまいました」として視聴者に謝罪した。

番組の終焉[編集]

開始以来、時事・芸能中心のワイドショーが並ぶ中での「生活情報番組」という番組カラーもあって、関東地区における視聴率は長らく7 - 8%台をキープしてきた。しかし2010年代に入ってからは5%以下[10]を記録するなど低迷していた。2010年春にNHKが総合テレビでほぼ同時間帯に開始した同ジャンルの『あさイチ[11]に視聴者を奪われたことが背景にあるほか、他の民放各局が放送するワイドショーに対しても苦戦を強いられるようにもなった。これらが原因で2014年3月28日を以って17年半・4471回の歴史に幕を下ろした[12]

同年3月31日からは後継番組として、国分太一TOKIO[13]が司会を務める『いっぷく!』を開始した[14]。同日に終了した前座番組『朝ズバッ!』の後継番組『あさチャン!』の放送終了時刻が8:00になるのに合わせ、『いっぷく!』の開始時刻は、本番組より30分早い8:00[15]となる。また、芸能・時事・スポーツ関連のニュースも扱われる。

2013年11月27日に行われたTBSの定例会見で社長の石原俊爾は「私が編成現場にいた時にスタートしたので思い入れがある。17年間貢献して頂いた。長い間活躍してくれた出演者、制作スタッフに感謝したい」と述べ、番組終了を惜しんだ。編成局長の佐々木卓は終了理由について「今年度に入ってから視聴率が若干低迷していた。出演者や視聴者に感謝を込め、堂々と番組の区切りを付けられるタイミングを総合的に勘案して決めた」と説明した[16]

薬丸は『週刊文春』(2013年11月14日号)の直撃取材で番組終了を知らされ、その場で「50歳までやりたかった」とショックを隠しきれない様子で語った。なお、薬丸は同年3月31日より同時間帯にテレビ東京(一部時間帯のみBSジャパンでも放送)で生放送される同様の生活情報番組『生活情報マーケット なないろ日和!』の司会に就任[17]し、TBSの番組では『トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!』(2014年5月7日から、水曜19:00 - 19:56)のレギュラーに起用された。

薬丸は本番組終了直後、先述の『なないろ日和!』に加えフジテレビ『バイキング』の木曜レギュラーにも就任。2014年4月3日放送分の『バイキング』で岡江(ゲスト)と薬丸が共演した際に、コンビの「復活」とも報じられた[18]

放送時間、ネット局の変遷[編集]

2005年3月25日までは8:30 - 10:20(JST)までの放送で、青森テレビ静岡放送長崎放送および一時期の毎日放送、途中からの中国放送を加えた5局の飛び降り局と、一部の祝日の日と報道特別番組がある日は9:55までの放送だった。通常時のフルネット局でも不定期で9:55飛び降りを行った。

2005年3月28日からTBS平日ワイド大改編を行い、11時台前半に情報番組を新設(『きょう発プラス!』。現:『ひるおび!』)。これに伴い放送時間が9:55までとなり、放送枠が25分短縮された。その影響で「クイズママダス」が終了した。

開始当初のネット局は『モーニングEye』を引き継ぎ、JNN28局のうちテレビ山口山陰放送宮崎放送を除く25局。2009年3月30日から28局フルネットとなった。

開始当初未放映だったテレビ山口(1987年まではFNS系列とのクロスネット局だった)は開局からフジテレビ制作平日午前のワイドショー(『小川宏ショー』-『おはよう!ナイスデイ』-『ナイスデイ』)を放送し続けてきたが、1999年3月31日の『ナイスデイ』の終了を機にフジテレビ制作平日午前のワイドショーを打ち切り[19]、翌4月1日から本番組の同時ネットを開始した。ネット開始初回となった放送のオープニングで総合司会の2人が番組の流れや曜日別企画を紹介した。フジテレビ系列新局開局を伴わずにフジテレビ制作平日午前のワイドショーから本来の系列の番組への切り替えは1980年4月のIBC岩手放送の『小川宏ショー』打ち切り並びに『モーニングジャンボ奥さま8時半です』開始に次いで2例目となった。

山陰放送、宮崎放送は1966年以来テレビ朝日制作平日午前のワイドショー(『モーニングショー』-『スーパーモーニング』)を同時ネットしてきた。両局ともゴールデンタイムに放送された本番組の特別番組のみ同時ネットした[20]

宮崎放送が『スーパーモーニング』を放送していた頃、視聴者から宮崎放送に対し、「『スーパーモーニング』から『はなまるマーケット』にネットを切り替えてほしい」という声が多く寄せられていた[21]

両局ともにTBSが本番組を休止して同時間帯で放送する『JNN報道特別番組』、世界陸上オリンピックの中継などネット受けが定められている番組については、『スーパーモーニング』を休止してTBSからのネットを受けていた(番組放送時間中に急遽報道特番が組まれた場合、JNN冠が付かない場合は途中打ち切りはなかった)。『スーパーモーニング』の開始前は『みのもんたの朝ズバッ!』(後の『朝ズバッ!』)が8:27でエンディングとなり、ステブレがあり、飛び乗りで『スーパーモーニング』を始めていた。

2007年8月27日 - 8月31日は、9:55 - 10:50に「はなまるな世界陸上」というサブタイトルをつけて、TBSスタジオと長居陸上競技場の2元中継で本番組のメインキャスター陣・曜日レギュラーが引き続き進行する「世界陸上大阪大会」の模様を実況中継した。なお当時本番組をネットしていなかった両局にもネットされた。

2008年9月15日はコーナー内で宮崎を特集したが、肝心の宮崎放送ではネットされなかった(後述する宮崎放送のネット開始時に東国原がこのことを指摘した)。

2009年3月16日は『2009 ワールド・ベースボール・クラシック第2ラウンド「日本×キューバ」』中継を延長したため、実質9:00から放送を開始したため、「とくまる」を休止し、「はなまるカフェ」からスタートした。ただし、スポンサーの関係上、編成・EPG上は8:30から本番組としての扱いとなっており、8:30に一旦メインキャスターの2人が登場し(試合映像の右上にワイプ画面でスタジオが映る)、挨拶と中継が続く旨のコメントをした後、中継に戻った。中継終了後、現地の放送席とスタジオとのクロストークを挟んで、9:00から番組本編となった。この時間帯もライオンが提供しており、通常時と同様の提供クレジットを表示していた。なお、リアルタイム字幕放送も8:30から通常通り開始した。8:30までの本編では字幕放送がなかったWBC中継も、8:30以降は行われた。この時も山陰放送と宮崎放送は中継を8:30で飛び降りて『スーパーモーニング』に切り替わっていた。

2009年3月27日をもって、山陰放送、宮崎放送は『スーパーモーニング』を打ち切ったことで、翌週の3月30日より本番組の同時ネットが開始された。これにより、番組開始から12年半後にJNN28局フルネットで放送されるようになり[22]、同時に「はなまるニュース」にJNN協定が適用されることとなった。これに伴い両局ともに『朝ズバッ!』もフルネットになった。ネット開始初回となった2009年3月30日の放送のオープニングでは鳥取・島根・宮崎でのネット開始に触れ、母親が宮崎出身の岡江は感激していた。また、当時同県知事の東国原英夫によるVTRコメントもあった。テレビ朝日系列新局開局を伴わずにテレビ朝日制作平日朝のワイドショーから本来の系列の番組への切り替えはTBS系列局では初めてかつ唯一の事例となった。

2011年4月1日の『スーパーモーニング』終了の前日である同年3月31日をもって、前身『モーニングショー』からテレビ朝日系列平日午前のワイドショー枠をネットしてきた日本テレビ系列北日本放送四国放送が、前述の山陰放送・宮崎放送の『スーパーモーニング』打ち切り並びに本番組のネット開始以来となるテレビ朝日系列平日午前のワイドショー枠のネットを打ち切り、4月1日から本来の系列番組である『スッキリ!!』(日本テレビ)の同時ネットに切り替えたのに伴い、同年4月1日以降の本番組は1972年4月の『モーニングジャンボ奥さま8時半です』開始から39年目にしてテレビ朝日系列平日午前のワイドショー枠のネット局と放送地域を上回ることになり、同時間帯の番組としてはネット局と放送地域では最多の番組となった。

一覧[編集]

期間 放送時間(日本時間 ネット局
1996.09.30 2005.03.25 平日 08:30 - 10:20(110分) 25局
2005.03.28 2009.03 平日 08:30 - 09:55(085分)
2009.03.30 2014.03.27 28局

番組の流れ[編集]

オープニングトーク[編集]

番組導入部で行われるその日のレギュラーメンバーが揃ってトークするコーナー。『朝ズバッ!』の後、間にCMを挟まずに[23]始まるが、『朝ズバッ!』で紹介した内容に触れることはほぼない。例外として、『朝ズバッ!』のエンディングでおめざフェアが紹介されたことがあり、オープニングトークでみのもんたに感謝する場面があった。『朝ズバッ!』開始以前の頃は、一つ前の番組の終了直後に15秒間の予告を行い、CMを挟んで始まっていた。この予告内では主として「今日の目玉」→「とくまる」の内容紹介を行っていた。

ベイ・シティ・ローラーズの曲「二人だけのデート-I only want to be with you-」(2004年4月から2013年12月まではTommy february6のバージョン)をバックに岡江、薬丸の挨拶の後、その日のトークテーマに沿ったトークが展開される。2009年にオープニングが2部構成になってからは、明確なテーマも持たせた部分は第2部に任せる形としたため、第1部にあたるこの部分は軽めのトークとなっている。

その後、2人により曜日レギュラー、進行アナウンサーの順に呼ばれ(アナウンサーがオープニングトークを進行する場合も、アナウンサーよりも先に曜日レギュラーが呼ばれる)、さらにトークが展開され、最後にその日の放送内容を簡単に紹介した後、岡江のリードで「それでは今日も(月曜の場合は「今週も」)楽しくやりましょう! 『はなまるマーケット』、オープン!」、最終回は、「それではゴールに向かって行きましょう!『はなまるマーケット』、オープン!」と全員でコールしながらポーズを取り、番組がスタートする。以前地震など災害があった翌日などの放送では、「今日も頑張っていきましょう! 『はなまるマーケット』、オープン!」もしくは「今日も元気にいきましょう! 『はなまるマーケット』、オープン!」と変わることがあり[24]、特に東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生後の最初の放送となった2011年3月17日はポーズなしで岡江が「『はなまるマーケット』、スタートです」とコールするのみであった。また、岡江が夏休みの時ピンチヒッターが来た時は、薬丸のリードによる「今日も張り切っていきましょう! 『はなまるマーケット』、オープン!」に変化する。ただし、2008年の岡江の夏休みの際はピンチヒッターを一切呼ばなかったこともあり、薬丸ではなく曜日レギュラーが、岡江とほぼ同じ台詞でこの部分の音頭を取っていた。

なお、2009年にオープニングが2部構成になる以前は、以下のようなトークスタイルが見られていた。

新製品紹介
注目の新製品を進行アナウンサーが紹介する。日テレNEWS24(CS)・日本テレビOha!4 NEWS LIVE』の「モノ☆しり」や、テレビ東京ワールドビジネスサテライト』の「トレンドたまご」と、扱う製品が重複することがある。
はなまわる君
その日のトークテーマを決めるはなまわる君というルーレットが、シブがき隊 の「YMF COME TOGETHER」という曲に合わせて登場する。これは、事前に視聴者から募集したファクシミリメール用紙がそれぞれの封筒に入れて円形状にセットしてあり、ルーレットの上部に取り付けている矢印状のシートにより選ばれるしくみになっている。モダンチョキチョキズの曲「ジャングル日和」にあわせて岡江が回し、止める。赤が選ばれれば岡江が、白が選ばれれば薬丸が読むのがルールである。その内容は視聴者が日々の生活の中で感じる様々な疑問に二人がコメントを寄せる形で行われる。加藤シルビアがレギュラーに加わって以降、全くと言っていい程見られなくなった。
はなまるエプロン隊 オブ ザワールド
海保知里が司会者として参加していた頃に開始。海保(→赤荻)が、海外から来日した有名人にインタビューする(事前収録)。インタビューの最後に番組オリジナルのエプロンを相手に贈るのが恒例である。海保は通訳を介さずにインタビューしていたが、さすがに後任の赤荻は通訳を介して行っていたようである。そのためか回によっては、海保同様に帰国子女である新井麻希がインタビュー役を務めることもある(こちらは通訳なし。但しあくまで赤荻のスケジュールの都合による代役とのこと)。
また、ゲストが自らスタジオに生出演し、岡江や薬丸とトークすることもある。この場合は薬丸が番組オリジナルのエプロンを贈る形となる。
このタイプのコーナーは、他局では6 - 7時台の情報番組で行われることが多いが、「朝ズバッ!」がエンタメ枠をかなり短くしていることから、この番組で代替しているといえる。赤荻が去った後は放送されていない(ただし、スタジオ生出演のパターンは現在も時々行われている)。
赤荻歩の"和を極める"
赤荻が司会者として参加していた頃に数回放送。赤荻が日本の伝統やそれにまつわる事項を取り上げていた。赤荻が去った後は放送されていない。
はな玉(ボール)くん
2008年6月23日より登場。カプセルトイの容器が数個入った透明のボックスが、SMAPの「世界に一つだけの花」に乗せて登場する(初回のみシブがき隊の「スシ食いねェ!」だった)。容器の中にはある共通の大テーマに基づいたキーワードがそれぞれ入っている。この容器をボックスから1つ取り出し、中に入っているキーワードをテーマにしてトークを行う。これを同じ大テーマで、一週間の放送において毎回繰り返す(一度引かれたキーワードは翌日の放送では外される)。
初回のみ「はなだまくん」と呼んでいたが、翌日の放送からは「はなボールくん」という呼び名となった。最近は登場していない。
その他
ルーレットを使用せずにメッセージを読んだり、事件性を伴わない、前日にあった世の中の明るい出来事を取り上げたり(但し、あまりにも大きな災害が起きた翌日は、事件性があるとはいえそれに触れざるを得ないこともある)、前日のトークテーマを受けての解答編、さらに一週間通して共通のテーマを設けるなど様々なパターンが存在する。また、加藤がレギュラーに加わってからはVTRを交えたオープニングトークが多用され、後述のオープニング第2部へ拡大している。その他、TBSが放送権を持つスポーツイベントの期間中の放送では、そのスポーツイベントの話題が必ずといっていいほど取り上げられる。

曜日企画(オープニング第2部)[編集]

前述のように加藤シルビアのレギュラー入り以降、VTRを交えたオープニングトークが頻繁に見られるようになり、「クイズデイリーママダス2009」廃止で「とくまる」「はなまるカフェ」の2コーナー体制になってからはそのVTR自体も長く取られるようになったことから、2009年12月7日からは一旦「はなまるマーケット、オープン!」のコールを挟んで、それに続いてVTRを交えたテーマトークを行う形となり、オープニング自体が2部構成となった。公式サイトでもコーナー名は「オープニング」となっている。

2010年3月26日までの構成としては、2002年から2003年に放送されていた「はみだしセレクション」のコーナーに近く、トレンド情報や季節の話題など様々な日替わりの旬のトピックスに基づいてVTRを交えつつシルビアが解説をする形であった。日によっては休止され、この場合は「とくまる」を拡大して対応していた。

2010年3月29日からはこれを発展させ、曜日レギュラーが進行するコーナーとなった。過去にも曜日レギュラーのコーナー枠があり、番組立ち上げ当初は10時台の放送、後に「クイズママダス」と時間を入れ替え9時台後半に放送されていた(ただし、「アイアムレシピ」が放送されていた2002年9月から2003年3月までは一時的に10時台の放送となっていた)が、「クイズデイリーママダス2009」の開始に伴い、2009年4月24日の放送をもってすべて休止となっていた。それ以来、約11か月ぶりの復活となる。2012年9月ですべて終了となり、10月から日替わりとなった。

とくまる[編集]

番組開始当初より続いている「はなまるカフェ」と共に番組を支える柱となるコーナー。番組開始当初は「今日の目玉」というコーナータイトルであった。この時間帯における中心視聴者である主婦を対象に健康料理レジャーなどその時々でもっとも関心があるものや出来事にスポットをあて、それらの最新情報や便利な利用法をはなまるアナと呼ばれるリポーターのリポートでVTRやスタジオ内で紹介する。このコーナーから後述する様々な人気企画や関連書籍が生まれたり、生放送ならではのハプニングや機動性が発揮されるなど番組の長寿化を支えている。

特に傾向として目立つのが料理に関する話題である。旬の食材にスポットを当て、料理人や料理研究家の協力を仰いで家庭でも簡単に作れる料理のレシピを紹介したり、ハンバーグ、コロッケといった家庭の定番料理を敢えて採り上げ、それをプロの技で一段と美味しくする方法を紹介するコーナーなどが代表で、また定期的に視聴者からテーマを決めて創作料理を募集するコーナーもある。また、栄養・健康に関する話題は極力抑えており、あくまで美味しく料理を作り、食べることが主題である。過去と同じテーマが何度も採り上げられることも多い。

はなまるアナのリポートやその日のテーマに沿った専門家に直接スタジオに来てもらい説明を行なったことに対して、レギュラーメンバーが質問や意見を述べたり、はなまるアナがリポートの中で体験したことをメンバーが追体験することでコーナーが進行する。特に料理をテーマに選んだ際、コーナーの中で作られる料理を食べた際のメンバーの正直なコメントはしばしばTBSの他の番組で取り上げられるほどである(特に有名なのが、薬丸の「これ、美味しい!」)。

はなまるアナの右後ろにある説明テロップ等を表示するための液晶テレビはほとんどの番組(NHK・民放各局とも)ではメーカー名の部分にボディーと同色のビニールテープを貼り隠している(プラズマテレビやブラウン管テレビも同様)のに対し、当コーナーではメーカー名がはっきり読めるくらいアップで映ることがある。使用メーカーは番組の9時台後半に隔日提供を行っている三菱電機の製品を使用している。

はなまるカフェ→NEWはなまるカフェ→はなまるカフェ[編集]

ゲストを招いてのトークコーナーで、カフェに見立てたセットから放送。ゲストお気に入りの飲食物「おめざ」が用意され、「はなまるアルバム」と称する、ゲスト自らがインスタントカメラで撮影した日常風景を紹介する写真を解説する形でコーナーが進行する(長年、変化なくパネルに写真を貼る形だったが、2013年10月7日からはモニターに写真を表示するスタイルに変更している)。記念すべき第1回のゲストは山田邦子だった。最多出場と当コーナー最終回となった2014年3月27日のゲストは陣内孝則だった。ゲストが紹介する「おめざ」と写真を交えてのトークが人気を呼び、長寿番組を決定づけたコーナーである。原則として毎日1名(コンビやトリオの場合、1組)ずつだが、不定期で特別編として2名招くことがある。

2013年10月7日より番組リニューアルの一環として、「NEWはなまるカフェ」にコーナー名が変更されたが、1ヶ月で元のタイトルに戻っている。

このコーナーでの薬丸のトークの進め方の特徴は、相手に話を聞くとき、かならず「えっ、〜ですか?」のように、「えっ」という単語を用いることである。また、稀にゲスト等の都合により前コーナーのとくまるをこの時間に放送し、はなまるカフェはオープニング後の最初のコーナーで放送すること もある。2008年10月からは、曜日レギュラーも参加するようになった。2009年8月からはなまるパフェ(ゲストが視聴者からの質問に答えるコーナー)がスタートした。2009年8月から次回のゲストの名前がこのコーナーで表示されるようになった。

テーマ曲

  • 初代:? (1996年 - ?)歌ではなく、ナレーションにインストゥルメンタル曲をかぶせていた。
  • 2代目:サーカス(2000年8月以前? - 2001年4月以降?)ゲストにサーカスが登場した時、番組中にアカペラで唄ったものに服部克久作曲のオリジナルテーマ曲をかぶせたものを翌日から使った。
  • 3代目:0930(2001年10月以前? - 2004年12月)
  • 4代目:矢野顕子(2005年1月 - 2009年3月27日)
  • 5代目:秦万里子(2009年3月30日 - 2014年3月28日)

「はなまるカフェ」のオープニングの変遷

  • 初代:左から右、右から左にロゴが拡大され登場する。( - 2012年3月30日)
  • 2代目:両側にはなまる君が2人登場し中央は「はなまる」と表示し次にはなまる君が6人に増えて登場、次に両側に再びはなまる君が2人登場し中央は「はなまるカフェ」と表示される。

おめざ[編集]

本来子供がだだをこねる時に与える菓子を意味する「幼児語」のひとつである「おめざ」であるが、本番組ではゲストがお気に入りの飲食物のことを指している。番組開始当初は本来の意味通り菓子が中心であったが、番組が進むにつれ飲食物全般を指すようになり、やがて関連書籍の出版や「おめざ」が一堂に会する物販イベントの開催などその裾野が広がっていき、2000年代以降のお取り寄せブームの一翼を担うまでになり「おめざ」という言葉も一般化した。

「おめざ」の種類は全国の特産品飲食店の料理などが中心であるが、時にはゲスト自らが作って持ち込んだり、スタジオ内のキッチンで実際に作る場合もある。出来立ての「おめざ」を提供することをコンセプトにしているため、料理等において、基本的には日本国外の「おめざ」は登場せず、どうしても国外の「おめざ」が必要なときは国内の飲食店に頼んで、オリジナルに近いものを作ってもらっている。地方の飲食店の店員がゲストのためにスタジオに行き「おめざ」を作ることがよくあるのは、このためである。

番組開始当初は、斎藤がカフェの店員に扮してゲストのもとに「おめざ」を運び、それを紹介していたが、斎藤がレギュラーから外れた2004年3月末から2007年9月までの間は、コーナー開始時点で既にそれらがテーブル上に並べられており、岡江が椅子に座ったままで「おめざ」の紹介を行っていた。2007年10月からの一時期は赤荻が「おめざ」をテーブルに運んだ上で紹介を行うという2004年3月以前のスタイルに戻ったが、斎藤時代の「いらっしゃいませ、ようこそ『はなまるカフェ』へ」の台詞は省かれている。その後赤荻が座ったままで紹介するようになった。

なお、当番組内で紹介された“おめざ”の一部を全国のデパート等で販売する“おめざフェア”[25]が行われている。なお、2009年(詳細時期不詳・情報求む)からは、今後のおめざフェアの開催予定の告知がはなまるニュース(後述)の直前に挿入されるようになった。また、おめざフェアは、本番組終了後にオールTBSおめざ感謝祭と名称を変えて、継続している。

はなまるアルバム[編集]

ゲストのプライベートな写真数枚をゲストが解説して、トークをして行く。写真は、番組開始時は、最初は「はなまる君」が描かれた紙で隠されており、薬丸が勢いよく紙をはがし、1枚ずつ公開しながら話を進めていく。公開は2枚、まれに3枚同時の場合もある。2013年10月7日放送回より、大型モニターに表題の一覧を写し、薬丸が画面にタッチして写真を公開する方式に変更された。またゲストが過去に出演した際撮影した写真を改めて紹介する場合もタブレットPCを薬丸が操作して紹介することになった。途中でCMやはなまる伝言板を挟むこともある。写真の内容は主に放送日少し前のゲストが出演した番組、舞台の楽屋や自宅、外食した際のもの、はまっている物など様々である。

ここで紹介した写真は「おめざフェア」同様に百貨店に展開したことがあり、展覧会で公開されたことがある。

はなまる伝言板[編集]

はなまるカフェのCM明け、後半のトークの前に行われるゲストが出演するTBS系列の番組予告や舞台、映画などの宣伝告知である。読み上げは進行アナウンサーが担当し、その間、番組や舞台の予告映像やポスターが流れる他、ゲストの表情を映している。また、稀に「○○を探している(知りたい)ので、番組までご連絡ください。」と告知することもある。

はなまるランキング[編集]

2003年10月からの一時期のみ設けられていた。ゲストがあるテーマに基づいて選定したベスト3を紹介し、それをもとにトークを行うというもの。ランキングの読み上げは、2003年10月から2004年3月までのみ小林麻耶または高畑百合子(両名とも当時入社1年目で、「ママダス」のエプロン隊も兼務)が行っていたが、2004年3月以降は進行担当アナ(久保田→海保)が行った。

ただし廃止後もゲストにより類似の企画を行うことがある。

はなまるプレゼント[編集]

電話申し込み形式による視聴者プレゼント。はなまるカフェ終了時のCM前に賞品を紹介し、CM明けに応募方法が告知される。

エンディング[編集]

進行アナウンサーが天気を読み(はなまるニュースで天気を伝える場合は省略)、その後次の日のはなまるの内容(金曜日の場合だと翌週の月曜日)(年内最後の場合だと翌年の1月○日)(とくまるで特集する内容、はなまるカフェのゲスト。2009年4月までは曜日コーナーの内容も)を紹介する。

最後に、岡江が「それではまた明日(金曜の場合は「来週」)もはなまるでお会いしましょう。今日も1日(金曜の場合は「今週末も」)はなまるな日をお過ごしください。」、年内最後の場合は、「それでは皆さんもはなまるな新年をお迎えください。よいお年を。」、最終回の場合は岡江が、「それでは皆さん、これからもはなまるな毎日をお過ごしください。」薬丸が、「17年半本当にありがとうございました。」としめてその日の内容が終わる。なお、2009年(詳細時期不詳・情報求む)からは、挨拶終了後のCM入りの前に番組ホームページの紹介が挿入されている。スタッフロールはこのエンディングの際に表示され、後述のエンド5秒廃止後は右上隅に「CMのあとはニュース」の表示も出るようになった。

以前は次回の予告の後、時間まで今日の放送内容についてのトークが行われ、とくまるで言い忘れた内容があった時や、視聴者から大量の(特集した内容についての)ファックスが来た時などは、このエンディングトークでその日のはなまるアナが登場し、言い忘れた内容を言うなり、視聴者からの質問に答えるなりすることもあった。また、2002年秋からの一時期は「今日のはなまる」という、今日の放送の中で、はなまるをつける位良かったと思うことを岡江、薬丸、その日の曜日レギュラーがフリップに書いて出していた。ただ、「今日のはなまる」は「曜日企画」が長引いた場合などで「今日のはなまる」をやっていると終了時間に収まらないと判断した時は、省くこともあった。しかし、2011年頃からは予告の後直ぐに締めの挨拶に入るようになった。

なお、天気予報は基本的に進行アナの担当となっているが、2002年9月 - 2003年3月の間に限り、その週の「アイアムレシピ」担当アナが務めていた。

はなまるニュース[編集]

TBS報道局から最新ニュースを伝えるコーナー。番組開始から2010年10月1日までは本編内に内包されており、メインスタジオから薬丸が「はなまるニュースをお伝えします」と報道局のアナウンサーに呼びかける形で開始されていた(ただし、金曜日及び夏期・年末年始といった収録放送の場合は呼びかけがなく、CM明けに開始、さらにニュース内で天気予報を消化し、ニュースの後にいったんCMに行ってから本編のエンディングという形をとっていた)。当初、生放送の日はメインスタジオから伝えていたが、後に全ての日において、TBS報道局の『JNNフラッシュニュース』で使われているブースから伝える形になった。

非ネット局のあった2009年3月27日まではJNN排他協定が適用されていなかったため、「はなまるニュース」独自のフォーマットで放送されていたが、まれに取材源「JNN取材団」としてJNNの名前が出てくることがあった。2009年3月30日よりJNN排他協定適用のニュース枠となり、同時に他の時間帯のニュース番組のタイトルが一部を除き『THE NEWS』に統一されたため、本コーナーも「THE NEWS」のフォーマットで放送された。2010年3月28日夕方をもって同番組が終了したことに伴い、3月30日からは「JNNニュース」のフォーマットで放送されている(3月29日に限り「THE NEWS」のフォーマットを使用)。しかし、薬丸からの呼びかけは一貫して「はなまるニュースをお伝えします」のままであった。なお、排他協定適用後も、10月の長崎くんち中継日の長崎放送は本番組自体の放送がないため、例外的に未放送となる。

2010年10月4日からはエンディングを挟んで9:52 - 9:55に放送されている。番組の構成上は本編から完全に独立し、これは日曜深夜の『S☆1』と同様のパターン。このため、本番組が生放送の場合であってもメインスタジオからの呼びかけは一切なくなった。金曜日の天気予報は番組本編が事前収録だった場合のみニュース枠で放送されている。金曜日が生放送の場合は、他曜日同様に進行アナウンサーがスタジオから伝えている。現在でもニュースのコーナーはEPGラテ欄などでは独立した番組としての扱いになっておらず、形式的には本番組の番組内の1コーナーとして扱われている。ニュースのコーナーの冒頭で右上隅に「はなまる君」と「ニュース」のロゴが表示されている。ニュース終了時には「製作著作TBS」の表示を出すが、その後本編エンディングでのエンドロールに含まれるように変更された。この日以降、通常編成時のビデオリサーチ社の公表する視聴率は、本編(8:30 - 9:52)とはなまるニュース(9:52 - 9:55)で別々に出るようになった。

番組終了時点の出演者[編集]

※ここでいう「TBSアナウンサー」は正確には株式会社TBSテレビの所属である。

メインキャスター[編集]

MC(番組開始当初から)

進行アナウンサー(日替り) 2013年4月から、進行アナウンサーも日替りに変更。

レギュラー(曜日パーソナリティー)[編集]

主婦層向けの情報番組ということもあり、放送開始当初は既婚の女性タレントが起用されていた。 放送開始当初から出演していた早見優森尾由美原日出子服部真湖らは産休による休暇後も引き続き出演したが、2004年3月29日より、放送開始7年半にして、初めて全曜日レギュラーがベッキー天野ひろゆきなどの独身、男性タレントを初めて起用。レギュラーが一新され、2008年3月31日からも全曜日レギュラー交代された。さらに、2010年3月29日より菊池桃子柴田理恵以外のレギュラーが大幅に入れ替わり、本上まなみや天野以来の男性レギュラーとなる杉浦太陽の起用が発表された。卒業したレギュラー出演者は"はなまる名誉会員"として番組末期まで関わっていた。

はなまるアナ[編集]

※ 「とくまる」(以前の「今日の目玉」)で登場するリポーター。なお、第1回のリポーターは斉藤哲也。

はなまるニュース[編集]

岡江不在・休暇の対応[編集]

  • 2011年9月に2週間休暇を取り、曜日レギュラーが岡江の代役を担当していた。
  • 2012年4月23日に春休みのため休暇を取り、曜日レギュラーが岡江の代役を担当していた。岡江が休暇の間は「続いては『とくまる』です」を言うのは薬丸が担当する。
  • 2013年10月14日から2週間不在となり、曜日レギュラーが岡江の代役を担当[26]した。また曜日レギュラーとは別に日替わりゲスト[27]が1名出演した。

薬丸不在・休暇の対応[編集]

歴代の出演者[編集]

進行アナウンサー(番組開始から2013年3月まで)[編集]

補足

  • 海保は出演当時TBSアナウンサー(降板後の2008年6月末を以って退社)。
  • 久保田・海保・赤荻・竹内の4名は、司会者就任以前にも曜日コーナーの準レギュラーとして出演しており(後述)、新人時代は『エプロン隊』も務めた。中でも赤荻は進行アナを退いてからも、2009年4月から7月まで『クイズデイリーママダス2009』を担当し、2011年3月からは木曜コーナーのナレーターも担当するなど、断続的に番組との関わりを続けている。
  • 江藤は竹内のTBS退社(2012年10月)に伴う番組降板により、はなまるアナからの昇格となった。
  • 2004年3月29日から2005年3月25日の間は斎藤と久保田→海保のダブルキャスト制であったが、斎藤は原則として『オープニング』『クイズ!デイリーママダス』『エンディング』や、各コーナーの影読みのみを担当し、出番の多くは久保田→海保に譲った形になっていた。

レギュラー(曜日パーソナリティー)[編集]

担当曜日は「過去の曜日企画」を参照のこと。

準レギュラー(スペシャルパーソナリティー)[編集]

タレントなど

TBSアナウンサー(曜日別レギュラー)

「エプロン隊」以外の主な出演のみ記す。これ以外にも多数のアナウンサーが出演しており、ここに記したものはほんの一部分である。また、出戻り出演となるアナウンサーもしばしばいる。斜字になっている人物は、出演終了後退社、または異動した人物。

  • 佐藤文康(2001年4月? - 2002年3月(火曜))
  • 山内あゆ(2001年4月 - 2002年6月、2005年4月 - 2008年3月(ともに金曜))※2002年に産休のため一旦降板。産休明け後はなまるアナを経て金曜サブレギュラーに復帰するが、『イブニング・ファイブ』に専念のため再び降板。2013年春から5年ぶりに出演。
  • 久保田智子(2001年4月 - 2002年3月(金曜))※『おはよう!グッデイ』→『ウォッチ!』のため降板。『ウォッチ!』降板後の2004年春から半年間進行アナとして出演。
  • 竹内香苗(2002年4月 - 2004年3月?(金曜または木曜)※『みのもんたの朝ズバッ!』出演を経て、2010年9月27日より2年間進行アナとして出演。
  • 海保知里(2003年10月 - 2004年3月(月曜)、2004年4月 - 9月(金曜))※2004年9月から3年間は進行アナとして出演。
  • 高野貴裕(2004年4月 - 2006年9月(月曜)※数少ない「エプロン隊」未経験アナ。『筑紫哲也 NEWS23』のスポーツコーナー担当のため降板。2009年8月13日に240時間マラソンの宣伝で出演。
  • 豊田綾乃(2004年頃(木曜))
  • 新井麻希(2005年10月 - 2006年3月(木曜)、2007年10月 - 2009年4月(月曜)、2007年11月 - 2010年10月)
  • 藤森祥平(2006年4月 - 9月(木曜)、2009年4月 - 7月(木 - 金曜))
  • 伊藤隆佑(2006年10月 - 12月(月曜))※入社後初レギュラー。
  • 小笠原亘(2006年10月 - 2007年3月、2007年10月 - 2008年3月(ともに木曜))※2008年後半頃から「とくまる」で不定期ながら復帰。
  • 岡田泰典(2007年1月 - 3月(月曜))※番組末期まで「はなまるニュース」の担当。
  • 赤荻歩(2007年4月 - 9月(木曜)、2009年4月 - 7月(月 - 水曜))※2007年10月から1年間は進行アナ。2013年春からはなまるアナとして出演再開。
  • 井上貴博(2007年10月 - 2008年3月(水曜))※入社後初レギュラー。『みのもんたの朝ズバッ!』出演のため降板。
  • 杉山真也(2007年10月 - 2008年3月(水曜)、2008年4月 - 2009年4月(火曜))※入社後初レギュラー。
  • 佐藤渚(2010年11月5日 - 2011年10月ごろ)※2011年3月までは「クチコミラボ」(金曜)ナレーション、その後は「とくまる」に何度か出演したが、『Nスタ』にレギュラー出演することになったため事実上降板。

はなまるアナ[編集]

☆印はTBSアナウンサー。このうち斜字になっている人物は、出演終了後退社、または異動した人物

声の出演[編集]

  • 鈴木順(当時TBSアナウンサー、『本上まなみの気になる金曜日』キャラクター・きにじいの声)

過去の企画[編集]

歴代の曜日企画[編集]

歴代のコーナー名を閲覧の場合は「表示」をクリックされたい。

クイズママダス○○→クイズ!デイリーママダス[編集]

番組の放送開始時から2005年3月(一時中断時期あり)まであったコーナーで毎日9:55頃から20分程度行っていた(初期は9時台後半の放送,後に現在へ)。「クイズママダス○○」の「○○」には1900年代は下2桁の年号、2000年代は4桁そのまま表示された。岡江(黄)、薬丸(青)、曜日レギュラー(桃)と視聴者がペアを組み(欠員がある場合は原則としてその日の『はなまるカフェ』のゲストが代行)、さらにお揃いの色のエプロンを着てクイズに答えていくという内容で、視聴者のネームプレートには「主婦歴」が書かれている[30]。司会(ママダス博士)は斎藤哲也。

クイズは個人戦での「書き問題」、チームで答えをまとめる「当てはめ問題」が出題されるが、稀に「早押し問題」もあった。クイズに正解すると黄色のはなまる君が1体(値段当てはズバリ正解で2体、早押しは1問正解で1体)、5体獲得ごとに「5」と表示されたピンクのはなまる君1体と交換される(初期の頃にピンクのはなまる君は無く、黄色のはなまる君がズラッと並べられていた)。ゴングが鳴ると問題終了。一番多くはなまる君を獲得したペアが優勝。同点の場合は「トランプゲーム天国と地獄」でトランプを引き、数の大小で優勝を決めた。優勝したペアの視聴者は宝飾品が贈呈され、また最後にはなまるボックスに挑戦できる。

毎回、1問目はその日のテーマ問題。主に台所などのグッズ問題で、後にテーマが「グッズダス」というグッズ問題ばかりを出す事があった。2問目以降は値段当てクイズや主に4択の書き問題、○×クイズなどの当てはめ問題がランダムに出題された。

はなまるボックスは、斎藤の「Come on! はなまるBOX!!」の掛け声で登場。ポーズは2種類。当初は右腕を引くシンプルな形だったが、「はなまるカフェ」にパパイヤ鈴木がゲスト出演した際、彼の振り付けにより右腕を上げて1回転ジャンプのスタイルになった(その後も稀に以前のポーズも使用していた)。5個の箱(「は」「な」「ま」「る」「はなまる君」。初期は4個で「はなまる君」は無かった)の中から1つを選び、「海外旅行(グアムサイパン台湾など)」、「ペア温泉宿泊券」、「家庭用品または旬の素材または食事券」で、ハズレは2つある(はなまるボックスが4つの頃は1つ)。なお、ハズレが出た日は視聴者に横取りでペア温泉宿泊券プレゼントがあった。事前にハガキで応募を募り、ハズレが出ると岡江or薬丸がハガキを引いていた(優勝チームが岡江なら薬丸、薬丸なら岡江、曜日レギュラーチームならどちらかが引いていた)。

コーナー終了時は、斎藤の「クイズママダス○○(後にクイズデイリーママダス)、明日も!(金曜日は来週も!)」のコールの後、解答者が「見るダス!」とコールしてコーナーが終わる。

なお、アシスタント役「はなまるエプロン隊」は、10 - 3月期はその年の新人アナウンサーが、4 - 9月期は若手の男性タレントが務めていた。

2006年7月31日から2週間限定で復活。司会は海保が担当していた。

2014年3月17日から27日の2週間(21日は除く)「帰ってきた!クイズママダス」として復活。司会は17~26日は各曜日進行アナウンサー、最終日の27日は斎藤が担当。また岡江・薬丸・曜日レギュラーとペアを組む主婦の事前募集は行わず、以前番組にアンケートやロケ等で協力した「はなまる主婦」が出演。

構成は大人計画顔田顔彦

クイズデイリーママダス2009[編集]

  • 上記コーナーの復活版として、2009年4月27日から7月31日まで、9時台後半に放送されていた。司会(ママダス博士)は月 - 水が赤荻歩、木・金が藤森祥平。両者とも『総力報道!THE NEWS』に転出していたが、兼務という形での出戻り出演となった。加藤シルビアはエプロン隊として出演。
  • 旧ママダスとの違いは以下の通り。
    • 薬丸チームのイメージカラーが青から緑に変わっている。
    • テーマは従来通り最初の問題後の発表の場合もあれば、番組・コーナーの冒頭で発表することもあった。2009年7月13日からは、はなまるカフェ終了後のCM前にも発表される様になる。
    • 正解時の得点が、「はなまる君」からチームカラーの「はなまるスポンジ」に変更された。はなまるスポンジが5つ貯まると、5個分に相当する橙色の大きなはなまるスポンジに交換。
  • クイズ、得点は以下の通り。
    • 書き問題・主に4択問題。個人戦で、1人正解で1個。
    • 近似値問題・値段当て、年齢当て、個数当てなど。個人戦で、ズバリ正解で2個、それ以外は正解に1番近い人に1個。
    • 選択問題・当てはめ問題や、○×問題などの2択問題が2、3問出題。チーム戦で(個人戦の場合もあり)、1つ正解で1個。
    • 早押し問題・誤答、お手つきでのペナルティーは無し(お手つき2回で失格の場合もあり)。正解時に表示されている個数を獲得(1問正解で1個の場合もあり)。
    • ボーナスチャンス!ハーフ&ハーフ・レギュラーと一般参加の主婦が別々の2択or3択問題に答える。相談は不可。2人正解で3個、1人正解で1個。
  • 優勝賞品として高級宝飾品と、はなまるボックスで選択した賞品を獲得出来る。はなまるボックスは「は」「な」「ま」「る」「はなまる君」の5つから選択するのは前と変わらないが、ハズレが2つから1つに減り、賞品は「セブ島旅行3泊4日」「温泉ペア宿泊券」「週代わり商品[31]」「TBS ishop提供の商品[32]」となっている。
  • 斎藤時代にあったハズレが出た場合の「横取りで温泉」の替わりに、週に1回ある曜日のどこかで視聴者も参加出来る問題があり、番組やコーナーの冒頭で予告される。出題前に鐘が鳴ると視聴者参加問題となり、解答は携帯電話で送信。正解者の中から抽選で1名に電動自転車をプレゼント。当選者はコーナー終了前に抽選、発表される。発表する時間が無い場合は、番組のエンディングで発表する。

クイズHit the Panel[編集]

「クイズママダス」に代わるクイズコーナーとして2003年4月 - 6月に放送。司会は斎藤ではなく、薬丸が「H★ヤクマル」として司会をした。岡江チームと曜日レギュラーチームに分かれ、宝飾品や温泉旅行などの賞品を争った。

なお、本コーナー終了後「ママダス」再開までの3か月間は、その時間に「こだわりセレクション」という週替わり企画のコーナーが放送された。

アイアムレシピ[編集]

2002年9月 - 2003年3月。いわゆる料理コーナーで、その年度の新人アナ(川田亜子山田愛里)と、豊田綾乃の3名が週代わりで担当(新人アナをここで起用したのは、この年に「ママダス」が中断していた分の代替的な意味合いがある)。「はなまるカフェ」の後の9時台後半に放送されており、前述したようにこの時期の曜日コーナーは10時台に廻されていた。

本コーナー終了後、曜日コーナーが9時台後半に戻り、10時台には前述の「クイズHit the Panel」が新設された。

はなまるビビっと![編集]

2001年10月 - 2002年9月まで。世間の流行などをVTRなどで取り上げるコーナー。最初の半年間は、はなまるアナとしても活躍していた安住紳一郎または安東弘樹の両アナウンサーが、その年の新人アナとのコンビで伝えていたが、2002年春に安東が深夜番組『ワンダフル』へ異動したため、それ以降は中堅の局アナ(曜日替わり)が一人で担当するようになった。

はみだしセレクション[編集]

2002年9月30日 - 2003年9月26日。オープニングトークの途中で、突然「ポヨン♪ポヨン♪ポヨン♪ポヨン♪」とゴムまりがはねるような音がすると、画面が切り替わって斎藤が登場。時事ネタから季節ネタに至るまでの様々な日替わりの話題に基づいて、斎藤が自身で取材を行ったVTRを交えつつ、レギュラー陣に対して詳細に解説をするというコーナー。だいたい8:35頃から「今日の目玉」が始まるまで、5分間ほどのミニコーナーであった。なお、このコーナーがあった期間は、オープニングのフォーマットが前後の時期と大きく異なっていた(後述)。

現在のオープニング第2部は、このコーナーと似た性格のものとなっている。

はみだし歳時記[編集]

2003年6月30日から同年9月25日まで行われていた、5分ほどの企画。二十四節気を基に、その日のキーワードを紹介・解説していく。担当・斎藤。

はなまるドリル[編集]

2008年頃に放送されていたコーナー。コクヨの「ヒラメキ◆ノート[リンク切れ]を基にしたコーナーで、開始当初は「はなまるニュース」の前に放送されていたが、2008年8月頃よりニュース後に放送されるようになった。週ごとにテーマを設け(例えば「駅弁」、「お茶」など、季節にふさわしいテーマの場合あり)、それに関するVTRを1分程度流す。ナレーションは堀井美香(臨時で山内あゆが担当したこともあった)。

VTRの途中、「ここでBreak Time」というナレーションがあり、薬丸・岡江・赤荻・曜日レギュラーのうちの1人(あるいは全員)に、テーマに関する質問をする(例えば「一番好きな○○は? □□さん」など)。

最後にVTRの内容に関するクイズを3問、3択で出題する。ナレーションで解説される事項だけではなく、VTR映像を細かく見ていないと正解できない問題も出題される。各問題後に回答札を掲げ、3秒経過後正解が点滅して示される。「全問正解したあなたは○○(人物や物が当てはまる)。」○○とテーマを関連付けた解説をし、VTRが終了する。

ラスト5秒(クロージングタイトル)[編集]

エンディングトークの後CMを挟んでのクロージングタイトル部分。当初は次回の「今日の目玉」(→「とくまる」)の内容を司会者が再度告知する形であったが、その後、その日の「はなまるカフェ」のゲストが「明日もはなまる!」と呼びかける形になっていた。

なお、2010年10月4日より「はなまるニュース」が本編から切り離されたため、現在はエンディングトーク→CM→クロージング→CM→はなまるニュースの順番に変更されており、クロージングの部分で右上隅に「はなまる君」と「CMのあとはニュース」のロゴを表示する形になった。

金曜日にニュースとエンディングトークの間にCMが挟まる形になって以降は月曜から木曜のみの実施となったが、2011年頃からは全曜日でクロージングタイトルは設置されていない。

タイトルバック[編集]

出演者の「はなまるマーケット、オープン!!」の台詞に続き現れるタイトルCGは開始当初からおなじみであるが、2002年10月~2003年9月の1年間のみ全く異なるオープニングCGとなっていた(情報カメラの映像からフルCGに切り替わりタイトルが現れていた)。また、オープニングのフォーマットも変更され、8:30ちょうどにオープニングCG、その後にオープニングトークと「はみだしセレクション」というスタイルになり、「はなまるマーケット、オープン!!」の台詞すら廃止されていた。代わりに「今日の目玉」の予告を流し、それをバックに提供テロップが流れた。しかし、2003年10月にオープニングCG、フォーマットとも開始当初のものに戻された。

その後、地上デジタル放送開始に伴う番組のハイビジョン化と曜日レギュラー陣が総入れ替えされた2004年3月に、オープニングCGはそのままにBGMのみが変更されて続けられたが、それまでのオープニングCGは標準サイズ(4:3サイズ)に合わせて作られたものであったため、地上デジタル放送ではそのCGの文字が出てくる際、左右の部分が途切れており、ハイビジョン放送で流すには明らかに不自然であった。そのため、オープニングCGのみ2007年10月1日からはハイビジョン放送に対応した新しいものに変更された。

タイトルBGM[編集]

  • 初代:1996年9月 - 2002年9月、2003年10月 - 2004年3月
  • 二代目:2002年10月 - 2003年9月
  • 三代目:2004年3月 - 2014年3月(番組終了)

オープニングトークのBGM[編集]

書籍[編集]

  • 至福のお遣いもの―おうちでおめざ(ISBN 4847016068、2005年6月)
  • はなまるマーケットプラチナレシピ87(ISBN 4789723674、2004年9月)
  • 贈りたい贈られたい逸品至福のお取り寄せ-おうちでおめざ(ISBN 4847015657、2004年7月)
  • はなまるマーケット 奥さま虎の穴基本のレシピ(ISBN 4344003527、2003年6月)
  • 100yenインテリアスタイル―はなまるマーケット(ISBN 4847014634、2002年8月)
  • 「はなまるマーケット」食べてやせるレシピ集(ISBN 4789718573、2002年7月)

他、多数

特別番組[編集]

これらの特番は非ネット時代の山陰放送・宮崎放送でも放送している。ただし、2008年6月17日放送の「はなまるマーケットありがとう3000回SP」は、通常の放送時間に1時間拡大の放送だったためこの2局ではネットされなかった。また、一部地域では9:55で飛び降りる。

放送時間の変更および休止の事例[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成
    • 月曜日:志村和哉、三好千春、清松勝彦
    • 火曜日:高木英幸、村上知行、栗原淳子
    • 水曜日:竹尾明子、鶴間政行、栗原淳子
    • 木曜日:相川真紀、三好千春、坂田愛実
    • 金曜日:古屋啓子、村上知行、西田伸昌、竹田慎
  • TM:荒木健一
  • TP/TD:南賢治
  • TD:井上久徳、大蔵聡、望月隆、原田幸治、中野啓、山田賢司、依田純
  • VE:荒井秀訓、岡田雅宏、江川英男、佐藤公幸
  • カメラ:斉藤美由紀、柳田智明、朝比奈圭吾、中村年正、宮下政人
  • 音声:藤井勝彦、小山太、藤井忍、宇野仁美、渡邉学
  • 照明:ティエルシー
  • 編集:エフエフ東放
  • 効果:芦田功(アックス)(2009年6月30日までサウンズアートと表記)
  • TK:高橋あや(月)、佐々木望(火)、三浦涼子(水)、後藤リカ(木)、桑島晴美(金)
  • 美術プロデューサー:飯田稔
  • 美術デザイナー:坂根洋子
  • 美術制作:鈴木康裕
  • タイトル:安居院一展
  • 装置:篠原丈裕
  • 電飾:吉田晃子
  • 花装飾:石井信彦
  • 協力:タチカワブラインドNARUMIT-fal、Emily Temple Cute、ニコン、東京梨庵、METHOD、サウンドエッグノッグ、Chiyuki
  • 制作協力:東京ビデオセンターファーストハンド、BMC、JOB-XTBSトライメディア(旧PEC)、マイカンパニーフランジャイルクリーク&リバー社ウェザーマップ、BOB、リコー企画ジャニーズ事務所
  • 編成:保津章二
  • 宣伝:井田香帆里
  • AP:甲坂舞
  • ディレクター
    • 月曜日:黄地久美子、高橋淳生、志賀竜介、馬場あづさ、根布長綾、清宮之禎
    • 火曜日:佐藤成幸、大山祐美、丸峯加菜子、山崎三千代、黄地久美子
    • 水曜日:清宮之禎、奥山雄太郎、井上智香子、丸峯加菜子、小森あずみ、山崎三千代、黄地久美子
    • 木曜日:上林愛実、大山里那、氏家綾香、小川雄野
    • 金曜日:南泰信、塩野梨絵、藤本奈七、小林秀行、河合桃子、清宮之禎、小国一貴、細谷健、池浦正隆
  • プロデューサー:周麻那、鈴木千春、山本一雄、富原宗祐(周以外→以前はディレクター)
  • 制作プロデューサー:内田正(2008年10月1日 -、以前はプロデューサー)
  • 製作著作:TBS

小渕優子(現:衆議院議員)はTBS社員時代、本番組のアシスタントディレクターを務めていた(小渕は1998年にTBSを退社)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、TBSのワイドショーは2004年秋に『(特)情報とってもインサイト』を持って復活している。
  2. ^ 7~8時台ひとり勝ちのNHK 民放各局は朝ドラ対策に四苦八苦 2/2,NEWSポストセブン,2015年12月26日
  3. ^ 当時NHK総合テレビは同時間帯で『生活ほっとモーニング』(後述する『あさイチ』の前身番組)を放送していた。
  4. ^ その後、薬丸は同局の『DOORS』内でも、「半年で終わるつもりが…」と語っていた。
  5. ^ 時間にして8:30 - 9:00頃、『モーニングジャンボ奥さま8時半です』以来当該時間のスポンサーである。
  6. ^ このうち、伊津野は2009年4月よりbayfmにて生番組(現:『SKY GATE TRAVELLIN'GROOVE!!』)があるため基本的に金曜日には出演しない。ただし、事前収録の場合はこの限りではない。
  7. ^ モーニングジャンボ奥さま8時半です』の頃から続いていた
  8. ^ サイゾーウーマン
  9. ^ 「はなまるマーケット」に苦情…便器清掃法実践→ひびが入った”. 産経新聞 (2006年12月20日). 2007年6月6日閲覧。
  10. ^ 2012年秋からは2 - 3%台の回も多く出ていた。時間帯順位でもNHK総合テレビと民放キー局5社の中で第5位(第6位はテレビ東京)が定位置となっていた。
  11. ^ NHKは『あさイチ』の立ち上げにあたって、本番組のスタッフを制作会社ごと引き抜き、本番組の手法を取り入れ、番組制作を行っている(『週刊文春』2013年11月14日号)。司会者についても薬丸がかつて所属していたジャニーズ事務所の現役所属者・井ノ原快彦V6)を起用している。
  12. ^ 「はなまるマーケット」来年3月で終了 「あさイチ」に食われた スポーツニッポン Sponichi Annex 芸能 2013年11月6日閲覧。
  13. ^ 薬丸がかつて所属していたジャニーズ事務所の現役所属者。
  14. ^ TBS朝の顔に!国分太一、初MC帯番組が3・31スタート SANSPO.COM 2014年1月27日閲覧。
  15. ^ これによって、テレビ東京系列を除く民放のワイドショーが8時スタートとなる。
  16. ^ 産経新聞』2013年11月27付
  17. ^ 東スポWeb』2014年3月3日配信
  18. ^ [1],サンケイスポーツ,2014年4月3日
  19. ^ これに伴い、FNS非加盟局での該当枠のネットは終了した。
  20. ^ 『超豪華版!2000回記念はなまるマーケット!真夏の夜の大感謝祭』の例を挙げると、山陰放送では「BSSでは、通常は放送していません」というテロップを出したが、宮崎放送では同様のお断りテロップは出さなかったという。
  21. ^ 宮崎県のもう1つの民放テレビ局であるテレビ宮崎が『スーパーモーニング』と同じく事件・芸能ニュースを扱っている『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ制作)を放送しており、『とくダネ!』と内容が似かよった『スーパーモーニング』から生活情報番組の本番組への切り替えを希望する声が、宮崎放送が公式サイトに設けていた掲示板(後に閉鎖)に多く寄せられていた。ただし、2009年春改編以前の宮崎放送では「8:30 - 11:30(当時。2009年3月30日以降は9:55 - 11:30)はローカル編成の扱いであるため、またテレビ朝日や『スーパーモーニング』のネットスポンサー側からの要請もあるため」との説明をその掲示板などで行っていた。
  22. ^ 山陰放送における『スーパーモーニング』打ち切り・本番組のネット開始と同時に鳥取県島根県に所在する民放局からテレビ朝日系番組の同時ネット番組も全廃された。
  23. ^ 2012年4月2日から7月13日までは『みのもんたの朝ズバッ!』が放送終了した後に『TBS24時』が挿入されていた。そのため、TBS以外の系列局では『TBS24時』をCMに差し替えたため、ステブレレスではなくなった。なお、『マスターズゴルフ』の終了後の『JNNニュース』の終了後、2012年7月31日の『ロンドンオリンピック2012『男子体操』』ではCMが流されている。
  24. ^ なお、新潟県中越沖地震発生翌日の2007年7月17日は「今日も楽しく〜」であった。
  25. ^ 番組終了時点では、鹿児島市で「おめざフェア」が行われているが、当フェアは、31日まで行われる。
  26. ^ 10月24日は曜日レギュラーの熊谷も不在だったため、森尾由美が代役を担当。
  27. ^ 「NEWはなまるカフェ」のゲストとは異なり、はなまる名誉会員のメンバーが中心。
  28. ^ 2012年3月26・27日・4月2日・3日は薬丸が不在のため、司会代行を担当した。同年4月24日は「はなまるカフェ」で相方のウド鈴木が出演したため、途中で加わり出演していた。
  29. ^ TBSの情報番組では『サカスさん』以来の担当であった。
  30. ^ 1998年11月3日放送分でバレーボール世界選手権の宣伝を兼ねて中井美穂が参加していた。
  31. ^ 豪華お食事券、百貨店ギフトカード、お米50キロ、高級バックと財布のセットのいずれか。
  32. ^ 電子ピアノ、高級肌掛け布団、除湿乾燥機、コンピューターミシン、防水液晶テレビ、ひんやりアクア枕(2個セット)のいずれか。

外部リンク[編集]

TBS系列 平日午前のワイドショー・情報番組枠
前番組 番組名 次番組
はなまるマーケット
(1996年9月30日 - 2014年3月28日
いっぷく!
※8:00 - 9:55
(2014年3月31日 - 2015年3月27日
TBS系列 平日8:30 - 9:55枠
モーニングEye
※8:30 - 10:20
(1984年11月5日 - 1996年9月27日)
はなまるマーケット
(1996年9月30日 - 2014年3月28日)
いっぷく!
※8:00 - 9:55
(2014年3月31日 - 2015年3月27日)
TBS 平日9:55 - 10:20枠
モーニングEye
※8:30 - 10:20
1992年10月5日 - 1996年9月27日)
はなまるマーケット
(1996年9月30日 - 2005年3月28日)
奥さま劇場
※9:55 - 10:50
【35分繰り上げ】