西川哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TransparentPlaceholder.svg 西川 哲 Golf pictogram.svg
Tetsu NISHIKAWA
基本情報
名前 西川 哲
生年月日 (1968-05-02) 1968年5月2日(54歳)
出身地 東京都
経歴
成績
優勝回数 日本男子:3勝
初優勝 マルマンオープン
1991年
賞金ランク最高位 日本男子:20位(1992年)
2009年3月2日現在
テンプレートを表示

西川 哲(にしかわ てつ、1968年5月2日 - )はプロゴルファー東京都出身。血液型A型。師匠は青木功

人物・経歴[編集]

12歳からゴルフを始める。日本体育大学荏原高等学校卒業。同級生に佐藤弘道がいる。

高校卒業後、ゴルフ場で研修生をしながら1年でプロテストに合格。

1991年、プロ4年目、マルマンオープン尾崎健夫とのプレーオフを制し初優勝。同年の日本オープンではトップと1打差の3位タイに食い込む活躍を見せる。獲得賞金37,263,642円。

1992年ブリヂストンオープン倉本昌弘とのプレーオフに敗れ2勝目を逃す。獲得賞金51,735,257円。1993年デサントクラシックで2勝目を挙げる。獲得賞金38,644,754円。1994年、獲得賞金14,170,000円。1995年日経カップ 中村寅吉メモリアルで自己ベストの72H最少スコア269(19アンダー)を記録し3勝目を挙げる。獲得賞金21,831,546円。

1996年獲得賞金7,109,154円、1997年獲得賞金13,967,080円、1998年獲得賞金1,911,600円、1999年獲得賞金153,225円、2000年獲得賞金4,679,650円、2001年獲得賞金4,199,566円とキャリアを重ねる。

2002年は予選通過が3回にとどまり、獲得賞金1,310,400円。これ以降、2003年は予選通過2回のみで獲得賞金2,510,400円。2004年は予選通過1回のみで獲得賞金244,000円、2005年と2006年は一度も予選を通過できず、獲得賞金0円に終わる。2007年に獲得賞金894,000円を得るが、2008年以降は獲得賞金なし。

所属契約先はフィールズ株式会社、所属ゴルフ場はスターツリゾートスターツコーポレーション傘下)であるが、すでにツアープロゴルファーとしてはセミリタイア状態である。

自身の競技の他の活動[編集]

2006年以降は本格的にティーチングプロとして活動する。日本キャディー協会(ゴルフ)顧問。

また、父(西川幸男)の代より半世紀続く北海道静内での競走馬繁殖、育成の牧場を兄(山田太郎)と継ぎ、競走馬ファンド販売会社(愛馬会法人)である『東京サラブレッドクラブ』の代表取締役を務めている。2009年秋華賞を優勝したレッドディザイアは、同社が法人馬主である競走馬ファンド運用会社(クラブ法人)に現物出資した競走馬である。この勝利により、西川一族悲願のGI制覇を果たした。

家族[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]