尾崎健夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg 尾崎 健夫 Golf pictogram.svg
Tateo Ozaki
基本情報
名前 尾崎 健夫
生年月日 (1954-01-09) 1954年1月9日(63歳)
身長 181㎝
体重 81 kg (179 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県海部郡海陽町
経歴
成績
優勝回数 日本男子:15勝
初優勝 白竜湖ポカリスウェットオープン(1984年)
賞金ランク最高位 日本男子:3位(1984年・1985年)
2012年9月22日現在
テンプレートを表示

尾崎 健夫(おざき たてお、1954年1月9日 - )は日本のプロゴルファーである。

ジャンボ尾崎こと尾崎将司は兄で、尾崎直道は弟である。徳島県海陽町出身で海南高校野球部のエースとして活躍した。ドライバーショットがジェット機のように強烈なことから、アメリカの下部ツアー転戦時に若手プロらが「ジェット」と称して以来、ジェット、あるいは姓を続けてジェット尾崎、と愛称されている。

2012年8月10日に女優の坂口良子と挙式して「ぴったんこカン・カン」で放送された。坂口杏里は継子である。

高校野球[編集]

速球を得意とする投手大石友好とバッテリーを組んで1971年春季の徳島大会で優勝するが、四国代表決定戦で徳島商に敗れた。同年夏も県予選準々決勝で池田高に敗れた。控え捕手が捕れない伸びのある速球を投げ、練習試合では強豪であった。北川裕司セントラル・リーグ審判の谷博は高校の同期生である。ドラフト会議ヤクルトスワローズに3位指名されたが、兄と同じ道を歩む事を選択して兄の尾崎将司がヤクルト本社へ直接赴いて断り、プロゴルファーとなった。[要出典]

プロゴルフ[編集]

  • 18歳からゴルフを始め、1975年にツアープレーヤーになる。
  • 1976年 フィリピンオープンでツアーデビュー。

優勝歴[編集]

日本ツアー[編集]

シニアツアー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]