池田勇太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg 池田 勇太 Golf pictogram.svg
Yuta Ikeda
基本情報
名前 池田 勇太
生年月日 (1985-12-22) 1985年12月22日(34歳)
身長 176 cm (5 ft 9 in)
体重 76 kg (168 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県千葉市若葉区
経歴
プロ転向 2007年11月26日
成績
優勝回数 日本ツアー:21回
初優勝 日本プロ2009年
賞金ランク最高位 日本ツアー1位:(2016年)[1]
2019年6月2日現在
テンプレートを表示

池田 勇太(いけだ ゆうた、1985年12月22日 - )は、千葉県千葉市出身のプロゴルファー

略歴[編集]

  • 6歳のときにゴルフを始め、千葉学芸高校時代に日本ジュニア世界ジュニアゴルフ選手権で優勝。
  • 東北福祉大学在学中に日本アマでベスト4入り、日本オープンではローアマ入りの経歴あり、2005年2006年に、日本学生ゴルフ選手権競技で優勝。
  • 2007年 - プロテスト合格。
  • 2008年 - 実質プロ1年目で賞金ランキング52位、初シードを獲得。
  • 2009年 - 賞金ランキング2位、日本ツアー4勝。
  • 2010年 - 日清食品と所属契約を締結。これにより池田は日清食品の所属選手として「日清のどん兵衛」ロゴ入りのウェアーやサンバイザーなどを着用してプレーすることになった[2](2017年まで[3])。
  • 2010年 - アメリカ合衆国ジョージア州で行われたマスターズ・トーナメントに初出場。
    • この大会の初日で4バーディー、2ボギーの70で回り、首位と4打差の17位と好発進した。初出場の日本人の初日成績としては、過去最少ストローク記録を樹立する。結果は、決勝ラウンドに残るもトータル292(+2)の29位。
  • 2010年 - 賞金ランキング4位、日本ツアー4勝。
  • 2011年 - 賞金ランキング11位、日本ツアー1勝。
  • 2012年 - 10月のキヤノンオープン優勝にて、最年少でのツアー通算10勝目を挙げる(記録:26歳9か月)。敬愛する尾崎将司(記録:27歳8か月)を塗り替えたが、同年11月に石川遼によって塗り替え(21歳1か月)られた。
  • 2012年 - 賞金ランキング4位、日本ツアー1勝。
  • 2013年 - 日本ゴルフツアー選手会の会長を歴代最年少で就任[4]
  • 2013年 - 賞金ランキング9位、日本ツアー1勝。
  • 2014年
    • 賞金ランキング7位、日本ツアー1勝。
    • この年から全日本空輸(ANA)とスポンサー契約を結ぶ(2019年現在も継続中)[5]
  • 2015年 - 賞金ランキング3位、日本ツアー1勝。
  • 2016年
  • 2017年
    • 賞金ランキング4位、日本ツアー3勝[8]
    • 9月に行われたANAオープンプレーオフの末優勝。賞金2200万円を獲得して史上最年少となる31歳269日で生涯獲得賞金10億円を突破[9]。しかしこの記録も2019年に石川遼(28歳82日で達成)によって破られた[10]
  • 2018年
    • 日清食品との所属契約終了に伴い、この年からフリーとして活動[3]
    • 9月に行われたダイヤモンドカップゴルフでツアー通算20勝目を達成。中嶋、尾崎将に次ぐ男子ツアー史上3番目の最年少記録となった[11]。結局優勝はこれのみで、賞金ランキング5位[12]
  • 2019年 - 6月に行われたミズノオープンで優勝し[13]、全英オープンへの出場権を獲得。しかし9オーバー139位タイで予選落ち[14]。また日本国内ツアーもミズノオープンの1勝に終わり賞金ランキングも17位と不本意なシーズンとなった[15]

優勝歴[編集]

日本ツアー(21)[編集]

勝数
メジャー (3)
ツアー (18)
No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 2009年6月14日 日本プロゴルフ選手権大会 -14 (65-67-69-65=266) 7打差 日本の旗 立山光広
2 2009年8月30日 VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント -21 (69-66-69-63=267) プレーオフ 日本の旗 今野康晴
3 2009年10月11日 キヤノンオープンゴルフトーナメント -16 (64-72-64=200) 4打差 日本の旗 近藤共弘アメリカ合衆国の旗 ハン・リー英語版
4 2009年10月25日 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント -18 (67-67-71-65=270) 2打差 日本の旗 久保谷健一
5 2010年7月4日 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Lake Wood -17 (68-66-64-73=271) 3打差 日本の旗 薗田峻輔
6 2010年9月19日 ANAオープンゴルフトーナメント -14 (70-71-66-67=274) 1打差 大韓民国の旗 金度勲アメリカ合衆国の旗 ジェイ・チョイ英語版
7 2010年10月24日 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント -23 (67-71-65-62=265) 3打差 日本の旗 松村道央
8 2010年11月21日 ダンロップフェニックストーナメント -15 (67-66-70-66=269) 2打差 大韓民国の旗 金庚泰
9 2011年7月31日 サン・クロレラクラシック -14 (66-72-64-72=274) 1打差 日本の旗 平塚哲二
10 2012年10月7日 キヤノンオープンゴルフトーナメント -17 (66-68-68-69=271) 3打差 大韓民国の旗 黄重坤英語版日本の旗 手嶋多一
11 2013年11月3日 マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント -15 (63-69-70-67=269) プレーオフ 大韓民国の旗 S・K・ホ
12 2014年10月19日 日本オープンゴルフ選手権競技 -10 (64-68-66-72=270) 1打差 日本の旗 小平智日本の旗 片山晋呉
13 2015年8月30日 RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント -20 (66-65-71-66=268) 5打差 日本の旗 小田孔明
14 2016年4月24日 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ -13(67-73-66-65=271)[16] 3打差 大韓民国の旗 金庚泰オーストラリアの旗 マーカス・フレーザー英語版[16]
15 2016年10月10日 本間ツアーワールドカップ -14(68-67-69-66=270)[17] プレーオフ 大韓民国の旗 宋永漢英語版[17]
16 2016年11月27日 カシオワールドオープンゴルフトーナメント -13(72-64-67=203)[7] 1打差 日本の旗 正岡竜二[18]
17 2017年8月27日 RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント -18 (69-67-67-67=270)[19] 3打差 日本の旗 上井邦裕[20]
18 2017年9月17日 ANAオープンゴルフトーナメント -13(70-69-65-71=275)[21] プレーオフ 日本の旗 時松隆光日本の旗 今平周吾[9]
19 2017年10月15日 日本オープンゴルフ選手権競技 -8(67-66-67-72=272)[22] 1打差 日本の旗 金谷拓実(当時アマチュア)[23][24]
20 2018年9月23日 アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップゴルフ -15(69-66-66-68=269)[25] 6打差 南アフリカ共和国の旗 ジャスティン・ハーディング英語版[11]
21 2019年6月2日 全英への道 ミズノオープン at ザ・ロイヤル ゴルフクラブ -7(70-74-66-71=281)[26] 1打差 アメリカ合衆国の旗 チャン・キム[26]

プレーオフ記録(4-2)[編集]

No. 大会 対戦相手 内容
1 2009年 VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント 日本の旗 今野康晴 1ホール目、両者パー。2ホール目、今野が4オン。池田が3オン1パットのバーディー。池田の優勝。
2 2012年 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙 中華人民共和国の旗 呉阿順 日没によりピンまで45ヤードからのプレーオフとなった4ホール目、池田2オン1パット。呉1オン1パット。
呉の優勝[27]
3 2013年 マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント 大韓民国の旗 S・K・ホ プレーオフ1ホール目、ホが4オン。池田が2オン2パットのバーディー。池田の優勝。
4 2016年 本間ツアーワールドカップ 大韓民国の旗 宋永漢 日没により2日間に渡るプレーオフの通算9ホール目、池田が2メートルのバーディーパットを決め優勝[28]
5 2016年 平和PGM選手権 日本の旗 谷原秀人 プレーオフ2ホール目、谷原バーディー、池田パー。谷原の優勝[29]
6 2017年 ANAオープンゴルフトーナメント 日本の旗 時松隆光
日本の旗 今平周吾
1ホール目にパーの今平が脱落。2ホール目、時松が2打目と3打目をミスしてボギー。
2打目をしっかりグリーンに乗せ、バーディーを奪った池田の優勝[30]

その他[編集]

  • 3歳時に見たテレビドラマ『あぶない刑事』で主演俳優の柴田恭兵の大ファンとなり、プロゴルファーとなってからも海外遠征のたびに同作のDVDを持ち歩く[31]。2011年11月9日には同組でプロアマ戦に出場した柴田にアプローチを教えた[31]ほか、2016年1月24日にはテレビ番組『行列のできる法律相談所』で映画『さらば あぶない刑事』の柴田をはじめ主要俳優陣4人と共にゲスト出演し、前述の大ファンぶりが紹介されると共に4人との記念写真も撮影された[32]
  • 2011年現在、ゴルフ専門誌週刊パーゴルフ』にコラムページ『主役はオレだ!』を連載している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 朴相賢が初V、2位池田勇太は2億超で初の賞金王 - 日刊スポーツ、2016年12月4日閲覧
  2. ^ ただし、一部海外ツアーのみ「CUP NOODLE」ロゴのものを着用する。
  3. ^ a b 松山 タフなコース警戒「心が折れないように」 全英OP19日開幕 - スポーツニッポン新聞社、2018年7月19日配信、2018年7月20日閲覧
  4. ^ 特集・ジャパンゴルフツアー選手会長 池田勇太選手インタビュー - 日本ゴルフトーナメント振興協会
  5. ^ 池田勇太 地元千葉の台風15号の被害に心を痛め「今週は自分ができることをしっかりやりたい」 - スポーツニッポン新聞社、2019年9月11日配信、同日閲覧
  6. ^ 池田勇太 流れ作れず…無念21位「納得できない」 - スポーツニッポン新聞社、2016年8月14日掲載、2016年10月11日閲覧
  7. ^ a b カシオ・ワールドオープン最終成績 - スポーツニッポン新聞社、2016年11月27日閲覧
  8. ^ 国内男子 賞金ランキング(海外メジャーを含む) - サンケイスポーツ、2017年12月3日更新、2017年12月4日閲覧
  9. ^ a b 池田勇太がPO制し今季2勝目 史上最年少で生涯10億円突破 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2017年9月17日閲覧
  10. ^ "石川遼、史上最年少で生涯獲得賞金10億円突破!'19劇的V締め/国内男子". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 9 December 2019. p. 3. 2019年12月9日閲覧
  11. ^ a b 池田勇太がツアー20勝目 史上3位の年少記録 - スポーツニッポン、2018年9月23日配信、同日閲覧
  12. ^ 2018年度 国内男子 賞金ランキング - ゴルフダイジェスト・オンライン、2018年12月2日配信、同日閲覧
  13. ^ "池田勇太が逃げ切り21勝目/国内男子". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2 June 2019. 2019年12月9日閲覧
  14. ^ "松山英樹1年ぶり予選落ち シェーン・ローリーら首位". ゴルフダイジェスト・オンライン. 20 July 2019. 2019年12月9日閲覧
  15. ^ "国内男子 賞金ランキング(海外メジャーを含む)". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 8 December 2019. 2019年12月9日閲覧
  16. ^ a b パナソニックオープン最終成績 - スポーツニッポン新聞社、2016年4月24日掲載、2016年10月11日閲覧
  17. ^ a b 本間ツアーワールド杯最終成績 - スポーツニッポン新聞社、2016年10月10日掲載、2016年10月11日閲覧
  18. ^ カシオワールドオープン最終日は降雨中止 池田勇太が3勝目 - スポーツニッポン新聞社、2016年11月27日閲覧
  19. ^ RIZAP KBCオーガスタ最終成績 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2017年8月27日閲覧
  20. ^ 池田勇太が今季初V 2位上井邦裕、3位大堀裕次郎 - 日刊スポーツ、2017年8月27日閲覧
  21. ^ ANAオープンゴルフ最終成績 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2017年9月17日閲覧
  22. ^ 日本オープンゴルフ選手権競技最終成績 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2017年10月15日閲覧
  23. ^ 池田勇太が3年ぶり2度目V 金谷は2位 日本OP - 日刊スポーツ、2017年10月15日閲覧
  24. ^ “アマ世界一”金谷拓実、プロ転向 先輩・松山英樹と同じく大学4年で決断 - スポーツニッポン新聞社、2020年10月3日配信、2020年10月5日閲覧
  25. ^ 2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ 最終日 スコア結果 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2018年9月23日配信、同日閲覧
  26. ^ a b 2019年 ~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルGC 最終日 スコア結果 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2019年6月2日配信、同日閲覧
  27. ^ 池田“珍プレーオフ”で敗退…「見えません」 - スポーツニッポン新聞社、2012年9月10日掲載、2016年10月11日閲覧
  28. ^ 勇太81H目決着、一般営業日V 新キャディーと「新たなスタート」 - スポーツニッポン新聞社、2016年10月11日掲載、同日閲覧
  29. ^ 谷原秀人が今季3勝目、賞金トップ浮上 池田勇太とのPO制す - ゴルフダイジェスト・オンライン、2016年11月6日掲載、2017年9月13日閲覧
  30. ^ 勝負所でスーパーショット連発 池田勇太がプレーオフで貫禄勝ち - ゴルフダイジェスト・オンライン、2017年9月17日閲覧
  31. ^ a b 勇太「マジ!」活躍したら柴田恭兵と共演 - 国内男子ゴルフニュース : nikkansports.com
  32. ^ 『行列のできる法律相談所』(2016年1月24日放送回) - gooテレビ番組(関東版)

外部リンク[編集]