宮里優作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg 宮里 優作 Golf pictogram.svg
Yusaku Miyazato
Yusaku miyazato.jpg
基本情報
名前 宮里 優作
生年月日 (1980-06-19) 1980年6月19日(37歳)
出身地 沖縄県国頭郡東村
経歴
成績
優勝回数 日本:6勝
初優勝 ゴルフ日本シリーズ(2013年)
賞金ランク最高位 日本ツアー:2位(2015年)
2017年10月8日現在
テンプレートを表示

宮里 優作(みやざと ゆうさく、 1980年6月19日 - )は、沖縄県国頭郡東村出身のプロゴルファーである。東北福祉大学卒業。富士フイルム所属を経て2017年現在はフリー血液型はA型。趣味は映画鑑賞とスポーツ観戦[1]

人物[編集]

レッスンプロである宮里優の次男で、兄の宮里聖志、妹の宮里藍(同じ誕生日)もプロゴルファーという、ゴルフ一家である。父の教えの下3歳からゴルフを始め、アマチュアゴルフ界の数々のビッグタイトルを獲得する。大阪桐蔭高校同級生に福井強水田圭介。東北福祉大学在学中には主催者推薦枠などでプロツアーにも参加し、三井住友VISA太平洋マスターズアジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメントの2位タイなど活躍する。在学中の2002年12月にプロ宣言をし、翌年4月の東建ホームメイトカップでプロデビューを果たした。

しかしプロ転向後は、1年目からJCBクラシック仙台で2位に入るなど度々優勝争いに加わりながらなかなか優勝に手が届かず、初優勝は兄の聖志(2004年のアジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメントで初優勝)や妹の藍に遅れをとった。

2003年はアメリカPGAツアーの予選会で、第1次・第2次予選を通過するも、最終予選で涙を飲んだ。2004年は第2次予選で敗退してしまい、2005年は米国の予選会を受験しなかった。 2006年8月25日のアメリカPGAツアー・リノタホ・オープン第2日において、1ラウンドで2回のホールインワンを達成した。これは長い歴史を持つアメリカPGAツアーでも、史上2度目の快挙であった。

日本屈指の飛ばし屋であり、2007年ドライビングディスタンス3位、参考記録のトータルドライビングでは2006年、2007年に1位を獲得しているため、飛ばしながらフェアウェイに乗せる率が高いという特徴を持つ。

2013年12月8日ゴルフ日本シリーズ最終日、最終18番ホール(PAR3)を2位と3打差の首位で迎えたが、ティーショットがグリーンを捉えられず、第2打もミスショットとなりラフに。傾斜が激しく3パットする選手も多いグリーンのため一転してプレーオフや逆転される可能性が出るピンチに陥るが、3打目が直接入ってチップインパーとなり、遅まきながらプロ転向11年目・33歳で悲願のツアー初優勝をメジャー大会で飾った。

経歴[編集]

優勝歴[編集]

日本ツアー (6)[編集]

勝数
メジャー (2)
ツアー (4)
No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 2013年12月8日 ゴルフ日本シリーズJTカップ -13 (66-66-64-71=267) 3打差 中華人民共和国の旗 呉阿順
2 2014年4月20日 東建ホームメイトカップ -14 (71-66-68-65=270) 2打差 日本の旗 岩田寛
3 2015年11月22日 ダンロップフェニックストーナメント -14(67-70-64-69=270) 2打差 日本の旗 松山英樹日本の旗 藤本佳則
4 2017年4月30日 中日クラウンズ -13 (67-65-67-68=267) 1打差 日本の旗 藤本佳則/日本の旗 谷口徹
5 2017年5月14日 日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯 -12(71-66-73-66=276)[8] 3打差 オーストラリアの旗 ブラッド・ケネディ英語版[6]
6 2017年10月8日 HONMA TOURWORLD CUP -22(61-68-65-68=262)[9] 3打差 日本の旗 片山晋呉[7]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮里優作プロフィール” (2015年1月15日). 2015年1月15日閲覧。
  2. ^ 宮里優作が初V、ツアー11年目 男子ゴルフ最終戦”. 朝日新聞デジタル (2013年12月8日). 2013年12月8日閲覧。
  3. ^ “宮里優作が逃げ切り今季初V 松山英樹は連日のイーグル締めで2位”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2015年11月22日). http://news.golfdigest.co.jp/jgto/5089/article/60557/5/ 2015年11月22日閲覧。 
  4. ^ “宮里優作が新選手会長「試合が増えるような基盤を」”. 日刊スポーツ. (2016年1月6日). http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1588630.html 2016年1月7日閲覧。 
  5. ^ “優作“会長載冠”劇的!PO寸前バーディー決着 2年ぶり4勝目”. スポーツニッポン. (2017年5月1日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/05/01/kiji/20170430s00043000550000c.html 2017年5月1日閲覧。 
  6. ^ a b “宮里優作が2戦連続V 故郷に錦 ツアー通算5勝目”. 日刊スポーツ. (2017年5月14日). http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1823346.html 2017年5月14日閲覧。 
  7. ^ a b 宮里優作スーパー完全Vで今季3勝目 史上初4日間ノーボギー&首位”. スポーツニッポン (2017年10月8日). 2017年10月8日閲覧。
  8. ^ 日本プロ選手権 日清カップヌードル杯 スコア詳細”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2017年5月14日). 2017年5月14日閲覧。
  9. ^ ホンマ・ツアーワールド・カップ スコア詳細”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2017年10月8日). 2017年10月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]