前田新作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TransparentPlaceholder.svg 前田 新作 Golf pictogram.svg
Shinsaku Maeda
基本情報
名前 前田 新作
生年月日 (1952-02-09) 1952年2月9日(69歳)
身長 172 cm (5 ft 8 in)
体重 67 kg (148 lb)
出身地 大阪府
経歴
成績
優勝回数 8勝
賞金王 1984年
賞金ランク最高位 日本男子:1位 (1984)
テンプレートを表示

前田 新作(まえだ しんさく、1952年2月9日 - )は大阪府出身のプロゴルファー。

人物[編集]

茨木市の中学を卒業。18歳でプロデビューを果たし、デビュー戦の美津濃オープンで優勝。パッティングの巧さで将来を期待されたが、21歳で1児の父になるという早婚と責任感から空回りする。1975年KBCオーガスタでは猛暑の中で杉原輝雄尾崎将司らが予選落ちし、最終日に66の猛チャージを見せた前田と石井裕士が10アンダーで並び大会初のプレーオフとなり、前田がこれを制して涙の初優勝を遂げた[1]1976年日本シリーズでは最終日にサスペンデッドゲームの末で優勝を果たし、同年には関西オープン関西プロも制している。1984年に関西出身では初の男子賞金王に輝き、1998年日本プロゴルフ協会最優秀会員の表彰を受けた。1999年アメリカ合衆国フロリダ州のフィル・リッツェンで学び、2009年から日本プロゴルフ協会副会長を務めたが、2013年6月指定暴力団道仁会の小林哲治会長とゴルフをしていたことが発覚し、その責任をとる形で同年10月5日に副会長を辞任[2][3]

主な優勝[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]