宮本勝昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
No image.svg 宮本 勝昌 Golf pictogram.svg
Katsumasa Miyamoto
基本情報
名前 宮本 勝昌
生年月日 (1972-08-28) 1972年8月28日(46歳)
身長 174 cm (5 ft 9 in)
体重 76 kg (168 lb)
出身地 静岡県熱海市
経歴
プロ転向 1995年
成績
優勝回数 日本ツアー:11勝(公式戦:5回)
初優勝 つるやオープン(1998年)
賞金ランク最高位 日本ツアー:4位(1998年)
2014年12月8日現在
テンプレートを表示

宮本 勝昌(みやもと かつまさ、1972年8月28日 - )は、静岡県熱海市出身のプロゴルファーである。

経歴・人物[編集]

中学1年からゴルフを始め、中学3年生の時に日本ジュニアゴルフ選手権で3位に入る。ゴルフの名門校である茨城県水城高等学校に進学し、全国高校選手権で団体2連覇。日本大学のゴルフ部では片山晋呉横尾要と同期でライバルだった。

1991年、大学1年生の時に日本アマチュアゴルフ選手権で、同じ日本大学の先輩丸山茂樹を破って優勝した。

1995年のプロゴルファーテストで、宮本と片山、横尾は3人揃って合格し、プロ転向後も身近なライバルとなった。1998年つるやオープンゴルフトーナメントでツアー初優勝を挙げ、年間最終戦のゴルフ日本シリーズでも優勝する。このビッグ・タイトルを手に入れた宮本は、同年末のアメリカPGAツアーの「クオリファイイング・スクール」に合格し、1999年度はアメリカツアーに戦場を移したが、米国ツアーのシード権維持に必要な賞金額(賞金ランキング125位以内)を確保できずに1年で日本へ帰国した。

2001年日本ゴルフツアー選手権優勝で、日本ツアーの5年シード権を獲得する。同年のゴルフ日本シリーズで3年ぶり2度目の優勝を飾った。2003年NST新潟オープンでツアー5勝目を挙げて以後は勝利から遠ざかっていたが、2007年KBCオーガスタゴルフトーナメントで4年ぶりの通算6勝目を飾る。

ちなみに、2007年のマンシングウェアオープン KSBカップは、石川遼が初優勝した大会だが、石川はアマチュアのために賞金を受け取れず、繰り下がって2位の宮本が優勝賞金2000万円を受け取ることになった。しかし、宮本は「金額じゃない。やっぱり、勝つことが大事なんです」と悔しがった[1]

2008年から日本ゴルフツアー機構の選手会会長を務め、国内ツアー開幕戦の東建ホームメイトカップで逆転優勝を飾り、ツアー通算7勝目を挙げた。

優勝歴[編集]

日本ツアー (11)[編集]

勝数
メジャー (5)
ツアー (6)
No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 1998年4月19日 つるやオープンゴルフトーナメント -17 (69-65-69-68=271) 1打差 オーストラリアの旗 ピーター・マックウィニー英語版
2 1998年12月6日 ゴルフ日本シリーズJTカップ -5 (64-67-75-69=275) プレーオフ 日本の旗 尾崎将司
3 2001年7月1日 日本ゴルフツアー選手権 イーヤマカップ -15 (69-67-68-69=273) 7打差 コロンビアの旗 エドアルド・エレラ英語版インドの旗 ジーブ・ミルカ・シン
4 2001年12月2日 ゴルフ日本シリーズJTカップ -12 (72-64-66-66=268) 1打差 日本の旗 中嶋常幸日本の旗 伊沢利光
5 2003年7月27日 サトウ食品NST新潟オープン -17 (65-71-69-66=271) 1打差 アメリカ合衆国の旗 グレゴリー・マイヤー
6 2007年8月26日 KBCオーガスタゴルフトーナメント -15 (64-64-70-71=269) 1打差 日本の旗 小田孔明オーストラリアの旗 スティーブン・コンラン英語版
7 2008年4月20日 東建ホームメイトカップ -8 (71-66-73-66=276) 1打差 日本の旗 手嶋多一
8 2010年6月6日 日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills -5 (69-67-68-75=279) 3打差 日本の旗 藤田寛之
9 2014年9月21日 ANAオープンゴルフトーナメント -18 (68-67-68-67=270) プレーオフ 日本の旗 谷原秀人
10 2014年12月7日 ゴルフ日本シリーズJTカップ -9 (68-67-71-65=271) 1打差 タイ王国の旗 プラヤド・マークセン
11 2017年7月30日 ダンロップ・スリクソン福島オープン[2] -22 (66-68-69-63=266)[3] 1打差 大韓民国の旗 ホ・インヘ英語版

プレーオフ記録 (2-3)[編集]

No. 大会 対戦相手 内容
1 1998年 ゴルフ日本シリーズJTカップ 日本の旗 尾崎将司 18番、17番の繰り返しの4ホール目の17番で尾崎がパー、宮本がバーディー。宮本の優勝。
2 2003年 アイフルカップゴルフトーナメント 日本の旗 手嶋多一 1ホール目、宮本2オン2パットのパー。手嶋2オン1パットのバーディー。手嶋の優勝。
3 2003年 アコムインターナショナル 日本の旗 倉本昌弘日本の旗 尾崎将司 1ホール目、倉本2オン2パットのパー。宮本、尾崎3オン2パットのボギー。倉本の優勝。
4 2014年 ANAオープンゴルフトーナメント 日本の旗 谷原秀人 1ホール目、谷原3オン、宮本2オン1パットのバーディ。宮本の優勝。
5 2017年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 日本の旗 久保谷健一 1ホール目、宮本がティーショットをOBにしてダブルボギー。久保谷ボギー。久保谷の優勝[4]

その他[編集]

  • 1998年 - 第20回 ハワイパールオープン

失格歴など[編集]

  • 過去3回、スコアの過少申告により失格となっている。また失格とはならなかったものの、2017年の『ダンロップフェニックストーナメント』3日目ではスタート時刻に数分遅れ、さらにスタート後にクラブを1本超過したことが発覚し4罰打を科された[5]

脚注[編集]

  1. ^ JGTO Official Homepage最終日1日36ホールの末に72ホールを消化、最終順位が決定!
  2. ^ 63で逆転の宮本「チャンスが来ると予感していた」/国内男子 - サンケイスポーツ、2017年7月30日閲覧
  3. ^ 2017ダンロップ・スリクソン福島オープン スコア詳細 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2017年7月30日閲覧
  4. ^ 「64」の久保谷健一が“おじさん対決”プレーオフ制し7勝目”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2017年4月23日). 2017年9月7日閲覧。
  5. ^ “宮本、インスタートの10番で4罰打/国内男子”. サンケイスポーツ. (2017年11月19日). http://www.sanspo.com/golf/news/20171119/jgt17111905010003-n1.html 2018年2月7日閲覧。 

外部リンク[編集]