杉本英世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TransparentPlaceholder.svg 杉本 英世 Golf pictogram.svg
Hideyo Sugimoto
基本情報
名前 杉本 英世
生年月日 (1938-02-16) 1938年2月16日(83歳)
出身地 静岡県田方郡小室村
経歴
殿堂表彰者
選出年 2015年
選出部門 レジェンド
2015年12月14日現在
テンプレートを表示

杉本 英世(すぎもと ひでよ[注 1]1938年2月16日 - )は、静岡県田方郡小室村(現・伊東市)出身のプロゴルファー

息子の英樹もプロゴルファー。

人物[編集]

父は伊東湾から大島の間を漁場としていた漁師で、イカ釣りやキンメダイ漁で生計を立てていた[1]。杉本も5歳から海に入り、水の怖さを教えられた後は、魚をで突くのが日課になる。中学生の頃にはブダイイセエビをバケツ一杯に捕ったほか、サザエアワビも食べて育った[1]。3日置きに風呂の水を汲みに行く仕事もあり、天秤棒に通した2つの水桶を担いで、高低差300mの急斜面を3往復した[1]。当時の子供達の遊び場は川奈ホテルGCであり、杉本も木箱の底にで2本そりをつけて、斜面を滑り降りる芝そりを楽しんだ[1]。中学進学後は川奈でキャディのアルバイトも始め、伊東高校時代は並外れた体格であらゆるスポーツを手掛ける。ソフトボールでは80メートルもかっ飛ばし、リレー走では5人抜きを演じ、柔道は始めて8ヶ月で黒帯を取得。野球は当時毎日オリオンズ選手兼任監督であった別当薫からプロ入りを勧められるほどであったが、卒業後は川奈ホテルに就職。ホテル業の研修を受けながらプロゴルファーを目指し、玄関のベルボーイ、フロアの清掃係でワックスがけ、客室係でベッドメーキング、夜警の4種類をやらされた一方で、初めて18ホールを回れるようになった。練習はキャディハウスのあった大島コースがもっぱらであったが、富士コースは出勤前の早朝に10番からのハーフのみが許され、川奈で練習していた陳清波から指導を受けた[1]1959年我孫子GCで行われたプロテストに合格し、1963年読売国際ダグ・サンダースアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)に次ぐ2位に入ると[2]、同年8月にはオーストラリアパースへ遠征。カリーニャップ湖ボウルで地元のケル・ネーグルに次ぐ2位と結果を残し[3]1964年日本オープンで並み居る強敵に苦戦の末に初優勝を飾る[4]1965年から1967年にかけて3年連続でワールドカップ日本代表に選出され、9年ぶり2度目の日本開催となった1966年には個人でジョージ・クヌードソンカナダの旗 カナダ)に次ぎ、呂良煥中華民国の旗 中華民国)、ジャック・ニクラス(アメリカ)、アーノルド・パーマー(アメリカ)、ハロルド・ヘニング南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国)、ボブ・チャールズニュージーランドの旗 ニュージーランド)、ブルース・デブリンオーストラリアの旗 オーストラリアゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)、ロベルト・デ・ビセンツォアルゼンチンの旗 アルゼンチン)を抑えての2位と健闘。団体では河野光隆とペアを組み、ニクラス&パーマー(アメリカ)、ヘニング&プレーヤー(南アフリカ)、陳清波&呂良煥(中華民国)、デブリン&ネーグル(オーストラリア)に次ぎ、フランク・ファウラー&クヌードソン(カナダ)、ビセンツォ&レオポルド・ルイス(アルゼンチン)、ドナルド・スウェレンス&フローリー・ファンドンクベルギーの旗 ベルギー)、バレンティン・バリオス&セバスチャン・ミゲルスペインの旗 スペイン)、ピーター・アリス&トニー・ジャクリンイングランドの旗 イングランド)を抑えての5位に入った。1966年の香港オープンではフランク・フィリップス(オーストラリア)の2位に入り[5]、1967年のシンガポールオープンではベン・アルダフィリピンの旗 フィリピン)の2位に入る[6]。同年にはマスターズ出場も果たすが、同年11月ハワイアンオープンを寝坊による遅刻で失格。日本プロゴルフ協会から国内試合の1年間出場禁止を言い渡されるが、困った杉本は米国PGAツアーのプロテストを受けて見事合格し、日本人プロ初の米国ツアーライセンスを取得。米国ツアー挑戦の先駆けとなり、単身参戦で英語辞書を片手に1年間全米を駆け巡る。オービル・ムーディチチ・ロドリゲスプエルトリコの旗 プエルトリコ)、リー・トレビノが行動を手助けし、17試合に出場して9試合で予選通過。テネシーオープンボビー・グリーンウッドの2位に食い込み、『ビッグ・スギ』の愛称が付いた。北海道勇払郡むかわ町にはその愛称を冠し、杉本自身がコース監修を行った「ビッグスギゴルフ倶楽部」[7]があったが、2018年9月北海道胆振東部地震でコース全体が被害を受け、その改修費用の確保が難しいとして2019年5月末をもって閉鎖されることになった[8]。マスターズ2年連続出場、全米オープン初出場を果たす。帰国した1969年には5年ぶり2度目の日本オープンを始め、年間7勝と当時としては驚異的な記録を残し、台湾オープンアジアサーキット初制覇[9]。日本オープンは大乱戦を切り抜け、 コースレコードで逆転優勝[10]。5年ぶり2度目の出場を果たした日本シリーズは初日に安田春雄と並んで2アンダーの首位となり、2日目は75と崩れて3位に後退したが、舞台をホームコースの東京よみうりCCに移して挽回[11]。3日目69をマークしてトップに返り咲き、2位の安田と内田繁に1打リード[11]。激しい雨となった最終日はこの3人とも76に終わり辛くも逃げ切り、優勝スコアの1オーバー291は大会史上唯一のオーバーパーとなった[11]。なお、この年から各日にベストスコア賞(5万円)が制定された[11]1960年代後半には細石憲二が日本の唯一のライバルと見なされ、ピーター・トムソンも細石と杉本を日本で最高のゴルファーと見なしていた[12]。同時代に活躍した河野高明、安田と共に「和製ビッグ3」とも称された。1972年にはフィリピンオープンを制し[13] [14]1973年にはマレーシアオープングラハム・マーシュオーストラリアの旗 オーストラリア)を抑えて日本勢3連覇となる優勝を果たし、3位には3年目の山本善隆が入る[15]1978年広島オープンで、プレーオフで尾崎将司に次ぐ2位に入った。第一線を退いてからもコース設計やトーナメントの解説、レッスン番組など幅広く活躍。旺盛な研究心からゴルフ界きっての理論家としても知られ、数多くの優れた解説書を執筆したほか、ゴルフ技術の向上に貢献すると共に後進の指導育成にも力を注いだ。1997年から1999年3月まで日本プロゴルフ協会副会長の要職を務め、2015年12月14日、第4回日本プロゴルフ殿堂のレジェンド部門で殿堂入り[16]

主な優勝[編集]

レギュラー[編集]

海外[編集]

  • 1969年 - 台湾オープン
  • 1972年 - フィリピンオープン
  • 1973年 - マレーシアオープン

主な設計コース[編集]

出演番組[編集]

現在
  • 杉本英世のゴルフクリニック(FMとやま
過去

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、朝日放送(ABC)制作の『ラークカップゴルフ』(現・マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント)および富山エフエム放送(FMとやま)の『杉本英世のゴルフクリニック』では「すぎもと えいせい」で紹介されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e あの頃ボクは若かった 昭和の履歴書 vol.40 -杉本英世-
  2. ^ “Sanders's Tokio win”. The Glasgow Herald: p. 6. (1963年3月26日). https://news.google.com/newspapers?id=mmxAAAAAIBAJ&sjid=j6MMAAAAIBAJ&pg=4474%2C3630253 
  3. ^ “Big W.A. golf to Kel Nagle”. The Age: p. 23. (1963年8月26日). https://news.google.com/newspapers?id=0X1VAAAAIBAJ&sjid=rJYDAAAAIBAJ&pg=1682%2C3965030 
  4. ^ JGA 日本ゴルフ協会 【2008年度(第73回)日本オープンゴルフ選手権競技】
  5. ^ “Phillips wins Hong Kong golf”. The Canberra Times: pp. 24. (1966年3月28日). http://nla.gov.au/nla.news-article105894007 2021年2月27日閲覧。 
  6. ^ “Arda wins Singapore Open”. The Straits Times: p. 20. (1967年3月6日). https://eresources.nlb.gov.sg/newspapers/Digitised/Article/straitstimes19670306-1.2.99.1 
  7. ^ 「龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部」に改称
  8. ^ “地震被害、ゴルフ場閉鎖へ むかわ「龍の舞」 復旧費確保難しく”. どうしん電子版. 北海道新聞社. (2019年5月21日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/307052 2019年5月22日閲覧。 
  9. ^ “Sugimoto wins taiwan open”. The Straits Times (Singapore): p. 22. (1969年4月7日). https://eresources.nlb.gov.sg/newspapers/Digitised/Page/straitstimes19690407-1.1.22 2020年3月13日閲覧。 
  10. ^ JGA日本ゴルフ協会【日本オープンゴルフ選手権競技】
  11. ^ a b c d ゴルフ日本シリーズの歴史 第6回 – GOLF報知
  12. ^ Thomson, Peter (1968年3月11日). “Top golfer a roly-poly”. The Age: p. 19. https://news.google.com/newspapers?id=Gv5UAAAAIBAJ&sjid=f5MDAAAAIBAJ&pg=5502%2C1987623 
  13. ^ “Sugimoto Wins”. The Glasgow Herald: p. 5. (1972年2月28日). https://news.google.com/newspapers?id=K5ZAAAAAIBAJ&sjid=I6UMAAAAIBAJ&pg=6785,5303866 2019年12月6日閲覧。 
  14. ^ “Sugimoto takes PI golf title by two strokes”. The Straits Times (Singapore): p. 30. (1972年2月28日). https://eresources.nlb.gov.sg/newspapers/Digitised/Page/straitstimes19720228-1.1.30 2020年3月24日閲覧。 
  15. ^ “Open to Sugimoto”. The Age: p. 28. (1973年3月19日). https://news.google.com/newspapers?id=H8kQAAAAIBAJ&sjid=4ZADAAAAIBAJ&pg=1434%2C4591038 
  16. ^ 杉本英世氏、大迫たつ子氏らが日本プロゴルフ殿堂入り - スポニチアネックス、2015年12月14日閲覧
  17. ^ 「富士ロイヤルカントリークラブ」、2021年5月7日閲覧
  18. ^ 「スウェーデンヒルズゴルフ倶楽部」、2021年5月7日閲覧
  19. ^ 「わかさカントリー倶楽部」、2021年5月7日閲覧
  20. ^ 「メナードカントリークラブ」、2021年5月7日閲覧
  21. ^ 「ムロウ36ゴルフクラブ」、2021年5月7日閲覧
  22. ^ 「大宝塚ゴルフクラブ」、2021年5月7日閲覧
  23. ^ 「いわむらカントリークラブ」、2021年5月7日閲覧
  24. ^ 「中条ゴルフ倶楽部」、2021年5月7日閲覧
  25. ^ 「パーシモンカントリークラブ」、2021年5月7日閲覧
  26. ^ 「鳳琳カントリー倶楽部」、2021年5月7日閲覧
  27. ^ 「愛野カントリー倶楽部」、2021年5月7日閲覧
  28. ^ 「ナガシマカントリークラブ」、2021年5月7日閲覧
  29. ^ 「熊本クラウンゴルフ倶楽部」、2021年5月7日閲覧
  30. ^ 「能代カントリークラブ」、2021年5月7日閲覧
  31. ^ 「」、2021年5月7日閲覧
  32. ^ 「みとゴルフ倶楽部」、2021年5月7日閲覧
  33. ^ 「浮羽カントリークラブ」、2021年5月7日閲覧

外部リンク[編集]