杉原輝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2022年10月
TransparentPlaceholder.svg 杉原 輝雄 Golf pictogram.svg
Teruo SUGIHARA
基本情報
名前 杉原 輝雄
生年月日 (1937-06-14) 1937年6月14日
没年月日 (2011-12-28) 2011年12月28日(74歳没)
出身地 大阪府茨木市
経歴
成績
初優勝 日本オープン(1962年)
賞金王 なし
殿堂表彰者
選出年 2014年
選出部門 プレーヤー
2009年2月25日現在
テンプレートを表示

杉原 輝雄(すぎはら てるお、1937年6月14日 - 2011年12月28日)は、大阪府茨木市出身のプロゴルファー

約50年に渡って現役を続行してきた存在感の大きさから「日本プロゴルフ界のドン」と呼ばれた、永久シード権獲得者であった。

長男の敏一もプロゴルファー[1]

来歴[編集]

農家の三男として生まれるが、実家は僅かな小作をしながら質素に暮らしていた[2]。小学生の頃から関西の名門である茨木カンツリー倶楽部キャディとして働き、中学卒業後の1953年に同CCに就職[3]ビー玉を買うための小遣いほしさに土日、ボールを拾うため弁当を持ってクラブに通うようになったのがきっかけであった[2]。定時制高校に通いながら[3]、洗濯係を経て研修生となり、寺本金一らに師事しゴルフを始める。その頃の中卒の初任給が3〜5000円であったが、プロゴルファーは3万円くらいはもらっていたというクラブで得た情報に、杉原は大金が取れるゴルファーになることを決め込んだ[2]。客がラウンドする前から、終わるまで練習グリーンでずっとパットをするなど努力を続け、1957年に20歳でプロへ転向[3]

1958年関西オープンでデビューすると、1962年日本オープンでは一進一退の混戦を制し、陳清波中華民国の旗 中華民国)・橘田規小針春芳を抑えて初優勝[4]1963年にはアジアサーキットフィリピンオープンベン・アルダフィリピンの旗 フィリピン)の2位に入り[5]1964年には中日クラウンズ中村寅吉との競り合いを制して8打差の大逆転優勝を果たし、細石憲二に競り負けた前年の雪辱を晴らした[6]

1965年には関西オープン、関西プロを共に2連覇するなど勢いに乗り、日本シリーズでは4日間首位を走る完全優勝をさらった。初日は3アンダー70で2位の橘田と石井富士夫に5打差、2日目も71と好調で2位の橘田に8打差の独走態勢を固めた。舞台を東京に移した3日目も2アンダー70と安定し、2位の橘田に11打の大差。最終日も危なげなく前日同様の11打差をつけたまま逃げ切ったが、6アンダー284は前年優勝の陳と同スコアであった[7]

1970年には初日69、2日目73で2日間首位を快走。東京での3日目は69で回って2位の島田幸作に4打差の大量リードとなり、最終日も危なげなく通算6アンダーで5年ぶり2度目の制覇[8]1973年は3連覇がかかった尾崎が伸び悩んだことで安田春雄との争いになり、杉原が逆転で3年ぶり3度目の優勝を決め250万円を獲得[9]

1965年には第1回関西有名プロゴルフ競技で50歳の戸田藤一郎と同スコアで優勝し初代覇者となり、1967年の同大会では杉本英世をプレーオフで下して2勝目を挙げる[10]1968年にはアジアサーキットの香港オープンランドール・バインズオーストラリアの旗 オーストラリア)の2位に入り[11]1969年の同大会ではモーリス・ベンブリッジイングランドの旗 イングランド)を抑えて優勝[12]1977年の同大会でも謝敏男(中華民国)の2位に入る[13]

1971年の関西プロでは56歳の戸田と一歩も譲らぬプレーオフを演じ、10番、11番、18番の3ホール合計で争うもので、2人のプレーを大勢のギャラリーが見守った[14]。10番、11番はお互いにパーで、勝負は18番にもつれ込む。途中からやや上りのホールで、56歳の戸田はすっかり疲れ果てていたが、杉原は「おとっつあん、しっかりしってよ」と戸田のを押しながら歩いた[14]。結果はパット勝負となり、杉原は敗れたが、戸田との互角の勝負を繰り広げたことで、杉原の名声はますます上がった[14]

1973年にはツアー施行に伴い、賞金シード権を獲得。以降22年に渡り賞金シードを獲得し続けたが、優勝回数は国内男子プロとしては尾崎将司青木功に次ぐ歴代3位であるものの、ツアー施行後は青木・尾崎に中嶋常幸を加えた「AON時代」[15]に突入していたためにレギュラーツアーにおいて賞金王を獲得したことは無い。

1977年、1978年1980年全日空札幌オープンを2連覇を含めて3勝している。1977年は最終日に3番ホールの15mのロングパットを決めており、ドライバーの飛距離ではなく、小技を駆使して手堅くパープレーでまとめての逆転勝利となる。杉原は通算33勝目を挙げ、この時点で中村、尾崎と並ぶ日本最多勝記録となった[16]。1978年は精密機械のようなゴルフで青木・中嶋を圧倒し、飛ばし屋の2人がショートアイアンで打つケースを後方からウッドでピンに絡める技術を駆使し、通算4アンダーで連覇を達成。杉原は通算34勝で史上2位の中村に並ぶ[16]。1980年はスタートから名勝負を繰り広げ、最終日3番ホールから5連続バーディー。15番ホールでは木に遮られショットができない危機に陥るも、左打ちで見事切り抜け、3度目の大会制覇を成し遂げた[16]

関西の若手を引っ張るリーダーとしても慕われ、1984年には日本プロゴルフ選手会初代会長に就任[3]1987年には突然激しい腹痛に見舞われ腎嚢胞を患うが[3]1989年にはツアー施行後25勝で永久シード権を獲得。25勝目を決めたのはダイワKBCオーガスタで、開催中は着々とスコアを伸ばし、最終日の最終18番で1.5mのバーディーパットをカップイン。世界初のツアーとシニア同年優勝と4人目の「名誉終身シード選手」を獲得[17]し、1990年には日本ユネスコフェアプレー賞を受賞。同年には「NHK趣味講座 杉原輝雄の実戦ゴルフ」に講師として出演し、1991年にはJGA認定証(グランドマスター)、1995年にはゴルファー・オブ・ザ・イヤー1995を獲得する。1997年には前立腺癌の告知を受けるが、ゴルフを続けられなくなるという理由で手術を拒否し、投薬治療を選択した。

2001年静岡オープン以来レギュラーツアーの予選通過はなかったが、2006年つるやオープンで58試合ぶりに予選を通過。68歳10ヶ月での予選通過は日本ツアー最年長記録であると同時に、アメリカツアーのサム・スニードが達成した67歳2ヶ月をも上回る世界最年長記録である。2008年には癌が転移していることも判明したが「生涯現役」を標榜して、シニアツアーと並行してレギュラーツアーにも出場を続け、同じ関西出身の金井清一と共に両ツアーを盛り上げた。2007年9月13日に行われた日本プロゴールドシニア最終日でエージシュートを達成しトータル3アンダー141で優勝するが、同日に行なわれたチャレンジトーナメントのSRIXONチャレンジでは長男の敏一が優勝し、親子同日優勝を達成。2008年6月14日には71歳の誕生日を迎えた日に開催された「杉原輝雄メモリアル第4回旭川オープンゴルフ選手権大会[18]」において予選70ストロークで決勝へ進出し、決勝でも71ストロークと2日連続のエージシュートを達成。同大会には川岸良兼鈴木亨宮里聖志、小山内護、宮本勝昌加瀬秀樹尾崎直道飯合肇、丸山大輔、すし石垣、上田論尉等のレギュラー・シニアツアーのトッププロが出場していた[19]7月9日10日に行われた関西プロゴールドシニアでも70,65の2日連続のエージシュートを達成し、135の通算9アンダーで優勝した[20]

2009年には中日クラウンズで同一大会50年連続出場を達成し、アーノルド・パーマーマスターズ連続出場およびC.エバンズの全米アマにおける連続出場の世界タイ記録に並ぶ。2日目には11番パー4で残り150ヤードの第2打を6Iで直接沈めてイーグルを奪取し、1999年ミズノオープン初日に6番で達成して以来となる11年ぶりのイーグルで、自らの連続出場の世界記録更新に華を添えた[21]2010年4月29日にはクラウンズ出場が51年連続となり、世界記録を更新[22]

2011年の同大会へは体調不良の為参加を見送ると発表、記録も途切れることとなった[23]。同年12月20日にはスポーツ功労者文部科学大臣顕彰を受けるが、8日後の28日に前立腺癌のため死去[24]。74歳没。法名は「釋修輝(しゃくしゅうき)」。30日には永久契約を結んでいたデサントの担当者が前日東京から足を運び、来季契約書を遺族に手渡した。翌31日の葬儀の際には棺に入れられ、粋な計らいでファンを感動させた。

2014年12月16日、第3回日本プロゴルフ殿堂入り顕彰者に選出された[25]

人物[編集]

  • 練習量の多さはゴルフ界では有名であり、杉原の練習熱心な姿を見て育った関西出身のプロゴルファーも少なくない。また、先進的な道具に対しても積極的に取り入れ、特に162cmとプロスポーツ選手としては小柄な体格をカバーするために、1990年代にはドライバーのシャフトを徐々に長くして47インチドライバーにも取り組んだ、長尺ドライバーの先駆者でもある。衰えた筋力の強化のため、1996年5月からは加圧トレーニングを開始していた。
  • 以前競走馬を所有していたことがあるが、エリモバーベナが中央で3勝を挙げた以外は、目立った成績を残していない。因みにこの馬は、日本で唯一の牝馬の誘導馬として現在も健在である。

優勝試合一覧[編集]

テレビ出演[編集]

前述の趣味講座の他に、サンテレビジョン1980年代から長年にわたりゴルフレッスン番組の司会を担当した。最近は敏一も出演した。今までの番組のタイトルは以下の通りである。

  • 「杉原輝雄のゴルフ招待席」
  • 「杉原輝雄の女子プロ招待席」
  • 「杉原輝雄招待席 ゴルフどんとこい!!」(〜2006年3月29日、全625回)
  • 「杉原輝雄のゴルフ!ご意見番!!」(2006年4月5日〜)

その他、森下仁丹が通販でのみ取り扱っている「カンカ・マカ」のイメージキャラクターも務めた。

コマーシャル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2005年まで登録名を平仮名表記の「すぎはらとしかず」としていたが、2006年に本名の「杉原敏一」に戻している。
  2. ^ a b c 「ゴルフ界のドン」杉原輝雄さんの思い出 - 日本トップリーグ連携機構
  3. ^ a b c d e 杉原輝雄さん死去 命削って生涯現役/復刻 - ゴルフ : 日刊スポーツ
  4. ^ JGA 日本ゴルフ協会【日本オープンゴルフ選手権競技】
  5. ^ Becker, Don (1963年2月18日). “Arda wins PI Open”. The Straits Times (Singapore): p. 15. https://eresources.nlb.gov.sg/newspapers/Digitised/Article/straitstimes19630218-1.2.109.1 2020年3月3日閲覧。 
  6. ^ 中日クラウンズ |CBCテレビ| クラウンズの歴史
  7. ^ ゴルフ日本シリーズの歴史 第3回-GOLF報知
  8. ^ ゴルフ日本シリーズの歴史 第7回-GOLF報知
  9. ^ ゴルフ日本シリーズの歴史 第10回-GOLF報知
  10. ^ ゴルフ場開場 History - 公式ホームページ | くずはゴルフリンクス
  11. ^ “Vines again”. The Straits Times (Singapore): p. 18. (1968年3月25日). https://eresources.nlb.gov.sg/newspapers/Digitised/Page/straitstimes19680325-1.1.17 2020年3月13日閲覧。 
  12. ^ “Vines again”. The Straits Times (Singapore): p. 22. (1969年3月31日). https://eresources.nlb.gov.sg/newspapers/Digitised/Page/straitstimes19690331-1.1.22 2020年3月13日閲覧。 
  13. ^ “HK open to Taiwan's Min-nam”. The Straits Times (Singapore): p. 26. (1977年2月28日). https://eresources.nlb.gov.sg/newspapers/Digitised/Page/straitstimes19770228-1.1.26 2020年3月16日閲覧。 
  14. ^ a b c 160㎝の小さな身体に宿る闘志と勝負強さ  プロゴルフ今昔物語~杉原輝雄編【2】
  15. ^ 青木、尾崎、中嶋の3人の頭文字を取った呼称
  16. ^ a b c 大会の歴史 | 第47回 ANAオープンゴルフトーナメント
  17. ^ 大会の軌跡 | SanSan KBCオーガスタゴルフトーナメント
  18. ^ 杉原の名前を付けたいとの主催者の申し出を受けたことによる。
  19. ^ エイジシュート四方山話 日経ゴルフガイド 2008年7月15日
  20. ^ PGA REPORT97 PGAリポート 2008年10月
  21. ^ 【GDO EYE】“ゴルフ界のドン”杉原輝雄に学ぶファンサービスの極意
  22. ^ 【GDO EYE】杉原輝雄、同一大会連続出場の世界新記録を樹立!Golf Digest Online 2010年4月29日
  23. ^ 73歳杉原、連続出場止まる 中日クラウンズ欠場 47NEWS 2011年4月19日
  24. ^ “【速報】杉原輝雄氏が死去”. 共同通信. (2011年12月28日). http://www.47news.jp/47topics/e/224093.php 2011年12月28日閲覧。 
  25. ^ 岡本綾子、杉原輝雄、石井朝夫、陳清波が日本プロゴルフ殿堂入り”. ALBA.Net. 2015年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]