杉原輝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg 杉原 輝雄 Golf pictogram.svg
Teruo Sugihara
基本情報
名前 杉原 輝雄
生年月日 1937年6月14日
没年月日 2011年12月28日(満74歳没)
出身地 大阪府茨木市
経歴
成績
初優勝 日本オープン(1962年)
賞金王 なし
殿堂表彰者
選出年 2014年
選出部門 プレーヤー
2009年2月25日現在
テンプレートを表示

杉原 輝雄(すぎはら てるお、1937年6月14日 - 2011年12月28日)は、大阪府茨木市出身のプロゴルファーである。約50年に渡って現役を続行してきた存在感の大きさから、日本プロゴルフ界のドンと呼ばれた。永久シード権獲得者である。

優勝回数は国内男子プロとしては尾崎将司青木功に次ぐ歴代3位だが、ツアー施行後はいわゆる「AON時代」(青木、尾崎、中嶋常幸の3人の頭文字を取った呼称)に突入していたため、レギュラーツアーにおいて賞金王(賞金ランキング1位)を獲得したことがない。

来歴[編集]

1957年のプロ入り後、1962年日本オープン選手権を皮切りに、2008年までに通算63勝(うち海外1勝、シニアツアー8勝)をあげる。なお、ツアー通算54勝と言う表記をよく見かけるが、そのうち26勝は1973年日本ゴルフツアー制度が施行される前の、日本国内での優勝である。ツアー機構発足後のレギュラーツアーでは、通算28勝(ただし永久シード対象は27勝)が正しい。

1989年にツアー施行後に25勝したことで永久シード権を獲得。2001年静岡オープン以来レギュラーツアーの予選通過はなかったが、2006年つるやオープンゴルフトーナメントにて58試合ぶりに予選を通過した。68歳10ヶ月での予選通過は日本ツアー最年長記録であると同時に、アメリカツアーのサム・スニードが達成した67歳2ヶ月をも上回る大記録である。

生涯現役を標榜して、シニアツアーと並行してレギュラーツアーにも出場を続け、同じ関西出身の金井清一とともに両ツアーを盛り上げた。2007年9月13日に行われた日本プロゴルフゴールドシニア選手権(出場資格68歳以上)最終日でエージシュートを達成しトータル3アンダー141で優勝。なお同日に行なわれたチャレンジトーナメント・「SRIXONチャレンジ」では長男の杉原敏一が優勝し、親子同日優勝を達成した。2008年6月14日、71歳の誕生日を迎えた日に開催された「杉原輝雄メモリアル第4回旭川オープンゴルフ選手権大会[1]」において予選70ストロークで決勝へ進出し、決勝でも71ストロークと2日間続けてのエイジシュートを達成した。同大会には川岸良兼鈴木亨宮里聖志、小山内護、宮本勝昌加瀬秀樹尾崎直道飯合肇、丸山大輔、すし石垣、上田論尉等のレギュラー・シニアツアーのトッププロが出場していた[2]。7月9、10日に行われた関西プロゴールドシニア(新宝塚カントリークラブ(兵庫))のゴールドの部(68歳以上)では、70,65の2日続けてのエージシュートを達成し135の通算9アンダーで優勝した[3]2010年4月29日中日クラウンズに出場し、同一大会連続出場の世界新記録を樹立した[4]が、翌2011年の同大会へは体調不良の為参加を見送ると発表、記録も途切れることとなった[5]

2011年12月20日、スポーツ功労者文部科学大臣顕彰を受ける。

2011年12月28日、前立腺癌のため死去[6]。74歳没。法名は「釋修輝(しゃくしゅうき)」。

2011年12月30日(金) 永久契約を結んでいたデサントの担当者が前日東京から足を運び来季契約書を遺族に手渡し翌日の葬儀の際は棺に入れられた。粋な計らいでファンを感動させた。

2014年12月16日、第3回日本プロゴルフ殿堂入り顕彰者に選出された[7]

人物[編集]

練習量の多さはゴルフ界では有名であり、杉原の練習熱心な姿を見て育った関西出身のプロゴルファーも少なくない。また、先進的な道具に対しても積極的に取り入れ、特に162cmとプロスポーツ選手としては小柄な体格をカバーするために、1990年代にはドライバーのシャフトを徐々に長くして47インチドライバーにも取り組んだ、長尺ドライバーの先駆者でもある。衰えた筋力の強化のため、1996年5月から加圧トレーニングを開始していた。

1997年に前立腺癌が発見されるが、ゴルフを続けられなくなるという理由で手術を拒否し、投薬治療を選択した。2008年には癌が転移していることも判明したが 「生涯現役。」を公言しツアー参戦を継続することを表明していた。

以前競走馬を所有していたことがあるが、エリモバーベナが中央競馬で3勝を挙げた以外は、目立った成績を残していない。因みにこの馬は、日本で唯一の牝馬の誘導馬として現在も健在である。

なお長男の敏一もプロゴルファーである(2005年まで登録名を平仮名表記の「すぎはらとしかず」としていたが、2006年に本名の「杉原敏一」に戻している)。

経歴[編集]

テレビ出演[編集]

前述の趣味講座の他に、サンテレビジョン1980年代から長年にわたりゴルフレッスン番組の司会を担当した。最近は敏一も出演した。今までの番組のタイトルは以下の通りである。

  • 「杉原輝雄のゴルフ招待席」
  • 「杉原輝雄の女子プロ招待席」
  • 「杉原輝雄招待席 ゴルフどんとこい!!」(〜2006年3月29日、全625回)
  • 「杉原輝雄のゴルフ!ご意見番!!」(2006年4月5日〜)

その他、森下仁丹が通販でのみ取り扱っている「カンカ・マカ」のイメージキャラクターも務めた。

コマーシャル[編集]

優勝試合一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 杉原の名前を付けたいとの主催者の申し出を受けたことによる。
  2. ^ エイジシュート四方山話 日経ゴルフガイド 2008年7月15日
  3. ^ PGA REPORT97 PGAリポート 2008年10月
  4. ^ 【GDO EYE】杉原輝雄、同一大会連続出場の世界新記録を樹立!Golf Digest Online 2010年4月29日
  5. ^ 73歳杉原、連続出場止まる 中日クラウンズ欠場 47NEWS 2011年4月19日
  6. ^ “【速報】杉原輝雄氏が死去”. 共同通信. (2011年12月28日). http://www.47news.jp/47topics/e/224093.php 2011年12月28日閲覧。 
  7. ^ 岡本綾子、杉原輝雄、石井朝夫、陳清波が日本プロゴルフ殿堂入り”. ALBA.Net. 2015年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]