林由郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TransparentPlaceholder.svg 林 由郎 Golf pictogram.svg
Yoshiro HAYASHI
基本情報
名前 林 由郎
生年月日 (1922-01-27) 1922年1月27日
没年月日 (2012-01-02) 2012年1月2日(89歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県我孫子市
経歴
成績
初優勝 関東プロ1948年
殿堂表彰者
選出年 2012年
2009年2月25日現在
テンプレートを表示

林 由郎(はやし よしろう、1922年1月27日 - 2012年1月2日)は、千葉県我孫子市出身のプロゴルファー、ゴルフ指導者・解説者。

長男の由一もプロゴルファーである。

略歴[編集]

第二次世界大戦直前の1930年代に貧しい農家であった一家を支えるため[1]、小学校を卒業した林は自宅近くの我孫子GCキャディのアルバイトを始める。大人顔負けの日銭が稼げる仕事でそれ以上のものではなかったが、いち早くボールを発見し利用客に喜んでもらうために一生懸命、客の構えとボールの方向をよく見ていた[1]。毎日、目の前でプレーを見ている内に自然の成り行きでゴルフに魅せられていくと、キャディの仕事の意味は一変。客のスタンスの取り方、グリップの形、テークバックの上げ方、バンカーショットなど、目を皿の様に観察し、練習する毎日となった[1]厨房コックオムライスを作る手元を見ていた林は、そのフライパン返しの手首の返し方が、バンカーショットの上手い客の手首の動きに似ていることを発見。以来これが林の定評のあるバンカーショットとなり、バンカーはピンチでなく、チャンスという自信の礎となった[1]

キャディトーナメントを経て1938年に16歳でプロテストを受け、貧しい農家の息子であった林が当時「貴族・金持ちのスポーツ」と思われていたゴルフのプロになるなど前代未聞の出来事であったが、結果は見事一発合格[1]。時代は次第に軍事色を強め、特に太平洋戦争中は「敵性競技」であるゴルフは、クラブを持つだけでも白眼視されるなど苦労を極める。3年目の1940年には国内のトーナメントも次々中止され、林にも召集令状が来る[1]徴兵されて世田谷近衛師団に入隊、一時プロ活動を中断。入隊後の仕事は蹄鉄作りであったが、むらなく滑らかな蹄鉄の打ち方を学ぶうちに林は「そうだ、これはまさに上から叩いて引くバンカーショットと同じなんだ。よし、蹄鉄の表面がバンカーだと思って、ハンマーがサンドウェッジだと思ってやってみよう。」と気付く[1]。蹄鉄打ちに明け暮れ、優秀な工務兵となった林はその技術を評価され出兵せずに内地に残ることとなる[1]が、後に林は著書の中で「私は師団にいても片時もゴルフのことを忘れなかった。いつかはまたゴルフができる時がくるはずだ、ゴルフこそ、人生の生きがいなんだということを、強く心の中で思っていたのである。」と振り返っている[1]

戦後にプロ活動を再開し、ゴルファーとしての初仕事は、や練兵場になっていたゴルフ場を修復する事であった[1]1948年関東プロで戦前戦後を挟んで10年目の初優勝を果たし、宝塚ゴルフ倶楽部で行われたエキシビションマッチに出場[1]。右脇を閉めて左脇を開けるフック打ち専門だった林は、15番ホールで左足下がりのライで大空振りしてしまう[1]。その様子を宮本留吉戸田藤一郎に笑われてしまい、彼らは「関東のゴルファーはこの程度かいな」と言いつつも、「林君、よう見ときや」とフックとスライスを打ち分ける見本を見せてくれた[1]。林は「右もあれば左もあるんやで」の言葉から、「物事には様々なアプローチがある。見た物や教わった事を全て取り入れる柔軟さと、自分の物に出来るだけの技量が大事だ」と悟り、後に「その後のゴルフ人生を変えた出来事」と語っている[1]

その後は日本プロ1949年にストローク・プレー、1950年にはマッチ・プレーになったが、林は決勝で9-7という大会史上最多の大差で小野光一を下して2連覇[2]。1950年には日本プロの2日前に終わったばかりの日本オープンも逆転優勝しており[3]、戦後の再開公式戦3つをいずれも取り、世間をアッといわせた[2]関東オープンなども次々に制覇し、戦後復興のゴルフ界に一躍トッププレーヤーとして躍り出ると[3]1952年にはアメリカシカゴタモシャンタで行われた全米ゴルフトーナメントと世界プロゴルフ選手権に日本人として戦後初めて招待されるなど、中村寅吉、小野らと共に復興期の日本ゴルフ界を支えた。1953年からは林の単独遠征となったが、ドルの無い時代で遠征には苦労した[4]。シカゴでは在留邦人達の声援を受けながら奮闘し、「大和魂で行け!」と激励された林は大柄な外人との組み合わせでも、ドライバーショットの飛距離で互角に渡り合った[4]。アメリカでは小柄な体から子供に間違われ、コースからつまみ出されそうになったが、ベン・ホーガンサム・スニード等の当時の一流ゴルファーの技術に触れ、いち早く取り入れた。

1956年には日本プロで7-6という大勝利を収めて3勝目を挙げ[2]1961年にも優勝して宮本と戸田の持つ最多優勝記録の4勝に並んだ[5] [3]。同年から試合形式が現在のストロークプレーに改められたが、林は藤井義将を抑えて優勝、最初の王者になった[3]。同年にはカナダカップ日本代表に選出され、団体では石井迪夫のペアでベン・ホーガン&サム・スニード(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)、ボビー・ロック&ゲーリー・プレーヤー南アフリカの旗 南アフリカ連邦)、アル・ボーディング&スタン・レオナルドカナダの旗 カナダ)に次ぎ、ダイ・リース&デニス・スモールドンウェールズの旗 ウェールズ)、ジョン・パントン&エリック・ブラウンスコットランドの旗 スコットランド)、アーサー・デバルダー&フローリー・ファンドンクベルギーの旗 ベルギー)、パーシー・クリフォード&ロベルト・デ・ビセンツォメキシコの旗 メキシコ)、ピーター・トムソン&ノーマン・フォンニダハリー・ブラッドショー&クリスティ・オコナーアイルランドの旗 アイルランド)、アンゲル・ミゲル&セバスチャン・ミゲルスペインの旗 スペイン)を抑え、ケン・バウスフィールド&ハリー・ウィートマンイングランドの旗 イングランド)と並ぶ4位タイの好成績を出して世界の注目を浴びる。一説によると、日本での第5回大会開催が決定的になったのも、2人の活躍があったからといわれている[6]。この後は石井と共に全英オープンにも出場した。

42歳になった1964年には痛風を発症するが、周囲の人々の親身なアドバイスや家族の懸命のサポート、持ち前のポジティブな性格とゴルフへの熱い思いが一体となり、復帰[1]。その賜物である「痛風ショット」は後年、ゲーリー・プレーヤーが真似するほどのものであった[1]。体調も戻ったが、48歳になった1970年には交通事故に見舞われる。林は後遺症でが曲がらず、も上がらなくなってしまった。必死の治療で1年後に何とかゴルフのできる身体に戻るが、プロとして最前線で戦うことは難しくなった[1]。その後はシニアツアーに転じ、アマチュアレッスンやテレビでのゴルフ解説なども行った。後進の育成にも取り組み、その門下からは青木功尾崎将司飯合肇鷹巣南雄海老原清治福嶋晃子など一流のプロゴルファーを輩出し、『我孫子一門』と言われる。

プロとしての第一のモットーは上記の経験などから「技術は見て盗め」であり、門下生にも徹底させ、アマチュアにレッスンする時は、掌を上に向けて「ちょうだい」と手を出した時の形でグリップを握る、敢えてミスショットを教えるなど、独特ながらも分かり易い教え方をした。

プロ野球西鉄退団後ゴルフに転向した尾崎を初めて見た時には「最初から小技が上手い、これはモノになる」と感じ、福嶋は小学生の頃の素質を見抜き、賞金王、賞金女王6人を輩出[7]

身長160cm・体重58kgと小柄な体ながら、強いリストから変幻自在の球筋を繰り出し、特にアプローチとバンカーショットはプロが教えを請うなど名人芸と言われた。

ゲーリー・プレーヤーがアプローチの教えを請うなど外国人選手からも尊敬を受け、高度なトリックショットはテレビ番組で度々披露された。

1979年から1984年には日本プロゴルフ協会副会長を務め[7]1994年に文部大臣スポーツ功労者顕彰、2002年に我孫子市民文化スポーツ栄誉賞、2003年日本ゴルフツアー機構よりゴルフトーナメント功労賞を受賞。2012年に第1回日本プロゴルフ殿堂顕彰者[8]

ゴルフレッスン会社・ラクエンゴルフの主宰でもあった。

2012年1月2日午前8時20分、老衰のため茨城県内の施設で死去[9][7]。89歳没。葬儀では青木が弔辞を読んだ。戒名は「球山由徹信士」。

主なタイトル[編集]

  • 1948年 - 関東プロ
  • 1949年 - 関東プロ
  • 1950年 - 日本オープン、日本プロ
  • 1952年 - 読売プロ
  • 1953年 - 関東プロ
  • 1954年 - 日本プロ
  • 1955年 - 関東オープン、読売プロ
  • 1956年 - 日本プロ
  • 1960年 - 関東オープン
  • 1961年 - 日本プロ

人物・エピソード[編集]

  • 1992年の富士電機グランドスラムのテレビ解説で、ゲスト解説のビートたけしと共演。
  • 実は招待選手のアーノルド・パーマーリー・トレビノと、たけし・松尾雄治ペアがエキシビションで対戦するはずであったが、収録後に松尾がポーカー賭博の不祥事を起こしてしまい、急遽たけしと林のトークコーナーに差し替えになった。
  • たけしは自らの番組『北野ファンクラブ』(フジテレビ)で林について、「下ネタばっかり言ってゲラゲラ笑って豪快なオヤジさんだったが、そのゴルフ理論と教え方は凄かった」と語っている。林の人柄が垣間見えるエピソードである。

著書[編集]

  • コントロール・ゴルフ(報知新聞社)
  • 林式・実戦手打ちゴルフ(学習研究社)
  • 真似てまねされ―我がフェアウェー プロ・ゴルファー林由郎自伝(ベースボールマガジン社)
  • 自由自在のゴルフ人生(講談社)

関連項目[編集]

我孫子一門
〔 その他・林に教えを請うた人物 〕
〔 林の形態模写を得意とする芸人 〕

脚注[編集]

外部リンク[編集]