エージシュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エージシュート(Age-Shooting)は、ゴルフの1ラウンド(18ホール)ストロークプレイを、自身の年齢以下の打数でホールアウトすること。

概要[編集]

公認されるのは6000ヤード以上のゴルフコースとされる。若年層の選手は事実上達成不可能で、60代後半以後のシニア選手が比較的達成しやすいとされる。

エージシュートの基準となる年齢の計算については、一般には満年齢とされることが多いが、ゴルフ規則上年齢計算に関する明確な規定がないことから、韓国など数え年の文化がある地域では「数え年でもエージシュートを認める」場合があり、ゴルフ場によってはローカルルールで数え年でのエージシュートを認めているところがある[1]。従って満72歳の人間を例に取ると、満年齢基準の場合72以下のスコアでないとエージシュート達成とならないが、数え年基準の場合はスコアが73でもエージシュート達成が認められる場合がある。

主な達成者[編集]

アメリカ[編集]

PGAツアーでは、1979年Quad Cities Open第2ラウンドで当時67歳のサム・スニードが67で回り初の達成者となった(2日後の最終日にも66をマークし再び達成している[2])。

チャンピオンズツアー(シニアツアー)では、2002年AT&T Canada Senior Open Championshipで61歳のウォルター・モーガンが60で回り達成。これがプロツアーでの最年少記録となっている。

史上最年少記録は、アメリカのプロゴルファーボブ・ハミルトン(1944年全米プロ優勝、1946年マスターズ3位などの実績を持つ)が、1975年6月3日インディアナ州のハミルトン・ゴルフ・クラブ(6233ヤード)で達成した「59」(年齢59歳)とされている[3]

日本[編集]

日本のプロゴルフツアーでは、日本ゴルフツアー機構によるツアー制度確立以降の達成者はいなかったが、2013年4月25日に、兵庫県川西市にある山の原ゴルフクラブ(6793ヤード、パー71)で行われたつるやオープンゴルフトーナメント第1ラウンドにおいて、尾崎将司が1イーグル、9バーディー、2ボギーの9アンダー62で回り、自身の年齢66を下回る成績となり、エージシュートを達成した。これにより男子レギュラーツアーで史上初のエージシュート達成となった[4]。尾崎は2017年10月6日に、愛知県豊田市の京和カントリー倶楽部(7190ヤード、パー71)で行われたHONMA TOURWORLD CUP第2ラウンドでも、3バーディー、2ボギーの1アンダー70(年齢70歳)で自身2度目のエージシュートを達成している[5]

シニアでは、ツアー制度確立以前の1981年、関東プロシニアゴルフ選手権初日で中村寅吉が65(年齢66歳)で達成したのがプロ第1号とされる。

2007年青木功日本シニアオープンゴルフ選手権の最終ラウンドで65(年齢65歳)を記録して優勝した。この優勝インタビューでは、大会1ヶ月前に青木のホームコースである茂原カントリー倶楽部での練習ラウンドでも61が出たと答えている。青木はさらに、2008年の鬼ノ城シニアオープン最終ラウンドでも66(年齢66歳)を記録し、2度目のエージシュートを達成して優勝した。その後、自身が実行員として出場した『2010 ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント』でも67歳で66のエージシュートを達成。

杉原輝雄は2008年6月14日、71歳の誕生日を迎えた日に開催された「杉原輝雄メモリアル第4回旭川オープンゴルフ選手権大会」において予選70ストロークで決勝へ進出し、決勝でも71ストロークと2日間続けてのエージシュートを達成した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エイジシュート達成でした! - スポニチCC・2007年6月27日
  2. ^ 日本ゴルフツアー機構 TOUR NEWS
  3. ^ The Golf Digest "record book," which appeared in the Jan. 1999 issue of the magazine
  4. ^ 「ここにジャンボあり」エージシュート62!66歳首位 - スポニチアネックス(2013年4月26日) ※2015年3月16日閲覧
  5. ^ 70歳尾崎将司エージシュート「もう1つ上」も意欲,日刊スポーツ,2017年10月6日