つるやオープンゴルフトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Golf pictogram.svgつるやオープンゴルフトーナメント
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1994年
開催地 兵庫県
開催コース 山の原ゴルフクラブ山の原コース
基準打数 Par71
ヤーデージ 6804Yards(2014年)
ツアー 日本ゴルフツアー機構
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 1億1000万円
開催月 4月
廃止 2014年
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 藤田寛之(2014年)
テンプレートを表示

つるやオープンゴルフトーナメント(TSURUYA OPEN GOLF TOURNAMENT)は、かつて行われていた日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認の男子プロゴルフトーナメントの一つである。2014年大会を最後に休止。

毎年4月第3週から第4週にかけ、ゴルフ用品総合メーカーのつるや株式会社毎日放送(MBS)の主催により、兵庫県川西市にある山の原ゴルフクラブ山の原コース(旧・スポーツ振興カントリー倶楽部)で行われていた。2014年現在、賞金総額1億1000万円、優勝賞金2200万円。

歴代優勝者[編集]

開催回 開催年 優勝者名 スコア 備考
第1回 1994年 日本の旗 中嶋常幸 -9
第2回 1995年 日本の旗 東聡 -9
第3回 1996年 オーストラリアの旗 ピーター・マックウィニー -12
第4回 1997年 日本の旗 原田三夫 -9
第5回 1998年 日本の旗 宮本勝昌 -17
第6回 1999年 日本の旗 尾崎直道 -15
第7回 2000年 オーストラリアの旗 リチャード・バックウェル -10
第8回 2001年 日本の旗 田中秀道 -14
第9回 2002年 アメリカ合衆国の旗 ディーン・ウイルソン -11
第10回 2003年 日本の旗 宮瀬博文 -14
第11回 2004年 オーストラリアの旗 ブレンダン・ジョーンズ -9
第12回 2005年 日本の旗 尾崎直道 -13
第13回 2006年 オーストラリアの旗 ブレンダン・ジョーンズ -11 大会連覇
第14回 2007年 -16
第15回 2008年 大韓民国の旗 S・K・ホ -12
第16回 2009年 日本の旗 富田雅哉 -15 [1]
第17回 2010年 日本の旗 藤田寛之 -19 [2]
第18回 2011年 日本の旗 近藤共弘 -19 [3]
第19回 2012年 日本の旗 藤田寛之 -15
第20回 2013年 日本の旗 松山英樹 -18
第21回 2014年 日本の旗 藤田寛之 -13

テレビ中継[編集]

  • テレビ中継は、毎日放送を制作局としてTBS系列で放送される。テレビ解説は羽川豊、オンコースコメンテーターを沼澤聖一がそれぞれ担当している。地上波放送は決勝ラウンドの2日間を中継。またCS放送GAORAでは4日間すべて放送している。

歴代実況[編集]

※いずれも毎日放送アナウンサー

その他[編集]

つるやオープンゴルフトーナメント開催に伴い運転される臨時の日生エクスプレス
  • トーナメント開催時には、能勢電鉄日生線日生中央駅と試合会場の山の原ゴルフクラブとの間に無料シャトルバス(約2分)が運行され、大会公式サイトで案内される。また、同サイトでは同駅から試合会場までの徒歩移動(約8分)も紹介されている。
  • 決勝ラウンドに当たる週末の2日間は、阪急電鉄梅田駅から日生中央駅まで直通運転される特急列車「日生エクスプレス」が臨時運行される。なお、阪急電鉄と能勢電鉄はともに阪急阪神ホールディングスの一員で、同トーナメントの後援団体にも揃って名を連ねている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第3日が雨のため中止。3日間54ホール競技に短縮。賞金ランク加算額も75%に減額。
  2. ^ 初日がコースコンディション不良のため中止。3日間54ホール競技に短縮。賞金ランク加算額も75%に減額。
  3. ^ 第3日が雨天による中断により日没サスペンデッド、最終日も雷により競技が一時中断となった。