中村寅吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg 中村 寅吉 Golf pictogram.svg
Torakichi Nakamura
基本情報
名前 中村 寅吉
生年月日 (1915-09-17) 1915年9月17日
没年月日 (2008-02-11) 2008年2月11日(92歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
経歴
成績
優勝回数 レギュラーツアー:25回
シニアツアー:12回
殿堂表彰者
選出年 2012年
2009年2月25日現在
テンプレートを表示

中村 寅吉(なかむら とらきち、1915年9月17日 - 2008年2月11日)は、神奈川県横浜市出身の元プロゴルファー

愛称は「トラさん」。

経歴[編集]

キャディーとなった14歳からゴルフを始め、1935年にプロデビュー。林由郎小野光一と共に戦後復興期の日本ゴルフ界を支え、1950年に第1回関東オープンでプロ初優勝を果たすと、1952年には日本オープンを優勝。1957年には日本で開催されたカナダ・カップ霞ヶ関カンツリー倶楽部)で小野と共に日本代表として出場し、サム・スニードゲーリー・プレーヤーら世界の強豪を抑えて団体戦優勝、中村自身も個人戦に優勝する。これが日本のゴルフ発展の導火線となる。1969年にシニアツアーへ転向すると、1974年には日本女子プロゴルフ協会初代会長に就任。1981年65歳で出場した関東プロシニアゴルフ選手権初日に「65」で回り、エージシュート[1]を達成。2003年には伊勢原カントリークラブクラブハウス2階に「中村寅吉ギャラリー」が開設され(本記事の外部リンク参照。)、2008年2月11日午後4時15分、座間市相模台病院で老衰のため逝去、92歳没。

2012年3月26日、第1回日本プロゴルフ殿堂顕彰者。

人物[編集]

プロゴルファーとして活躍する傍ら、指導者としても安田春雄樋口久子などの一流選手も育てたことでも知られている。

中村の功績をたたえ、1985年から1998年まで「日経カップ 中村寅吉メモリアル」が開催されていた。

戦績[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年齢以下のスコアで回ること

関連項目[編集]

外部リンク[編集]