ホールインワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ホールインワン英語: Hole in one)とは、ゴルフ競技において1打目でカップにボールを入れること。エースとも呼ばれる。

概要[編集]

主にパー3(規定打数は3回)のホール(ショートホール)で達成されることが多い。パー4のホール(ミドルホール)でのホールインワンはアルバトロス、パー5のホール(ロングホール)でのホールインワンはコンドルとなり、ホール形態や風向き、選手の打力など特殊な条件が重なった場合にまれに記録される。

芝生へバウンドせずに直接カップインするホールインワンも飛び出すことがある。旗にワンクッション置かれる軌道と、文字通りダイレクトインする軌道[1]とに分けられる。

著名な記録[編集]

  • 過去に最もホールインワンを多く達成したのは、カリフォルニア州出身のノーマン・マンリー。59回という記録を保持している。
  • 最も長いコースでのホールインワン記録はコロラド州のゴルフ場でマイケル・J・クリーンが2002年7月4日に達成した517ヤード(パー5)。それ以前の記録は、ロバート・ミテラが1965年10月7日に達成した447ヤード(パー4)だった。
  • 最年少のホールインワン記録はマット・ドレイパーの5歳212日(1997年6月17日に達成・122ヤード、パー3。なお、非公認の100ヤード未満のコースの記録を含めれば、2001年に練習コースの6番ホール66ヤードで3歳でホールインワンを達成したジェイク・ペーンが事実上の最年少)。[1]
  • 最高齢のホールインワン記録はエルシー・マクレーンの102歳(2007年4月5日に達成・100ヤード、パー3)。
  • 全盲者による最初のホールインワンは、ペンシルベニア州のゴルフ場でシーラ・ドラムンド(53歳)が2007年8月19日に記録した。(144ヤード、パー3)[2]
  • 日本初のホールインワンは1906年6月3日、神戸・六甲山ゴルフコースにてドルフィンガーが記録した。

ホールインワンが認められない場合[編集]

運よくカップにボールが入っても、カップ内で静止せずに跳ねてカップから飛び出した場合、ホールインワンとならない。

またカップにボールが入っていても、カップとピンの間にボールが挟まっていたりして「カップの縁よりもボールの上面が上にある」状態では、正規のカップインとして認められないため、一度ピンを抜いてボールをカップの中に落とす必要がある[2]。この状態で、ピンを抜いた際にボールがカップから飛び出てしまった場合は、カップインが認められないため、ホールインワンも無効になる。

ホールインワン祝儀[編集]

1990年代頃まで日本においては、ホールインワンのご祝儀としてキャディなどへのチップやコースへの記念植樹、コンペ等なら参加した全員に対する記念品の贈呈や祝宴などを行うことが定着していた。ケースバイケースで額は異なるが、一説には数十万円~100万円近くかかるともいわれていた。

個人プレーであれば、他の参加者への記念品贈呈や宴会で済ますこともあるが、コンペ等の場合は、個人間の関係で済ますことはほぼできないため、これを避けることは難しかった。2000年代頃からは、このような大々的な祝宴は見られなくなり、贈答品程度に留まっている。

一般的な個人にとって、この金額は当然ながら看過できるものではないため、損害保険会社からは「ゴルファー保険」という商品が1982年に発売された。この保険には、比較的発生率の高いプレー中の事故(打球が人に命中してしまうことやに刺されることなど)への補償のほか、ホールインワンによる出費が生じた場合にも、保険金が支払われる。このことから、ゴルファー保険は俗にホールインワン保険という通り名で呼ばれている。

ゴルフ評論家の風間十郎の言によると、日本において戦前では、ホールインワンしたゴルフ場名や日時を染め抜いた手ぬぐいを親しい友人に配る程度で、大々的なパーティーを開くようになったのは、中村寅吉が活躍した1950年代の第一次ゴルフブームの頃からという。

ちなみに、1888年スコットランドにおいてホールインワンしたプレイヤーが、キャディに3シリングチップとして渡したという記録があるが、現在は周りの人が祝ってくれる事はあっても、自分の費用で大々的にパーティをすることはなく、植樹や祝賀会までするのは日本だけであるという。

ホールインワン賞[編集]

上記のご祝儀とは逆に、プロゴルファーが大会中にホールインワンを記録した場合は、大会スポンサーから「ホールインワン賞(Hole-in-one prize)」として、賞金や賞品が授与されることがある。ただ、選手が関係者を招いて祝宴を行うことは皆無である。

なお「プロのトーナメントにホールインワン賞があるのは日本のみ」と俗に言われるが、マスターズ・トーナメントでもホールインワン達成者には、クリスタル製のボウルが贈られるほか[3][4]、欧州ツアーでは、高級車油圧ショベル宇宙旅行が賞品として設定される例もあり[5][6]、諸外国のプロトーナメントでも「ホールインワン賞」は存在している。

2014年ドバイ・デザート・クラシックでは、25周年記念大会の目玉として、17番ホール(パー4)のホールインワン賞に250万米ドルもの賞金がかけられたこともある[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式戦に於いても上原彩子(2013年6月23日)や大江香織(2016年7月30日)など複数名が達成している。
  2. ^ カップ - ゴルフ用語辞典
  3. ^ ウェストヘーゼン びっくり球突きエース!16番で3人達成 - 毎日新聞・2016年4月12日
  4. ^ Awards & Trophies - The Masters
  5. ^ マキロイが1打差追走 ウィレット首位を維持 - ゴルフダイジェスト・オンライン 2016年5月21日
  6. ^ Top 5: hole-in-one prizes from the European Tour - The Golf Channel
  7. ^ ホールインワン賞が250万ドル! - マイナビニュース・2014年2月1日

関連項目[編集]