ベン・アルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベン・アルダBen Arda1929年6月13日 - 2006年12月20日)はフィリピン出身のプロゴルファーゴルフ場設計者。

概要[編集]

バンタム・ベンやトイ・タイガーのニックネームで知られたアルダは、1960年代から1970年代にかけて、アジアを代表するゴルファーの一人であり、フィリピン出身のゴルファーとしてマスターズ・トーナメント全英オープンの出場資格を初めて獲得した人物である。

フィリピン・オープンを含む3回のアジアゴルフサーキットでのトーナメントで優勝し、1970年に賞金王に輝く。ジャパンゴルフツアーでは4勝を挙げ、ワールドカップゴルフにも16回出場した。 1977年にパートナーのRudy Lavaresと共に2位に入賞。

またゴルフ場設計者としての顔を持ち、日本では長野県にある諏訪レイクヒルカントリークラブの設計を担当した。

プロでの成績 (15)[編集]

日本ツアーでの成績 (4)[編集]

日本以外の国での成績 (11)[編集]

This list may be incomplete

メジャー大会での成績[編集]

Tournament 1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972
マスターズ・トーナメント CUT
全英オープンゴルフ CUT

Note: Arda never played in the U.S. Open nor the PGA Championship.

  Did not play

CUT = missed the half-way cut (3rd round cut in 1972 Open Championship)

出典[編集]

  1. ^ 三田村昌鳳が語る日本オープン(2)”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2011年10月12日). 2019年5月18日閲覧。