赤星六郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg 赤星 六郎 Golf pictogram.svg
Rokurou Akaboshi
基本情報
名前 赤星 六郎
生年月日 (1901-06-10) 1901年6月10日
没年月日 (1944-03-25) 1944年3月25日(満42歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
経歴
成績
優勝回数 日本オープン1927年日本アマチュアゴルフ選手権競技1930年
2009年2月26日現在
テンプレートを表示

赤星 六郎(あかぼし ろくろう、1901年6月10日 - 1944年3月25日)は、鹿児島県出身のゴルファーゴルフ場設計者。

人物[編集]

日本ゴルフ界の黎明期に活躍した。プロ入りこそしなかったが、日本オープンゴルフ選手権の初代チャンピオンであり、アマチュアとしての優勝は現在(2014年度時点)で赤星六郎ただ一人である。日本人として初めて海外トーナメントで優勝した人物でもある。

米国ニュージャージー州にあるプリンストン大学へ留学した経験を持つ。

同じゴルファーとして活躍した赤星四郎、実業家で日本に始めてブラックバスを移入した赤星鉄馬は実兄。

釣りにも熱心で、毎年夏になればゴルフそっちのけで釣りをしていた。

古い釣り針が脚に刺さったのが元で敗血症を起こし、1944年3月25日に亡くなった[1]。42歳没。

概要[編集]

米国留学中にゴルフ技術を習得。日本での黎明期に選手、指導者、コース設計者として活躍。近代日本ゴルフ界の礎を築いた大功労者である。

経歴[編集]

設計したゴルフ場[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 近代ゴルフの祖・赤星六郎 『ゴルフ目からうろこ』2009年01月20日
  2. ^ http://www.pinehurst.com/