金庚泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg 金 庚泰 Golf pictogram.svg
Kyung-Tae Kim
基本情報
名前 金 庚泰
生年月日 (1986-09-02) 1986年9月2日(33歳)
身長 177 cm (5 ft 10 in)
体重 74 kg (163 lb)
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 ソウル特別市
経歴
プロ転向 2007年
成績
優勝回数 日本男子:14回
初優勝 ダイヤモンドカップゴルフ
賞金王 2010年、2015年
ベストスコア 63(2010年ダンロップフェニックストーナメント
賞金ランク最高位 日本男子:1位(2回)
2012年9月2日現在
テンプレートを表示

金 庚泰(キム・キョンテ Kyung-Tae Kim 1986年9月2日 - )は、大韓民国プロゴルファーソウル特別市出身、延世大学校卒業。2010年、2015年日本プロゴルフツアー賞金王、新韓銀行所属。

経歴[編集]

14歳の時からゴルフを始め、ジュニア時代から大韓民国ゴルフ界で名を知られるようになり、2005年2006年日本アマチュアゴルフ選手権競技を連覇し、2006年のアジア競技大会カタールの旗 カタールドーハ)で大韓民国代表選手として、団体戦と個人戦で金メダルを獲得するなどアマチュア大会で好成績を収めた。

2006年の大韓民国プロゴルフツアーでアマチュアながら2勝を挙げる活躍を受けて、翌2007年にプロゴルファーに転向。新韓銀行と所属契約を締結。同年の大韓民国ゴルフツアーで新人ながらいきなり賞金王を獲得した[1]。韓国国内では怪物と呼ばれている[1]

2008年から日本プロゴルフツアーに本格参戦を始める。1年目の2008年に年間シード権を獲得すると、翌2009年には未勝利であったが賞金ランキング9位に入る安定感を見せた。

2010年は5月のダイヤモンドCで日本ツアー初優勝を飾ると、10月の日本オープンマイナビABCチャンピオンシップで優勝して年間3勝、総額1億8,110万3,799円を獲得(海外獲得賞金348万4,939円を含む)して日本ツアーでも賞金王に君臨している。外国人が日本ツアーの賞金王を獲得するのは1987年デビッド・イシイ以来で二人目[2][3]

2015シーズンでは5勝をあげ、2度目の賞金王に輝く。

2016年にはユーラシアカップのアジア選抜に選出。ウェブドットコムツアーの入れ替え戦では3戦[4]トータルで65位となり、シード権を逃した。

人物[編集]

1週間後の4月7日に開幕するマスターズ・トーナメント出場を控えていた2011年3月31日に急きょ来日。東京都内の日本ゴルフツアー機構を訪れ、約3週間前に起きた東日本大震災の被災者支援のため、1千万円の義援金を小泉直会長に手渡した。このことについて彼は「日本は自分を温かく受け入れてくれた。直接渡したいと思った」と説明し、最後に日本語で「みなさん頑張ってください」と被災地にメッセージを送った。 [5]

主な戦績[編集]

アマチュア時代[編集]

団体戦(大韓民国の旗 韓国) 金メダル
個人戦 金メダル

プロ優勝 (17)[編集]

アジアンツアー (2)[編集]

No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 6 May 2007 GSカルテックスメキュンオープン –18 (70-66-67-67=270) 4 strokes 中華人民共和国の旗 梁津萬
2 27 Sep 2015 アジアパシフィック・ダイヤモンドカップゴルフ1 –9 (67-69-67-68=271) 3 strokes 日本の旗 池田勇太, 日本の旗 武藤俊憲

1日本ツアー共催

日本ツアー (12)[編集]

No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 30 May 2010 ダイヤモンドカップゴルフ –16 (65-68-68-71=272) 2 strokes 日本の旗 小田孔明
2 17 Oct 2010 日本オープンゴルフ選手権 –13 (69-70-68-64=271) 2 strokes 日本の旗 藤田寛之
3 31 Oct 2010 マイナビABCチャンピオンシップ –13 (67-70-70-69=275) 1 stroke 日本の旗 石川遼
4 24 Jul 2011 長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント –15 (67-70-68-68=273) 4 strokes 日本の旗 石川遼
5 2 Sep 2012 フジサンケイクラシック –8 (70-70-68-68=276) 1 stroke 日本の旗 池田勇太
6 14 Jun 2015 タイランドオープン –21 (71-64-67-65=267) 3打差 大韓民国の旗 Wang Jeung-hun
7 12 Jul 2015 ミュゼプラチナムオープン –20 1打差 大韓民国の旗 趙珉珪, オーストラリアの旗 ブラッド・ケネディ, 大韓民国の旗 J・B・パク
8 6 Sep 2015 フジサンケイクラシック –9 (70-64-68-73=275) 1 stroke 大韓民国の旗 Lee Kyoung-hoon
9 27 Sep 2015 アジアパシフィック・ダイヤモンドカップゴルフ2 –9 (67-69-67-68=271) 3 strokes 日本の旗 池田勇太, 日本の旗 武藤俊憲
10 1 Nov 2015 マイナビABCチャンピオンシップ –12 (66-69-68-69=272) 2 strokes 日本の旗 片岡大育, 日本の旗 宮本勝昌, 大韓民国の旗 Lee Won-joon
11 17 Apr 2016 東建ホームメイトカップ –13 (68-67-67-69=271) Playoff 日本の旗 近藤共弘
12 1 May 2016 中日クラウンズ –10 (69-69-65-67=270) Playoff 日本の旗 片岡大育

ワンアジアツアー (2)[編集]

No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 8 May 2011 GSカルテックスメキュンオープン –21 (67-68-66-66=267) 8 strokes 大韓民国の旗 趙珉珪, 大韓民国の旗 金亨成
2 14 Jun 2015 タイランドオープン –21 (71-64-67-65=267) 3打差 大韓民国の旗 Wang Jeung-hun

その他優勝[編集]

  • 2006 Pocari Enerzen Open, Samsung Benest Open (Korea) (アマチュアとして)
  • 2007 SBS Tomatobank Open

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 吉良幸雄 「韓国勢初の栄冠」 『日本経済新聞』2010年12月6日朝刊、スポーツ2面、37頁。
  2. ^ 藤田がメジャー初V、賞金王は金 男子ゴルフ最終戦 :日本経済新聞
  3. ^ 『スポーツニッポン』2010年12月6日朝刊、9面。
  4. ^ ウェブドットコムツアー選手権ハリケーン・マシュー接近のため中止
  5. ^ ゴルフ金庚泰選手が義援金 昨季の国内ツアー賞金王 :北海道新聞

外部リンク[編集]