フジサンケイクラシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Golf pictogram.svgフジサンケイクラシック
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1973年
開催地 山梨県2005年 - )
開催コース 富士桜カントリー倶楽部(2005年 - )
基準打数 Par71(2017年)[1]
ヤーデージ 7566yards(2017年)[1]
主催 フジテレビジョン
産業経済新聞社
文化放送
ニッポン放送
BSフジ
ツアー 日本ゴルフツアー機構
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 1億1000万円(2017年)[1]
開催月 9月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
通算スコア -17 アメリカ合衆国の旗 トッド・ハミルトン2003年
-17 オーストラリアの旗 ポール・シーハン2004年
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
大韓民国の旗 H・W・リュー(2017年)[1]
テンプレートを表示

フジサンケイクラシックとは産経新聞フジテレビなどで構成するフジサンケイグループ主催の日本のゴルフトーナメントである。

概説[編集]

フジサンケイクラシックは1973年埼玉県東松山市高坂カントリークラブで第1回「BVD杯フジサンケイトーナメント」として行われている。第1回大会はサンケイスポーツの東京発刊10周年(サンスポそのものの創刊は1955年大阪にて)[2]を記念したものである。当初は埼玉県(高坂で第6回まで、第7・8回は東松山カントリークラブ)で行われ、1981年より静岡県伊東市川奈ホテルゴルフコース 富士コースに舞台を移し、2004年まで初夏の川奈の風物詩とされた。

川奈に移設するにあたり、ゴルフトーナメントプロデューサーの戸張捷によると、「1980年代からテレビ全盛の時代に突入するにあたり、折角だったらテレビ映りのいい景色のあるコースでやったらどうか」ということで、大会の運営主体を産経新聞社からフジテレビに移すことにし、その舞台として川奈が適していると判断したとされている。そしてテレビ中継をするにあたり、戸張は「海が見える景色のあるホールレイアウトを」として、「本来の15・16番を16・17番に、更に18番ホールを上り坂のコース(通常は1番ホール)とするなどの工夫を凝らし、それが様々なドラマを生み出した」と語っている[3]

第1回は8月開催、1974年から2004年まで5月(ゴールデンウィーク)に行われていたが、2005年からは開催時期を9月に変更した上で山梨県南都留郡富士河口湖町富士桜カントリー倶楽部で開催されている。これは近年の女子ツアーの人気の高まりと男子ツアーの人気低迷に伴い、フジサンケイレディスクラシックを注目度の高い川奈ホテルゴルフコース 富士コースで開催したいという主催者の意向によるものである。

2017年現在、賞金総額1億1000万円、優勝賞金2200万円[1]

歴代優勝者[編集]

フジサンケイクラシック
回数 開催期間 優勝者 開催コース
第1回 1973年8月9日 - 12日 オーストラリアの旗 グラハム・マーシュ英語版 高坂カントリークラブ
第2回 1974年5月9日 - 12日
第3回 1975年5月8日 - 11日 中華民国の旗 呂良煥
第4回 1976年5月13日 - 16日 日本の旗 鈴木規夫
第5回 1977年5月19日 - 22日 日本の旗 宮本康弘英語版
第6回 1978年5月11日 - 14日 日本の旗 島田幸作
第7回 1979年5月10日 - 13日 日本の旗 佐藤昌一 東松山カントリークラブ
第8回 1980年5月9日 - 12日 日本の旗 尾崎将司
第9回 1981年5月7日 - 10日 日本の旗 川田時志春 川奈ホテルゴルフコース 富士コース
第10回 1982年5月6日 - 9日 日本の旗 中嶋常幸
第11回 1983年5月5日 - 8日 日本の旗 湯原信光
第12回 1984年5月3日 - 6日 日本の旗 尾崎健夫
第13回 1985年5月9日 - 12日 アメリカ合衆国の旗 マーク・オメーラ
第14回 1986年5月3日~6日 日本の旗 尾崎将司
第15回 1987年5月7日 - 10日
第16回 1988年5月5日 - 8日 日本の旗 白浜育男英語版
第17回 1989年5月4日 - 7日 日本の旗 尾崎将司
第18回 1990年5月3日 - 6日
第19回 1991年5月9日 - 12日 日本の旗 藤木三郎
第20回 1992年5月7日 - 10日 日本の旗 牧野裕
第21回 1993年5月6日 - 9日 日本の旗 尾崎将司
第22回 1994年5月5日 - 8日 日本の旗 室田淳
第23回 1995年5月4日 - 7日 日本の旗 中嶋常幸
第24回 1996年5月2日 - 5日 アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ワッツ英語版
第25回 1997年5月8日 - 11日 日本の旗 久保谷健一
第26回 1998年5月7日 - 10日 パラグアイの旗 カルロス・フランコ英語版
第27回 1999年5月6日 - 9日 日本の旗 桧垣繁正英語版
第28回 2000年5月4日 - 7日 日本の旗 尾崎健夫
第29回 2001年5月3日 - 6日 フィリピンの旗 フランキー・ミノザ英語版
第30回 2002年5月9日 - 12日 日本の旗 佐藤信人
第31回 2003年5月8日 - 11日 アメリカ合衆国の旗 トッド・ハミルトン
第32回 2004年5月6日 - 9日 オーストラリアの旗 ポール・シーハン
第33回 2005年9月1日 - 4日 日本の旗 丸山大輔英語版 富士桜カントリー倶楽部
第34回 2006年8月31日 - 9月3日 日本の旗 片山晋呉
第35回 2007年8月30日 - 9月2日[4] 日本の旗 谷原秀人
第36回 2008年9月4日 - 7日 日本の旗 藤島豊和
第37回 2009年9月3日 - 6日 日本の旗 石川遼
第38回 2010年9月2日 - 5日
第39回 2011年9月1日 - 4日[5] 日本の旗 諸藤将次
第40回 2012年8月30日 - 9月2日 大韓民国の旗 金庚泰
第41回 2013年9月5日 - 8日 日本の旗 松山英樹
第42回 2014年9月4日 - 7日 日本の旗 岩田寛
第43回 2015年9月3日 - 6日 大韓民国の旗 金庚泰[6]
第44回 2016年9月1日 - 4日 大韓民国の旗 趙珉珪英語版(チョ・ミンギュ)[7]
第45回 2017年8月31日 - 9月3日 大韓民国の旗 H・W・リュー英語版(リュー・ヒョヌ)[1]

テレビ中継[編集]

大会の模様は、予選ラウンド(初日・2日目)はフジテレビローカルで、決勝ラウンド(3日目・最終日)はFNS系列全28局と、NNS系列山梨放送(山梨県開催のため協力関係にあり)で放送されている。またBSデジタル放送BSフジ及びCS放送フジテレビONEでも全ラウンドを放送。

エピソード[編集]

中継について[編集]

第35回(2007年)のフジサンケイクラシックは悪天候もあり72ホールのところを54ホールに短縮して行われたが、実際には『スーパー競馬』の影響であった。近年の男子ツアーの低迷による開催時期・コースの変更などフジテレビは男子ツアーを軽視している傾向がある[8]

フジテレビのゴルフ中継は、通常16:00もしくは16:05開始で、最大17:35まで[9]となっている。これは、15時台が『スーパー競馬』→『みんなのケイバ』→『みんなのKEIBA』(東日本)及び『DREAM競馬』→『競馬beat』(西日本)で固定されているためである。この年は石川遼が当時アマチュアの資格のままながら出場したこともあり、石川人気を見越して13:25放送開始として生中継したが、やはり競馬中継のために14:55で中継終了となってしまった。競馬中継については社の内外を問わず他のスポーツ関係者から白眼視されており、2005年からは『F1日本グランプリ』と重なる日はF1中継が優先されるシフトに変わっている。

第38回(2010年)大会では、石川遼と薗田峻輔のプレーオフとなった。番組は途中から生放送に切り替え、石川が4ホール目でパーになった後に番組は終了。しかし、放送終了後、薗田がパーパットを外し優勝決定となった(フジテレビと一部地域のネット局は16:00からのハイライトで対応した)。なお、この最終日の模様は、同年9月11日にBSフジにて、本編では割愛されたプレーオフ1~3ホール目を含めた「完全版」として再放映された。

第39回(2011年)大会では、初日が中止、2日目がサスペンデッドとなり、最終日の中継に合わせるために、3日目の18ホール全員ホールアウト後、トップの成績の組を3日目にラウンド、サスペンデッドとなり、最終日に残りのホールを消化した。

第42回(2014年)大会は決勝ラウンドで、午前中はCS(フジテレビONE)、午後の序盤はBS(BSフジ)、午後終盤は地上波[10](最終日はさらにもう一度BSに迂回)でのリレー中継の体裁を取って放送[11]。しかし最終日が濃霧による2時間21分の中断が発生し、当初の予定が大幅に遅れた影響で、午後終盤のBSフジでの中継でもおさまらなかったため、急きょ16:00-17:25の地上波[12]の生放送が追加された。

ラジオではニッポン放送でダイジェスト放送される。

表彰式について[編集]

表彰式における優勝杯や賞金目録のプレゼンターは、大会会長などの大会役員が行うのが通例であるが、この大会ではそれをフジテレビの女性アナウンサーが務めている。第38回(2010年)大会では本田朋子アナウンサー、第39回(2011年)大会では松村未央アナウンサーが務めた。

ちなみにフジサンケイレディスクラシックでは、男性アナウンサーがプレゼンター役を務める。

またテレビ中継指定ホールにてホールインワンを達成した選手には賞金が基本100万円で贈られることになっているが、その大会でそれが出ない場合は次年度に繰り越される(キャリーオーバー)。

2011年における台風12号の影響[編集]

第39回(2011年)大会は、台風12号の影響で初日が中止、2日目・3日目がサスペンデッドとなり予選ラウンドなしの36ホールでのラウンドとなった。会場近くの富士吉田市では1日から土砂災害、浸水警戒の特記事項をつけた大雨・洪水警報が発表、さらに、雷注意報、強風注意報も発表されていた[13]。会場でも豪雨により、中断が相次いだ。また、棄権者も続出した。

これに対して、星野英正が「ツアーは何を考えているのか。人の命を心配していないんじゃないか」と主催者とツアー機構に対して批判、谷口徹も2日目の強行開催に関して「意味が分からない」と言っている[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f H・W・リューが3人でのプレーオフ制し今季初優勝 - 日刊スポーツ、2017年9月3日閲覧
  2. ^ 第1回大会決勝戦後のあいさつより
  3. ^ フジテレビ739(ONE)で放送された「フジサンケイクラシック黄金伝説」の1980年大会の付録として放送された戸張の回想
  4. ^ 第3日が濃霧のためサスペンデッド。54ホールに短縮して実施。
  5. ^ 台風12号の影響で初日が中止、2日目・3日目がサスペンデッドで大会史上最短の36ホールに短縮。予選ラウンドを廃止。
  6. ^ 逃げ切りで今季3勝目!金庚泰が賞金ランクトップ独走 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2015年9月6日閲覧
  7. ^ 石川遼2位、2週連続Vならず 趙ツアー2勝目 - 日刊スポーツ、2016年9月4日閲覧
  8. ^ ホール短縮の理由は「スーパー競馬」”. スポーツニッポン (2007年9月2日). 2007年9月2日閲覧。
  9. ^ これはダイヤモンドカップゴルフ関西テレビ放送制作)、東海クラシック東海テレビ放送制作)でも同様の処置が取られていた。
  10. ^ 予選ラウンドは関東ローカルの録画中継のみ
  11. ^ 放送日程
  12. ^ フジテレビ・関西テレビ・東海テレビ・テレビ静岡のみ
  13. ^ a b 星野が豪雨続行のツアー側批判「人の命を心配していない」”. スポーツニッポン. スポーツニッポン新聞社 (2011年9月4日). 2011年9月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]