日立3ツアーズ選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Golf pictogram.svg日立3ツアーズ選手権
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 2005年
開催地 千葉県成田市(2015年 - )
千葉県千葉市(2012年-2014年)
千葉県市原市(2006年-2011年)
千葉県野田市(2005年)
2015-現在
2015-現在
2012-2014
2012-2014
2006-2011
2006-2011
2005
2005
日立3ツアーズ選手権の位置
グリッサンドゴルフクラブ (2015年 - )
平川カントリークラブ(2012年-2014年)
キングフィールズGC(2006年-2011年)
千葉CC梅郷コース(2005年)
基準打数 Par37(2016年、イン9ホール使用)[1]
ヤーデージ 3613Yards(JGTO)
3425Yards(PGA)
3179Yards(LPGA)
(いずれも2016年)[1]
ツアー 日本ゴルフツアー機構
PGAシニアツアー
日本女子プロゴルフ協会
(いずれも協力競技)
競技方法 ベストボール方式(1st Stage)
オルタネート方式(2nd Stage、2015年 - )
賞金総額 5700万円(2016年)
開催月 12月
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 日本ゴルフツアー機構(2016年)[2]
テンプレートを表示

日立3ツアーズ選手権(ひたちスリーツアーズ・せんしゅけん、Hitachi 3Tours Championship)は、2005年から毎年12月に行われている日本ゴルフ大会である。2006年までのサブタイトルは「3 TOURS CHAMPIONSHIP (西暦年度) IMPACT!(スリーツアーズチャンピオンシップ・インパクト)」

概要[編集]

この大会はもともとアメリカPGAツアーLPGAチャンピオンズツアーの3ツアー対抗戦であるウェンディーズ3ツアー・チャレンジ英語版(1992年から2013年まで開催された)が元祖で、日本プロゴルフ協会日本ゴルフツアー機構日本女子プロゴルフ協会の日本のプロゴルフツアーを管轄する3団体の協力、日立製作所の特別協賛(2006年は一時撤退)を仰ぎ、3団体(男子レギュラーツアーチーム、男子シニアツアーチーム、女子ツアーチーム)の開催年度の賞金ランキング上位選手、並びに協会推薦選手など1団体に付き4人(他に補欠1名)が出場し、2日間36ホールを9ホールずつ4つのステージに分けて対戦(各ステージに付き総勝ち点6点ずつ、4ステージ合計24点ずつの得点制)する。それぞれのステージに於ける1位選手所属チームに3点、2位選手所属チームに2点、3位選手所属チームに1点(同点の場合は複数均等割り)を与え、4ステージ(36ホール)終了時の合計得点で優勝を決める。

またこの大会は社会貢献チャリティーを主目的としており、入場収入や出場者の賞金などを身体障害者や国内外の難病を抱える子供たちや経済環境に恵まれない子供たちの育英、東日本大震災被災地の福祉(2011年以後)、並びに将来のゴルフ界をリードしていくジュニアゴルファーの育成・普及のためのチャリティーに寄付される。

通常のツアー競技の真剣勝負とは一味違い、ある種お祭りの要素が交わり選手たちもリラックスした雰囲気で試合を行っている。

大会の会場は2005年の第1回は千葉県野田市の千葉カントリークラブ梅郷(うめさと)コース[3]で、翌2006年の第2回から2011年の第7回までは市原市のキングフィールズゴルフクラブ[4]で、2012年の第8回から2014年の第10回までは千葉市緑区の平川カントリークラブでそれぞれ開催され、2015年からは成田市のグリッサンドゴルフクラブに舞台を移して行われている。

2016年現在、賞金総額5700万円(優勝チーム3000万円、2位チーム1500万円、3位チーム1200万円)。

2009年以降の変更点[編集]

  • 開催期間を1日に変更。
  • インコースの9ホールを使用して2ステージ行う(2回まわる)。
  • 午前の1st Stageは各チーム2名が交互に打つオルタネート方式で3組プレーし9ホールのスコアで順位を決める[5]
  • 午後の2nd Stageは全選手が参加してシングルスを6組(2009年は5組)、3ツアー各1人ずつプレーする。
  • これにより1st Stageは18ポイント、2nd Stageは36ポイントの合計54ポイント[6]を争う形となる(1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイント(なお同スコアの場合はポイントを均等割りする)は変わらず)。

2015年以降の変更点[編集]

2015年からは競技方法が大きく変更された。2014年まで2nd Stageで行われていたシングルスを廃止し、1st Stage及び2nd Stage共にダブルスで行われることになった。また1st Stageについてはポイント配分も変更となり、1位2ポイント、2位1ポイントとなり、3位はポイントなしとなる(2nd Stageは従来通り1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイントで実施)[7]

  • 午前の1st Stageは各チーム2名が各自に打ち、2名のうち一番スコアの良い方を選択する「ベストボール方式」で実施。
  • 午後の2nd Stageは2014年までの1st Stageで行われていた各チーム2名が交互に打ち、9ホールのスコアで順位を決める「オルタネート方式」で実施。

歴代成績[編集]

優勝 第2位 第3位
2005年 JGTO PGA LPGA
2006年 LPGA PGA JGTO
2007年 JGTO PGA LPGA
2008年 JGTO PGA LPGA
2009年 PGA LPGA JGTO
2010年 JGTO PGA LPGA
2011年 LPGA JGTO PGA
2012年 PGA JGTO LPGA
2013年 JGTO PGA LPGA
2014年[8] LPGA JGTO PGA
2015年[9] LPGA JGTO PGA
2016年[2] JGTO PGA LPGA

出場選手[編集]

チーム 順位 出場選手
2005 JGTO 優勝 深堀圭一郎 谷口徹 今野康晴 横田真一 高橋竜彦
LPGA 3位 宮里藍 横峯さくら 不動裕理 大山志保 藤井かすみ
PGA 2位 青木功 室田淳 友利勝良 三好徹 滝安史
2006 JGTO 3位 手嶋多一 谷口徹 近藤智弘 片山晋呉 深堀圭一郎
LPGA 優勝 辛炫周 ウェイ・ユンジェ 横峯さくら 宮里藍 飯島茜
PGA 2位 室田淳 中嶋常幸 尾崎健夫 青木功 高橋勝成
2007 JGTO 優勝 谷口徹 片山晋呉 谷原秀人 近藤智弘 深堀圭一郎
LPGA 3位 上田桃子 全美貞 張娜 諸見里しのぶ 飯島茜
PGA 2位 室田淳 友利勝良 高橋勝成 尾崎健夫 中嶋常幸
2008 JGTO 優勝 矢野東 片山晋呉 谷原秀人 宮本勝昌 石川遼
LPGA 3位 李知姫 福嶋晃子 横峯さくら 古閑美保 原江里菜
PGA 2位 渡辺司 飯合肇 中嶋常幸 三好徹 室田淳
2009 JGTO 3位 池田勇太 石川遼 片山晋呉 藤田寛之 宮本勝昌
LPGA 2位 諸見里しのぶ 横峯さくら 全美貞 有村智恵 上田桃子
PGA 優勝 尾崎健夫 渡辺司 室田淳 飯合肇 中嶋常幸
2010 JGTO 優勝 石川遼 藤田寛之 池田勇太 薗田峻輔 松村道央 宮本勝昌
LPGA 3位 アン・ソンジュ 横峯さくら 全美貞 馬場ゆかり 有村智恵 藤田幸希
PGA 2位 倉本昌弘 高見和宏 池内信治 尾崎直道 芹澤信雄 加瀬秀樹
2011 JGTO 2位 裵相文 石川遼 小田孔明 近藤共弘[10] 池田勇太 平塚哲二
LPGA 優勝 アン・ソンジュ 横峯さくら 馬場ゆかり 佐伯三貴 笠りつ子 大山志保[11]
PGA 3位 金鍾徳 室田淳 フランキー・ミノザ 白浜育男 芹澤信雄 水巻善典
2012 JGTO 2位 谷口徹 金亨成 藤本佳則 上平栄道 谷原秀人 武藤俊憲
LPGA 3位 全美貞 有村智恵 森田理香子 服部真夕 笠りつ子 佐伯三貴
PGA 優勝 尾崎直道 高見和宏 室田淳 中嶋常幸 井戸木鴻樹 奥田靖己
2013 JGTO 優勝 片山晋呉 小田孔明 藤本佳則 小平智 池田勇太 松村道央[12]
LPGA 3位 森田理香子 佐伯三貴 アン・ソンジュ 吉田弓美子 比嘉真美子 堀奈津佳
PGA 2位 室田淳 東聡 羽川豊 渡辺司 奥田靖己 井戸木鴻樹
2014 JGTO 2位 藤田寛之 池田勇太 金亨成 竹谷佳孝 近藤共弘[10] 宮本勝昌
LPGA 優勝 アン・ソンジュ イ・ボミ 申智愛 成田美寿々 酒井美紀 大山志保
PGA 3位 倉本昌弘 尾崎直道 奥田靖己 室田淳 中嶋常幸 青木功
2015 JGTO 2位 池田勇太 岩田寛 金亨成 松村道央 片岡大育 武藤俊憲
LPGA 優勝 イ・ボミ テレサ・ルー 渡邉彩香 菊地絵理香 上田桃子 大山志保
PGA 3位 崎山武志 室田淳 渡辺司 田村尚之 平石武則 米山剛
2016 JGTO 優勝 谷原秀人 片岡大育 宋永漢 片山晋呉 小平智 宮里優作
LPGA 3位 イ・ボミ 申智愛 笠りつ子 鈴木愛 菊地絵理香 堀琴音
PGA 2位 プラヤド・マークセン 崎山武志 倉本昌弘[1] 田村尚之 真板潔 秋葉真一

テレビ中継[編集]

1st stageは、スカイAが「スカイA ゴルフシリーズ」にて生中継、2nd stageはテレビ朝日系列にて放送するほか、BS朝日ゴルフネットワークでも時差放送する。

2日間開催だった2008年までは、2日目を上記の体制で放送していたほか、1日目もsky・Aが収録の上、後日に2日目と併せて放送していた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 本来は室田淳が出場予定だったが、直前になって腰痛により欠場。急遽倉本が出場した。(組合せ発表<日立3ツアーズ選手権>(シニアの室田は腰痛で欠場→倉本昌弘へ、午後のスタート時間も変更) - 日本ゴルフツアー機構、2016年12月11日閲覧
  2. ^ a b 男子が3年ぶり6度目の優勝 MVPに小平 3ツアーズ選手権 - スポニチアネックス、2016年12月11日閲覧
  3. ^ 2011年ダイヤモンドカップゴルフ及び2014年の日本オープンゴルフ選手権競技開催コース。
  4. ^ 2011年の日本女子プロゴルフ選手権 コニカミノルタ杯開催コース。
  5. ^ 2009年は各ツアー各5人参加で2組プレーだったため1人は補欠に回っていた。
  6. ^ 2009年は1st Stageは12ポイント、2nd Stageは30ポイントの合計42ポイントで実施。
  7. ^ 競技方法 - 日立3ツアーズ選手権公式サイト、2015年12月10日閲覧
  8. ^ 女子が3年ぶり優勝 ゴルフ3ツアーズ選手権 - スポニチアネックス、2014年12月14日掲載
  9. ^ 女子ツアーが2連覇! 男子を0.5ポイント差で逆転 - ゴルフダイジェスト・オンライン、2015年12月13日閲覧
  10. ^ a b 近藤共弘=近藤智弘と同一人物(2009年に登録名を変更)。
  11. ^ 当初は有村智恵が出場予定だったが左手首痛のため欠場。代わって大山が出場した。
  12. ^ 当初は松山英樹が出場予定だったが、左手親指付け根の関節痛が癒えないため欠場。代わりに松村が出場した。(<日立3ツアーズ選手権>出場選手変更のお知らせ )- 日本ゴルフツアー機構公式サイト(2013年12月11日)※2013年12月15日閲覧

外部リンク[編集]