小祝さくら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年11月
TransparentPlaceholder.svg 小祝 さくら Golf pictogram.svg
Sakura KOIWAI
基本情報
名前 小祝 さくら
生年月日 (1998-04-15) 1998年4月15日(24歳)
身長 158 cm (5 ft 2 in)
体重 58 kg (128 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道北広島市
経歴
プロ転向 2017年=LPGA89期
プロ勝利数 7
優勝数
日本LPGA 7
LPGAメジャー選手権最高成績
全米女子OP 20位タイ(2022)
成績
初優勝 サマンサタバサガールズコレクション・レディーストーナメント(2019年)
賞金ランク最高位 日本女子:3位(2020-21年)
2022年6月0日現在
テンプレートを表示

小祝 さくら(こいわい さくら、1998年4月15日[1] - )は、北海道北広島市出身[1]の日本の女子プロゴルファー。所属はニトリ

アマチュア時代[編集]

宮里藍ファンの母親の影響で8歳の頃からゴルフを始める[2]

主な成績として「北海道女子アマチュアゴルフ選手権競技」(2014年優勝[3]、2016年優勝[4])、「北海道ジュニアゴルフ選手権競技」(15歳~17歳の部女子=2016年優勝)がある[5]

また2016年には日本女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアー「ニッポンハムレディスクラシック」に出場し初日単独トップ[6]、2日目トップタイで終え[7]、最終日最終組でプレーしたが[2]、最終順位は8位タイでローアマチュアを獲得した[8]

2017年から辻村明志に師事[2]。同年LPGA最終プロテストに進出し19位タイで初挑戦で合格[9]、LPGA89期生となる[1]。プロテスト合格直後の同年8月にニトリ所属となる[10]

プロ戦績[編集]

2018シーズン

QTランキング9位でスタートし最終的にLPGAツアー38試合に出場[11]。2位(タイを含む)を4度記録し[12]、その内3度目の2位となった「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」では申ジエとのプレーオフ末敗れた[13]。年間獲得賞金ランキング(賞金ランク)8位で初のシード入りを果たす[14]

2019年シーズン

7月の「サマンサタバサガールズコレクション・レディーストーナメント」において、大会レコードを1打更新する17アンダーをマークし、LPGAツアー初優勝[15]。賞金ランクは前年に引き続き8位で2年連続のシード入り[14]

新型コロナウイルス問題の影響により、JLPGAツアーが2020/2021合一シーズンとなる。

2020-21年シーズン

2020年9月の「ゴルフ5レディス」において前年7月の「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース」以来のツアー2勝目を挙げ[16]、2021年3月にはツアー再開(2021年開幕戦)初戦となった「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」では最終日に首位から2打差でスタートし、最後は森田遥との優勝争いに持ち込む展開から最終18番ホールでバーディーを奪って逆転でツアー3勝目を挙げた[17]。2週後の「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」では、終盤勝負どころのパー4でワンオン狙いのドライバーを選択するなど強気の攻めも功を奏し、混戦を制してツアー4勝目を挙げた[18]。Tポイント×ENEOSの後は勝ち星がなかったが、8月の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の初日に首位に立ち、悪天候の影響で2日目が中止、3日目がバックナインの9ホールだけという短縮競技になった状況をものともせずに冷静なゴルフで首位を譲らずに逃げ切り、今季4勝目(ツアー通算5勝目)を挙げた[19]。その翌週の「CATレディースゴルフトーナメント」では最終日のスタート時点では首位の稲見萌寧と4打差があったが、当日の強風が吹き荒れる悪条件の下で我慢のゴルフを展開、稲見が後半によもやの大乱調でスコアを大きく落とすという波乱の中、最終ホールでバーディーを奪って首位に立ち、さくら本人も「まさか勝てるとは思わなかった」と語ったほどの大逆転劇で自身初の2週連続優勝により今季5勝目(ツアー通算6勝目)を挙げた[20]。この年は最終的に自己最高の賞金ランキング3位で終了した。

2022年シーズン

2022年シーズンはプロ入り前から師事していた辻村明志の門下を離れ、吉田直樹に新たに師事し、ドローボールからフェードボールへのスイングスタイル変更など新たな試みにも挑んでいる[21]。そんな中で5月の「リゾートトラストレディス」では3日目首位に立って最終日は耐えるゴルフの中で13番ホールで取ったバーディーが決め手となり2位に2打差をつけて逃げ切り、ツアー通算7勝目を挙げた[21][22]。優勝翌日の5月30日にはアメリカに渡り「全米女子オープン」に出場、日本人選手15名中最高の20位でフィニッシュした。全米女子オープンと同週開催の「リシャール・ミル ヨネックスレディスゴルフトーナメント」は欠場となったため、2018年のツアー参加以来4年間継続していた国内ツアー連続出場記録は142試合でストップした。この記録は表純子北田瑠衣飯島茜に次ぐ歴代4位である。なお国内連続出場記録は途絶えたが、全米女子オープンを挟んで翌週の「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」にも出場しており、プロツアー大会への連続出場は144試合以降も継続中である[23]

トーナメント優勝 (7)[編集]

JLPGAツアー (7)[編集]

No. Date Tournament スコア 2位との差 2位(タイ)
1 2019年7月21日 サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント −17(66-68-65=199) 1打 大韓民国の旗 イ・ミニョン
2 2020年9月6日 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント −17(68-65-66=199) 6打 日本の旗 古江彩佳
3 2021年3月7日 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント −14(71-69-66-68=274) 1打 中華人民共和国の旗 森田遥
4 2021年3月21日 Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント −10(68-68-70=206) 2打 日本の旗 鈴木愛
大韓民国の旗 ペ・ソンウ
台湾の旗 サイ・ペイイン
5 2021年8月15日 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント −10(64-34=98)[注 1] 2打 台湾の旗 サイ・ペイイン
6 2021年8月22日 CATレディースゴルフトーナメント −7(68-70-71=209) 2打 日本の旗 稲見萌寧
日本の旗 高橋彩華
日本の旗 三ヶ島かな
7 2022年5月29日 リゾートトラストレディス −7(69-67-64-71=271) 2打 台湾の旗 サイ・ペイイン
日本の旗 菅沼菜々

プロフィール[編集]

  • 出身:
  • 家族:
  • 師匠:
  • 所属:
  • スポンサー:
  • サポート:
  • 用具:ダンロップゴルフ
  • ウェア:
  • マネジメント:

人物[編集]

桜の季節の4月に生まれたことから「さくら」と名付けられた。2019年のヨコハマタイヤPRGRレディス2日目に初めて横峯さくらと同組でプレーし、ラウンド中に名前の由来について話をしている[24]

プライベートでは同じ女子ゴルフ黄金世代勝みなみと共にプロレスファンでも知られ、小祝は特に新日本プロレスオカダ・カズチカを贔屓にしている[25]。シーズンオフには毎年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会を生観戦するのが恒例行事である[26]

勝負飯は焼肉。勝みなみとサムギョプサルを食べによく韓国料理店に行っている[27]

表彰[編集]

メディア出演[編集]

  • 古閑美保のゴルフチャレンジアスリート(BSフジ、2019年4月13日 - 全5回)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 悪天候の影響で54ホールの短縮競技として施行
  2. ^ 「Hitachi 3Tours Championship」2連覇を果たしたJLPGAチームの一員として、稲見萌寧西郷真央西村優菜勝みなみ原英莉花菊地絵理香と共に受賞。

出典[編集]

  1. ^ a b c 小祝 さくら プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年5月18日閲覧。
  2. ^ a b c ルーキーの肖像~ 小祝さくら”. ALBA.Net (2017年10月11日). 2019年5月18日閲覧。
  3. ^ 第46回 北海道女子アマチュアゴルフ選手権競技”. 北海道ゴルフ連盟 (2014年5月29日). 2019年5月18日閲覧。
  4. ^ 第48回 北海道女子アマチュアゴルフ選手権競技”. 北海道ゴルフ連盟 (2016年6月2日). 2019年10月29日閲覧。
  5. ^ 第36回 北海道ジュニアゴルフ選手権競技”. 北海道ゴルフ連盟 (2016年7月28日). 2019年10月29日閲覧。
  6. ^ 【2016】ニッポンハムレディスクラシック フルリーダーボード初日”. 日本女子プロゴルフ協会 (2016年7月8日). 2019年5月18日閲覧。
  7. ^ 【2016】ニッポンハムレディスクラシック フルリーダーボード2日目”. 日本女子プロゴルフ協会 (2016年7月9日). 2019年5月18日閲覧。
  8. ^ 【2016】ニッポンハムレディスクラシック フルリーダーボード最終成績”. 日本女子プロゴルフ協会 (2016年7月10日). 2019年5月18日閲覧。
  9. ^ 2017年度 プロテスト合格者 - 小祝 さくら”. 日本女子プロゴルフ協会 (2017年7月28日). 2019年5月18日閲覧。
  10. ^ 注目ルーキー・小祝さくらが株式会社ニトリと所属契約”. ALBA.Net (2017年8月21日). 2019年7月1日閲覧。
  11. ^ 2ndリランキング”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年5月18日閲覧。
  12. ^ 小祝 さくら 年度別大会成績2018”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年5月18日閲覧。
  13. ^ 【2018】ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント”. 日本女子プロゴルフ協会 (2018年9月2日). 2019年5月18日閲覧。
  14. ^ a b 小祝 さくら プロフィール詳細の生涯成績・記録を参照
  15. ^ 小祝さくらが逆転でツアー初優勝「黄金世代」今季5人目”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年7月21日). 2019年7月21日閲覧。
  16. ^ "小祝さくらが大会新記録の"横綱相撲"で優勝 先週の雪辱果たし「リベンジできてうれしい」". ALBA.Net. グローバルゴルフメディアグループ. 6 September 2020. 2021年3月7日閲覧
  17. ^ "小祝さくらが今季2勝目で力強く宣言「賞金女王目指して頑張ります!」". ALBA.Net. グローバルゴルフメディアグループ. 7 March 2021. 2021年3月7日閲覧
  18. ^ 間宮輝憲 (2021年3月21日). “小祝さくらに宿った“強気” 勝負をかけた一打「いこうと決めました」”. ALBA.Net. 2021年4月7日閲覧。
  19. ^ "小祝さくらが「NEC軽井沢72」を制し、今季4勝目/国内女子". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 15 August 2021. 2021年8月15日閲覧
  20. ^ "笑顔弾けた小祝さくら「優勝できるとは」練習が実を結び4打差大逆転劇". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 22 August 2021. 2021年8月22日閲覧
  21. ^ a b "小祝さくら 反省だらけの最終日と白星への手応え". GDOニュース. Golf Digest Online. 29 May 2022. 2022年5月29日閲覧
  22. ^ "小祝さくら今季初優勝、サイ・ペイイン振り切り9カ月ぶり通算7勝目JLPGA142大会連続出場全米女子オープンに弾み". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 29 May 2022. 2022年5月29日閲覧
  23. ^ 超難関のプロテスト、出費、体力消耗……。過酷な女子プロゴルフ界で際立つ鉄人・小祝さくら。”. yahoo.co.jp (2022年6月18日). 2022年6月21日閲覧。
  24. ^ ふたりの「さくら」が初競演 語り合った名前の由来
  25. ^ "黄金世代・勝、小祝 東京ドーム大会への思い語る". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 1 January 2020. 2021年12月18日閲覧
  26. ^ "小祝さくら オフはプロレス観戦でエネルギー充電「プロレスを見ると刺激になる」". Sponichi Annex. 日刊スポーツ新聞社. 18 December 2021. 2021年12月18日閲覧
  27. ^ 小祝さくら 私の勝負飯「焼肉」|ニチレイレディス2022
  28. ^ LPGAアワード2018 サプライズに沸く”. 日本女子プロゴルフ協会. 2018年12月22日閲覧。
  29. ^ ビッグサプライズ 2冠の小祝さくらが仰天”. 日本女子プロゴルフ協会. 2022年3月21日閲覧。
  30. ^ 日本プロスポーツ大賞 功労賞・鈴木美重子 新人賞・小祝さくら”. 日本女子プロゴルフ協会. 2018年12月22日閲覧。
  31. ^ GTPA新人賞に勝、松田、新垣、小祝”. 日本女子プロゴルフ協会. 2018年12月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]