鈴木愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg 鈴木 愛 Golf pictogram.svg
Ai Suzuki
基本情報
名前 鈴木 愛
生年月日 (1994-05-09) 1994年5月9日(24歳)
身長 155 cm (5 ft 1 in)
体重 55 kg (121 lb)
出身地 徳島県三好郡東みよし町(旧三加茂町
経歴
大学 倉吉北高等学校卒業
プロ転向 2013年8月2日 85期生
成績
優勝回数 日本女子ツアー:8回
(公式戦:2回)
初優勝 2014年日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ
賞金ランク最高位 日本女子:1位(2017年)
2018年5月15日現在
テンプレートを表示

鈴木 愛(すずき あい、1994年5月9日 - )は、徳島県三好郡東みよし町(旧三加茂町)出身の女子プロゴルファー。所属先はフリー→セールスフォース・ドットコム

略歴[編集]

東みよし町立加茂小学校東みよし町立三加茂中学校倉吉北高等学校鳥取県)卒業。

2005年、東みよし町立加茂小学校5年からゴルフを始める。プロゴルファーになりたいと思ったきっかけは、鈴木が小学生だった2006年に宮里藍が「日本女子プロゴルフ選手権大会」で優勝したのを見たことであった。2009年、東みよし町立三加茂中学校3年で四国女子アマチュア選手権を制覇。

2010年にゴルフ部が新設された倉吉北高等学校に進学[1]。高校進学後は家族もそろって引っ越し、家族全員でサポートする体制を取った。プロデビュー後も母親が運転する自家用車で競技会に参加している[2]

2013年プロテストに3位で合格。なお2位には成田美寿々が合格している。同年のステップ・アップ・ツアー「中国新聞レディースオープン」でプロ入り初優勝[3]

2014年9月、「日本女子プロゴルフ選手権大会」に出場、4日間を5アンダーで制してレギュラーツアー初勝利を飾ると共に、宮里藍が2006年に21歳と83日で達成した同大会史上最年少勝利を更新する20歳128日での大会初優勝でもあった[4]

2015年2月19日 セールスフォース・ドットコム(クラウドコンピューター・サービスの提供企業、本社は米国)と所属契約を締結したことを発表[5]。2015年シーズンはヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ李知姫に、Meijiカップでは西山ゆかりにいずれもプレーオフで敗れツアー2勝目はならなかったが、賞金ランキングは14位で2年連続賞金シード獲得。

2016年、「日本女子プロゴルフ選手権大会」を2年ぶりに制するなど、年間2勝を挙げ、賞金ランキングは5位で3年連続賞金シード獲得。

2017年にはツアー2勝を挙げ、日本人選手として森田理香子以来、4年ぶりとなる賞金女王に輝いた[6]

優勝記録[編集]

太字は公式戦

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『東みよし町出身のプロゴルファー 鈴木愛(22)』2017年1月1日 徳島新聞第4部1面
  2. ^ 女子ゴルフ:20歳鈴木愛が最年少優勝 コニカミノルタ杯(2014年9月14日 毎日新聞 9月15日閲覧)
  3. ^ プロテストから3戦目の鈴木愛が優勝/ステップアップツアー最終日(2013年9月27日 ゴルフダイジェスト・オンライン 2014年9月15日閲覧)
  4. ^ 20歳の鈴木愛がメジャーでツアー初優勝 史上3番目の年少記録(2014年9月14日 ゴルフダイジェスト・オンライン 9月15日閲覧)
  5. ^ 鈴木愛が所属契約を発表”. デイリースポーツ (2015年2月19日). 2015年2月22日閲覧。
  6. ^ “鈴木愛「ここまで早く取れるとは」初賞金女王に笑顔”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年11月26日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201711260000670.html 2017年11月26日閲覧。 

外部リンク[編集]