三塚優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg 三塚 優子 Golf pictogram.svg
Yuko Mitsuka
2009 Women's British Open - Yuko Mitsuka (3).jpg
基本情報
名前 三塚 優子
生年月日 (1984-09-21) 1984年9月21日(34歳)
身長 172 cm (5 ft 8 in)
体重 65 kg (143 lb)
出身地 茨城県水戸市
経歴
プロ転向 2007年
成績
優勝回数 日本女子:4回
(公式戦:1回)
初優勝 MMT杯ダンロップOP(2007年)
世界ランク最高位 36位(2010年3月22日)[1]
賞金ランク最高位 日本女子:5位(2009年)
2011年9月13日現在
テンプレートを表示

三塚 優子(みつか ゆうこ、1984年9月21日 - )は日本の女子プロゴルファー茨城県水戸市出身。血液型A型。所属はほけんの窓口グループ。得意クラブはドライバー。

ゲーム漫画を好むことから、アキバ系ゴルファーとも呼ばれる。

経歴[編集]

2006年の最終予選会で6位に入り、翌2007年のレギュラーツアー出場権を獲得。同年のMMT杯ダンロップOPで初優勝する。2007年度の賞金獲得順位は14位、2008年は7位で、同年のLPGA新人賞と日本プロスポーツ新人賞を獲得する。

2010年5月のサロンパス杯では、スロープレーによる2罰打を不服として途中棄権した。この行為に対し、LPGAは罰金200万円と2年間の新人セミナー受講という前例のない処分を下した。また、三塚自身も2か月間の出場自粛を申し出た[2]

2011年9月11日、日本女子ツアーの第18戦で、公式戦第2戦となる「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」でメジャー初優勝[3]

2012年から3年連続で賞金シードを失う。2011年の公式戦優勝による3年シードも失った2015年シーズンは奮起し、賞金ランキング38位でシードに復帰。しかし2016年は試合中の負傷により、5月6日に「右環指浅指屈筋腱損傷」と診断され、「トーナメント特別保障制度」(公傷制度)の適用を申請し、承認された[4]

2017年2月9日結婚。入籍日は、夫と自身が肉が好きであるため語呂合わせ[5]

特徴[編集]

恵まれた体格から放つドライバーショットは、平均260〜270ヤード。自身も「最大の武器は飛距離」と自認する女子ツアー切っての飛ばし屋。

脚注[編集]

  1. ^ “三塚が92位に急浮上! 藍は7位/女子世界ランキング”. ゴルフダイジェスト・オンライン. (2011年9月13日). http://news.golfdigest.co.jp/tournament/hotnews/tne000002946001.html 2011年9月13日閲覧。 
  2. ^ 三塚優子の棄権についてSportsnavi、2010年5月7日
  3. ^ 三塚優子が初メジャー制覇!ツアー4勝目 GDO:ゴルフダイジェスト・オンライン、2011年9月11日
  4. ^ 三塚優子に「公傷」適用 右手薬指をケガGDOニュース、2016年6月27日付
  5. ^ 三塚優子が交際1カ月でスピード入籍 お相手は青年実業家GDOニュース 2017年2月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]