オール・エリート・レスリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
All Elite Wrestling
AEW Logo (simplified).svg
略称 AEW
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州ジャクソンビル
設立 2019年1月1日
業種 サービス業
事業内容 プロレス興行
関連企画の運営
代表者 代表取締役社長兼最高経営責任者 トニー・カーン
副社長 コーディ・ローデス
副社長 ケニー・オメガ
副社長 マット・ジャクソン
副社長 ニック・ジャクソン
ブランド責任者 ブランディ・ローデス
関係する人物 シャヒド・カーン(創業者)
トニー・カーン(創業者)
外部リンク AEW公式サイト(英語)
テンプレートを表示

オール・エリート・レスリングAll Elite Wrestling)は、アメリカ合衆国プロレス団体。略称はAEW

歴史[編集]

純資産68億米ドル[1]と言われ、NFLジャクソンビル・ジャガーズプレミアリーグフラムFCのオーナーとしても知られる、パキスタン系アメリカ人の大富豪であるシャヒド・カーン英語版トニー・カーン英語版の親子が設立した。

2019年1月1日YouTubeシリーズ「Being the Elite」[2]において、コーディ・ローデスと妻のブランディ・ローデスマット・ジャクソンニック・ジャクソンがAEWの設立と旗揚げ戦「Double or Nothing」の開催を発表した。

1月8日、記者会見が行われ、コーディ、マット、ニックの副社長就任、クリス・ジェリコクリストファー・ダニエルズフランキー・カザリアンスコーピオ・スカイアダム・ペイジPACらの参戦、中国OWEと業務提携を結んだことを発表した。

2月7日、記者会見が行われ、ケニー・オメガの副社長就任、アジャコング坂崎ユカらの参戦、メキシコAAAと業務提携を結んだことを発表した。

2月13日、旗揚げ戦「Double or Nothing」のチケットが発売から4分で完売した[3]

5月8日、かつて「WCWマンデー・ナイトロ」を放送していたTNTでAEWの放送が決定した[4]

5月25日、旗揚げ戦「Double or Nothing」が開催された。大会は約1万5000人を集める満員となった。また、ブレット・ハートが登場してAEW世界王座の創設が発表された。

8月31日、実質2回目のPPV「All Out」がシカゴで開催された。ルチャ・ブラザーズヤング・バックスAAA世界タッグ王座をかけたラダーマッチは、ルチャ・ブラザーズが王座を防衛した。 メインでは初代AEW世界王座を争いジェリコとアダム・ペイジが戦い、ジェリコが初代王者となった。

10月2日よりTNTでウィークリーショー「Dynamite」が放送開始。エピソード1では、メインにジェイク・ヘイガーがサプライズ登場。ELITEを襲いジェリコを救出した。1週目の視聴者数は140万人。この数字は過去5年のTNTの新番組で最多の視聴者であった。同時間帯のNXTは89万人でありAEWの完勝となった。 

11月9日にはPPV「Full Gear」を開催。ダブルメインイベントの1試合目はCodyとジェリコのAEW世界王者戦が行われジェリコが勝利。そしてメインではモクスリーとオメガによるハードコア戦が行われた。

2020年2月にPPV「Revolution」を開催することが発表され、チケットは30分で完売した。

2月29日「Revolution」がシカゴで開催。プレショーでコルト・カバナが登場。大会後、選手・コーチ兼解説者として契約したと発表された。AEW世界タッグ選手権試合はヤング・バックスが王者組のオメガ&ペイジに挑み、王者組が防衛した。メインイベントではAEW世界王者のジェリコにランキング1位のモクスリーが挑み、新王者に輝き大会を締めた。

3月17日のDynamiteは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客で行われた。開催場所も当初予定されていたニュージャージーではなくジャクソンビルで開催。ダークオーダーのリーダーとしてブロディ・リーが登場。さらに番組最後にはマット・ハーディーがブロークンスタイルで登場した。それ以降現在まで、AEWはすべての興行をデイリーズプレイスセンターで開催している。

5月には、コロナ禍で初めてPPV「Double or Nothing」を開催。ミッドカードタイトルTNT王者を創設。トーナメントの決勝では、Codyと3月にAEW入りしたランス・アーチャーが対戦。立会人にはマイク・タイソンが登場した。Codyが見事初代TNT王者となった。メインではスタジアムスタンピードマッチとして、ELITEとインナーサークルが対戦した。

8月には、「ALL OUT」を開催。ジェリコvsキャシディやAEW王者戦でモクスリーvsMJFなどが行われた。AEWタッグ王者戦には、先日WWEを退団し、かねてよりAEW入りが噂されていた「FTR」がケニー・オメガとアダム・ペイジの王者組を下し新王者に輝いた。

TNT王者が創設された当初はCodyがオープンチャレンジを毎週Dynamiteで行い、その試合で評価を得たインディレスラーのエディ・キングストンやリッキー・スタークスらがAEWとの正式契約を結んでいる。

10月-11月、AEW世界王座次期挑戦者決定トーナメントを開催、ケニー・オメガが優勝。

12月にはDynamiteで「winter is coming」という特番を放送。番組にはスティングが登場。放送後フルタイムでの複数年契約を結んだことが発表された。さらにメインのAEW王者戦でケニー・オメガが勝利し新王者になると試合後にインパクトレスリングのドン・キャリスと共に、会場を去りケニー・オメガのインパクトレスリング登場を発表。その後、毎週火曜日のインパクトレスリングでは、AEW社長トニー・カーンが登場し、Dynamiteの宣伝を行なっている。さらにケニー・オメガは元々バレットクラブの仲間であり、インパクトレスリング所属のグッドブラザーズとタッグを組み、インパクトのPPVに登場している。

12月25日、2代目TNT王者のブロディ・リーが急死。コーディにベルトを託した直後であった。 12月29日のDynamiteにてブロディ・リー追悼興行を開催。素晴らしい出来に各方面から喝采を浴びる。

2021年年明け最初のDynamiteに、ケニー・オメガを救出する形で、グッドブラザーズが登場。元バレットクラブの仲間であるヤングバックスが現れ5人で「Too Sweet」ポーズで番組を締めた。2月3日Dynamiteのメインにはモクスリーを襲撃する形で新日本プロレスとも契約中のKENTAが登場。

2月、日本人選手8名による日本サイド、米国人選手8名(里歩はAEW所属のためアメリカ側)によるアメリカサイド、各トーナメントによる16選手参加のAEW女子世界王座次期挑戦者決定トーナメントを開催。日本サイドはレッスル武闘館にてトーナメントを開催、1回戦、準決勝までYouTubeで無料公開された(アメリカサイドの一部試合も含む)。

1月、WWEを退団したビッグ・ショー改めポール・ワイトと契約。ポール・ワイトをコメンテーターに据えた「AEW DARK」の派生番組「DARK elevation」をyoutubeでスタート。

7月21日のDynamiteにて、新日本プロレスのIWGPUSヘビー級王座のベルトが絶対王者ジョン・モクスリーからランス・アーチャーに移動するという波乱が起きる。 新日本プロレスとの見えない壁があるとされていたが、大きく前進することとなる。

8月13日金曜日から「Dynamite」に続く新番組「Rampage」がスタートする。

主な興行[編集]

大会名 日時 都市 会場
Double or Nothing 2019年5月25日 ネバダ州ラスベガス MGMグランド・ガーデン・アリーナ
Fyter Fest 2019年6月29日 フロリダ州デイトナビーチ オーシャン・センター英語版
Fight for the Fallen 2019年7月13日 フロリダ州ジャクソンビル デイリーズ・プレイス英語版
All Out 2019年8月31日 イリノイ州ホフマンエステーツ シアーズ・センター・アリーナ英語版
Full Gear 2019年11月9日 メリーランド州ボルチモア ロイヤル・ファームズ・アリーナ
Revolution 2020年2月29日 イリノイ州シカゴ ウィントラスト・ アリーナ英語版
Double or Nothing 2020年5月23日 フロリダ州ジャクソンビル デイリーズ・プレイス[5]
All Out 2020年9月5日 フロリダ州ジャクソンビル デイリーズ・プレイス
Full Gear 2020年11月7日 フロリダ州ジャクソンビル デイリーズ・プレイス
Revolution 2021年3月7日 フロリダ州ジャクソンビル デイリーズ・プレイス

タイトルホルダー[編集]

AEWが管理している王座
タイトル 保持者 歴代 防衛回数
AEW世界王座 ケニー・オメガ 第3代 5
AEW世界タッグチーム王座 ザ・ヤング・バックス
マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン
第4代 8
AEW女子世界王座 ドクター・ブリット・ベイカー・DMD英語版 第4代 1
AEW・TNT王座 ミロ 第5代 4
FTW王座 リッキー・スタークス英語版 第5代 0

所属(#ALLELITE)選手・定期参戦選手[編集]

男性レスラー[編集]

女性レスラー[編集]

スタッフ[編集]

過去の所属選手[編集]

男性レスラー[編集]

女性レスラー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ #224 Shahid Khan”. Forbes. 2019年6月2日閲覧。
  2. ^ “New Years Elite” - Being The Elite Ep. 132
  3. ^ ジェリコがAEW世界王座の挑戦権獲得 オメガ下す”. 日刊スポーツ (2019年5月26日). 2019年6月2日閲覧。
  4. ^ AEW Poised to Be ‘Sports-Centric Alternative’ to WWE With WarnerMedia TV Deal”. variety.com (2019年5月8日). 2019年6月2日閲覧。
  5. ^ 無観客興行。

外部リンク[編集]